小田原市のニュース

Amazon、「オールタイムベスト児童文学100」特設コーナー展示開始

PR TIMES / 2014年07月16日16時40分

~多治見市、小田原市において書籍の目録を贈呈。夏休みを過ごす子ども達にむけて、図書館にて順次展示を開始~ Amazon.co.jp(以下Amazon)は、7月2日(水)、7月3日(木)に、多治見市役所および小田原市役所において、Amazon「オールタイムベスト児童文学100」の目録贈呈式を行いました。 Amazonは、全国6か所の図書館・図書室に「オールタ [全文を読む]

Amazon、小田原FCで一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施

PR TIMES / 2016年07月27日14時22分

「ジョブシャドウ」は、2014年にAmazonが小田原市で初めて実施し、今年で3回目の実施になります。引き続き小田原市で「ジョブシャドウ」を実施するのは、Amazonだけです。Amazonでは、2013年の小田原FC操業開始以来、小田原市にご協力をいただき、小田原地域での積極的な採用活動や地域安全の確保、地元産業の支援など、地域と連携した様々な取り組みを行 [全文を読む]

生保不正受給の調査 最も効果があるのは税務調査

NEWSポストセブン / 2017年02月02日11時00分

神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」とプリントされたジャンパーを着ていた問題。小田原市は「不適切だった」と謝罪し、このジャンパーの着用を禁止。関係者の処分を発表した。 生活保護の不正受給を許さないという決意のものに作ったこのジャンパーだが、大多数の受給者は不正などしておらず、不快に思う人も少なくなかっただろう。 とはいえ、不正受給は全国で2 [全文を読む]

小田原城を灯りで彩り“夜の魅力”を伝えるイベント「小田原『灯の陣』~甦る!石垣山一夜城~」を開催!

@Press / 2016年09月27日10時30分

小田原・箱根・真鶴・湯河原エリアから「明るい豊かな社会」を目指す公益社団法人 小田原青年会議所(所在地:神奈川県小田原市、理事長:杉崎 尚人)は、2016年5月にリニューアルした小田原城の“夜の魅力”を広く伝えるため、一夜城の伝説に出てくる「石垣山城」をライトアップし小田原城天守閣から見学したり、忍者BARで当時の雰囲気を楽しむイベント「小田原『灯の陣』~ [全文を読む]

Amazon、小田原FCで一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施

PR TIMES / 2015年07月28日12時11分

「ジョブシャドウ」は、昨年Amazonが小田原市で初めて実施し、今回で2回目の開催となります。 Amazonでは、2013年の小田原FC操業開始以来、小田原市にご協力をいただき、小田原地域での積極的な採用活動や地域安全の確保、地元産業の支援など、地域と連携した様々な取り組みを行っています。 「ジョブシャドウ」もその一環で、若者の社会的適応力を育成する経済教 [全文を読む]

サイバード、地方自治体と共同で農業支援を推進 ~3月16日~17日、東京・代官山で小田原市と産直市を開催~

PR TIMES / 2013年03月12日16時00分

サイバードグループでモバイル事業を手がける株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀 主知ロバート)の産地直送ネット宅配サービス『My Farmer(マイファーマー)』(http://my-farmer.jp/)は、9月より開始した地方自治体と連携した農業支援を、鳥取市、高崎市に続き小田原市と行います。3月16日(土)・17日(日)の2日間 [全文を読む]

「SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ」矢島舞美が小田原市長を表敬訪問

dwango.jp news / 2017年07月26日22時17分

7月24日、矢島舞美が、神奈川県小田原市役所に赴き、加藤憲一市長を表敬訪問、小田原市とアップフロントグループの共催で行う「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in 小田原」イベントのPRを行った。 アップフロントグループは、2012年に「SATOYAMA&SATOUMI movement」を立ち上げ、日本独自の生活、文化 [全文を読む]

生活保護の受給者バッシング 防ぐには自立支援策が必要

NEWSポストセブン / 2017年02月06日11時00分

職員が生活保護に関する業務に携わる際に、「なめんな」と書かれたジャンパーを着ていたことで小田原市役所に批判が集まった。 もちろん、不正受給は問題だが、くれぐれも誤解してはならないのは、生活保護は国民に与えられた権利であり、大多数の人が制度を正しく利用していることだ。実際に不正受給の割合は全体の5%程度しかない。 今回の小田原市の件でも「ごくわずかの不正受給 [全文を読む]

「Café nota nova(カフェ ノータ・ノーヴァ)」2号店をオープン~12月11日伊勢治書店ダイナシティ店の全面リニューアルに併せて~

DreamNews / 2015年12月11日18時00分

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)と、株式会社伊勢治書店(本社・神奈川県小田原市、筒井正博社長)は、伊勢治書店ダイナシティ店をリニューアルオープンし、文具・雑貨売場とカフェが一体となった「Café nota nova(カフェ ノータ・ノーヴァ)」を出店しました。カフェを併設した「nota nova」としては2店目の出店となります。株式会社 [全文を読む]

【開催間近!】オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン2014

PR TIMES / 2014年05月15日09時47分

5月16日(金)9:00小田原市陸上競技場にてスタート!国際NGOオックスファム・ジャパンは、2014年5月16日(金)、17日(土)、18日(日)の3日間にわたり、神奈川県、静岡県、山梨県にて、世界的チャリティー・ウォーキングイベントのオックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン2014を開催します。オックスファム・トレイルウォーカーは4人1組のチームで [全文を読む]

