名家のニュース

「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾発売記念キャンペーンが全国のアニメイト・ゲーマーズ店舗にて開催決定!!

DreamNews / 2015年10月07日18時00分

「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾の発売を記念して、アニメイト・ゲーマーズにて発売される「干物妹!うまるちゃん」グッズと「海老名家のお米」を同時購入いただいたお客様に抽選で素敵な景品をプレゼント致します。「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾の発売を記念して、 アニメイト・ゲーマーズにて発売される「干 [全文を読む]

『時代を動かした世界の「名家・大富豪」―――王家・財界・政界・文化、そして闇の「名門」 (知的生きかた文庫)』著者「大人のための歴史」研究会がキンドル電子書籍でリリース

DreamNews / 2016年04月15日18時00分

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp/ )、キンドル電子書籍『時代を動かした世界の「名家・大富豪」―――王家・財界・政界・文化、そして闇の「名門」 (知的生きかた文庫)』著者「大人のための歴史」研究会が、3月18日にリリース致しました。株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役: [全文を読む]

国分早智子 海老名家の香葉子さん、美どり、泰葉と関係良好

NEWSポストセブン / 2013年11月28日07時00分

2011年3月、海老名家の次男・林家三平(42才)と入籍、同家に嫁いだ国分佐智子(36才)。以来、姑である海老名香葉子さん(80才)との確執も噂されていたが、今となっては“さっちゃん、さっちゃん”と存分にかわいがられているという。 姑との関係は良好な国分だが、海老名家の“強敵”は姑だけではない。小姑の長女・美どり(60才)と次女・泰葉(52才)も香葉子さん [全文を読む]

国分佐智子 三平のイメージアップにもなると姑・香葉子が寵愛

NEWSポストセブン / 2013年07月01日07時00分

むしろさっちゃんの話題を出すと、“まだまだ勉強中だから…”と素っ気なかったんです」(海老名家と親しい知人) “有希子”とは海老名家の長男・林家正蔵(50才)の妻のこと。有希子さん(50才)は短大を出てすぐの20才のときに海老名家に嫁ぎ、30年間も一緒に暮らし、今では姑をも叱りつけるほど。香葉子さんに「本当の娘より娘。100点満点の嫁です」「海老名家の柱」と [全文を読む]

一夫多妻制、アリ?ナシ?モテ男・山路徹と裸のフォトグラファー・ヨシダナギが緊急対談

PR TIMES / 2016年10月17日10時23分

日本初放送・中国ドラマ「名家の妻たち」関連特番11月放送決定!CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、中国ドラマ「名家の妻たち」を11月から日本初放送します。放送開始に合わせ、同ドラマのキーワードである一夫多妻制をテーマとした対談番組 [全文を読む]

<Wコラム>「両班」を知れば韓国社会がわかる!

Wow!Korea / 2016年09月24日10時35分

数は非常に少ないが、なんと高麗王朝時代から1千年以上も続いている名家だ。彼らの本貫である豊山は、安東(アンドン)のあたりの古い地名で、安東の有名な観光地の河回(ハフェ)村には今も豊山柳氏の人たちが歴史と伝統を守って住んでいる。実際、河回村は韓国でも有数の両班の地域だ。今も数百年前の家屋がそのまま残っているし、住民たちは1千年前から伝えられている伝統文化を保 [全文を読む]

国分佐智子 姑・香葉子さんの「孫見たい」に追い詰められる

NEWSポストセブン / 2013年08月22日16時00分

しかし、海老名家と親しい知人は、夫婦についてこんな心配をする。 「これまで、さっちゃん(国分)は夫婦で旅行する際にも、姑の(海老名)香葉子さん(79才)を誘ったりしていました。今年5月には、ハネムーン代わりのインドネシア旅行にも香葉子さんを連れて行ったほどです。それなのに今回は夫婦だけの旅行です。ですから、“ついに、さっちゃんは香葉子さんから逃げたのかな? [全文を読む]

山路徹が一夫多妻制に独自の見解「女性を平等に愛することはプレッシャー」

Smartザテレビジョン / 2016年10月27日15時46分

CS放送の「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」では、11月9日(水)より、中国ドラマ「名家の妻たち」の放送がスタートする。このドラマは、一夫多妻制が残る1900年代初頭の中国が舞台。美しき6人の妻たちが夫の愛を得るために激しく火花を散らす姿を描くとともに、嫁姑の対立、兄弟の跡目争いなど、波瀾尽くしの物語で先の読めないストーリーが展開されて [全文を読む]

朱子学前夜:制度改革か人材教育か/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年09月05日07時00分

彼らは、とくに華北で、その免税特権を駆使して官僚と商人と地主を兼ね、地方名家として地域を寄生支配する「士大夫」階級となっていた。この富裕連中の搾取のせいで、庶民は統一前よりも貧しくなって税収も減り、おまけに西北異民族との長引く戦争で国家財政は赤字に転落。 王安石(1021~86、37歳)は一地方官にすぎなかったが、1058年、政治改革を上奏して注目を集め、 [全文を読む]

林家三平 毎朝ゴミ出し&格安スーパーでひとり買い出しも

NEWSポストセブン / 2016年07月03日16時00分

落語界の名家に生まれ、以前から「親の七光」や「マザコン」ネタで売っていた三平だが、『笑点』の新メンバーに抜擢されてからも、母・海老名香葉子(82)や妻・国分佐智子(39)らの家族ネタを大放出。司会の春風亭昇太(56)や林家たい平(51)らにも「海老名家ネタ」でイジられまくり、すっかりメンバーとして定着した。 『笑点』の“座布団”を得て、いまや「国民的人気 [全文を読む]

