新浪のニュース

サントリー新浪CEOが語る、「グローバル化」と「やってみなはれの精神」

Forbes JAPAN / 2016年08月17日09時00分

サントリーに転じた新浪CEOには「グローバル化」のミッションが託されていた。就任から2年経った今、同氏に訊く、日本のCEOが世界で戦うために必要な条件。「今一番ニューヨークでおいしいって言われているクラフトバーボンを飲ませてよ」マンハッタンのバーのカウンターで、バーテンダーの男にそう言ったのは、サントリーホールディングスの社長、新浪剛史がアメリカに出張中の [全文を読む]

「『情熱大陸』(MBS)出演」×「『天皇陛下の執刀医』天野篤医師の右腕として活躍」×「ローソン会長・新浪剛史の実弟」である、心臓外科医・新浪博士(にいなみ・ひろし)の仕事の流儀を初公開!

PR TIMES / 2014年04月01日17時25分

角川書店ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA 角川書店BC(東京都千代田区)は、『数こそ質なり~「人の10倍の手術数」の心臓外科医が実践するプロの極意』(新浪博士:著)を刊行しました。 心臓外科の名門である東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所(現:東京女子医科大学病院心臓病センター)で学び、アメリカやオーストラリアでの留学を経て、順天堂大学で「天 [全文を読む]

ローソン新社長の玉塚元一氏 会長とはゴリラと呼び合う関係

NEWSポストセブン / 2014年03月20日07時00分

これまでローソンの「顔」といえば、若さと強力なリーダーシップを武器に12年間トップに君臨した新浪剛史氏(55歳)が広く知られているが、新浪氏に代わって社長兼最高経営責任者(CEO)に就くのは、玉塚元一氏(51歳/現COO=最高執行責任者)である。 今回の人事は「昨年より規定路線だった」と話すのは、経済ジャーナリストの松崎隆司氏。「ローソンは昨年5月に社長 [全文を読む]

セブン、サントリー新浪社長就任で取引見直し検討か 他ビールが営業攻勢、業績に悪影響も

Business Journal / 2014年09月06日01時00分

前ローソン会長の新浪剛史氏が10月1日付でサントリーホールディングス(HD)次期社長に就任する人事をめぐり、コンビニエンスストアチェーン最大手のセブン-イレブンが不穏な動きを示しているという。 セブン社内は「昨日までの商売敵(ローソン)がトップを務める企業と急に仲良く商売しろといわれても無理」(同社幹部)との気分が強く、大口仕入れ先であるサントリーとの契約 [全文を読む]

サントリーを蝕む危機 セブン&アイのサントリー切り、経営陣の方針分裂、巨額借金

Business Journal / 2016年01月26日06時00分

これによりサントリーHDは、会長の佐治信忠氏、社長の新浪剛史氏、副社長の信宏氏のトロイカ体制に移行することになる。 サントリーHD(創業時は寿屋)は故鳥井信治郎氏が創業した。信宏氏は鳥井家の4代目に当たる。信治郎氏の長男吉太郎氏(元寿屋副社長)が若くして亡くなったため、養子に出ていた故佐治敬三氏が2代目社長になり、ビール事業に参入。同社を総合飲料メーカーに [全文を読む]

サントリー創業家トップが新浪新社長に託した「本当の課題」

NEWSポストセブン / 2014年07月02日07時00分

連結売上高で4倍もの企業のトップへと転身を遂げたのは、サントリーホールディングスの新社長に就任することになったローソンの新浪剛史・会長。同族経営で知られるサントリーで初の外部からのトップ起用として注目が集まったのは周知の通りだ。 新浪氏を口説いたサントリーの佐治信忠・会長兼社長は「彼の持つ国際性に期待したい」と語り、新聞も「ダボス会議の常連で国際派」と強調 [全文を読む]

