境遇のニュース

気が合う母親どうしの出会いを促すマッチングアプリ [The New York Times]

3 / 2017年05月31日06時15分

似た境遇どうしの悩みを分かち合える ユーザーは他の登録者のプロフィールを見ながら、気に入れば上に向かってスワイプして相手に「手を振る」サインを送り、そうでなければ下にスワイプして次の女性を表示させます。お互いが手を振りあえばマッチング成立となります。 ダラスでマーケティングの仕事をしながら二人の幼い子供を育てているケイティー・コックスさんは、こうしたゲー [全文を読む]

傷は舐め合うな、自分で治せ。同じ境遇の人との繋がりなど無駄

3 / 2017年03月10日01時59分

いわゆるビジネス交流会などで、同じ境遇、同じ悩みを抱えた人とばかりつながりを持ってしまう…。たしかに話は合うでしょうし、そのような人に囲まれていれば居心地もいいかもしれません。しかしそれでは成長など見込めないとするのは、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さん。中久保さんはそのようなつながりの無意味さを指摘するとともに、ビジ [全文を読む]

宇多田ヒカル 復活の陰で…“自死遺族”への匿名巨額寄付

3 / 2016年09月27日00時00分

自分と同じ境遇に置かれている子供たちをサポートしたいと宇多田さん自身が決めたそうです」(前出の知人) 匿名 の巨額寄付とは、まるで漫画のような話だが――。 「名前を出さずに個人で億単位の寄付をされる方は、稀ではありますがたしかにいらっしゃいます。そういう方には、一般の寄付とは違って、その方だけの寄付プロジェクトを組んだりすることもあります。一概には言えませ [全文を読む]

“捨て犬”状態になった足立区の“きつキャラ”アダチンが「同情するなら、カネをくれ」

3 / 2016年07月30日06時00分

ゆるキャラ人気が一段落した今、ビンボーで生活がきつく、恵まれない境遇の不幸キャラ「アダチン」の人気が急上昇中だ。 日本原産の小型犬「チン」をモデルに、東京・足立区の文化・芸術をPRする公式キャラとしてデビューしたのは2007年のことだった。アダチンの原作者、青木純氏が語る。 「デビュー当初は華々しかったんです。区の予算でアダチン主演のアニメを制作したり、ア [全文を読む]

充実した恋をしている女性の4つの特徴!

3 / 2016年02月13日05時00分

笑い話程度ならいいのですが、あたかも世の中で自分自身だけが理不尽な境遇にいて、悲劇のヒロインであるかの如く、周りを巻き込んで泣きじゃくるようでは、いつまで経っても恋が充実することはないと思いますよ。 世の中、自分よりも過酷な境遇、心境にいる人は何万といることを知っておきましょう。 3.恋愛を他人と比較をしない劣等感とは他人と比較して生まれる感情ですよね。そ [全文を読む]

キンドル電子書籍『なにがあっても、ありがとう: つらく苦しいことにこそ、誠実に向き合う。 (あさ出版)』著者鮫島純子がリリース つらく悲しい出来事をしながら、私たちが生きてゆく意味とは何か

3 / 2015年09月18日18時00分

・つらい出来事も、自らの魂が選んだ課題 ・各自の境遇は、心を磨くために自らが選んだステージ ・「どう思われるか」ではなく、「どう思うか」 ・自分の体は、自分のものではない ・すべては「自分」 (本書より、見出しの一部を抜粋) 苦手な相手、つらい経験、劣等感、納得いかない境遇…… それらネガティブな事象を、どう捉え、どう感謝の気持ちに変換してゆけばよいか? [全文を読む]

【画像】2700万円かけてシェークスピア風に顔面整形した中国人を御覧ください。

3 / 2015年04月05日16時53分

―自分の境遇と有名人の境遇を重ね合わせてしまった結果… 現在中国で著名なライターとして名を馳せているZhang Yiyi氏だが、そんな彼の生い立ちはどこかシェイクスピアと重なるものがある。父親の失脚に継ぐ破産により、結局は高等教育を受ける機会がなかったシェイクスピアだったが、Zhang Yiyi氏も彼の父親のビジネスの失敗などによって大学に進む事はなかっ [全文を読む]

寝たきり社長(10万人に1人の重度障がい者)が新規事業をスタート!障がい者がスカイプで相談を受ける“オンライン ピアカウンセリング”悩み相談サイト「るくぴあ」オープン!

3 / 2014年10月21日11時00分

障がい者の就業機会創出を目指す、日本ピアカウンセリングアカデミー(共同代表:佐藤 仙務/愛知県東海市、大橋 稔/東京都新宿区)は、障がい者とそのご家族に特化したピアカウンセリング(似た境遇を持つカウンセラーが対応)による悩み相談サイト「るくぴあ」のサービスを開始しました。 【URL】 http://lookpeer.com/ (「るくぴあ」で検索) ■サー [全文を読む]

人の優しさに触れられる1冊 加藤元の新短編集『嫁の遺言』

3 / 2013年06月26日07時00分

登場人物は、すべて大声でつらい境遇を訴えているわけではない。 その境遇を抜け出そうと思えば抜け出せる環境にもある。その境遇を拒んでいるわけでもないが、甘んじて受け入れているわけでもない。半面、絶対に譲れない思いを抱えて生きている。その反する両面を繋ぐ役割を果たしていたのは、前2作にはなかった、ユーモアの要素だったのではないだろうか。 ユーモアを交えることで [全文を読む]

『笑ゥせぇるすまんNEW』第10夜 『Y氏の隣人』と比較しつつバッドエンディングじゃない説を考察

2 / 2017年06月06日20時00分

■拾ったフィルムの人 1、主人公 田寄内志(34)現場監督 2、境遇 ある日、拾ったフィルムを自分のものだと勘違いし、現像してしまった田寄。その写真に写った女性に恋をした田寄は、喪黒さんに彼女に合わせてほしいと頼む。で、お友だちと歩いていた彼女に声を掛けるのだが……。 3、喪黒さんの提供したサービス 彼女の勤務先を教えてくれただけ。 4、結果 美女の隣に [全文を読む]

フォーカス