平沢大河のニュース

【9月16日プロ野球全試合結果】ソフトバンクが2年ぶり優勝、広島は優勝持ち越し、ロッテ・平沢大河が地元・宮城でプロ初本塁打

サイクルスタイル / 2017年09月16日22時15分

ロッテ・平沢大河が地元・宮城でプロ初本塁打…右翼席へライナーでたたき込むロッテは9月16日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。5-13と大敗を喫するも、最終回に平沢大河内野手がプロ初本塁打を放ち球場を沸かせた。9回表、2死走者なしの場面、平沢は楽天の5番手・小野郁投手の低めの直球を思い切り振り抜くと、低い弾道の打球が右翼席前列に突きささった。ベンチに戻ると多 [全文を読む]

【楽天】三塁到達10秒75 規格外の男・オコエ瑠偉への期待感

文春オンライン / 2017年09月03日11時00分

楽天は一位指名平沢大河(仙台育英)を外し、外れ一位は熊原健人(仙台大学)なのでは? いや、たぶんそうだろうと勝手思っていた。 しかし楽天が指名したのはオコエ瑠偉(関東一)。思わず、「オコエ!?」と声をあげた僕に、隣の席のおばあちゃんが優しく会釈して、ここが車内であることを教えてくれた。 一人にも関わらず大声をだした事に恥ずかしくなり、うつむき加減で開いたT [全文を読む]

7連敗・借金19…悪夢が続くロッテ 野手のミスも響く

ベースボールキング / 2017年05月18日15時30分

ミスとは呼べないまでも、遊撃手・平沢大河のトスがスムーズにわたっていれば、併殺が完成していた可能性もあった。 さらに4回裏1死一塁の場面で平沢大河が打席に入った場面。エンドランのサインが出るが、打ち上げてライトフライとなり、走者を進めることができなかった。厳しい見方かもしれないが、1点を争う中では小さなミスが命取りとなる。 ◆ 貧打に加え… その前日、16 [全文を読む]

ロッテ・益田、平沢などが抹消 中日は高橋周平を抹消 18日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月18日15時11分

ロッテは18日、スタンリッジ、益田直也、酒居知史、平沢大河の登録を抹消した。 スタンリッジは17日の西武戦に先発し、被安打4、与四球3の投球で3失点。3回で降板した。益田もこの日3番手として登板したが、1回1失点。さらに酒居も1回0/3を投げて3失点と成績を残せず、8回にはメヒアの打球を太もも付近に受けて降板していた。 平沢は開幕一軍を掴みここまで28試合 [全文を読む]

【プロ野球】平沢大河vs中村奨吾。ロッテのドラ1・遊撃争いを制するのはどっちだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月03日16時05分

昨年は、期待されながらも目立った結果を出すことができなかったロッテの平沢大河。高卒1年目のルーキーが1軍で23試合出場ならば悪くはないが、打率は.148どまり。甲子園で活躍したドラ1で、注目度も高かっただけに、どこか物足りなさを抱いたファンも少なくなかったかもしれない。そんな平沢に、今季はチャンスが巡ってきそうだ。 今キャンプで伊東勤監督は、チームのキャプ [全文を読む]

【プロ野球】あの期待の新人は今?千葉ロッテ・平沢大河の現在地

デイリーニュースオンライン / 2016年04月12日16時04分

平沢大河(ロッテ)である。 解説者や首脳陣が絶賛するスイングに加え、ロッテの手薄な1軍内野陣という事情も相まって、一時はオコエ以上に「開幕スタメン」の声が高まっていたはず……。 キャンプ終盤からフェードアウトしてしまった彼の今を探ってみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オープン戦終盤でひっそり2軍落ち ひっそりと表舞 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

