長州藩のニュース

<「暴徒」と「志士」は身分の違い?>司馬遼太郎「倉敷の若旦那」に見る勤皇思想に染まった町人

メディアゴン / 2015年12月08日15時00分

倉敷、備中、備前に居場所のなくなった彼は、各地を逃亡の果て、長州藩の客分となった。革命を起こさんと第二騎兵隊150名を率い、倉敷代官所を襲撃した。運悪く代官は配下を引きつれ広島に出張中だった。闇に紛れて代官邸を襲って屋敷内の九人を殺害した。翌朝、検死すると、すべて町人で、かつて若旦那と旧知のものであった。長州藩は、若旦那以下第二騎兵隊150名を長州藩士では [全文を読む]

NHK大河 「日米戦争」を「日仏戦争」に歴史修正していた

NEWSポストセブン / 2015年06月16日11時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の第21話「決行の日」(5月24日放送)は、関門海峡に面した砲台に居並ぶ久坂玄瑞(東出昌大)ら長州藩士が、外国船に砲撃を加えるシーンでラストを迎える。 久坂はドラマの主人公・文(吉田松陰の妹)の夫で、主演の井上真央が久坂の無事を祈る中、見張り役が声を張り上げる。 「来たぞ! フランス船じゃ!」 その報を受け、洋上に船の姿を認めた久 [全文を読む]

井川遥、8年ぶり大河出演 井上真央主演“セクシー大河”に一役

モデルプレス / 2014年09月22日18時05分

大河ドラマ第54作目「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(井上真央)が、困難を乗り越えながらまっすぐに生き抜く姿を描いたオリジナル作品。明治維新で大きな役割を果たした長州藩を舞台に、松陰の知られざる家族たちの物語、そして松陰が講義する松下村塾のもとに集まった弟子たちの活躍を描く。 2007年「風林火山」以来8年ぶりの大河出演となる井川は [全文を読む]

注目の若手女優2人が大河デビュー「夢が叶った」「しっかりしなきゃ」感激語る

モデルプレス / 2014年09月22日15時34分

◆吉田松陰の妹の生涯 大河ドラマ第54作目「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(井上)が、困難を乗り越えながらまっすぐに生き抜く姿を描いたオリジナル作品。明治維新で大きな役割を果たした長州藩を舞台に、松陰の知られざる家族たちの物語、そして松陰が講義する松下村塾のもとに集まった弟子たちの活躍を描く。 この日は2人のほか、第13代長州藩主・ [全文を読む]

井上真央主演“セクシー大河”新キャスト発表「いい女になれそう」

モデルプレス / 2014年09月22日14時00分

第13代長州藩主・毛利敬親の正室で“大奥”の女帝・都美子役に松坂慶子、のちに文の夫となる小田村伊之助の母・志乃役にかたせ梨乃、吉田松陰の弟子・金子重輔の母・ツル役に麻生祐未、松陰と野山獄で出会う謎の女囚・高須久子役に井川遥、長州藩の重臣・椋梨藤太役に内藤剛志、その妻・美鶴役に若村麻由美、井伊直弼役に高橋英樹、前原一誠役に佐藤隆太、そして伊藤博文の最初の妻と [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

その時に立ち会った長州藩士・小幡高政は次のような談話を残している。 すぐに死罪を申し渡す文書の読み聞かせがあり、そのあと役人が松陰に、「立ちませい!」と告げます。すると、松陰は立ち上がり、私の方を向いて、ほほ笑みながら一礼し、ふたたび潜戸から出て行ったのです。 すると……、その直後、朗々と漢詩を吟ずる声が聞こえました。それは、「吾、今、国の為に死す。死して [全文を読む]

2018年の大河ドラマ 「西郷隆盛」に内定との情報

NEWSポストセブン / 2016年08月29日16時00分

長州藩士・吉田松陰の妹・文(井上真央)が主人公となった前年の『花燃ゆ』が史上最低視聴率(平均12.0%)を記録したのとは対照的に堅調を維持している。 そうしたなかで全国の自治体関係者が注視しているのが、「2018年の大河ドラマ」の制作発表である。 「『真田丸』の制作発表は2014年5月でしたし、例年、放送2年前の春から夏にかけて発表されています。2017年 [全文を読む]

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

日本の歴代総理大臣に150年続く、ある「共通点」 家系図を俯瞰してみると明治維新の雰囲気が! ご存知のとおり、朝廷の権威を掲げて徳川幕府を倒して明治維新を成し遂げたのは長州藩(現山口県)、薩摩藩(現鹿児島県)を中心とした勢力です。結果として、現代の日本政府に通じる新政権が樹立された訳です。今日からみますと、150年ほど前の話です。 明治時代の総理大臣は、 [全文を読む]

「花燃ゆ」 三浦貴大「女の園は面倒くさい(笑)」

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日12時00分

井上真央主演の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)で、長州藩主の毛利敬親(北大路欣也)の世継ぎ、そしてのちに最後の長州藩主となる毛利元徳を演じる三浦貴大にインタビューを敢行。 後編では初出演となる大河ドラマの感想、また、女の園が舞台の“大奥編”の撮影についても語ってもらった。 【「花燃ゆ」初大河の三浦貴大「フラフラしないように」】より続く。 ――現場で、 [全文を読む]

井上真央がリストラを断行!?「花燃ゆ」第29回

Smartザテレビジョン / 2015年07月17日05時00分

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上真央)を中心に、その家族や長州藩の志士たちを描く青春群像劇。 前回放送では、夫の死の真相を知るため、周囲の反対を押し切って藩の奥御殿の女中見習いとなった文が、異国との停戦交渉に臨む高杉晋作(高良健吾)に再会。 「人には勝手に言わせておけ。心の内は、ただその者だけが知ればいい」と背中を押された文は、美和と名を改め、正式に奥 [全文を読む]

フォーカス