アマゾン川のニュース

【ペルー】大自然のアマゾン川!さまざまな動物と出会えるツアーに参加

TABIZINE / 2016年11月30日20時00分

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】 世界一長いアマゾン川。南米の地図を見てみると、支流からの細かい枝葉を含め、アマゾン流域の熱帯密林は南米大陸の半分を覆っているのではないかというくらい! それほど広大なアマゾン川ツアーの拠点となる都市は、さすが何カ国にもまたがっていて、ブラジルのマナウス、コロンビアのレティシア、ボリビアのル [全文を読む]

アトランティス人の末裔は今も生きている!【前編】

週プレNEWS / 2014年11月29日11時00分

地中海マルタ島を脱出したアトランティス人は、大西洋を越え南米大陸はアンデスとアマゾン川源流域にその足跡を残した。 だが、アマゾン川源流のモホス平原に文明を築いた彼らは、あるときを境に、その痕跡が突如途絶えてしまった……まるで遠い先祖のアトランティス人のように。彼らに何が起こった? その後、どこへ……? ■アトランティス同様、突如消滅したモホス文明 これまで [全文を読む]

【衝撃動画】アマゾンの“生きた凶器“が大暴れ!? ピラニアの食欲旺盛さに戦慄!!

tocana / 2015年04月03日13時00分

ピラニアと言えば、「アマゾン川を泳ぐ凶暴な魚」と誰もが知っているのではないだろうか。その凶暴さがどれほどなのかを知るには十分すぎるニュースが、3月19日付の「Daily Mail」にて報じられている。■恐怖の食事風景! ピラニアに関する話を聞くたびに「何て大げさな」と思う人も、動画を見れば、ピラニアがどれだけ危険な生物なのかが分かるだろう。衝撃的な瞬間であ [全文を読む]

アトランティス人の末裔は今も生きている!【後編】

週プレNEWS / 2014年11月30日15時00分

地中海マルタ島を脱出したアトランティス人は、大西洋を越え南米大陸はアンデスとアマゾン川源流域にその足跡を残した。だが、アマゾン川源流のモホス平原に文明を築いた彼らは、あるときを境に、その痕跡が突如途絶えてしまった。 その原因として、アンデス高地を統一したインカ帝国の武力進出という見方がある一方、気候変動による“干ばつ説”と“多雨説”、金銀などの採掘で発生し [全文を読む]

釣ってヨシ!!喰ってヨシ!!喰われてヨシ!!三拍子揃った怖すぎる『ピラニア釣り選手権』がGWに東京で世界初開催決定!!

PR TIMES / 2017年04月01日14時12分

南米ブラジルのアマゾン川より、世界最強悪のピラニア10万匹が日本上陸[画像1: https://prtimes.jp/i/18017/18/resize/d18017-18-826449-0.jpg ]非日常イベントを創り続けるHoliday Jack株式会社(本社:江東区、代表取締役:矢野智之)は、10万匹のピラニアを使い行う、世界初の釣り選手権「ピラニ [全文を読む]

小峠英二&大石絵理、MC抜てきに「“ロンハー”のドッキリ!?」

Smartザテレビジョン / 2017年03月28日20時36分

スタッフさんから『船で行く“ぶらり途中下車の旅”みたいな感じ』と聞かされていましたが、実際に行ったら全く違いました」と怒りをあらわにしながら、「3泊4日でアマゾン川を下り、文化の違いなどを感じた旅になりました」と振り返った。福田薫は「アマゾン川を下る時は、船にぎゅうぎゅう詰めにされ、食事も最低限。料理長が一人だけ同行しましたが、ちょっと“オネエ系”の方だっ [全文を読む]

世界の古代遺跡をつなぐと円環を描くことが判明! この“配置法則”は偶然か、古代人からのメッセージか?