髙橋純平(県岐阜商高・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム ×中日 平沢大河(仙台育英高・遊撃手) ○ロッテ ×楽天 小笠原慎之介(東海大相模高・投手) ○中日 ×日本ハム 髙山俊(明治大・外野手) ○阪神 ×ヤクルト 特に平沢と髙山はそれぞれ楽天とヤクルトが1位指名宣言をしていたところへの思わぬ横槍。相思相愛をかっさらわれた形となった。 1位競合選手は球 [全文を読む]

ロッテ・平沢を見守る厳しくも温かい“目” 待望のプロ1号をキッカケに

スポニチアネックス / 2017年09月20日10時31分

ロッテ・平沢大河内野手の待望のプロ1号。仙台育英までを過ごした地元・宮城で放ったメモリアルアーチだった。試合後には記念球も手元に戻り「親に渡します」と笑顔を見せていた。 遊撃の定位置奪取が期待されたプロ2年目の今季だが、順調ではなかった。初の開幕1軍入りも、5月中旬には2軍落ち。8月1日に再昇格も、1軍生活はわずか1カ月ほどだった。チームはBクラスが決まり [全文を読む]

ロッテ・井口の「求心力」に学んでほしい「職場を壊すリーダー」の惨状報告!

アサ芸プラス / 2017年09月20日09時58分

原点に戻って、また1カ月(野球が)できたらいい」 チームキャプテンの鈴木大地、2015年ドラフト1位の平沢大河ほか、中村奨吾、三木亮、大嶺翔太ら、チームの将来を背負った若手選手たちはみな、「背番号6」を慕っている。折しも伊東勤監督までもが今季限りの退任を発表しているが、「来季からとは言わない。しかし、いずれはマリーンズの監督に」というのが多くのファンの願い [全文を読む]

ロッテ・平沢大河が地元・宮城でプロ初本塁打…右翼席へライナーでたたき込む

サイクルスタイル / 2017年09月16日19時12分

5-13と大敗を喫するも、最終回に平沢大河内野手がプロ初本塁打を放ち球場を沸かせた。 9回表、2死走者なしの場面、平沢は楽天の5番手・小野郁投手の低めの直球を思い切り振り抜くと、低い弾道の打球が右翼席前列に突きささった。ベンチに戻ると多くの祝福を受け、笑顔がこぼれていた。 この一撃に対しては、ロッテファンだけでなく、地元・宮城のファンからも多くの歓声があが [全文を読む]

ロッテ 平沢 地元宮城でプロ1号「親の前で打てたのはよかったなと思う」

スポニチアネックス / 2017年09月16日18時30分

◇パ・リーグ ロッテ4―13ソフトバンク(2017年9月16日 Kobo宮城) ロッテ・平沢大河内野手がプロ1号本塁打を放った。 4―13の9回2死。小野の低めの直球を振り抜き、右翼席まで運んだ。プロ2年目115打席目にしてうれしい初アーチを、地元・宮城でマークし「うれしい。親の前で打てたのはよかったなと思う。自信にもなる」と頬を緩めた。伊東監督も「これで [全文を読む]

【ロッテ】平沢大河がプロ初本塁打「入ってくれてよかった」

スポーツ報知 / 2017年09月16日18時25分

◆楽天13―5ロッテ(16日・コボパーク宮城) ロッテの2年目、平沢大河内野手(19)が、うれしいプロ初本塁打を放った。 この日は6回の守備から途中出場。9点ビハインドの9回2死から打席に入り、小野の直球を右翼スタンドへ運んだ。プロ69試合目、168打席目での一発。敵地ながら生まれ育った宮城で大歓声に包まれ「うれしいです。入ってくれてよかった。自信になりま [全文を読む]

ソフトバンク・五十嵐が一軍復帰!ヤクルトは星を抹消…8日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年09月08日15時15分

<9月8日の公示情報> ※再登録=9月18日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 53 五十嵐亮太/投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 13 平沢大河/内野手 =抹消= 53 江村直也/捕手 ■ 広島東洋カープ -登録- 26 中田 廉/投手 95 バティスタ/内野手 =抹消= 70 ブレイシア/投手 7 堂林翔太/内野手 ■ 読売ジャイア [全文を読む]

