無伴奏のニュース

成海璃子「すごく頼もしかった」映画『無伴奏』恋人役の池松壮亮を絶賛

Entame Plex / 2016年02月27日16時05分

3月26日(土)より全国公開となる映画『無伴奏』の特別試写会が26日、物語の舞台である仙台で行われ、主演の成海璃子をはじめ、原作の小池真理子、そして、矢崎仁司監督が登壇した。 本作は、直木賞受賞作家・小池の半自叙伝的同名小説を、矢崎監督の手により、主演の成海のほか、池松壮亮、斎藤工ら豪華キャストで映画化。学園紛争が起きていた1970年前後の仙台を舞台に、多 [全文を読む]

斎藤工、「相手の体温で“人って温かいんだな”と感じた真冬でした」

Woman Insight / 2016年03月14日21時08分

3月14日、東京・一ツ橋ホール にて、映画『無伴奏』のホワイトデープレミア試写会が行われ、成海璃子さん、池松壮亮さん、斎藤工さん、遠藤新菜さん、矢崎仁司監督が登壇しました。 映画『無伴奏』は、矢崎監督が「私しか撮れない。愛と死とsexが美しい文章で綴られていて、生身の俳優さんたちで見てみたい」と、直木賞受賞作家の小池真理子氏が1990年に発表し『恋』『欲望 [全文を読む]

Drop's、映画『無伴奏』主題歌「どこかへ」が配信決定! 成海璃子、池松壮亮からコメント到着

Entame Plex / 2016年03月10日11時37分

3月26日より全国公開となる成海璃子、池松壮亮、斎藤工らが出演する映画『無伴奏』の主題歌に起用されているDrop’sの「どこかへ」が、3月16日(水)に配信されることが決定した。iTunes、mora、レコチョクなどの音楽配信サイトで配信される。 映画『無伴奏』は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、『三月のライオン』『ストロベリーショートケ [全文を読む]

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝を、成海璃子主演で完全映画化

NeoL / 2016年04月02日14時59分

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を映像化した、映画『無伴奏』がまもなく公開! 舞台は、反戦運動や全共闘運動が起きていた激動の1969年。高校生の響子は、親友に連れられて入った喫茶店・無伴奏で、大学生の渉と、渉の親友・祐之介、祐之介の恋人・エマに出会う。無伴奏で話をするうちに、いつしか響子は渉に強く惹かれ、のめり込んでいく。そんなある日、思いもよら [全文を読む]

7月12日(土)町田・和光大学で特殊音樂祭2014開催! 世界で活躍する特殊な音楽家が集合。

DreamNews / 2014年06月27日13時00分

「楽器としての身体」をテーマに、ノイズヴォーカリスト、ピアニストとしても活動する薄井による「無伴奏人体ソナタ」は驚愕のパフォーマンスが期待される。 篠田浩美 http://www.moto-music.co.jp/hiromi/ 2014年3月、和光市での伊福部昭作曲「ラウダ・コンチェルタータ」におけるパフォーマンスは「燃えるような演奏!これぞ叫びと祈りの [全文を読む]

サクソフォン界だけでなく、吹奏楽界、クラシック界でも著しい活躍を続けている上野耕平が、LINE LIVEに初登場!そして12月リリースアルバム情報解禁!!

PR TIMES / 2017年09月26日16時00分

音楽の父”バッハの無伴奏曲に挑む最新アルバム、「BREATH -J.S.Bach×Kohei Ueno-」を12月に発売する上野が、バッハの生まれた国ドイツでのレコーディング前に収録予定曲の一部を披露。今作への意気込み、曲に込める想いを語る。 その他、アルバムの詳細や特典も発表。 [画像1: https://prtimes.jp/i/19470/40/re [全文を読む]

「第10回CDショップ大賞2018」 クラシック部門前期推薦盤、10作品を発表

okmusic UP's / 2017年07月21日16時30分

(山野楽器 営業本部 チーフ MD 峯岡 隆)■加藤訓子 『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集』“優秀録音が引き立てる、マリンバとバッハの美しい出会い” ライヒやペルトといった現代の作曲家たちから篤く信頼される世界的パーカッショニスト、加藤訓子の英 LINN4 枚目の アルバムは、初のバッハ作品集となりました。無伴奏チェロ、無伴 [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

