小林製薬のニュース

三木谷が動いた。楽天、爽快ドラッグを買収し8兆円市場をロックオン

まぐまぐニュース! / 2016年11月24日05時00分

爽快ドラッグは製薬会社の小林製薬が中心となって設立されました。そういった経緯があるため、爽快ドラッグは医薬品業界に強い接点を持っていました。そのため、爽快ドラッグの買収により、楽天は医薬品のラインナップと流通網を強化することができます。 ところで、小林製薬はドラッグストアや薬局と激しく対立した経緯があります。発端は小林製薬が12年9月に第3類医薬品のネット [全文を読む]

中国人が圧倒的に支持する<爆買い>商品~ナンバーワンは日本の「神薬12」だった!

ヘルスプレス / 2016年11月02日18時12分

「神薬12」とは、目薬の「サンテボーティエ」(参天製薬)、消炎鎮痛剤の「アンメルツヨコヨコ」(小林製薬)、液体絆創膏の「サカムケア」(小林製薬)、冷却剤の「熱さまシート」(小林製薬)、頭痛薬の「イブクイック」(エスエス製薬)、消炎鎮痛剤の「サロンパス」(久光製薬)、角質軟化剤の「ニノキュア」(小林製薬)、ビタミン剤の「ハイチオールC」シリーズ(エスエス製 [全文を読む]

がんには免疫の逆転の発想を! シイタケの隠された素顔「菌糸体」のパワーとは

アサ芸プラス / 2014年03月28日10時00分

その研究を進めているのが、医薬品や健康食品、「熱さまシート」などの衛生用品でおなじみの小林製薬(本社・大阪府)だ。 まずはその「シイタケ菌糸体」とは何なのか。小林製薬の研究開発部、松井保公氏に話を聞いた。 「私たちが食べているシイタケは子実体と呼ばれる部分なんです。その母体となるのが菌糸体で、シイタケを作るためにたっぷり栄養を蓄えているんです」 その菌糸 [全文を読む]

小林製薬は、ふざけているのか?便利すぎる新ヒット商品を連発し続ける破天荒経営

Business Journal / 2016年07月13日06時00分

小林製薬は、2016年3月期の連結売上高が前年同期比6.9%増の1372億1100万円、営業利益は同1.9%増の182億6000万円と好調で、18期連続の増益かつ過去最高益を達成した。 小林製薬といえば、ユニークな名前の商品の数々で有名だ。洗眼薬「アイボン」、口中清涼剤「ブレスケア」、おりものシート「サラサーティ」、額用冷却シート「熱さまシート」、タンクク [全文を読む]

“更年期を意識し始めたきっかけは?” 「生理の変化」以外にも、「頭痛」や「肌の乾燥」など意外な回答も

PR TIMES / 2015年08月24日12時22分

オープン2か月で話題沸騰!『みんなの更年期コミュニティ』第1回アンケート調査結果 100年以上女性に愛されている「命の母」ブランドを販売する小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、『みんなの更年期コミュニティ by小林製薬「命の母」』WEBサイトにて、「更年期を意識し始めたきっかけ」についてのアンケートを実施いたしました。体の不調や感情の変化 [全文を読む]

大柴胡湯で脂肪を落とす!?その機序をマウスで解明

美容最新ニュース / 2014年11月05日15時00分

小林製薬の研究が第61回日本生薬学会年会で「優秀発表症」を受賞2014年10月31日、小林製薬は大柴胡湯の抗肥満作用に関する研究が第61回日本生薬学会年会(福岡:2014年9月13日~14日)で「優秀発表賞」を受賞したことを明らかにしました。研究の概要小林製薬は、臨床的に肥満症に対する効果の報告がある大柴胡湯について、肥満モデルマウスを用いてメカニズムの研 [全文を読む]