お金は大事でも…「名門の家には生まれたくない」7割

NewsCafe / 2013年10月22日12時00分

旧家、名家、地元の名士…いわゆる"お家柄"が進路や恋愛・結婚に影響したのも今は昔。昭和以前の小説に痕跡があるばかり…と思うのは、筆者がしがない一市民の身であるからだろう。"家柄"の違いは、つまり金銭感覚や価値観の違いに繋がる部分も大きい。現代においても"家柄"を核に生きる人もいるはずだ。NewsCafeのアリナシコーナーでも「名門の家に生まれたかった?」と [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】開業50周年記念イベント 松岡正剛・櫻井よしこ特別講演会を開催

PR TIMES / 2012年09月24日13時46分

講師のお二人にはこれまでメセナ活動の一つである「名家の逸品」や文藝春秋にゆかりのある著名人をお招きし、開催しております「文藝春秋 特別講演会」などにご参画いただいており、文化を発信する活動へのご賛同より、当ホテルならではのイベントとして今回初めて対談が実現いたしました。講演会の前には7つのレストランでの特別ランチまたは宴会場での洋食と中国料理のブッフェをお [全文を読む]

小室圭氏 数々の試験をパスし「皇室公認の好青年」の認定

NEWSポストセブン / 2017年05月24日07時00分

アルバイトして家計を助けていた」 女性皇族の嫁ぎ先といえば、2014年に高円宮家の次女・典子女王と結婚した出雲大社の権宮司・千家国麿氏のように、皇室と浅からぬ関係の名家の出身であることが多かった。かつて『週刊新潮』にサラリーマンとのデートを報じられた高円宮家の長女・承子女王は、同誌の直撃に〈昔から私、結婚とおつきあいするのとは、完全に別だと思ってきました〉 [全文を読む]

「坂口杏里の救済断念」した泰葉を“救済”できない海老名家の人々

アサジョ / 2017年05月02日18時15分

5月1日、タレントの泰葉がブログを更新し、主張を続けてきた「坂口杏里救済計画」を断念するとつづった。 泰葉は旧知の仲であった故・坂口良子の娘である杏里を救うべく養子縁組を考えていたことを告白。自身の名前と杏里の名前が入った養子縁組届の画像を載せてその決意を表したが、杏里と連絡を取り合う窓口となるはずの事務所に坂口が所属していないとして、「残念ながら救済計画 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

平安時代から千年続く名家、井伊家の始まりの場所 まずは直虎のルーツ、井伊家のあらましをたどってみましょう。井伊家は寛弘7年(1010年)、共保(ともやす)が初代と言われています。井伊家の始まりは平安時代にまで遡るわけですね。 田んぼのど真ん中にある井戸こそ、『共保公出生の井戸』。共保はこの井戸に捨てられていたという言い伝えがあります。 昔は捨て子信仰があ [全文を読む]

泰葉 うつ乗り越え明かした「海老名家の絆」と「これから」

WEB女性自身 / 2016年10月30日17時00分

体験した壮絶な うつ闘病 を支えた 海老名家の絆 泰葉が本誌に語ってくれた。 「治療は抗うつ剤の服用とカウンセリングが中心でした。多いときは朝と晩、3錠ずつ服用していました。お薬を飲むと、気分は楽になるんですけど、足がしびれたり、急に顔や手をずっと洗いたくなる。そんな副作用も苦しかったです。そのころ、実家の隣にあるマンションに引っ越したんです。母(海老名香 [全文を読む]

2人から12人まで遊べる陰謀と欺瞞のブラフゲーム ボードゲーム「ワインと毒とゴブレット」 日本語版 10月中旬発売予定

DreamNews / 2016年09月23日18時00分

毒をほんの一滴、狙いのゴブレットに落としさえすれば……いざ、策略と欺瞞と陰謀のゲームへ! スクリーンの背後にワインを隠し、標的のゴブレットに毒を注ぎつつ、解毒薬は確実に手元に置いておかねば……誰かは君に毒を飲ませようとしているのだ! 乾杯のゴブレットを掲げた時、そこにあるのはワインか、それとも毒か?このゲームでは、各プレイヤーはオトラヴィア王国の名家の一員 [全文を読む]

不倫ドラマはもう古い!?一夫多妻制の下で繰り広げられる妻たちの凄絶な争いを描く中国ドラマ「名家の妻たち」11月より日本初放送!

PR TIMES / 2016年08月15日16時20分

「夫は共有するもの…」妻たちの名言にも注目をCSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、中国ドラマ「名家の妻たち」を11月、日本初放送することを決定いたしました。チャンネル銀河では、これまで「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」 [全文を読む]

オバマ大統領もハマる!ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」熱狂的人気の理由に迫る

ハリウッドニュース / 2016年08月14日16時00分

覇権の<鉄の王座>を巡って名家が衝突し、陰謀や裏切りが後を絶たない人間ドラマでありながら、ドラゴンや不死の生物などが現れるファンタジーでもある。2011年に始まり、今年6月に第6シーズンの放送が終わったところである。人気の理由は、4つ挙げられる。一つ目は、物語の展開が予想できないこと。ジョージ・R・R・マーティンの小説シリーズ「氷と炎の歌」に基づいて作られ [全文を読む]

モルガン財閥の大富豪に惚れられた「日本人女性」波乱の半生

まぐまぐニュース! / 2016年06月23日19時45分

次ページ>>今も京都に残るお雪の「足跡」 お雪の生家は刀剣商を営む名家でしたが、お雪が生まれて間もなく父親は亡くなりました。その後お雪たち三姉妹は仕方なく祇園の芸妓になったそうです。もともと名家の血が流れていて、 おそらく教養も気品もあったからジョージ・モルガンの目にも留まったのでしょう。 家運が傾き貧しかったために14歳で芸妓となり、未成年のうちから家 [全文を読む]

フォーカス