室内合唱団「日唱」http://www.nissho-chorus.com/日本の巨匠シリーズ「芥川也寸志の合唱曲」2017年6月9日(金)19時開演、18時30分開場室内合唱団 日唱 第16回定期渋谷区文化総合センター大和田6階 伝承ホール―芥川也寸志の合唱曲―(1)マイナス空間音楽論による合唱曲 お天道さま・ねこ・プラタナス・ぼく(1964)無伴奏六部 [全文を読む]

Drop's、ツアー初日に4thフルアルバム発売と全国ツアー開催を発表

okmusic UP's / 2016年03月19日17時00分

Drop'sが3月18日(金)、久しぶりの東京ワンマンを開催! 【その他の画像】Drop's2016年は映画「無伴奏」(3/26公開)、映画「月光」(6/11公開)の主題歌を手掛けることになり、クリエイターからの評価も十二分のDrop's。ツアー「Drop's 2016 MARCH WITH ME」の初日となる代官山UNIT公演は、気温20℃のまさに春めい [全文を読む]

「W男版壇蜜」斎藤工と池松壮亮の禁断シーンに女性が「凄いの見た」と大興奮

アサジョ / 2016年03月14日09時59分

そのシーンとは、3月26日に公開される小池真理子原作の映画「無伴奏」の1コマ。仰向けに寝ている池松の上に重なる斎藤。2人ともに衣服を着けておらず、池松の首筋に斎藤の息が感じられるのか、池松が恍惚の表情を浮かべている。 この衝撃画像を見たネットユーザーからは「朝から凄い画像を見た」「『無伴奏』早く観たい」など、期待と困惑が混じりつつも公開を待ちわびる声が多数 [全文を読む]

木枯らしを吹き飛ばせ! 熱い名演が聞けるクラシック3選

Woman.excite / 2016年03月12日10時00分

バッハの「無伴奏チェロ組曲」その他を、6月17日銀座・王子ホール、6月18日八ヶ岳高原音楽堂、6月19日所沢市民文化センター ミューズ中ホール、6月22日杉並公会堂。コダーイの「無伴奏チェロ・ソナタ」その他を、6月21日トッパンホール。ディティユーの「チェロ協奏曲」その他を、6月24日サントリーホールで読売日本交響楽団と共演など。マルタ・アルゲリッチの「く [全文を読む]

予告編が話題を呼んでいる映画『無伴奏』から新たな場面写真が公開

Entame Plex / 2016年02月18日14時42分

3月26日より全国公開となる成海璃子、池松壮亮、斎藤工らが出演する映画『無伴奏』。先日解禁となった予告編映像での斎藤とnon-noモデル:遠藤新菜による濡れ場が大きな話題を呼んだばかり。このほど、新たに本作の場面写真が追加公開された。今回新たに公開されたのは、祐之介(斎藤)の後ろから腕を回してリンゴの皮を剥くエマ(遠藤)の場面、響子(成海)とエマ(遠藤)が [全文を読む]

アプサラス第6回演奏会 松村禎三 没後10年・生誕88年 に寄せて スーパーストリングスの新たなる響き! 2017年4月18日開催

DreamNews / 2017年03月21日09時00分

最近作に「答えのない花~十七絃箏のために~(吉澤延隆氏委嘱)」「まざあ・ぐうす~無伴奏混声合唱のために~(合唱曲を委嘱する会”岩国”委嘱)」「烏鷺~フルートと打楽器のために~」など。現在、山形大学地域教育文化学部准教授。日本現代音楽協会会員。OTO の会会員。山本純ノ介祖父直忠にピアノ、杉山園子にマリンバと作曲の手ほどきを受ける。東京藝術大学修士作品作曲の [全文を読む]

『CDショップ大賞』、CDショップ・クラシック担当が選ぶ「後期クラシック推薦盤」は?

okmusic UP's / 2017年02月14日11時00分

ブックレットには自身によるエッセイと可愛いステッカーが封入され、まさにアリス・イン・ワンダーランド!(山野楽器 商品部 チーフMD 峯岡 隆)■郷古廉『J.S.バッハ:無伴奏ソナタ第2番&パルティータ第2番 / バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第2番』OVCL-00614(2016/11/18)前作に続きさらなる飛躍が目覚ましい注目のヴァイオリニスト、郷古 [全文を読む]

成海璃子×池松壮亮×斎藤工ら出演の映画『無伴奏』、函館港イルミナシオン映画祭クロージングを飾る!

