名家のニュース

「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾発売記念キャンペーンが全国のアニメイト・ゲーマーズ店舗にて開催決定!!

13 / 2015年10月07日18時00分

「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾の発売を記念して、アニメイト・ゲーマーズにて発売される「干物妹!うまるちゃん」グッズと「海老名家のお米」を同時購入いただいたお客様に抽選で素敵な景品をプレゼント致します。「干物妹!うまるちゃん」「究極のコラボ米・海老名家のお米」第2弾の発売を記念して、 アニメイト・ゲーマーズにて発売される「干 [全文を読む]

『時代を動かした世界の「名家・大富豪」―――王家・財界・政界・文化、そして闇の「名門」 (知的生きかた文庫)』著者「大人のための歴史」研究会がキンドル電子書籍でリリース

12 / 2016年04月15日18時00分

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp/ )、キンドル電子書籍『時代を動かした世界の「名家・大富豪」―――王家・財界・政界・文化、そして闇の「名門」 (知的生きかた文庫)』著者「大人のための歴史」研究会が、3月18日にリリース致しました。株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役: [全文を読む]

国分早智子 海老名家の香葉子さん、美どり、泰葉と関係良好

11 / 2013年11月28日07時00分

2011年3月、海老名家の次男・林家三平(42才)と入籍、同家に嫁いだ国分佐智子(36才)。以来、姑である海老名香葉子さん(80才)との確執も噂されていたが、今となっては“さっちゃん、さっちゃん”と存分にかわいがられているという。 姑との関係は良好な国分だが、海老名家の“強敵”は姑だけではない。小姑の長女・美どり(60才)と次女・泰葉(52才)も香葉子さん [全文を読む]

国分佐智子 三平のイメージアップにもなると姑・香葉子が寵愛

6 / 2013年07月01日07時00分

むしろさっちゃんの話題を出すと、“まだまだ勉強中だから…”と素っ気なかったんです」(海老名家と親しい知人) “有希子”とは海老名家の長男・林家正蔵(50才)の妻のこと。有希子さん(50才)は短大を出てすぐの20才のときに海老名家に嫁ぎ、30年間も一緒に暮らし、今では姑をも叱りつけるほど。香葉子さんに「本当の娘より娘。100点満点の嫁です」「海老名家の柱」と [全文を読む]

一夫多妻制、アリ?ナシ?モテ男・山路徹と裸のフォトグラファー・ヨシダナギが緊急対談

5 / 2016年10月17日10時23分

日本初放送・中国ドラマ「名家の妻たち」関連特番11月放送決定!CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、中国ドラマ「名家の妻たち」を11月から日本初放送します。放送開始に合わせ、同ドラマのキーワードである一夫多妻制をテーマとした対談番組 [全文を読む]

<Wコラム>「両班」を知れば韓国社会がわかる!

5 / 2016年09月24日10時35分

数は非常に少ないが、なんと高麗王朝時代から1千年以上も続いている名家だ。彼らの本貫である豊山は、安東(アンドン)のあたりの古い地名で、安東の有名な観光地の河回(ハフェ)村には今も豊山柳氏の人たちが歴史と伝統を守って住んでいる。実際、河回村は韓国でも有数の両班の地域だ。今も数百年前の家屋がそのまま残っているし、住民たちは1千年前から伝えられている伝統文化を保 [全文を読む]

国分佐智子 姑・香葉子さんの「孫見たい」に追い詰められる

5 / 2013年08月22日16時00分

しかし、海老名家と親しい知人は、夫婦についてこんな心配をする。 「これまで、さっちゃん(国分)は夫婦で旅行する際にも、姑の(海老名)香葉子さん(79才)を誘ったりしていました。今年5月には、ハネムーン代わりのインドネシア旅行にも香葉子さんを連れて行ったほどです。それなのに今回は夫婦だけの旅行です。ですから、“ついに、さっちゃんは香葉子さんから逃げたのかな? [全文を読む]

山路徹が一夫多妻制に独自の見解「女性を平等に愛することはプレッシャー」

4 / 2016年10月27日15時46分

CS放送の「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」では、11月9日(水)より、中国ドラマ「名家の妻たち」の放送がスタートする。このドラマは、一夫多妻制が残る1900年代初頭の中国が舞台。美しき6人の妻たちが夫の愛を得るために激しく火花を散らす姿を描くとともに、嫁姑の対立、兄弟の跡目争いなど、波瀾尽くしの物語で先の読めないストーリーが展開されて [全文を読む]

朱子学前夜:制度改革か人材教育か/純丘曜彰 教授博士

3 / 2016年09月05日07時00分

彼らは、とくに華北で、その免税特権を駆使して官僚と商人と地主を兼ね、地方名家として地域を寄生支配する「士大夫」階級となっていた。この富裕連中の搾取のせいで、庶民は統一前よりも貧しくなって税収も減り、おまけに西北異民族との長引く戦争で国家財政は赤字に転落。 王安石(1021~86、37歳)は一地方官にすぎなかったが、1058年、政治改革を上奏して注目を集め、 [全文を読む]

林家三平 毎朝ゴミ出し&格安スーパーでひとり買い出しも

3 / 2016年07月03日16時00分

落語界の名家に生まれ、以前から「親の七光」や「マザコン」ネタで売っていた三平だが、『笑点』の新メンバーに抜擢されてからも、母・海老名香葉子(82)や妻・国分佐智子(39)らの家族ネタを大放出。司会の春風亭昇太(56)や林家たい平(51)らにも「海老名家ネタ」でイジられまくり、すっかりメンバーとして定着した。 『笑点』の“座布団”を得て、いまや「国民的人気 [全文を読む]

フォーカス