ローソンの商品開発、どの方向を目指すのか 傘下入りした三菱商事の調達力をフル活用

東洋経済オンライン / 2017年02月21日08時00分

2002年5月には三菱商事出身の新浪剛史氏(現サントリーホールディングス社長)がローソンの社長に就任。三菱商事との関係がより強固になっていくと思われた。だが、新浪氏は三菱商事との距離を置き、独自の経営を貫いた。新浪氏の方針について、ローソンの玉塚元一会長は2016年12月に行った東洋経済のインタビューにこう語っている。「ダイエーから買収した直後のローソンは [全文を読む]

『島耕作』シリーズ著者・弘兼憲史が語る“新しいリーダーの条件”

文春オンライン / 2017年06月14日07時00分

継げばいいんでしょ」 〇八年の取材には、ローソンの新浪剛史社長とサントリーの佐治信忠社長もいました。現在は新浪さんがサントリーの社長になっていて、佐治さんは会長です。ぼくは新浪さんとは親しくてゴルフしたり飲んだりする仲ですが、ローソンからサントリーへの移籍は新聞で読むまでまったく知りませんでした。銀座のクラブに行ってるやつから、「新浪さんと佐治さんが店の片 [全文を読む]

中国海軍が最新鋭の早期警戒管制機KJ−500を投入、南シナ海での軍事能力を増強―中国メディア

Record China / 2017年05月17日06時20分

中国メディアの新浪網は15日、同国海軍が同国最新鋭の早期警戒管制機KJ−500(空警−500)2機を海南島の基地に配備したと伝えた。中国はベトナムやフィリピンなどで群島の領有権や海域における権益で対立する南シナ海における軍事行動能力をさらに増強させつつあると見られる。 中国人民解放軍は早期警戒管制機として2000年ごろに、輸送機Y−8(運−8)を改造したY [全文を読む]

「ホンダがトヨタとガチンコ勝負か」と中国メディア、新型CR−Vに強い関心

Record China / 2017年04月25日18時30分

きっかけはホンダの中国合弁会社である東風本田が19日開幕の上海モーターショーでハイブリッド・モデルを公開したことで、中国のウェブサイト・新浪網は自動車情報を特集する新浪汽車で「ホンダがトヨタとPK(一対一の真剣勝負を指す俗語)か?」などとも表現している。 新浪汽車は、CR−Vのハイブリッド・モデルはアコードに採用しているハイブリッド・システムのi−MMDを [全文を読む]

ローソン、三菱商事の完全管理下で独立性喪失…玉塚会長を放逐

Business Journal / 2017年04月20日06時00分

新浪氏が三菱商事の反対を押し切り社長に ローソンの元社長でサントリーホールディングス現社長の新浪剛史氏が、10年に玉塚氏を直接スカウトしてローソンに入社させた経緯がある。14年に新浪氏の後を継いで社長に就任したが「玉塚氏の社長就任に三菱商事の経営陣は強い難色を示した」(三菱商事の元役員)といわれている。そのため、「新浪氏が当時、三菱商事の会長だった小島順 [全文を読む]

サントリーの大ばくち 巨額負債と綱渡り経営、「高すぎる」買収で背負った十字架

Business Journal / 2015年01月15日06時00分

サントリーホールディングス(HD)は昨年10月1日、ローソンから招聘した新浪剛史氏が社長に就任し、創業家以外が初めて経営トップになる新体制が始動した。 同日、東京・台場のサントリーHD東京本社。大柄な体をグレーのスーツに包んだ新浪氏は、トレードマークの日焼けした顔から真っ白な歯をのぞかせ、第一声を放った。「やってみなはれ」。横浜生まれの新浪に関西弁は似合わ [全文を読む]

サントリー、ビール事業分社化で50年目の独り立ち 世界戦略本格化への序章

Business Journal / 2014年11月20日06時00分

この事業再編は、サントリーHD会長兼社長だった佐治信忠氏が会長専任になり、同日付でローソン前会長の新浪剛史氏が社長に就任するのに合わせて実施されたが、佐治氏がスカウトした新浪氏に期待しているのは、サントリーをグローバル企業へ成長させることである。 8月の顧問就任以来、新浪氏は国内外の拠点を回り、問題点の洗い出しに着手した。2009年9月に3500億円で買 [全文を読む]