小田原秋の祭典2013「小田原ソウルフードフェスタ」「軽トラ☆サミット」を10月12日より開催

@Press / 2013年10月08日10時30分

社団法人小田原青年会議所(所在地:神奈川県小田原市)が後援する、「小田原秋の祭典2013」を2013年10月12日より小田原市内のまちなか、および小田原城址公園 二の丸広場・銅門広場にて開催いたします。本イベントでは、まち活性化企画として「小田原ソウルフードフェスタ」や「軽トラ☆サミット」等が開催されます。詳細URL: http://www.odawara [全文を読む]

小田原城・天守木造復原に向け「木(樹)」想いの映画を上映 バイオリン演奏や監督らのトークセッションも実施

@Press / 2017年09月05日10時30分

認定NPO法人 みんなでお城をつくる会(所在地:小田原市、代表:鈴木 博晶)は、小田原城天守の木造復原に向け、日本の伝統文化の中の「木(樹)」と復原をテーマにした上映会を2017年9月10日(日)に小田原市生涯学習センター本館「けやき」大ホールで開催いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/136813/ [全文を読む]

防災の日:続く災害、その日に備え 小田原では合同訓練

毎日新聞 / 2017年09月01日11時41分

神奈川県小田原市では、首都圏4都県と5政令市による関東大震災と同じ首都直下型地震を想定した合同訓練が行われ、警察や消防、自衛隊など約140機関が参加した。 小田原市沖の相模湾を震源とするマグニチュード8.2、震度7の地震と津波が発生したと想定。酒匂川河川敷の会場では、被災者の救出・救助、ライフライン復旧、医療救護活動の訓練が行われ、住民も参加した。海上自 [全文を読む]

元℃-ute 矢島舞美が小田原市長を表敬訪問 SATOYAMA&SATOUMIイベントをPR

GirlsNews / 2017年07月27日09時52分

元℃-uteリーダーの矢島舞美さんが24日、神奈川県小田原市役所に赴き、加藤憲一市長を表敬訪問。小田原市と、矢島さんが所属するアップフロントグループが共催し、10月9日に開催する「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in 小田原」イベントの PRを行った。 アップフロントグループは、2012年に「SATOYAMA&SAT [全文を読む]

元℃-ute・矢島舞美が小田原市長を表敬訪問!秋キャンプイベントをアピール

ザテレビジョン / 2017年07月26日19時25分

神奈川・小田原市役所に赴き、加藤憲一市長を表敬訪問した元℃-uteの矢島舞美が、小田原市とアップフロントグループ共催イベント「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in 小田原」のPRを行った。 やや緊張気味な矢島のあいさつから始まった今回の訪問だが、市長の気さくで軽快なトークのおかげで一気に和やかなムードに。 偶然にも先 [全文を読む]

地域連携で共同開発!箱根温泉旅館「一の湯」が新商品「湘南ゴールドドレッシング」の販売を開始

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

■創業1630年の箱根温泉旅館「一の湯」が地域連携で共同開発「湘南ゴールド」の果実は、小田原市早川の「國見農園」と小田原市鴨宮に本店をおく「かながわ西湘農業協同組合」より購入。搾汁は、小田原市曽我岸の「ジョイファーム小田原」へ、果汁の冷凍と保管は、小田原市早川の「共同冷蔵株式会社」にて実施。およそ1年半の歳月をかけて小田原・箱根地域の事業者連携によって「湘 [全文を読む]

スキューバダイビングのドルフィンアイズが不要になったダイビング器材の買取りに特化したホームページを公開しました。

DreamNews / 2017年04月05日13時00分

神奈川県小田原市のダイビングスクール「ドルフィンアイズ」(所在地:神奈川県小田原市高田276-1 代表:大川 厚)が不要になったダイビング器材の買取に特化したホームページ「スキューバダイビング器材買取ドットコム」を2017年4月1日に公開しました。 ▼スキューバダイビング器材買取ドットコム http://scuba-kizai-kaitori.com神奈川 [全文を読む]

慶大教授が「弱者救済はやめろ」と言う理由 「現物ベーシック・インカム」が日本を救う

東洋経済オンライン / 2017年03月31日11時00分

小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」などとプリントしたジャンパーを着て世帯訪問していた問題は大きな波紋を広げた。こうした行為は許されるものではないが、今回の件に限らず、生活保護受給者に対する風当たりが強い。特に不正受給が発覚すると、強烈なバッシングにさらされる。不正受給率は全体の0.5%(金額ベース)と低いにもかかわらずだ。なぜ理解が進まないのか。 [全文を読む]

「保護なめんな」問題、小田原市に再発防止要望「見えないジャンパー」全国拡大に懸念

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月24日15時03分

生活保護を担当する神奈川県小田原市の職員が、「不正受給を罰する」「保護なめんな」などと書かれた揃いのジャンパーを着て受給者の自宅を訪問していた問題で、受給者の支援を行う専門家でつくる「生活保護問題対策全国会議」のメンバーが1月24日、小田原市役所で職員らと面会し、ジャンパー作成の経緯や今後の生活保護制度運用の改革について話し合った。 同会議は1月20日、小 [全文を読む]

<HOGONAMENNA>「生活保護なめんなジャンパー」の背後に潜む実態を報じよ

メディアゴン / 2017年01月21日10時56分

保科省吾[コラムニスト]* * *神奈川県小田原市で平成19年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が、英語で「不正受給はクズだ」などと背面にプリントされたジャンパーを自費で作り、勤務中に着ていたことが報じられている。左胸部分には「HOGO NAMENNA」(保護なめんな)と読めるエンブレムも付いており、一部の職員は着用して受給者宅を訪れて [全文を読む]

フォーカス