内親王のニュース

眞子さまご結婚時に国から支払われる「一時金」、皇室経済法に定められた「決め方」

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月18日00時12分

皇室典範によると、「内親王」である眞子さまは、一般人の小室さんと結婚された場合、皇族の身分を離れることになるが、その際に国から支払われる「一時金」に早くも注目が集まっている。 ●黒田清子さんの場合は「1億5250万円」だった 一時金など、皇室の費用について定めた皇室経済法によると、一時金が支払われる目的は「皇族であつた者としての品位保持の質に充てるため」だ [全文を読む]

愛子さま 今年の夏休みに単身での「海外デビュー」実現か

NEWSポストセブン / 2017年04月19日16時00分

「先生方やお友達と一緒に、充実した高校生活を過ごすことができればと思います」──4月8日、学習院女子高等科に入学された愛子内親王は高校生活への抱負をこう語った。昨年末から“激ヤセ”が心配されたが、この日は最も痩せていた2月に比べると幾分ふっくらし、表情も明るかった。 これからどんな高校生活を送ることになるのか。学習院関係者の話。 「最初の大きなイベントは5 [全文を読む]

悠仁さまが将来孤独に? 女性宮家創設の意味

NEWSポストセブン / 2017年01月11日16時00分

しかし、22歳となった秋篠宮家の佳子内親王ら「適齢期」を迎えたプリンセスたちが結婚して皇籍を離れれば皇室活動が維持できなくなる可能性も指摘されている。京都産業大学名誉教授・モラロジー研究所教授の所功氏が女性宮家の意義を語る。 * * *「女性皇族の存在は、実質的な仕事に加え、公的な場においても私的な場においても、その場の空気に優しさと温かさを与え、人々の善 [全文を読む]

眞子さまと佳子さまのような清楚で知的な娘にしたい! 美智子さま、紀子さまに学ぶ「お嬢さんの育て方」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月27日11時00分

成年皇族になられ、ますます美しく、国民を魅了する2人の内親王、眞子さまと佳子さま。『プリンセスの育て方 美智子さまから眞子さま佳子さまへ』(こう書房)によれば、 「内親王とは見返りを求めず、国民と天皇につくすことを宿命づけられている方々のこと」だそうです。本作は、わが娘をぜひとも、そんな内親王のような清楚で知的な女性に育てたい、そんな方にお勧めです。著者の [全文を読む]

就職する女性皇族多数だが眞子さまと佳子さまは就職しないか

NEWSポストセブン / 2015年02月06日16時00分

働いて給与を得た初めての内親王だ。 彬子女王は英オックスフォード大で女性皇族として初めて博士号を取得し、その後は公募採用で立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェローに就任。2014年より京都市立芸術大学の芸術資源研究センター特別招聘研究員も務める。 「最近、彬子さまはご自身の留学体験を綴られた本を上梓されました。公務も数多くこなされ、以前にも増して [全文を読む]

皇太子一家の伊勢参拝発表に関係者が安堵の声を漏らした理由

NEWSポストセブン / 2014年07月25日07時00分

皇太子が最初に歩き出すと、愛子内親王がそれに続いて一歩を踏み出した。すると雅子妃は愛子内親王の耳元に顔を寄せて何かを告げた。愛子内親王は少し慌てた様子で雅子妃の後ろに回った。 「皇太子殿下の後に雅子さまが続くはずが、愛子さまが先に歩き出して雅子さまの前に出られてしまった。参拝前の説明が不足していて、手順を間違って戸惑われたのでしょう。その後、愛子さまは表情 [全文を読む]

皇太子が皇位継承権を譲ることがなぜ不可能かを専門家解説

NEWSポストセブン / 2012年02月15日16時00分

療養期間が8年に及び、いまだに公務や宮中祭祀のほとんどを欠席されている妃殿下が、愛子内親王殿下の通学や校外学習には元気に付き添っているなどと報じられている。 同時に、皇太子殿下ご自身の言動が国民に与える印象という問題もある。 記者会見では内親王殿下の話題が多いであるとか、妃殿下が朝起きられない時は殿下が内親王殿下の付き添いをしている、などの報道により、「公 [全文を読む]