東京五輪、運営・資金集めのカギ握る組織委会長人事が混迷〜森元首相案に財界から異論

Business Journal / 2013年11月01日14時00分

経済同友会副代表幹事で東京オリンピック・パラリンピック推進プロジェクトチーム委員長を務めた新浪剛史・ローソン最高経営責任者(CEO)を、張氏の対抗馬と見る向きがある。安倍政権の経済成長戦略を担う、産業競争力会議のメンバーだ。また、新浪氏は経済同友会を代表して今回の招致に深く関わってきた。もちろん同友会は新浪氏を全面的にバックアップしており、同友会の次期代 [全文を読む]

中華ステルス「J−20」戦闘機、操縦桿を介さず「念力」で飛行させる技術を導入―中国メディア

Record China / 2017年08月14日08時30分

中国メディアの新浪網は9日、中国は自国が開発したステルス戦闘機の「J−20(殲−20)」に、VR(仮想現実)技術を応用して操縦桿(かん)を介さずパイロットの「意念の力」で飛行させる技術を導入しつつあるとする記事を掲載した。J−20の開発は2007年には本格化したとされる。中国メディアは2017年3月、J−20は中国空軍の「某基地」に配備済みと報じた。さらに [全文を読む]

(株)W TOKYO、「微博(weibo)」日本総代理と共同事業契約を締結~TGCの中国展開本格化、微博(weibo)の日本幹事代理店に指定~

PR TIMES / 2017年07月07日09時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/7466/139/resize/d7466-139-766815-0.jpg ] 株式会社W TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上範義、以下W TOKYO)は、中国語圏最大のソーシャルメディア「微博(weibo)」の日本における総代理である新浪日本微博株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 [全文を読む]

【中華圏向けマーケティング事業を手掛けるクロスシー】 (株)エルテスと提携、中国における炎上・風評対策パッケージプランを提供開始

News2u.net / 2017年07月04日15時00分

プランA フルパッケージ【月額50万円~(税別)】1. 監視対象サイト新浪Weibo、WeChat、百度文庫、新浪ニュース、新浪ブログ、豆瓣、知乎、Youku、Bilibili、Tmallなど主要10サイト※いずれもオープンデータを対象 [全文を読む]

中国が保有する戦闘機類は2100機だが、3分の2は旧型機―中国メディア

Record China / 2017年06月30日06時10分

中国メディアの新浪網は26日、米国防総省が2017年版の中国の軍事力リポートを発表したことを受け、「中国の有人の作戦機(戦闘機、爆撃機、攻撃機)は2100機だが、大部分は旧型機だ」と強調する論説を掲載した。 米国防総省のリポートは、中国空軍が保有する有人軍用機は2700機に達し、うち2100機が作戦機との見方を示した。ただし、第4世代作戦機は600機のみで [全文を読む]

中国の潜水艦AIP出力は日本の「そうりゅう」の2倍以上、導入も4年早かった―中国メディア

Record China / 2017年06月25日08時40分

中国メディアの新浪網は22日付の記事で、中国は潜水艦への非大気依存推進(AIP)システム導入を日本より4年早く行い、出力は日本の「そうりゅう」の2倍以上に達していると主張した。 記事は、自国の通常動力(非原子力)潜水艦として039A型と039B型を取り上げた。039A型1番艦の就役は2005年で、039B型は2013年までには就役を始めたとされる。その上で [全文を読む]

中国版ツイッターのユーザーが選ぶ映画賞、キング&クイーンにドン・チャオとチョウ・ドンユィ―中国

Record China / 2017年06月19日16時10分

2017年6月18日、中国版ツイッター最大手・新浪微博(SINA Weibo)による映画アワード、第2回微博電影之夜が上海で行われた。新浪が伝えた。 3億人以上のユーザーを抱える中国版ツイッター、新浪微博の映画アワード「微博電影之夜」は昨年スタートしたばかりの新しい映画賞。過去1年間に上映された映画を対象に、新浪ユーザーの投票により優秀な作品や俳優、女優を [全文を読む]

フォーカス