曾根崎のニュース

【特別映像】夏帆、“殺人犯”藤原竜也への憎しみで崩壊…「死んでよ」『22年目の告白』

CinemaCafe.net / 2017年06月06日12時00分

出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった――。 本作は、藤原さんが時効を迎えた“美しき殺人犯”の曾根崎雅人、伊藤さんが曾根崎を追い続ける牧村刑事を熱演。公開に先駆けて行われた試写会では、鑑賞者からは「殺人犯だけどこんな藤原竜也見たこ [全文を読む]

藤原竜也、圧巻のクズっぷり! 狂気をはらんだ“首絞めシーン”解禁

ザテレビジョン / 2017年06月02日11時00分

その中でも注目を集めているのが、藤原の新たなるクズ役・曾根崎雅人。美しい容姿を持ち、日本中を狂わせる殺人犯が、本映像では実際に女性の首を絞めながら脅迫する姿を切り取っている。殺人犯・曾根崎の、とんでもないクズっぷりが目撃できる映像は必見だ。 22年前に起きた連続殺人事件は未解決のまま時効を迎え、“絶対に捕まらない殺人犯”として突然現れた曾根崎(藤原)は、 [全文を読む]

藤原竜也演じる“クズ男”が都内をジャック

Entame Plex / 2017年04月17日21時00分

このたび、藤原演じる殺人犯:曾根崎雅人の衝撃的なビジュアルが都内をジャック。それに伴いキャラクター映像が公開になった。 22年前に起きた連続殺人事件。時効を迎え突然現れた“絶対に捕まらない殺人犯”の曾根崎。独自の殺しのルールを持ち、かつて5人もの命を奪った男を藤原が熱演する。 曾根崎は自分が犯した殺人事件の真相を綴った告白本を出版。大々的な [全文を読む]

藤原竜也「22年目の告白―」×感覚ピエロの特別コラボPVが解禁

Smartザテレビジョン / 2017年05月20日18時10分

映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」は、藤原竜也が国民に衝撃を与える殺人犯・曾根崎雅人を演じ、警察やマスコミを挑発しながら日本中を狂わせていく新感覚サスペンスエンターテインメント大作。本作の主題歌「疑問疑答」はメジャーやインディーを問わず特に若い世代に人気のロックバンド、感覚ピエロが担当しており、ロックな主題歌と劇中の本編シーンがコラボした特別PVが [全文を読む]

藤原竜也、緊迫の記者会見シーンも一切NGナシ! クズすぎる殺人犯を怪演

Smartザテレビジョン / 2017年05月03日20時17分

藤原竜也、伊藤英明の初共演で6月10日(土)に全国公開される映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」より、美しき殺人犯・曾根崎(藤原)が事件の真相を語る“緊迫の記者会見”本編シーンが公開された。 残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件は、懸命の捜査もむなしく時効を迎える。“絶対に捕まらない殺人犯”となった曾根崎は、事件の真相を語る告白本 [全文を読む]

藤原竜也と伊藤英明、初バトルの感想は?『22年目の告白』撮影現場に潜入

Movie Walker / 2016年11月25日11時00分

連続殺人を犯しながらも、完璧に逃げ切り時効を迎えた犯人・曾根崎(藤原)が、殺人手記を出版。日本中を巻き込むその“告白”が、新たな事件へとつながっていく衝撃の物語だ。 現場を訪れた日は、殺人手記を出版した曾根崎が、サイン会に現れるシーンが撮影されていた。曾根崎がサイン会を行う一方で、マスコミ関係者、被害者遺族も駆けつけるという、異様な熱気に包まれたシーンだ [全文を読む]

藤原竜也がバレンタインデーに“最悪の”告白!?

Smartザテレビジョン / 2017年02月14日08時00分

突如、藤原演じる男・曾根崎雅人が登場すると、不敵な笑みを浮かべながら「初めまして、私が殺人犯です」と最悪の告白をする。 本作は、'95年に残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から物語が始まる。 “被害者に近しい者を殺人の目撃者にする”という [全文を読む]

藤原竜也VS伊藤英明を盛り上げる「感覚ピエロ」の爆音! 「22年目の告白」PV映像

映画.com / 2017年05月19日17時00分

姿を現した曾根崎(藤原)と名乗る男は妖艶な美ぼうを持ち、報道の加熱やSNSによって時の人となる。そして事件発生当初から犯人を追い続ける刑事・牧村(伊藤)もまた、その告白から始まる新たな事件に身を投じていく。 特別PV映像で使用されている本編シーンは、曾根崎と牧村が激しく対立する様子に加え、LINEスタンプや手記が飛ぶように売れる“曾根崎ブーム”の一端をとら [全文を読む]

藤原竜也「私が殺人犯です」迫真の告白映像に衝撃

Entame Plex / 2017年02月15日11時30分

<被害者に近しい者を殺人の目撃者にする>という犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、残忍な殺人を犯したとは思えないほど美しい容姿で、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見・握手会・TV出演とキャンペーンを展開。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNSにより美しい容姿とともに拡散さ [全文を読む]

藤原竜也史上、最強の“クズ役”が誕生!?『22年目の告白』美しき殺人犯役への覚悟

Movie Walker / 2016年11月25日11時00分

撮影を見学した日は、藤原演じる殺人犯・曾根崎がサイン会を行うシーンが敢行されていた。大広場にファンが列を作り、曾根崎が登場してゆっくりと手を振るや、拍手喝采。殺人犯に歓声が浴びせられるという、心がざわつくような衝撃シーンだ。独特の髪型にグレーのスーツ姿の藤原。妖艶とも言える美しさをたたえた、存在感抜群のキャラクターが誕生していた。 藤原は「衣装・メイクチ [全文を読む]

藤原竜也のサプライズにファン絶叫!