元皇族の黒田清子さん 最近はスーパーで弁当の長時間吟味も

NEWSポストセブン / 2017年06月03日16時00分

婚約が報じられた秋篠宮家の長女・眞子内親王(25)は近い将来、大学時代の同級生・小室圭さん(25)と結婚するのと同時に皇籍を離脱し、民間人になる。その後の暮らしはどうなるのだろうか。眞子内親王の“先輩”にあたる元プリンセスたちの現在から考えてみたい。 結婚後の子内親王の生活に近そうなのは、天皇の第一皇女である黒田清子さん(48・紀宮清子内親王)だろう。 清 [全文を読む]

佳子さまフィーバー 雅子妃や愛子さまに好影響を与えている

NEWSポストセブン / 2015年02月04日07時00分

秋篠宮家の次女・佳子内親王に公務の依頼が殺到しているという。そんな「佳子さまフィーバー」による女性皇族への関心の高まりは、他の女性皇族の活動にも影響を及ぼす。 東宮職関係者は、「病気静養中で公務復帰が捗らない雅子妃へのプレッシャーが軽減する」と語る。 新年の一般参賀では8万人超の参賀者に笑顔を見せた雅子妃だが、1月9日の講書始の儀や同14日の歌会始の儀は欠 [全文を読む]

愛子さま 誕生日に発表された新趣味と不規則登校の深刻度

NEWSポストセブン / 2014年12月09日16時00分

12月1日に13歳の誕生日を迎えた愛子内親王は初めて1人で皇居・御所を訪問、天皇・皇后に挨拶を行なった。 「半蔵門の沿道から『敬宮さま、お誕生日おめでとうございます』とお声がけされると、愛子さまはニッコリと微笑んでお手振りをされ、元気そうなご様子でした。でも気になるのは愛子さまがその日に学習院女子中等科を欠席されていたことです。だからなのか、慣例的には制服 [全文を読む]

雅子妃伊勢神宮参拝 背中を押したのは愛子内親王との指摘も

NEWSポストセブン / 2014年07月16日16時00分

7月下旬、皇太子と雅子妃、愛子内親王が揃って伊勢神宮を参拝することになった。雅子妃は20年ぶり、愛子内親王にとっては初の参拝となる。なぜ雅子妃は訪問を決意したのだろうか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏は「将来の皇后としての覚悟」という見方をするが、東宮職関係者はこんな言い方をする。 「3月以降の東宮大夫の記者会見では、たびたび『雅子妃はいつ参拝するのか』と [全文を読む]

雅子妃が今夏20年ぶり伊勢神宮参拝へ 愛子さまは初の参拝へ

NEWSポストセブン / 2014年07月14日07時00分

実現すれば、同行する愛子内親王にとっては初の参拝となる。 宮内庁担当記者の間では「愛子さまが通う学習院女子中等科が夏休みに入った後の7月28日、29日で1泊2日のご予定」という具体的なスケジュールも広まっており、大手紙の宮内庁担当記者は「同行取材の日程を組んでいる」と明かす。 宮内庁関係者にとって、皇太子と雅子妃、愛子内親王が揃って伊勢参拝するというニュー [全文を読む]

眞子さま ご結婚後の2世帯同居の可能性に宮内庁も不安

NEWSポストセブン / 2017年06月04日16時00分

眞子内親王殿下は清子さんと同じ内親王ですが、天皇の孫の内親王のため、1割減の1億3725万円だと思います」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏) 一時金の使い道に決まりはないため、生活費や新居購入費用に充てるのでも、貯蓄にまわすのでも自由だ。「皇室経済法には一時金の支出理由として、《皇族であった者としての品位保持の資に充てるため》と明記されています。億単位のお [全文を読む]

