相馬市のニュース

原発25キロ圏内「ベビーラッシュ」の理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

■現在は待機児童が発生中 南相馬市は福島県の太平洋沿岸「浜通りエリア」にあります。市の南部は福島第一原子力発電所から20キロ圏内にあり、私が事務長を務める「よつば保育園」は原発から約25キロの距離にあります。東日本大震災での原発事故では、保育園の周辺も「緊急避難準備区域」とされ、残って住み続けるか避難するかを自己判断で決めなければならなくなりました。事故当 [全文を読む]

組織成長のための「一点突破・全面展開」実践

政治山 / 2015年03月27日08時30分

私と部会の出会い、同じ想いの仲間 相馬市は早稲田大学マニフェスト研究所人材マネジメント部会(以下部会という)に参加して2014年度で6期目となり、私は今年度6期生のベーシック参加者として部会に参加しました。 実は、私がこの部会に関わり始めたのは7年前にさかのぼります。当時私は総務課職員係長の職にあり、「人材育成基本方針の見直しと改訂」「人材育成型評価制度の [全文を読む]

今知る、震災市長のリーダーシップ

Japan In-depth / 2017年09月07日15時59分

上昌広(医療ガバナンス研究所 理事長)「上昌広と福島県浜通り便り」 【まとめ】・福島県相馬市長立谷秀清氏が手記を上梓、震災直後の取り組みが明らかに。・立谷市長は震災当日夜「仮設住宅の為の土地、双葉郡からの避難者の受け入れ」を迅速に指示した。・医療では内部被曝検査、土壌汚染検査、住民健診など住民目線に立った施策も実施、外部移住者を増やした。 8月1日、立谷秀 [全文を読む]

福島県相馬地方、苦難の透析患者

Japan In-depth / 2017年08月04日23時00分

・いわき市ときわ会が相馬市に看護師・技師派遣。地域内連携始まる。・南相馬市大町病院内科医8月末退職。新たな医師探し、急務。 ■深刻な相馬地方の医師・看護士不足7月29日から31日にかけて、福島県で相馬野馬追いが盛大に開催された。昨年、原発事故による避難指示が解除された南相馬市小高区からも、7年ぶりに約70騎が参加した。筆者にとっては、2011年以来、7年連 [全文を読む]

福島原発作業現場に外国人大量流入で地元がパニックに(1)日本人作業員の事件が頻発しているが…

アサ芸プラス / 2016年03月20日17時55分

現場に隣接する南相馬市では、この4月から作業現場に外国人が大量流入することが明らかになった。役所が地元の大パニックを恐れ「事実」をひた隠す問題を徹底調査。福島の「今」を独占スクープで届けよう。 福島第一原発事故から今年で5年が過ぎた。原発の廃炉作業と並行して、放射性物質に汚染された大地の除染作業は、2012年から続いている。 福島県内には、除染作業員が3万 [全文を読む]

そして賠償打ち切り? 安倍政権の“福島県民見殺し策”が始まった!

週プレNEWS / 2014年12月04日06時00分

それを象徴する出来事が今、南相馬市で進んでいる。「特定避難勧奨地点」の解除問題だ。 国はいまだ高い線量を記録している地点に住民を帰宅させ、補償を打ち切ろうとしている。それに対して住民は抗議の姿勢を見せている。 いったい何が起こっているのか? 国の狙いはなんなのか? 南相馬市に行って話を聞き、実際に現地の線量を調査してみたら、とんでもない実態が明らかになった [全文を読む]

南相馬市、在宅医療の体制強化に向け「オンライン診療」を開始 ~ メドレーとKDDI、安定運用を支えるシステム・タブレット端末を提供 ~

DreamNews / 2017年05月18日17時30分

福島県南相馬市は、在宅医療が必要な患者に対する医療体制を強化するため、2017年5月18日より、南相馬市立小高病院にてタブレット端末を活用した「オンライン診療」(遠隔診療)の提供を開始します。株式会社メドレー、KDDI株式会社は市と協力し、本取り組みの円滑な運営を支援します。福島県南相馬市(市長:桜井 勝延)は、在宅医療が必要な患者に対する医療体制を強化す [全文を読む]

強制帰宅で被曝…福島での絶望的な“棄民”政策。復興特需で潤うのはゼネコンだけ!

週プレNEWS / 2016年03月11日06時00分

除染だけでなく、これから避難指示の解除が行なわれる南相馬市と飯舘(いいたて)村を結ぶ県道沿いなどでは、道路工事があちこちで行なわれていた。作業用の重機やトラックがひっきりなしに行き交う。道行くクルマは、乗用車よりもダンプカーのほうが圧倒的に多い。 そのせいで、たびたび交互通行のための工事用停止信号に引っかかり、移動に時間がかかってしまった。 復興のために国 [全文を読む]

古賀茂明が指摘する、フクシマの除染がさっぱり進まない本当の理由

週プレNEWS / 2013年04月08日16時00分

相馬市で除染が終わるのは14年末の予定です」 どうして除染は進まないのか? その理由を探して福島県内のいくつかの自治体に足を運んでみた。 *** 最初に向かったのは南相馬市西部にある原町(はらまち)区大原(おおはら)。ここで“仮の仮置き場”が建設されているというので訪ねてみた。 除染で排出された大量の放射性廃棄物や残土は福島県外に造られる最終処分場に持ち [全文を読む]

「第3回 武者絵展」岩手巡回展 - 盛岡で10月31日から開催決定!!

