南スーダンのニュース

南スーダン停戦合意を歓迎します

PR TIMES / 2014年01月25日10時31分

紛争のためにアクセスできなかった地域で、子どもたちへの支援ができるようになることを期待します 1月23日、エチオピアの首都アディスアベバで、南スーダン政府と反大統領派は停戦協定に調印しました。南スーダンで息の長い人道支援を続けている国際NGOワールド・ビジョンは、この停戦合意により、これまで紛争状態にあったためアクセスができなかった地域に住む子どもたちと家 [全文を読む]

南スーダンPKOは「機能不全」、ケニアが国連批判で部隊撤退

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月04日16時00分

<今年7月の戦闘に対応できなかった南スーダンPKOのケニア人司令官を解任した国連。反発したケニアはPKO部隊を「機能不全」と批判して、部隊を撤退させることに>(写真は南スーダンのPKOに参加するガーナ軍の部隊〔14年2月撮影〕) 国連が南スーダンで展開しているPKO、国連南スーダン派遣団(UNMISS)から、ケニアがおよそ1000人の部隊を撤退すると発表し [全文を読む]

紛争下の南スーダンで食糧支援拡大中の国連WFP、 支援物資の略奪を非難

PR TIMES / 2014年01月15日14時36分

ジュバ(南スーダン)発 国連WFPは南スーダンの危機を受け、新たに被災者支援のための緊急支援活動を立ち上げました。3か月間にわたり40万人の国内避難民に緊急食糧支援を行う予定です。予算は5780万米ドル。食糧供給が滞っている中、もっとも弱い立場にある乳幼児やその母親たちに対しては、特別な栄養支援も行う予定です。また、必要とする人に支援物資が届かないという事 [全文を読む]

援助団体から大金徴収で弱者を殺す南スーダン政府

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月10日18時18分

<財政もピンチの南スーダンは、援助従事者のビザ料金を引き上げて財源の穴埋めをしようとしている>内戦状態が続いて容赦のない暴力や民族浄化、そして飢饉に悩まされているアフリカの南スーダンで、政府は海外からの援助関係者に労働ビザの対価として1万ドルを支払わせる考えだ。豊かな欧米人や国際援助機関から料金を徴収して厳しい財政の穴埋めに使うと、政府関係者は言う。しかし [全文を読む]

南スーダンの自衛隊撤退には与野党の“手打ち”が必要…つまり「お金」で解決するしかない

週プレNEWS / 2017年01月04日06時00分

昨年成立した「安保関連法制」に基づく新任務「駆けつけ警護」を付与された、陸上自衛隊PKO(国連平和維持活動)派遣部隊が南スーダンの首都・ジュバへと派遣され、現地での活動を開始した。 停戦合意が崩壊し、事実上の内戦状態にあるとも言われる南スーダンで「新任務」を課された自衛隊が今後、なんらかの形で戦闘に巻き込まれる可能性はゼロではない。 このまま「何も起きない [全文を読む]

【共同プレスリリース】日本政府によるユニセフ支援 南スーダンに440万米ドルの資金援助

PR TIMES / 2014年04月03日12時38分

国内外で避難している人は100万人近く/日本人スタッフ活動中※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです※原文をご入用の際は、広報室までお問い合わせください【2014年4月3日 南スーダン・ジュバ発】日本政府は、ユニセフに対し、紛争下にある地域での南スーダンの人道支援活動に440万米ドル(約4億5,320万米ドル※1米 [全文を読む]

<世界で活躍する日本人>10万人の避難民を文民施設に保護=中国の影響力大きく歯がゆい思いも―国連南スーダン派遣団を率いる平原弘子事務所長

Record China / 2016年06月18日10時40分

2016年6月16日、国連南スーダン派遣団(UNMISS)の平原弘子ベンティウ事務所長が日本記者クラブで会見した。南スーダンでは、内乱や戦争が繰り返され、100%の人たちが平和を知らないので平和構築が困難としながらも、9万人の避難民を文民施設に保護し、人権支援、人道保護に各国メンバーを率い総力を挙げている、と強調した。また「中国のプレゼンスが南スーダンでは [全文を読む]

南スーダンの食糧危機について9つの重要なデータ

PR TIMES / 2014年04月25日19時08分

2011年に独立した南スーダンでは、昨年の12月に紛争が起き、100万人以上が避難民となっています。 現地の治安状態は極めて悪く、国連WFPも倉庫や事務所が略奪に遭うなどの困難に直面しましたが 、食糧を必要としている人たちに、あらゆる手段で穀物のソルガムや豆、食用油 などを届けています。 南スーダンの食糧危機について、9つの重要なデータです。 1. 南スー [全文を読む]

南スーダンは自衛隊撤収で「終わり」ではない 国際社会を悩ます「世界で一番若い国」の破綻

東洋経済オンライン / 2017年05月12日08時00分

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊が5年余りの活動を終了し、5月中に完全撤収する。南スーダンが事実上の内戦状態に陥って"国づくり"が破綻する中、日本では防衛省の「日報隠し」問題など、現地情勢と懸け離れた不毛な論議が繰り返された。日本にとっては自衛隊撤収をもって"幕引き"なのかもしれない。しかし、これで南スーダンの問題が終わるわ [全文を読む]

南スーダンの”飢饉”に対応するため、緊急追加支援を決定活動のための寄付アピールを強化

PR TIMES / 2017年04月13日11時41分

~500万人が深刻な食糧危機※1、27万人の子どもたちが栄養失調死のリスク※2~特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、今般の南スーダンにおける深刻な飢饉による緊急事態に対して、加盟NGOによる本格的な追加支援を開始することを決定しました。あわせて、支援活動のための寄付アピールを強化します。深刻な飢饉の状況総合的食 [全文を読む]

