真情のニュース

<視聴率6.6%の惨敗番組に寄せられた賛辞>TBS「私の街も戦場だった」が物語る今のテレビの現実

メディアゴン / 2015年03月11日02時32分

今のテレビに欠けているのは『真情』です。人が人に送り届ける真情です。番組スタッフの皆さんの真情はしっかり届いてきました。それが何より嬉しかったです。 過去のことを振り返るのは、未来のためであって、だからこそ、恨みつらみに引きずられてはならない、そのことがとても平易にまっすぐに届いてくる番組でした。最後の米兵を取材していたスタッフたちのそんな思いこそが彼らの [全文を読む]

【野球メシ】日本ハム・ファンのオアシス「焼肉 絵理花」の思い出

文春オンライン / 2017年05月04日11時00分

ヒチョリの両親に教わった「選手のご家族の真情」 お父さんお母さんの人柄がまた素晴らしかった。負けて凹んでるときも大勝してウヒョウヒョのときも、いつも温かく受けとめてくれる。肉も安くて旨い。よく食べたのはカルビやなんかをサンチュで巻いたやつ。豆腐の上に辛味噌がのってるやつ。チヂミ。豚の三枚肉。あとはクッパの類い。あ、それから1階の喫茶店からチョコレートパフ [全文を読む]

【熊本地震】台湾から届く励ましの声。変わらぬ日台「友好の絆」

まぐまぐニュース! / 2016年04月17日19時00分

台湾には「風雨故人来、艱難見真情(困難な時にこそ人の情けを知る)」という言葉がある。私たちはあの時の日本の恩義を忘れません。 台湾大地震の時、曽野綾子さんが会長を務めていた日本財団から3億円の義捐金をいただき、そのうちの1億円近くを使ってNGOの捜救総隊をつくりました。創設のお披露目に来ていただいた曽野さんに、私は約束しました。 「この捜救隊は日本に何か [全文を読む]

WINNERとYG代表者ヤン・ヒョンソクが思う「WINNER」の意味

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年08月07日16時49分

このためにWINNERは、大衆とのコミュニケーションを強調し、その問題の解答として“真情性”を挙げた。リーダーのカン・スンユンは「歌で伝えたいメッセージを、どれほど真情性を込めて、メロディーに収めて歌詞で表現できるのかの問題」としながら「大衆とコミュニケーションをとりながら、チーム名に相応しいグループとして成長していきたい」と抱負を語った。WINNERの考 [全文を読む]

「人に手紙をかく事と人から手紙をもらう事が大すきである」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば152】

サライ.jp / 2017年06月01日06時00分

そんな多様な文体を駆使しながら、漱石は真情とユーモアにあふれる手紙をせっせと書いた。 門弟のひとりで、のちに雑誌『赤い鳥』を創刊して日本の児童文学界を牽引する鈴木三重吉は、『漱石先生の書簡』と題する一文にこう綴っている。 「門下のものや先生のところへ出入りしたことのある人たちが、めいめいの煩悶を訴えたり、感想や議論を述べて来た場合なぞには、しばしば長い手 [全文を読む]

蜷川幸雄さん一周忌法要に松本潤ら参列 連ドラ出演中の藤原竜也の姿はなく…

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年05月15日20時09分

その後、1968年に現代人劇場を立ち上げ、1969年9月には清水邦夫作の「真情あふるる軽薄さ」で演出家としてデビュー。1974年5月には日生劇場の「ロミオとジュリエット」で初めて商業演劇を演出し、以降「世界のニナガワ」として、シェイクスピア作品を中心に活躍。2001年に紫綬褒章を受章。2002年には大英帝国三等勲功章 CBEを受章し、2004年には文化功労 [全文を読む]

日本の絵本が中国人の心を打つ!「100万回生きたねこ」、中国でミリオンセラーに―中国メディア

Record China / 2017年02月07日08時20分

接力出版社、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、講談社は北京でこのほど、佐野洋子作品鑑賞会「真情、真実の愛―クラシック作品の力」を共同で開催、多くの児童文学作家や翻訳家が子供たちとともに、この作品が運んでくる感動を改めてシェアした。 児童文学作家の金波氏は、「『100万回生きたねこ』は、読むたびに新しい感動を生む作品だ。だから私は常に、書棚の中で [全文を読む]

「あーまたこの二月の月がきた ほんとうにいやな月」(小林セキ)【漱石と明治人のことば32】

サライ.jp / 2017年02月01日06時00分

眼鏡がくもる」 そこに書かれていたのは、誰にも明かせなかった母の真情だった。過ぐる日、小樽文学館で対面した、小林多喜二の苦悶と崇高を宿すデスマスクを思い出す。 今夜は久しぶりに、しみじみとラジオでも聞こうか。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館 [全文を読む]

高橋大輔が愛される理由。

PR TIMES / 2016年12月01日10時23分

『家庭画報 1月号』通常版 特別定価 1,400円(税込) 『家庭画報 1月号』プレミアムライト版 定価 1,200円(税込) http://www.kateigaho.com/ [画像2: http://prtimes.jp/i/9728/232/resize/d9728-232-251430-1.jpg ] ●目次●(通常版) ・生誕260年、世界を [全文を読む]

違いの判る紳士が通う浜松の看板のない料理店「くずし之助」秋の旬な食材を使用したコース料理を提供開始!

@Press / 2016年10月13日09時30分

例えば、海老真情と鴨ロースのチーズフォンデュに秋トリュフを添えたり、新鮮なお刺身も肝やフォアグラと一緒に食すなど素材本来の魅力を最大限に引き出すための試行錯誤と可能性への探求が、単なる創作料理という枠組みに収まらない斬新な切り口の日本料理へと昇華させます。 ■くずし之助 秋の食材の競演 秋の桜エビ、戻り鰹、生シラス、太刀魚、ハモ、甘鯛、ドウマン蟹、天然トラ [全文を読む]

フォーカス