tocana / 2016年12月03日13時00分

アマゾン川河口付近の赤道(西経49度17分)から地平線が引ける最大緯度となる中東まで(北緯30度18分、東経40度43分)、そしてニューギニア北西端付近の赤道(東経130度43分)、南太平洋(南緯30度18分、西経139度17分)を回って再びスタート地点のアマゾン川河口の赤道へ戻る線をつなげて地球を一周する。 すると不思議なことにこちらの方法でもやはり古 [全文を読む]

アマゾン川ツアーのスタート地点イキトスへ!ペルーで南国の雰囲気を楽しもう

TABIZINE / 2016年11月17日21時00分

ここイキトスはアマゾン川に面する街。アマゾン川、そう、世界最長と言われる大河です! 広大なブラジルを横に突っ切り、コロンビア、ペルーにまで跨がる巨大な支流。その枝葉はボリビアやベネズエラにまで伸び、南米大陸の大半を血脈のように覆い尽くしています。これから先はアマゾン川をひたすら下り、ペルーとブラジルの国境を越えて、さらにブラジルのマナウスまで船で移動する予 [全文を読む]

【川崎ヤバイ】集中豪雨により「アマゾン川」→「虹が出て綺麗」と話題に

秒刊SUNDAY / 2016年08月02日20時16分

―ネットの反応・ 川崎のつぎは案の定やってきたゲリラ豪雨と友人・ 川崎そんなに豪雨だったの・・・・ 川崎が朝のゲリラ豪雨で通行止めとかあったんじゃないですかね?・ 川崎駅前がアマゾン川になった日.・ 今日川崎下痢豪雨すごかったのか・ 川崎ずっとゲリラ豪雨ってるんじゃないかってくらい真っ赤・ 川崎のほうやばかったらしいね・ そんなことより川崎が豪雨すぎるんで [全文を読む]

【トライポ閲覧注意】アマゾン原産の蛙「ピパピパ」の奇妙な姿と生態とは?

tocana / 2016年04月27日08時00分

アマゾン川流域を中心に棲息するピパピパは、一度メスが卵を産んだ後、オスが卵を受け取って受精させ、メスのスポンジのように柔らかくなった背中にオスが卵を埋め込んでいくのだという。そして孵化したオタマジャクシは、メスの体の中ですばらく過ごして成長した後、背中から飛び出していく。危険なアマゾン川で無事に子どもを成長させるため、このような出産の形になったのだろうが [全文を読む]

探検家で“グレートジャーニー”を完遂した 関野 吉晴さんを迎えて 2/27(土)『神戸学校』を開催 ~私たちはどこから来て、どこへ行くのか?~

PR TIMES / 2016年02月05日17時15分

一橋大学在学中に同大探検部を創設し、'71年アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、アマゾン川源流や中央アンデス、パタゴニア、アタカマ高地、ギアナ高地など、南米への旅を重ねる。その間、現地での医療の必要性を感じて、横浜市大医学部に入学。医師(外科)となって、武蔵野赤十字病院、多摩川総合病院などに勤 [全文を読む]

巡回診療に一生捧げた「ブラジルのシュバイツァー」は日本人

NEWSポストセブン / 2015年12月30日07時00分

第二次大戦前から戦後にかけて、アマゾン川流域をはじめ多くの開拓地で医師不足に悩む人々に尽くし、「ブラジルのシュバイツァー」「アマゾン先生」と呼ばれた信念の日本人医師がいる。 アマゾン先生こと細江静男は1901年に現在の岐阜県下呂市で生まれた。実家は裕福ではなかったため、炭焼きの仕事をして大学進学の費用を貯め上京。親族や地元関係者の援助を受けつつ、慶応大医学 [全文を読む]

“ピラニアよりも恐ろしい“人喰い魚「カンディル」 ― たった2時間で白骨化遺体に

tocana / 2015年08月22日07時00分

ブラジル・ロンドニア州ポルト・ヴェーリョの博物館近くを流れる、アマゾン川最大の支流マデイラ川。その濁った水の中から、ダイバーたちが必死の捜索の末に見つけ出したのは、男性の白骨化した遺体だった。もはや肉の一片も残されていないが、一体どれほどの長い間、水中に放置されていたのだろう――? 驚くなかれ、わずか2時間前には男性は生きていたというのだ!! 動画の解説 [全文を読む]

