神戸港のニュース

【都市直下地震】ユダヤ系企業が一斉避難…阪神大震災の悪質デマを検証

デイリーニュースオンライン / 2015年01月16日15時50分

当時は同書の言うとおり、地震後2日経った19日も、神戸港を含む市内中心部は大混乱という状況で、余震も絶えず、一度おさまった火事が再発するなど、災害が続いていた。傾いた雑居ビル郡と瓦礫だらけの道路は通れるはずもなく、ほとんどが警察などによって閉鎖されていた。 市内中心部へと通じる幹線道路も、阪神高速は通行止めだし、国道も破壊されているか、緊急車両優先で一般車 [全文を読む]

神戸どうぶつ王国・六甲オルゴールミュージアム・有馬玩具博物館 “神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット 7月7日(火)発売記念イベント実施

PR TIMES / 2015年06月29日11時27分

株式会社御所坊(本社:神戸市 社長:金井啓修)が運営する「有馬玩具博物館」、株式会社どうぶつ王国(本社:神戸市 社長:佐藤哲也)が運営する「神戸どうぶつ王国」、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、運営する「六甲オルゴールミュージアム」では、7月7日(火)から販売をはじめる3施設共通券「“神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット」の [全文を読む]

神戸どうぶつ王国・六甲オルゴールミュージアム・有馬玩具博物館 “神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット 7月7日(火)発売記念イベント実施

@Press / 2015年06月29日11時15分

株式会社御所坊(本社:神戸市 社長:金井啓修)が運営する「有馬玩具博物館」、株式会社どうぶつ王国(本社:神戸市 社長:佐藤哲也)が運営する「神戸どうぶつ王国」、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、運営する「六甲オルゴールミュージアム」では、7月7日(火)から販売をはじめる3施設共通券「“神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット」の [全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】 「サンタモニカの風」 神戸港開港150年を記念し2017年のメニューを発表 『日本各地の寄港地クルーズ』をテーマに郷土料理とご当地グルメを提供

PR TIMES / 2016年11月25日11時52分

国内「五大港」である歴史ある神戸港が150年を迎えることを記念して企画。美しい日本の四季に合わせて国内を巡りながら寄港地での美味を”グルメクルーズ”として皆様にお届けします。和洋中の専任シェフがそれぞれの視点で郷土料理やご当地グルメをアレンジ、料理長が腕によりをかけた各地の美味をお楽しみください。報道関係各位 2016年11月吉日「サンタモニカの風」 神戸 [全文を読む]

9月30日(土)~10月9日(月・祝)「KOBE観光Week」 開催

PR TIMES / 2017年08月30日15時34分

年度は「神戸開港150年」をテーマに、神戸らしい港をイメージしたデザインのパンフレットとポスターを制作し、観光施設の無料開放や割引等の紹介に加え、メリケンパークのリニューアル等神戸港にまつわるトピックスを集めて企画ページとして紹介するほか、「KOBE観光の日・KOBE観光Week」期間前後の秋のイベントを一覧で紹介するページも新設し、より充実した内容で神 [全文を読む]

チームラボ「未来の遊園地」神戸開港150年ファイナル11/7-12/17

リセマム / 2017年08月30日14時15分

神戸開港150年のファイナルイベントとして、「チームラボアイランド―学ぶ!未来の遊園地―in神戸港」が11月7日~12月17日に神戸ポートターミナルホールで開催される。紙に描いた魚たちが泳ぐ「お絵かき水族館」や、転がすと色や音が変化する「光のボールでオーケストラ」などの作品を展示予定。 「チームラボアイランド―学ぶ!未来の遊園地」は、子どもたちが同じアート [全文を読む]