広島・鈴木、巨人・内海、阪神・西岡らが登録抹消、ロッテは7選手入れ替え 24日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年08月24日15時05分

<8月24日の公示情報> ※再登録=9月3日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 40 小沢怜史 / 投手 =抹消= 67 笠谷俊介 / 投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 15 関谷亮太 / 投手 57 香月一也 / 内野手 1 清田育宏 / 外野手 69 肘井竜蔵 / 外野手 =抹消= 2 根元俊一 / 内野手 13 平沢大河 / 内野 [全文を読む]

優勝争いのキーマン!オコエ瑠偉が描く成長曲線

ベースボールキング / 2017年08月16日12時30分

オコエは2015年のドラフト1位、厳密に言えば平沢大河(現ロッテ)の抽選を外して迎えた“ハズレ1位”で指名を受けた。 楽天といえば、これまでは一場靖弘(2004年)にはじまり、田中将大(2006年・高)、永井怜(2006年・大社)、最近でも松井裕樹(2013年)というようにドラフト1位で後の主力となる投手を獲得してきた。 その一方で野手の大物指名は過去に [全文を読む]

【プロ野球】ノーノーで勝ち上がった杉内俊哉を松坂大輔が返り討ち。オレたち、甲子園で戦ってました!

デイリーニュースオンライン / 2017年08月15日16時05分

また、仙台育英の3番・遊撃として平沢大河(現ロッテ)も出場していた。 連戦の疲れからか試合は序盤から点の取り合いとなり、8回まで6対6。9回表に小笠原の本塁打などで佐藤から4点を奪い、東海大相模が試合を決めた。両投手の息詰まる投手戦とはいかなかったものの、両投手ともに完投し甲子園を去っている。 また、試合には敗れたものの平沢は小笠原からチーム唯一のマルチ安 [全文を読む]

ヤクルト・新戦力の屋宜を一軍登録!阪神・マテオも一軍復帰 1日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年08月01日15時20分

<8月1日の公示情報> ※再登録=8月11日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 54 玉井大翔/投手 =抹消= 59 吉田侑樹/投手 37 矢野謙次/外野手 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 29 石川柊太/投手 =抹消= 14 加治屋蓮/投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 49 チェン・グァンユウ/投手 13 平沢大河/内野手 [全文を読む]

【ロッテ】“キュンキュン”必至!?『イケメン5』がLINEスタンプに!

ベースボールキング / 2017年07月12日12時06分

今回は17日のオリックス戦(14:00試合開始、ZOZOマリン)でスーパーレディースデーが行われるのを受けて2017年に女性ファンが投票をした『マリーンズ・イケメン5』の1位 荻野貴司(2,740票)、2位 佐々木千隼(2,025票)、3位 吉田裕太(1,883票)、4位 平沢大河(1,724票)、5位 成田翔(1,688票)がスタンプとなった。 スタン [全文を読む]

【ロッテ】17日に『スーパーレディースデー』第2回開催!選手の“胸キュン”トークショーも

ベースボールキング / 2017年07月10日13時25分

なお、イケメン5ランキングは1位・荻野貴司(2,740票)、2位・佐々木千隼(2,025票)、3位・吉田裕太(1,883票)、4位・平沢大河(1,724票)、5位・成田翔(1,688票)となっている。 [全文を読む]

2017年・前半戦“チャンスを掴んだ”ニューカマーたち

ベースボールキング / 2017年07月01日11時45分

遊撃でベストナインを受賞した鈴木大地が二塁へコンバートしたことにより、一気に激戦区となったポジションは高卒2年目の平沢大河に大きな期待がかかったが、開幕スタメンは背番号を「8」に変更した中村奨吾が勝ち取った。 しかし、深刻な打撃不振に苦しむと、早々に登録抹消。その後は平沢や大嶺翔太らが起用される中、5月半ばから三木が頭角を現す。 交流戦では遊撃のレギュラ [全文を読む]

フォーカス