ザテレビジョン / 2017年06月09日07時00分

藤原竜也が“クズな殺人犯・曾根崎”を演じ、話題となっている6月10日(土)公開の映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」。 公開直前イベントに登場した藤原は、今作のカギとなる“曾根崎のサイン会”のシーンを再現。当初はサイン入りの告白本を4人にプレゼントする予定だったが、藤原の自腹で「会場のお客さん全員にプレゼントします!」と宣言! 藤原はお客さん1人1人に [全文を読む]

藤原竜也、サイン入り小説版「22年目の告白」を“自腹”プレゼント!

映画.com / 2017年06月07日19時04分

劇中では、時効になった自身の“殺人”を詳述した手記を出版する美しき殺人犯・曾根崎雅人を演じている藤原は、ネタバレ厳禁な要素が物語に多すぎるため「これほど宣伝しにくい作品はないんですよ(笑)。早く公開を迎えてほしい」と思いの丈を述べていた。 2012年の韓国映画「殺人の告白」を、藤原と伊藤英明のダブル主演でリメイクしたクライムサスペンス。残忍な手口で5人が殺 [全文を読む]

藤原竜也、初のサイン会に「湊かなえ先生になったつもりで…」主演ドラマもアピール

CinemaCafe.net / 2017年06月07日18時45分

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は絶対に捕まらない史上最低の美しきクズ・曾根崎雅人(藤原さん)を警護することになった、22年前に全てを失った刑事・牧村航(伊藤さん)との怒涛の展開を描いた新感覚サスペンス。1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人だと名乗る曾根崎が殺人手記を出版。加熱するマスコミ報道の中、曾根崎の真の [全文を読む]

藤原竜也、ブルゾンちえみと“決め顔”!「ぐるぐるナインティナイン」

CinemaCafe.net / 2017年06月01日12時30分

藤原さんが伊藤英明と初共演&W主演する『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』は、藤原さんが美しき殺人犯・曾根崎を演じ、警察やマスコミを挑発しながら日本中を狂わせていく新感覚サスペンスエンターテインメント大作。 阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメ [全文を読む]

“美しきクズ”っぷりをアナタは許せる?藤原竜也の新キャラがハマりすぎ!

Movie Walker / 2017年03月28日16時15分

最新主演作『22年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日公開)で見せる“美しすぎるクズ”が、新たなハマリ役になる予感! 今作で藤原は、過去に5人を惨殺しながら時効を迎え、無罪放免となる殺人犯・曾根崎雅人を演じている。この曾根崎、時効を迎えるや、マスコミの前に堂々とその姿を表し、殺人の「告白本」を出版してしまうとんでもない男! 遺族の前でわざと恭しく土下座 [全文を読む]

早乙女太一「入江監督に求められてのは芝居ではなく…」

Entame Plex / 2017年02月27日21時30分

残忍な犯行の手口を赤裸々に告白した殺人犯であり、告白本の著者でもある曾根崎雅人(藤原)は、殺人犯には見えないほどの美しい容姿で告白本「私が殺人犯です」を手に、不敵な笑みを浮かべながら会見・サイン会・TV出演と大々的な出版キャンペーンを展開、世間の注目を集めて挑発し続ける。22年前に犯人を取り逃がしたことを、悔やみ続け、事件によってすべてを失った刑事・牧村航 [全文を読む]

三浦しをん、桜庭一樹、いとうせいこう ほか人気作家競演! 演劇ファンも必読の舞台の古典新訳巻が発売! 刊行記念トークイベントも開催。

PR TIMES / 2016年11月02日10時24分

第10巻『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』(岡田利規/伊藤比呂美/いとうせいこう/桜庭一樹/三浦しをん/いしいしんじ/松井今朝子訳)には、本全集最多7人の豪華作家による舞台・芸能の名作の古典新訳が収録されている。 12月7日には、本巻刊行を記念して、編者の池澤氏を迎えて、舞台の古典を翻訳すること、その面 [全文を読む]

青木崇高、「ちりとてちん」制作の地に凱旋!

Smartザテレビジョン / 2015年11月13日22時48分

「ちかえもん」は近松門左衛門の人形浄瑠璃の傑作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。 スランプに苦しむ中年作家・近松(松尾)は、行きつけの店で謎の渡世人・万吉(青木)と出会う。人情深い万吉に巻き込まれ、周囲のもめ事の解決に奔走する中で、人間のたくましさと本物の愛を見いだした近松は、やがて傑作「曽根崎心中」を書き上げる。 かつてNHK大阪放送局 [全文を読む]

戦隊レッドから若手刑事へ!竜星涼に訪れた“警官”役ラッシュ

Movie Walker / 2017年06月10日10時00分

行動力やガッツがあり、警察を挑発してくる犯人・曾根崎(藤原竜也)に苛立ちを募らせる熱血漢だ。 オールバック気味な髪型、バシッと決まったスーツ、爽やかな見た目など、とにかくカッコイイ出で立ちの竜星。刑事という仕事に情熱を持ち、曾根崎を何としてでも捕まえようとする男気あふれる姿に、見ているだけでもグッとさせられる。 このピンポイントなタイミングで、出演作が3作 [全文を読む]

自身初のサイン会は「湊かなえさんになったつもりで」 藤原竜也、サイン本自腹購入のサプライズ

エンタメOVO / 2017年06月08日09時58分

5人の命を奪った連続殺人事件が未解決のまま時効を迎え、事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎雅人(藤原)が顔をさらして肉声で殺人を告白し、告白本を発表するとたちまちベストセラーに。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、サイン会と日本中を巻き込んだ新たな事件へと発展していく。 劇中では曾根崎が告白本のサイン会を開くシーンにちなみ、この日は実際 [全文を読む]

フォーカス