メリケンパークに150枚の連凧あがる 神戸港開港150年記念で

THE PAGE / 2017年08月26日20時31分

神戸港に連凧あがる──。今年で開港150年を迎えた神戸港。それを記念し、市民らが1枚ずつ制作した連凧が26日、神戸市中央区の神戸メリケンパークであがった。 このイベントは、神戸港などを舞台にした「港都KOBE芸術祭」のプレイベントとして先月末に行われた「大人のためのアートキャンプ」で、開港した1868年から2017年現在までを1枚の凧に置き換え凧を作った。 [全文を読む]

「BE KOBE」神戸からのメッセージ / リニューアルした神戸メリケンパークのモニュメントに込められた想い

GOTRIP! / 2017年06月24日06時30分

神戸港町を代表する「メリケンパーク」。 神戸港開港150年を機に、神戸の魅力の発信力を高めようと昨年に着工。今年4月にリニューアルオープンし、今神戸で一番の観光スポットとして早くも話題になっています。 そんなメリケンパークには、神戸メリケンパークオリエンタルホテルを背に新たなモニュメント「BE KOBE」が整備され、観光客の撮影スポットとして注目されていま [全文を読む]

神戸開港150年記念 “現地集合・現地解散 日帰りの旅” 新商品2コース発売

PR TIMES / 2017年06月20日16時10分

(1)「神戸ぶらり町歩き 神戸はなぜハイカラなのか?」 (2)「プレミアム帆船クルーズと飲茶 in神戸港」(7月16日限定)阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 松田誠司)では、高まる“現地集合・現地解散の旅”のニーズに応える商品として、神戸開港150年を記念した神戸発着の新商品2コースを発売しました。「神戸ぶらり町歩き」は、「おとな旅・神戸」運営事 [全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】 “プレミアムフライデー”特別プラン ~海や山からの絶景を体験する 週末神戸旅へ~

PR TIMES / 2017年05月25日11時00分

神戸港に位置し周囲270度を海に囲まれたホテルのロケーションを活かし、また、海と山が近い神戸ならではの魅力的な景色を満喫していただけるよう、ホテル内レストランの商品と神戸港内クルージングや夜景観光タクシーをセットにしたプランをご用意しています。[画像2: https://prtimes.jp/i/16207/185/resize/d16207-185-62 [全文を読む]

神戸開港150年記念「純米吟醸 山田錦」発売

Walkerplus / 2017年01月26日17時47分

白鶴酒造と神戸港との関わりは深く、1743年の創業当時から灘の酒は神戸の港から江戸へ菱垣廻船(樽廻船)と呼ばれる帆船で出荷され、"灘の下り酒"として人気を博した。開港後は台湾・朝鮮半島・清など海外へ販路を拡大していった。 今回発売する神戸開港150年記念商品は、神戸港の青い海をイメージした瑠璃色の瓶と神戸港のイラストのラベルデザインを採用。酒質は、兵庫県 [全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】 1月17日(火)「ホテルに建つ公式灯台」特別一般公開 ~阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから受け継いだ“港町 神戸のシンボル”~

PR TIMES / 2016年12月28日14時21分

旧オリエンタルホテルから引き継がれて以降22年目を迎え、神戸港を見守り続けてきた灯台を是非この機会にご覧ください。報道関係各位 2016年12月吉日 神戸メリケンパークオリエンタルホテル阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから受け継いだ“港町 神戸のシンボル”神戸港を照らす 日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」 1月17日に恒例の特別一般公開を実施 [全文を読む]

プリンセス・クルーズ、神戸市より「Cruiseline of Excellence」を受賞

PR TIMES / 2016年11月11日15時43分

[画像: http://prtimes.jp/i/12778/32/resize/d12778-32-944284-0.jpg ] プリンセス・クルーズは、神戸港におけるクルーズの振興に貢献した功績が認められ、「Cruiseline of Excellence」を受賞しました。 この賞は、2017年に開港150年を迎えることを記念して、クルーズによる神戸港 [全文を読む]

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】 11月1日は「灯台の日」 日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」一般公開