​火が点いてから3年たってもまだ中国人に人気の日本製品―中国メディア

Record China / 2017年05月27日08時10分

まずは、長い歴史を持つお馴染みの咳止め薬「龍角散」(龍角散)、張るだけで口内炎に効く「口内炎パッチ大正A」(大正製薬)、角質除去・血行促進・赤み改善の3大効果がある「ニノキュア」(小林製薬)、湿布薬として知らない人はいない「サロンパスA」(久光製薬)、子どもの発熱時の必需品で手ごろな価格もうれしい「熱さまシート」(小林製薬)、あかぎれやさかむけなど指先に [全文を読む]

「笑ってはいけない鼻うがい広告」モデル・白木あゆみさんは「とくに抵抗なかった」

プレジデントオンライン / 2017年02月06日09時15分

その広告とは、小林製薬の鼻うがい製品「ハナノア」。 鼻うがいとは、鼻の穴からダイレクトに洗浄液を注入するうがいの方法で、これが花粉症などにも効果がみられるのです。専用の洗浄液を鼻に入れて流すことで、鼻の奥に入った花粉、ハウスダスト、雑菌などをまるごと洗い流す同製品。花粉の時期に「鼻をとってまるごと洗いたい」と思う方には、もってこいの花粉対策といえるでしょ [全文を読む]

「更年期」気づくのはどんなきっかけ?アンケート結果を公開

美容最新ニュース / 2015年08月26日10時00分

小林製薬株式会社は、同社のコミュニティサイト『みんなの更年期コミュニティ by小林製薬「命の母」』にて、「更年期を意識し始めたきっかけ」についてのアンケートを実施した。閉経前後から始まる自覚症状「更年期のきっかけ」として最も多かったコメントは「閉経や生理周期の乱れ」。生理が不順になったり、閉経になったりしたのと同時期に体調の変化が気になったとのこと。他には [全文を読む]

アロエ専門ライフスタイルショップ『アロエガーデン』がルミネ大宮内にオープン

イクシル / 2017年06月30日09時34分

「アロエ」の情報発信拠点として構える日本で唯一のアロエ専門店 小林製薬株式会社グループの株式会社アロエガーデン(本社:大阪府大阪市、社長:冨永剛)は、アロエをサイエンスとナチュラルの両面から追求するだけでなく「アロエ」の情報発信拠点として構える日本で唯一のアロエ専門ライフスタイルショップ『アロエガーデン』をルミネ大宮内に2017年6月7日(水)にオープンし [全文を読む]

日本の漢方薬 「PM2.5に効く」と中国人観光客の間でブーム

NEWSポストセブン / 2017年05月10日11時00分

なかでも、〈長年悩まされてきた問題が日本によって解決された〉と中国メディアが賛辞を贈っていて中国人がこぞって買っているのが、「タバコや排気ガスなどによる気管支の炎症を改善」「せき・たんをやわらげる」作用を持つ漢方薬、小林製薬『清肺湯ダスモック』だ。 桔梗や陳皮など16種類の生薬が含まれ、「有効成分がなるべく多く抽出できるように、エキス製造工程を工夫しまし [全文を読む]

衝撃の“鼻水ダラ~ッ”広告で売り上げは前年比200%! 撮影秘話を話題のモデル美女が告白…

週プレNEWS / 2017年02月06日06時00分

発売元の小林製薬に聞いてみると。 「『実際のシーンを見ていただくことで使い方をわかりやすく伝える』『女性が何もなかったように簡単に洗っていることで怖くないんだと思っていただく』ためです」 広告を見た乗客からは「思わず笑ってしまった」という感想が多いが、そういう狙いもあった? 「いえ、あくまでも『使用方法のわかりやすさ』『簡単に使えて怖くない』にこだわった結 [全文を読む]

【無理ゲー過ぎ】空前絶後の日本のあのCMが海外で「シュールすぎる」と話題に!

