岸田のニュース

Eテレのお兄さん役でも話題! 人気イラストレーター・岸田メルが語った意外な苦労とは?

週プレNEWS / 2017年05月07日11時00分

今年4月からNHK・Eテレで放映されている『コノマチ☆リサーチ』に、お兄さん(ハジメ)役で岸田メル先生が出演する。 岸田先生は人気TVゲームシリーズの「アトリエシリーズ」やアニメ作品「花咲くいろはの」のキャラクターデザインを務めた大人気イラストレーター。また今年の3月末に発売されたTVゲーム「ブルー リフレクション 幻に舞う少女の剣」では監修を務めており、 [全文を読む]

枕営業強要疑惑の元「LEON」編集長、ほかにセクハラ疑惑も 芸能界の枕営業の実態

Business Journal / 2014年12月15日23時00分

「ちょいワルオヤジ」という言葉が世間に広がるきっかけとなった中年男性ファッション誌「LEON」(主婦と生活社)元編集長で、現在は男性誌「MADURO」(セブン&アイ出版)編集長を務める岸田一郎氏。20代女性モデルA氏(仮名)が、その岸田氏から『東京ガールズコレクション(TGC)』出演と引き換えに肉体関係を強制されたと12月5日発売の週刊誌「フライデー」(講 [全文を読む]

コスプレや変顔でも大人気のイラストレーター・岸田メルが向き合う“作品のオリジナリティ”とは?

週プレNEWS / 2017年05月08日15時00分

今年4月からNHK・Eテレで放映されている『コノマチ☆リサーチ』に、お兄さん(ハジメ)役で岸田メル先生が出演する。 岸田先生は人気TVゲームシリーズの「アトリエシリーズ」やアニメ作品「花咲くいろはの」のキャラクターデザインを務めた大人気イラストレーター。また今年の3月末に発売されたTVゲーム「ブルー リフレクション 幻に舞う少女の剣」では監修を務めており、 [全文を読む]

カップルアプリ「Between」中の人、1万組のカップル画像を見て思ったことは!?

Woman Insight / 2014年05月20日08時00分

前回は「使うと別れにくくなる」「めんどくさくなくコミュニケーションができる」などいいこと尽くめの機能面をうかがいましたが、今回はさらにビジネスとしての今後の展望や、アプリ運営を通して見える「現代日本の恋愛」などについて幅広くうかがいます! 前回はコチラ→ 恋人と別れにくくなるアプリ「Between」とは?中の人に直撃してみた 【写真左:代表の梶谷さん、写 [全文を読む]

「ちょいワルオヤジ」名物編集長が枕営業を強要? モデル志望者が狙われる業界の闇

メンズサイゾー / 2014年12月05日21時05分

かつて世間に「ちょいワルオヤジ」ブームを巻き起こした男性ファッション誌「LEON」(主婦と生活社)の初代編集長を務めた敏腕編集者・岸田一郎氏(63)が、女性モデルに枕営業を強要したとして騒動になっている。岸田氏といえば、今年9月に「やんちゃなジジイ」をコンセプトにしたシニア向け雑誌「MADURO(マデュロ)」(株式会社yanG)を創刊し、還暦をすぎてもいま [全文を読む]

恋人と別れにくくなるアプリ「Between」とは?中の人に直撃してみた

Woman Insight / 2014年05月19日17時00分

取材前に一通り機能を試しておこうとアプリを取ったものの、相手がいないためそもそもログインさえできなかった(※彼氏いません)……という壁にぶち当たりつつ、「Between」の運営会社であるVCNC Japanの日本法人代表・梶谷恵翼さんと広報の岸田洋子さんにじっくりお話をうかがってきました。 【写真左:代表の梶谷さん、写真右:広報の岸田さん】 Woman [全文を読む]

岸田外相「ポスト安倍に最も近い男」のジレンマ

日刊大衆 / 2016年11月17日11時30分

国民の不信感も強く、さらなる“出世”が難しくなった」(同) 有力2候補が失速した今、ポスト安倍の筆頭に躍り出たのが岸田文雄外相だ。岸田外相は、祖父から三代にわたって所属する自民党の保守本流・宏池会の領袖。しかも、派閥を立ち上げた池田勇人元首相と同じ広島県出身という、まさに“プリンス”なのだ。その岸田外相は現在、安倍政権の、さらには日本の顔として精力的に活動 [全文を読む]

岸田教団&THE明星ロケッツ、アニメOPテーマとして話題の新曲MVを公開

okmusic UP's / 2016年01月09日15時00分

2016年1月より放送開始のTVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦え』の第2クールオープニングテーマである岸田教団&THE明星ロケッツの楽曲「GATEII ~世界を超えて~」のMVが解禁された。【その他の画像】岸田教団 & THE 明星ロケッツ激しいドラムソロでイントロからテンション上がりっばなりの本楽曲。サビではなんと背後に富士山が [全文を読む]

岸田健作が“整形疑惑”を否定も不相応なファッションや文章力に失笑の声

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日16時00分

タレントの岸田健作(36)が10月28日に自身のブログを更新し、以前からネットで噂になっていた“整形疑惑”について「まだメス入れた事ねーです」と否定した。しかし現在の岸田健作はヴィジュアル系メイクで別人のような顔立ちとなっており、ネットでは「いいとも青年隊の頃と別人」と疑念が持たれている。 岸田は2014年3月に放送を終了したバラエティ番組『森田一義アワー [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(6)岸田敏志 幻に終わった「3年B組金八先生」の第1作主演

アサ芸プラス / 2016年09月15日05時57分

そんな名作の、幻の初代候補が岸田敏志(63)だった。── 79年には「きみの朝」がチャート1位に輝く大ヒットを記録しました。しかも、新人歌手の役で「愛と喝采と」(TBS系)にも出演。岸田 当時のニューミュージックのアーティストは、テレビに出ない主義だったんです。僕に依頼が来た時も、てっきり主題歌の話かと思っていたら、まさかドラマに出てくれと(笑)。── 俳 [全文を読む]

フォーカス