言葉の結晶としての恋

NHKテキストビュー / 2017年06月03日00時00分

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへばしのぶることの弱りもぞする式子内親王(しょくしないしんのう)『百人一首』から挙げました。式子内親王は12世紀後半の人です。わが命よ、絶えるなら絶えろ、このままながらえていると恋を忍ぶ力が衰えて、隠していた恋心がばれてしまいそうだから、という情熱的な歌ですが、「絶えなば絶えね」の繰り返しが実に印象的で、修辞もとても凝っています [全文を読む]

民間人になった女性皇族のその後 動物園園長や家元夫人も

NEWSポストセブン / 2017年05月29日16時00分

婚約が報じられた眞子内親王は近い将来、結婚と同時に皇籍を離脱し、民間人になる。皇居を出てからの暮らしはどうなるのだろうか。眞子内親王の“先輩”にあたる元プリンセスたちの現在から考えてみたい。 婚約者の小室圭氏はまだ25歳。現在は法律事務所でパラリーガル(弁護士の補助)をしながら大学院に通っており、いわば「修業中の身」だ。 事務所にもよるが、パラリーガルの2 [全文を読む]

女性皇族と海外王室の「縁談」 英・タイ王室で考えてみた

NEWSポストセブン / 2017年04月25日07時00分

未婚の内親王、女王殿下は御年35歳の彬子女王殿下を始めとして7方おいでになる。 敬宮愛子内親王殿下以外の方々は既に成年を迎えられ、例えば眞子内親王殿下は公務としてお一人でエルサルバドル、ホンジュラス、パラグアイをご訪問になるなど、それぞれのご活躍ぶりは大きな注目を集めている。 ご結婚ということになれば一人の国民としてはお幸せを祈るばかりだが、議論が巻き起こ [全文を読む]

愛子さま、ストイック減量の背景にご学友の「きれい!」の声

NEWSポストセブン / 2016年12月13日16時00分

12月1日、15歳の誕生日を迎えた愛子内親王。宮内庁が公開したのは、かつてのイメージから大きく変わられたお姿だった。ふっくらとしていた頬はほっそりとし、足や手も非常に細くなっていた。「大人の女性」として成長された様子を「スッキリして綺麗になられた」と喜ぶ声もある一方、「健康状態は大丈夫か」と心配する声があったのも事実だ。 愛子内親王は9月26日から約1か月 [全文を読む]

神社本庁は男系男子による皇位継承を堅持すべしとの立場

NEWSポストセブン / 2016年11月03日07時00分

平成13年12月1日に愛子内親王が誕生され、同年12月10日付の紙面は奉祝記事で覆われた。そのなかに小堀桂一郎・東大名誉教授の論考があり、〈もし皇室典範の改正を論ずるならば、それは女帝容認論からではなくて(中略)、旧皇族の宮家復活論等から論じてはいかがであらうか〉と述べている。 神社本庁は男系男子による皇位継承を堅持すべしとの立場だ。だから、愛子内親王[全文を読む]

「悠仁親王を東大へ」の噂 雅子さまへの意識も関係か

NEWSポストセブン / 2016年03月05日16時00分

紀子さまが“新時代の皇族は高い学歴も求められる”とお考えになっているとするなら、少なからず雅子さまを意識されているように思います」 また、「雅子妃は愛子内親王を母校の東大に進学させたがっている」「愛子内親王は成績優秀」などと伝える記事が週刊誌を賑わせることも背景にあるという。 「紀子さまはそうした記事にも目を通されているようですが、未成年皇族は悠仁さまと [全文を読む]

佳子さまはなぜ学習院を中退したのか!? セクハラ、イジメ...名門校に不祥事続出

リテラ / 2015年04月08日12時30分

「大学のサークルはどうなるのか」「20歳になってお酒は飲んだのか」など、些細なことがニュースになるほど、日本中から注目の的となっている秋篠宮家の次女・佳子内親王。まさに「佳子さまフィーバー」といった状況のなか、「佳子さま」はこの4月、国際基督教大学(ICU)に入学した。 学習院幼稚園に入園してから、初等科、女子中等科、女子高等科、そして大学と、学習院で学ん [全文を読む]

フォーカス