PR TIMES / 2016年10月17日12時25分

神戸港の船の安全を見守り続けている灯台を、この機会に間近でご覧ください。 神戸メリケンパークオリエンタルホテルでは、11月1日の「灯台記念日」にホテル最上階バルコニーに建つ灯台を特別一般公開いたします。この灯台は海上保安庁から正式に認可を受けており、ホテル開業以来21年間、現役の灯台として神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。海抜およそ55mに位置 [全文を読む]

日本でココだけ。常識を覆す「ホテルの上に建つ灯台」特別公開

まぐまぐニュース! / 2015年10月20日06時55分

神戸港を見下ろす「ホテル」の上に建つ公式灯台 神戸メリケンパークオリエンタルホテルの最上階バルコニー。普段は開放していないこの場所には、20年前から今なお現役で活躍する灯台「神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台」があります。海上保安庁から正式に認可を受けた、日本で唯一「ホテルの上に建つ灯台」として神戸港の安全を見守っています。 神戸メリケンパークオリエ [全文を読む]

西の横浜、関西の定番観光スポット「異人館」ってどんなとこ?

マイナビ進学U17 / 2015年10月01日09時48分

江戸時代の鎖国政策に終わりを告げて、神戸港が開港したのは1868年。1858年に日米修好通商条約が締結され、神戸港の開港が決められてからちょうど10年後のことでした。開港後、神戸港は国際貿易の拠点として急速に発展していきました。海外との通商・交流によって国際都市となった神戸には、来日外国人の数も急増。その結果、居留地が足りなくなってしまいます。しかしながら [全文を読む]

神戸どうぶつ王国・六甲オルゴールミュージアム・有馬玩具博物館 “神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット 7月7日(火)発売開始

@Press / 2015年05月26日15時45分

陶湶 御所坊(本社:神戸市 社長:金井啓修)が運営する「有馬玩具博物館」、株式会社どうぶつ王国(本社:神戸市 社長:佐藤哲也)が運営する「神戸どうぶつ王国」、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、運営する「六甲オルゴールミュージアム」では、7月7日(火)から3施設にお得に入場いただける「“神戸港・六甲山・有馬温泉”トライアングルチケット」を [全文を読む]

ドイツの自然療法を活用「タラソテラピーウェルネスウォーキング」プログラムを「神戸山手大学 西村研究室」と共同開発

PR TIMES / 2017年08月28日13時36分

[画像2: https://prtimes.jp/i/24670/40/resize/d24670-40-591885-1.jpg ] 神戸みなと温泉 蓮を拠点とし、神戸港を眺めながら行うウェルネスウォーキングプログラムは、2017年9月9日より2018年にかけ、計5回開催。神戸港を巡り海洋ミネラルをたっぷりと浴びるウォーキングと、塩化ナトリウム(食塩) [全文を読む]

ヒアリを正しく恐がれない新聞社のお粗末

プレジデントオンライン / 2017年08月01日09時15分

「中国・広州市から兵庫県の神戸港に貨物船で運ばれたコンテナの内部と、コンテナが置かれていた神戸港のコンテナヤードで見つかった」 「いずれも駆除され、人的被害も出ていない。ただ、駆除前に周囲に逃げ出した可能性は残る。ヒアリの国内定着を防ぐには、周辺地域を長期的に監視するとともに、全国で水際対策を強化する必要がある」 「逃亡した」とか「国内定着の危険性」とい [全文を読む]

みんなが行きたい「花火大会ランキングBest3」発表!【関西版】

Woman Insight / 2017年07月25日12時03分

神戸港一帯に打ちあがる花火は全部で15,000発。これは今年神戸開港150年を記念した打ち上げ数とのこと。夜景が綺麗と有名な神戸港に上がる花火は格別のものだと思います! 私も一度は行ってみたいと思っちゃいました。 いかがでしたか? 東京生まれの私は、関西の花火を見たことがないのですが、歴史があったり、もともと夜景の綺麗なところだったりと魅力たっぷりでした。 [全文を読む]

フォーカス