オレたちひょうきん族のニュース

【テレビの開拓者たち(2) 三宅恵介】ひょうきんディレクターのテレビ論

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日06時00分

80年代に一世を風靡した「オレたちひょうきん族」(’81~’89年)をはじめ、「あっぱれさんま大先生」(’88~’03年)、「ごきげんよう」(’91~’16年)、さらには「FNS27時間テレビ」誕生のきっかけとなった「FNSスーパースペシャル 一億人のテレビ夢列島」(’87年)、20年以上を経て現在も放送中の長寿番組「はやく起きた朝は…」などなど、フジテレ [全文を読む]

<放送作家40年・日本コント史の裏側>「ひょうきん族」と「全員集合」は視聴率争いなどしていなかった

メディアゴン / 2016年04月08日07時40分

昭和56年『8時だョ!全員集合』の裏番組として『オレたちひょうきん族』が始まった。よく、アドリブのおもしろさ、稽古しないひょうきん族と言う点で全員集合と比較されるが、厳密には違う。全員集合は稽古をして稽古の成果を見せる。ひょうきん族は稽古をして稽古をしなかったように見せる。その違いである。筆者はひとり早くスタジオ入りしたビートたけしが、セットの前でなにやら [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「三宅恵介」自分で100冊も買っちゃいました

アサ芸プラス / 2015年11月24日06時57分

その後、「笑ってる場合ですよ!」「オレたちひょうきん族」「FNS27時間テレビ」など、フジテレビを代表するバラエティ番組の制作に携わる。現在、フジテレビジョン・エグゼクティブ・ディレクターとして「ライオンのごきげんよう」や「はやく起きた朝は…」を演出。また、テレビ制作会社「千代田企画」では代表取締役を務めている。著書「ひょうきんディレクター、三宅デタガリ恵 [全文を読む]

アダモちゃん たけしの「ポリネシアンダンサー似てる」で誕生

NEWSポストセブン / 2014年01月03日07時00分

オレたちひょうきん族』や『8時だョ!全員集合』が人気だった。出演者や、専門家が当時を振り返る。 「アダモちゃんは、楽屋でたけしさんに『お前、ポリネシアンダンサーに似てるな』って、そのひと言で生まれたの」とは、島崎俊郎。 「その後すぐ、スタッフが衣装を用意してセット組んじゃって、台本のト書きには『島崎登場、爆笑の渦の中退場』としか書かれてない(笑い)。すご [全文を読む]

浅野忠信×明石家さんまが初共演! 即興曲を披露「さんまのまんま」SP

CinemaCafe.net / 2017年10月04日12時00分

そんな中、さんまさんと初共演を果たす浅野さんは、「オレたちひょうきん族」「男女7人夏物語」といった、さんまさんが出演していたバラエティやドラマが好きだったと告白。さらに絵を描くことも好きだと言い、この共演が楽しみで、「オレたちひょうきん族」に出てくる「タケちゃんマンとパーデンネンの画を(先日)描いていました!」と笑顔をみせる。一方、浅野さんに対し怖いイメ [全文を読む]

週刊ザテレビジョン創刊35周年記念サイト開設! テレビスターのロングインタビューや懐かしの特集記事やグラビアなどを公開!

PR TIMES / 2017年09月13日16時38分

テレビの世界を彩ってきたスターたちのロングインタビューや、ザテレビジョンが取材してきた懐かしの記事コラム、「オレたちひょうきん族」や「進め!電波少年」など伝説番組の名物ディレクターやプロデューサーが語る番組の誕生秘話などを掲載。「週刊ザテレビジョン」誌面と連動した上戸彩、新垣結衣、高橋一生ほか人気タレントたちのサイン入りグッズプレゼントも! 創刊35周年 [全文を読む]