南スーダン戦闘激化でも...安倍政権が自衛隊「駆けつけ警護」を閣議決定! 議論避けるため憲法調査会も先延ばし

リテラ / 2016年11月17日11時30分

これを受けて20日より陸上自衛隊が順次、南スーダンへ出発する予定で、安倍政権が強行採決で押し切った安保関連法がいよいよ本格運用されることになる。 しかし最大の懸念は、南スーダンの情勢だ。10月12日に行われた衆院予算委員会では、治安が悪化している南スーダンでの駆けつけ警護は危険であり、新たなリスクの可能性を認めるべきではないかと批判されると、安倍首相は「南 [全文を読む]

南スーダン 紛争再燃で子どもの兵士解放の努力が後退【報道参考資料】

PR TIMES / 2016年08月19日09時31分

[画像: http://prtimes.jp/i/5176/735/resize/d5176-735-551931-0.jpg ] 【2016年8月19日 ジュバ(南スーダン)/ナイロビ(ケニア)発】本日、ユニセフ(国連児童基金)は、南スーダンにおいて今年に入ってあらたに武装勢力に徴用された子どもたちの数は650人以上にのぼる、と発表しました。紛争の再燃が [全文を読む]

【7月9日は南スーダン独立記念日】スタッフによる報告会を開催します!

PR TIMES / 2015年07月01日16時59分

~参加者受付中~ 7月9日は、南スーダン共和国の独立記念日。建国から丸4年を迎える世界で一番新しい国では、2013年12月の武力衝突以降も戦闘が絶えず、多くの人々が苦しい生活を強いられています。独立以前から南スーダンで支援活動を実施してきたワールド・ビジョン・ジャパンは、独立記念日に際し、南スーダンでの活動や同じく窮状に瀕するシリア難民の現状について、駐在 [全文を読む]

「稲田切り」だけでは済まぬ。改めて露呈した安倍官邸の隠蔽体質

まぐまぐニュース! / 2017年08月06日09時00分

南スーダンのPKO日報隠蔽問題を受け、責任を取る形で辞任した稲田朋美前防衛大臣。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、本騒動の経緯を説明し「お粗末な防衛大臣であったことは間違いない」と総括する一方で、「日報の隠蔽問題は別の問題である」と断言しています。新さんは、問題の本質は安倍官邸の隠蔽体質にあると指摘。稲田氏の辞任くらいで安倍首相の [全文を読む]

【緊急アピール:南スーダン一部で飢饉宣言】緊急食糧支援にご協力をお願いします

PR TIMES / 2017年02月24日17時38分

世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務執行役員・事務局長:片山信彦、以下WVJ)は、2017年2月20日に南スーダンの一部で飢饉が宣言されたことを受け、飢餓に直面している何万人もの人々に、一刻も早く人道支援の規模を拡大する必要がある、と警告します。 【100万人が飢饉寸前の状態に】 [画像1: https://pr [全文を読む]

稲田防衛相が必死に守るのは自衛隊員の安全ではなくPKO派遣

メディアゴン / 2017年02月15日07時40分

陸上自衛隊南スーダン派遣部隊の日報問題について、日報中に「戦闘」という言葉が再三使われていることから、衆院予算委員会で野党からPKO参加五原則に反する「戦闘」が起きていたのではと追求されています。稲田防衛相はこう答弁しました。 『事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている』 「戦 [全文を読む]

民族大虐殺迫る南スーダン。国連安保理の武器禁輸措置決議になぜ日本は消極的なのか

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月07日17時45分

南スーダンで今何が起きているのか 自衛隊の派遣をめぐって、様々な問題が日本国内でも議論されている南スーダン。 しかし、これは国内政治の問題ではなく、現地の人々の命が今この瞬間も奪われている事態であり、そして何より今そこにある危機である。 1990年代に起きたルワンダの大虐殺、民族浄化、多数の住民が殺され、女性はレイプされるなど、壮絶な悲劇は未だに記憶されて [全文を読む]

オバマ大統領の成果 中長期的に意味を持つ中国包囲網

NEWSポストセブン / 2016年10月17日07時00分

第1は、南スーダンの独立だ。2011年7月9日にスーダン共和国の南部10州が独立し、南スーダン共和国が成立した。この国は、米国が背後で画策して作り上げた傀儡国家である。 1974年に南スーダンで油田が発見された。その後、この油田はかなり有望であることが明らかになった。そこに目をつけたのが中国だ。中国石油天然ガス集団(CNPC)と中国石油化工(シノペック) [全文を読む]

安倍首相が自衛隊の駆け付け警護、戦争参加強行のためにインチキ答弁!「南スーダンは戦闘状態でなく衝突」

リテラ / 2016年10月12日13時00分

「PKO法との関係、五原則との関係も含めてですね、『戦闘行為』という定義があるものについては、それにはあたらない」「われわれは、それは一般的な意味として『衝突』という表現を使っているところでございます」 南スーダンの自衛隊PKO、そして、新安保関連法に基づき新たに付与される可能性の高い「駆け付け警護」等の任務をめぐって、またもや国会で安倍政権のトンデモ発言 [全文を読む]

歌手キム・ジャンフン側、リオ五輪開会式での入場試みるも”断念”

Wow!Korea / 2016年08月05日09時55分

これを前に、キム・ジャンフンはリオ五輪で南スーダン代表チームと共に開幕式で入場する計画があった。キム・ジャンフンは予定通りであれば去る2日に出国し、5日より開催される2016リオ五輪開幕式で南スーダン選手団と共に入場するはずだった。南スーダン代表チームは初出場であるだけに、球技種目からは脱落。新生国ワイルドカードとして、陸上など個人種目で3人の選手が出場を [全文を読む]

フォーカス