秒刊SUNDAY / 2017年01月15日14時50分

話題となっているのは小林製薬のCM。鼻炎を改善する「ハナノア」というものですが、その使用法が驚愕的なもので、鼻の穴からまさにうがいをするかのごとく、うがい液を入れ込み、そして口から出すというかなりダイレクトな使用法。当然日本でも大きな話題となっておりましたが、その広告の絵があまりにもシュールということです。鼻をうがいするというハードな作業の反面、あまりに女 [全文を読む]

中国人観光客 観光ビザの条件緩和、単独旅行も認められ急増

NEWSポストセブン / 2015年10月23日07時00分

中国国内メディアでは、冷却剤の「熱さまシート」(小林製薬)、液体絆創膏の「サカムケア」(小林製薬)、外皮用薬「ニノキュア」(小林製薬)、のど薬「龍角散」(龍角散)、頭痛薬「イブクイック」(エスエス製薬)などが、“日本に行ったら買うべき神薬12”と紹介され、おむつはこの春、一時品切れ状態になったほどだ。 ※女性セブン2015年11月5日号 [全文を読む]

メディコン、厚生労働省で行われた「子ども霞が関見学デー」にて「人の命を救う、最先端の医療機器に触ってみよう」プログラムに出展

@Press / 2015年08月25日09時30分

米国C.R.BARD社と小林製薬株式会社の合弁会社である株式会社メディコン(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:坪田 元明、以下 当社)は、7月29日~30日に開催された「子ども霞が関見学デー」の厚生労働省プログラムの中の「人の命を救う、最先端の医療機器に触ってみよう」のブースに「つまった血管をひろげる不思議な金属」と題したコーナーを展示し、子ども達に臨床 [全文を読む]

些細なことでイライラ 皮膚が乾燥… あなたが更年期を意識し始めたきっかけは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月24日17時30分

40代を越えてこれまでにない身体のトラブルに悩む方も多いのではないだろうか? 小林製薬が「更年期を意識し始めたきっかけ」についてアンケートを実施! 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 身体の不調や感情の変化など、更年期に関する十人十色のリアルな声が集まった。 あなたが更年期を意識し始めたきっかけは? ●閉経や生理周期の乱れ 「50代ぐらいから毎月あっ [全文を読む]

「杜仲研究会」10周年記念メディアセミナー 「しなやかな血管」が「しなやかな身体」をつくる ~杜仲茶の「血管しなやかダイエット」~ 事後レポート

PR TIMES / 2015年08月04日09時24分

2015年7月24日(金) 於:国際フォーラム 小林製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小林章浩)は、日本杜仲研究会設立から10周年を記念して、2015年7月24日(金)、国際フォーラムにて「杜仲研究会 10周年記念メディアセミナー」を開催しました。 日本杜仲研究会は、杜仲のもつ潜在能力を開発、研究成果を集約し、その結果を広く情報発信すると共 [全文を読む]

株式会社メディコン「東京物流センター」を大田区・平和島へ移転

@Press / 2015年06月08日09時30分

米国C.R.BARD社と小林製薬株式会社の合弁会社である株式会社メディコン(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:坪田 元明、以下 当社)は、最適な品質管理と物流機能の更なる強化を目指し、東京都江東区新砂の「東京物流センター」を東京都大田区平和島にあるNTTロジスコ平和島物流センター内へと移転し、2015年5月7日より稼動を開始いたしました。 ■新「東京物 [全文を読む]

医療従事者向けトレーニング施設「メディコン ヘルスケア サイエンス センター東京」を開設

@Press / 2013年05月27日09時30分

小林製薬株式会社の関連会社である株式会社メディコン(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:坪田 元明、以下 当社)は、東京都港区にある「品川インターシティ」内に医療従事者向けトレーニング施設である「メディコン ヘルスケア サイエンス センター東京」を開設し、6月1日より本格稼動を開始します。 当センターは、JR品川駅前に立地する高層複合ビル「品川インターシ [全文を読む]

小林製薬、東京大学に「認知症先進予防治療学」社会連携講座を開講

認知症ねっと / 2017年07月11日10時00分

認知症予防や治療に関する基礎研究 小林製薬株式会社(大阪府大阪市)と国立大学法人東京大学は、7月1日付で、同大大学院医学系研究科に認知症予防に関する共同研究を行う、社会連携講座「認知症先進予防治療学」を開講しました。 厚労省によれば、認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されています。これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1 [全文を読む]

フォーカス