ビートたけしが嫉妬した人とは!? 知られざる“スゴい”人を発掘

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日07時00分

オレたちひょうきん族」はさんまに頼りっぱなしで、さんまのアイデア力が受けたと思う。でも、それぞれ役割があるから、勝ち負けじゃないよね。この前、B&Bの島田洋七には、昔一緒にライブした時に「ツービートに負けた」と実感したことが一回だけあるって言われたよ。年取ってからは正直に言えるけど、現役中は言いづらいよね。タレント同士は闘っているから、嫉妬した人を語るの [全文を読む]

ひょうきん族の時代、制作現場で視聴率の話はしなかった

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)をはじめ、数多くの人気番組を手掛けてきたベテラン放送作家の高橋秀樹さんは、視聴率について、「自分たちが作った番組が世の中に受け入れられているか、その判断基準となる指標ととらえています」と話す。 特にバラエティーなどでは、1分ごとの視聴率が折れ線グラフで示される毎分視聴率が気になるそうだ。 「例えば番組の中で、あるコ [全文を読む]

<芸人とは何か>今のテレビに「芸」のある人はいないのか?

メディアゴン / 2016年10月31日07時30分

ここでジョーがやり玉に挙げるのは欽ちゃんの一連の番組であり、「オレたちひょうきん族」であり、「笑ってる場合ですよ」である。【参考】フランス勲章受章の北野武監督の弁に感じた「残念感」「コント55号」までの萩本欽一は芸人だったが、二郎さんと離れて単独でテレビに出るようになった欽ちゃんはもう芸をやっているのではなくなり、きちんと作り込んだドリフは廃れていき、テレ [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

確かに、『オレたちひょうきん族』をはじめ、『なるほど!ザ・ワールド』や『笑っていいとも!』など、80年代にスタートしたバラエティ番組がフジの勢いをけん引したのは事実だ。でも、それだけで三冠王は取れない。ドラマや情報番組など、多ジャンルにわたる視聴率の底上げがあったからである。そんな局のパワーは、当初「楽しくなければ~」のキャッチフレーズに相応しくないといわ [全文を読む]

人気コント作家・内村宏幸が明かす「面白いアイデアをひねり出す秘訣」

週プレNEWS / 2016年09月06日11時00分

―ともあれデビュー以降、『オレたちひょうきん族』『夢で逢えたら』や、最近は『サラリーマンNEO』『LIFE! ~人生に捧げるコント~』などを手がけ、非常に順風満帆な作家生活のように思えます。 内村 最初から割と順調に仕事をもらうことができたのは幸いでした。当時は今よりテレビやコントを取り巻く環境が恵まれていたおかげもあるでしょうね。ただ、本書の中でも少し [全文を読む]

<失われゆくテレビの醍醐味>ビートたけしをつまらなくしているのは安住アナ?

メディアゴン / 2015年04月06日03時20分

オレたちひょうきん族」(1981〜1989・フジテレビ)、「OH!たけし」(1985〜1986・日本テレビ)、「報道スクープ決定版」(TBS)、「風雲!たけし城」(1986〜1989・TBS)などである。このところご無沙汰してますが、お元気のご様子、安心しました。筆者は、以来、たけしさんをエンターティナーとして、浅草軽演劇の血を引く最後のコメディアンとし [全文を読む]

<テレビが狙う「コアターゲット」って何だ?>高齢者にはテレビを観てもらわなくても良い?というテレビ作り

メディアゴン / 2015年03月30日02時43分

TBSの怪物番組「8時だよ!全員集合」(1969〜1985)の裏で「オレたちひょうきん族」(1981〜1989)を始めた。このころ、ターゲットはどんな人かなどという話は一度もした覚えがない。20代後半の僕が面白いと思う「タケちゃんマン」の脚本を書き、30代前半のディレクターMさんに渡す。Mさんも面白いと思えば、それで番組は作られる。たけしさんやさんまさんに [全文を読む]

明石家さんまがナイナイ岡村相手にしゃべり“過ぎる”