Entame Plex / 2016年11月02日19時46分

』を抜き、第1位となった『デスノート Light up the NEW world』(10月29日より公開中)に、Lの後継者・竜崎役で出演している池松壮亮が、成海璃子、斎藤工らと共演した映画『無伴奏』。 映画『無伴奏』は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化。先日ロシ [全文を読む]

ゴジラの音楽を書いた作曲家 伊福部昭 合唱個展開催。指揮は愛弟子 和田薫(2016年9月2日、渋谷にて)!

DreamNews / 2016年07月26日09時00分

これまで、和田はオペラやミュージカルなどの声楽作品は時折書いていたが、純粋な無伴奏合唱曲は非常に珍しく、大きな期待がかかる。(企画 西耕一)没後10年……巨匠が「合唱」に託したものは何だったのか? 演奏会用純音楽と映画音楽の両面から伊福部昭の合唱作品の全貌に迫る画期的コンサート! 壮大な合唱頌詩「オホーツクの海」、郷土愛迸る「北海道讃歌」、そして熱狂の「キ [全文を読む]

仁村紗和、太眉のクールビューティーが『無伴奏』で映画初挑戦!

Entame Plex / 2016年03月31日07時00分

もともとはモデルとして活躍中の彼女が、このたび直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的小説を実写映画化した『無伴奏』(3月26日公開)で映画初出演を果たした。本作は混沌とした1969年の仙台を舞台に、成海璃子、池松壮亮、斎藤工の3人が描く危険な香りが漂う切なく耽美なラブストーリー。そこで仁村は主演の成海演じる響子の親友・ジュリー役で、女優としての新境地を開拓 [全文を読む]

遠藤新菜“身をもって形にすることが出来た” 映画『無伴奏』のエマ役で魅せた覚悟

Entame Plex / 2016年03月30日07時00分

主演の成海璃子をはじめ、池松壮亮、斎藤工による体当たりの演技が公開前から話題を呼んでいた映画『無伴奏』で、彼女は斎藤扮する祐之介の恋人・エマ役を演じ大胆な濡れ場を披露。実力派俳優陣がズラリと並ぶ中、負けず劣らずの存在感を放っている。矢崎監督にして「エマ役は君にしか出来なかった」と言わしめた遠藤が、今作で魅せた“覚悟”は観る者の心を揺さぶるに違いない。“汚れ [全文を読む]

人気non-noモデル、遠藤新菜が自撮りで“お気に入り”を披露

Movie Walker / 2016年03月29日10時00分

今回、注目するのは、『無伴奏』(3月26日公開)で体当たりの演技を披露した遠藤新菜。「non-no」の専属モデルとして活躍しながら女優としても輝き始めた彼女の魅力を、自撮り写真&本人のコメントとあわせてご紹介する! ■ チャームポイントは目!自撮り写真+Q&Aで自己PR 遠藤新菜のオフショット写真3点が到着!シックで大人っぽい黒のドレスや、ビビットカラーの [全文を読む]

斎藤工と池松壮亮、ぶつかり合う“色気と技術”ーー『無伴奏』ラブシーンの凄みに迫る

リアルサウンド / 2016年03月24日06時10分

その作品は、直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的な同名小説を、『ストロベリーショートケイクス』などの矢崎仁司監督が映画化した『無伴奏』だ。学園紛争まっただ中の1969〜1971年の仙台を舞台に、成海璃子が演じる高校3年生の響子が初めての大恋愛を経験し、少女から大人へとメタモルフォーゼする姿をセクシャルなシーンを交えながら叙情的に描く。参考:池松壮亮がラブシ [全文を読む]

フォーカス