さかなクン、ギョギョっと大興奮「目が回りました」

Smartザテレビジョン / 2015年03月14日02時31分

実際にアマゾン川まで行き、大自然を体感してきたさかなクンは「ワクワク、ドキドキの瞬間があって、ギョギョギョギョギョの連続でした!」とそのすばらしさを興奮気味に表現。「海みたいに広くて、こんなにおっきいんです」と手を広げて、アマゾン川の大きさを全身で表していた。 また、大好きな魚の話になると「シャシャシャってやって、ピラニアを捕ったんです!」とさらにテンシ [全文を読む]

謎の古代「アマゾン源流域」文明もアトランティス人が作った? 【後編】

週プレNEWS / 2014年11月23日06時00分

それはアマゾン川の源流地帯にあたる、ボリビア・ベニ州のモホス平原だ。日本の本州と同じ広さの平地を開拓した謎の文明とは――? 古代史の謎に迫るシリーズ第5回後編! *** モホス平原から、このアトランティス・リポートで絶対に避けて通れないひとつの土器が見つかっている。それは高さ約15mのロマを5mほど掘り下げた場所から現れた、直径約45cmの鉢形の土器だ。 [全文を読む]

謎の古代「アマゾン源流域」文明もアトランティス人が作った? 【前編】

週プレNEWS / 2014年11月22日06時00分

なぜなら欧米の探検家たちが19世紀末頃に、ペルーとボリビアの東側に広がるアマゾン川源流域などで不思議な“肌の色が白いインディオ部族”に出会ったという報告があるからです」 あらためて調べると、白い顔の先祖の話は南米だけでなく中米地域の先住民伝説にも登場することがわかった。そして、アトランティス伝説をはじめ世界各地の古代神話をよく知るケンコ師も、有賀氏の取材に [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 若松憲昭写真展「小さな命たち ―アマゾン川源流部(ペルー、ボリビア)―」 期間:2012年10月11日(木)~10月17日(水)

PR TIMES / 2012年10月09日09時44分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、若松憲昭写真展「小さな命たち ―アマゾン川源流部(ペルー、ボリビア)―」を10月11日(木)~10月17日(水)に開催いたします。■写真展案 [全文を読む]

北極で国旗広げて記念撮影、大はしゃぎの中国人観光客に外国人ガイド「自由すぎる」―香港メディア

Record China / 2017年05月27日19時40分

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、ガイドは「一通り有名な観光地を旅した裕福な中国人観光客たちは今、南極や北極、エベレスト、アマゾン川などといった極地を目指しつつある。北極や南極を訪れる観光客の3分の1は中国人で、南極などは順番待ちが起きている」と説明した。 そのうえで、自らがガイドを務めた北極点ツアーに参加していた中国人観光客・張(ジャン [全文を読む]

"要らないけど欲しくなる"バイクの作り方

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時45分

泥の多いアマゾン川流域で鍛えた船外機の技術は「エンデューロ」という製品となり、新興国でのシェアを一気に伸ばしていく起爆剤となった。 いまもアフリカなどを中心に活動する海外市場開拓事業部長の稲村徹哉は言う。「30~40年前、我々の先輩の営業マンたちは、中東の国の砂浜の上でごろ寝し、翌日には次の村に向かうようなやり方で市場を開拓していきました。二輪車で大きな市 [全文を読む]

なぜ「社長の分身」になれない人間は、出世を望めないのか

まぐまぐニュース! / 2017年03月20日08時00分

最近の会社でいえばネット通販のアマゾンって、どうしてアマゾンっていうか知ってますか? これは、自らの会社、ショップがアマゾン川のように広大なシェアを得られるようにとの願いを込めて名付けられたんです。ですからあそこの社員がやるべきことは、ネットショップの分野で広大なシェアを得ることなんですね。 こんな経営者の夢、アイデア、理想を理解し、それを実現するために [全文を読む]

フォーカス