Smartザテレビジョン / 2015年01月06日21時27分

そして'81年、伝説のお笑い番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)に出演。お笑い界のスーパースターへと駆け上がっていくが、番組は8年で終了。「番組をやめるか、続けるかは俺に託されていた」というさんまが当時の心境を岡村らに伝える。続けて「(「オレたちひょうきん族」が放送されていた)土曜の夜8時は岡村が大事にしてくれてる」とさんまがうれしそうな表情を浮 [全文を読む]

女優:山村美智、「『オレたちひょうきん族』のイメージが消えない時代があった」

Entame Plex / 2014年12月18日14時48分

でも、退社後、どんな舞台に出ようが何しようが『オレたちひょうきん族』のイメージが消えない時代がありました。でもね、今の人は『ひょうきん族』のことをまったく知らない! 時代も変わりましたよね(笑)」――超多忙そうだった当時と比べ、女優業を軸にする現在と充実度の違いはありますか?「フジテレビを辞めた後、どれだけ組織の存在が大きかったかを痛感しましたね。役者は [全文を読む]

『ひょうきん族』から『お試しかっ!』のバラエティーの歴史

NEWSポストセブン / 2013年05月28日07時00分

バラエティー番組をこよなく愛し、研究を続けてきた評論家・ラリー遠田さんが、『オレたちひょうきん族』から『SMAP☓SMAP』、『お試しかっ!』までの流れを徹底解説。 「1970年代は、萩本欽一やザ・ドリフターズの“作り込んだ笑い”がウケた時代でした」(ラリーさん・以下「」内同) それが大きく変わるきっかけになったのは1980年代初めの漫才ブーム。フジテレビ [全文を読む]

『ひょうきん族』を名物ディレクターと片岡鶴太郎が語り合う

NEWSポストセブン / 2013年05月24日07時00分

タレントの片岡鶴太郎氏と、『笑っていいとも!』や『オレたちひょうきん族』を手がけたフジテレビジョンエグゼクティブプロデューサーの三宅恵介氏が、その思い出を振り返る。 三宅:ぼくがバラエティー番組の制作にかかわったのは『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(1975年)からですが、大将(萩本欽一)には本当にお笑いのいろいろなノウハウを教わりました。 片岡:コント [全文を読む]

【極秘伝説】ビートたけしの秘密と逸話を大発表! アウトレイジでのバカヤローコノヤローの回数

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年10月16日06時00分

1. オバケが出たから番組出演をドタキャン 1980年代の人気番組「オレたちひょうきん族」に出演していたたけしさんですが、番組の晩年は「家にオバケが出たから」と理由で何度も収録をズル休みしたことがあります。収録を無断で休むなんて普通なら芸人生命に関わる大問題ですが、それを笑いとして昇華させてしまうたけしさんはさすがとしか言いようがありません。 2. ゾマ [全文を読む]

片岡鶴太郎、“熱々おでん芸”の元祖は自分とたけし「芸でも何でもない」

スポーツ報知 / 2017年10月15日14時53分

1980年代に大人気だったフジテレビ系「オレたちひょうきん族」の中で鶴太郎とたけしのコントから生まれたと語り始めた。 冬の設定のコントを撮影するために部屋にはこたつやみかん、グツグツの鍋物が用意してあった。ふと、たけしが鍋のふたを取った時、目がキラッと光ったという。 たけしの目が変わった時には事件、事故が起きていると知っていた鶴太郎は「これやべえな」と思っ [全文を読む]

ビートたけし“番組ドタキャン”に反響も囁かれる高年齢化と気力の限界

デイリーニュースオンライン / 2017年10月08日07時05分

「かつては自身がパーソナリティを務めた『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)でもドタキャンしたり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)では『おばけが出た』という理由で休んだこともあったほどです。しかし今回は、別の収録番組には出席しているだけに、体調不良を心配する声は大きいのだとか」(前出・芸能関係者) 現在70歳を迎えたたけしだが、そういった年齢 [全文を読む]

フォーカス