鳥取銀行のニュース

freeeが鳥取銀行の創業者向け融資で協業。freee ユーザー専用のインターネットバンキングプランに続く地域の活性化施策

12 / 2017年06月08日11時30分

freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee)は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取 平井耕司、以下鳥取銀行)が6月16日より取扱いをスタートする創業者専用融資商品「とりぎんビジネスライン<スタート型>」において、新たに協業施策を開始いたします。freee と鳥取銀行との協業では、freee ユーザー専用の [全文を読む]

ビザスク、鳥取銀行との業務提携で地方創生を促進 ~両社の協業により、地方のビジネス展開スピードの加速をサポート~

6 / 2016年09月30日10時00分

企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「当社」)は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取 平井 耕司、以下「鳥取銀行」)との業務提携契約を2016年9月30日(金)に締結いたしましたので、お知らせいたします。■鳥取銀行との提携の背景中小企業 [全文を読む]

freee が鳥取銀行との業務提携で地方創生を促進 国内初の金融機関による専用インターネットバンキングプラン提供開始

5 / 2016年07月29日15時38分

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取 平井 耕司、以下鳥取銀行)との業務提携を開始したことをお知らせします。今後、freee ユーザー専用の鳥取銀行インターネットバンキングプランの提供など、地方創生や地域経済の活性化を目的とした共同の取り組みを進め、地域企 [全文を読む]

freee が鳥取銀行との業務提携で地方創生を促進 国内初の金融機関による専用インターネットバンキングプラン提供開始

5 / 2016年07月29日15時00分

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取 平井 耕司、以下鳥取銀行)との業務提携を開始したことをお知らせします。今後、freee ユーザー専用の鳥取銀行インターネットバンキングプランの提供など、地方創生や地域経済の活性化を目的とした共同の取り組みを進め、地域企 [全文を読む]

OKIの「EXaaS(TM) スマートバンキングサービス」を採用したNTTデータの「アプリバンキング」が鳥取銀行に導入

3 / 2016年04月20日11時26分

OKIが提供する「EXaaS™ スマートバンキングサービス」を採用した株式会社NTTデータ(代表取締役社長 岩本 敏男、本社:東京都江東区、以下 NTTデータ)の金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」が、株式会社鳥取銀行(代表取締役頭取 宮崎 正彦、本社:鳥取県鳥取市、以下:鳥取銀行)に導入されました。鳥取銀行は2016年3月22日よりご利用 [全文を読む]

“鳥取発”社会的インパクト投資×フィンテック目指す 鳥取銀行・山陰放送・谷家 衛氏などから約1億円を資金調達

2 / 2017年05月09日11時00分

鳥取発で世界的な「社会的インパクト投資会社」を目指す、ネクストシフト株式会社(本社:鳥取県八頭郡八頭町、代表取締役社長CEO:伊藤 慎佐仁、以下「ネクストシフト」)は、シードラウンドにおいて、株式会社鳥取銀行、とっとり地方創生ファンド投資事業有限責任組合、株式会社山陰放送、お金のデザイン創業取締役会長やライフネット生命の創業期筆頭株主などとして著名な投資家 [全文を読む]

日本ユニシス、ディサークル鳥取銀行が働き方改革の基盤として「POWER EGG」を採用-意思決定の迅速化とペーパーレスの促進を実現-

2 / 2017年04月19日11時00分

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)とディサークル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西岡 毅、以下 ディサークル)は、株式会社鳥取銀行(本店:鳥取県鳥取市、頭取:平井 耕司、以下 鳥取銀行)から、日本ユニシスとディサークルが提供するポータル型グループウエア、ワークフローシステム「POWER [全文を読む]

鳥取銀行のふるさと納税を利用した「故郷とっとり応援定期」とは

2 / 2017年03月15日06時40分

鳥取銀行の「故郷とっとり応援定期」は、預金利息の中から毎年1万円ずつ寄付ができるという仕組みになっています。金利も高めに設定されていることから、定期預金を利用したふるさと納税として注目されています。今回はそんな「故郷とっとり応援定期」を解説します。■鳥取銀行の「故郷とっとり応援定期」とは?鳥取銀行の「故郷とっとり応援定期」では、一口あたり500万円を預け入 [全文を読む]

ビザスク、筑波銀行との業務提携で地方創生を促進 ~地域企業の経営支援にスポットコンサルを提供へ~

2 / 2016年12月22日16時00分

ビザスクは、以前より鳥取銀行との業務提携を行う等、地方創生、地方活性化への取り組みを進めております。(鳥取銀行との提携について >>http://visasq.co.jp/archives/6374)今回は銀行との提携の第二弾となりますが、引き続き地方銀行との提携を進めスポットコンサルを通じて地方創生に貢献してまいります。 《株式会社ビザスクについて》ビ [全文を読む]

freee、鳥取銀行、公益財団法人とっとり県民活動活性化センターが共同で「NPOのためのクラウド会計ソフト freee活用セミナー」を開催

2 / 2016年10月27日16時00分

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取:平井耕司、以下鳥取銀行)および公益財団法人とっとり県民活動活性化センター(所在地:鳥取県倉吉市、理事長:宮本京子、以下とっとり県民活動活性化センター)と共同で、クラウド会計を活用した会計業務の効率化に関心をお持ちのNP [全文を読む]

フォーカス