DreamNews / 2014年10月30日18時00分

(敬称略・順不同) ■公式サイト ・「武者絵展」公式サイト[url] http://mushae00ten.chakin.com/ ・「相馬野馬追」公式サイト[url] http://www6.ocn.ne.jp/~nomaoi/ 【主催】相馬野馬追「武者絵展」実行委員会 【協賛】岩手県盛岡広域振興局/盛岡情報ビジネス専門学校/一般社団法人フューチャーネ [全文を読む]

「第3回 武者絵展」東京巡回展 - 秋葉原で9月11日から開催決定!!

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

/北崎拓/窪之内英策/黒銀/クロブチぬまま/弘司/九重千花/ことぶきつかさ/坂井結城/颯田直斗/佐藤元/さんりようこ/generator77/士基軽太/獅子猿/志条ユキマサ/島崎譲/鈴森以知子/諏訪原寛幸(七大陸)/瀬尾公治/添田一平/そえたかずひろ/高橋秀武/武村勇治/棚橋なもしろ/たわわ実/チェロキー/CHOCO/筒井海砂/坪井亮平/東山マキ/なーべ渡 [全文を読む]

三菱商事、南相馬市におけるサービス付高齢者向け住宅事業を支援

JCN Newswire / 2013年12月10日16時39分

Tokyo, Dec 10, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社相馬の里(以下、相馬の里)は、あぶくま信用金庫の支援に加え、公益財団法人三菱商事復興支援財団(以下、三菱商事復興支援財団)から3千万円の出資を受け、福島県南相馬市にサービス付高齢者向け住宅を新設致しました。本日、12月10日(火)に竣工式を開催し、2014年1月6日よりサ [全文を読む]

相馬市 リアルタイム線量モニタープログラム 米Scosche社の最新据置型放射線測定器『HRDTX』を採用

@Press / 2012年04月17日16時30分

福島県相馬市の除染計画の一環として実施が決定した玉野地区他、比較的線量の高い地域の線量モニタープログラムにおいて、コンスーマ・テクノロジー・メーカー、Scosche Industries社(スコーシュ・インダストリーズ、本拠:米カリフォルニア州、以下 スコーシュ社)と東京大学物理学専攻 早野 龍五 教授の監修のもと開発したリアルタイム放射線測定器『HRDT [全文を読む]

フクシマで生まれた20代の若者はいま何を思う

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月31日11時40分

彼女は福島県南相馬市の医療現場を見に行った感想を本書の中で語っている。 20年先の未来とは高齢化社会のこと。小さい子どもがいる。経済的に余裕がある。社会的人脈がある。壮年な人々の多くは南相馬市から出て他の地域で暮らしている。残っているのは、何らかの要因でその南相馬から離れることができないであろう人々。多くが高齢者である。南相馬市はいち早く超高齢化社会に突入 [全文を読む]

クラウドワークス、南相馬市と協力し、南相馬市で雇用創出支援プログラムを提供

@Press / 2013年02月20日10時00分

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田 浩一郎)は福島県南相馬市と協力し、南相馬市において、専門的なスキルを身に着けるための教育プログラムを提供するとともに、受講者の業務受注をサポートすることで、復興を支援する取り組みを開始いたします。1.プログラムの概要 本取り組みは、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故にとも [全文を読む]

11月4日(日)「ふるさと相馬子ども復興会議」全体発表会開催

PR TIMES / 2012年11月02日17時24分

東日本大震災 子どもたちが、未来の相馬を提言 「ふるさと相馬子ども復興会議」全体発表会開催 11月4日(日)9:00~15:00 福島県相馬市総合福祉センター(はまなす館)公益財団法人 日本ユニセフ協会(会長 赤松良子)は、“子どもに優しい復興”支援の一環として、岩手、宮城、福島各県自治体の要請に基づき、子どもたちが自分たちのふるさと考え、発表する機会を設 [全文を読む]

初の「相馬野馬追360度VR動画」、世界配信を開始ビズリーチ、南相馬市のにぎわいをPRし復興を加速

@Press / 2017年08月23日12時00分

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)は、福島県南相馬市(市長:桜井 勝延)とLIFE STYLE株式会社(所在地:東京都港区/代表取締役:永田 雅裕 以下、LIFE STYLE)の協力を受け、南相馬市で1,000年の歴史を持つ「相馬野馬追(そうまのまおい)」本祭りの360度VR動画を2017年8月23日よ [全文を読む]

アイリスグループ 福島にて農業復興を支援「南相馬市小高区」にて地元農業者と連携平成29年からの営農(稲作)再開を支援

PR TIMES / 2017年04月05日15時30分

アイリスグループの舞台アグリイノベーション株式会社(本社:仙台市、代表取締役会長:大山 健太郎、代表取締役社長:針生 信夫)は、福島県南相馬市小高区(旧小高町)にて株式会社紅梅夢ファーム(本社:南相馬市、代表取締役:佐藤 良一)と連携し、今年度から同地区内における稲作の営農再開を支援します。 [画像1: https://prtimes.jp/i/19955 [全文を読む]

【日本政策学校】福島県南相馬市への視察報告と、政策立案コンテスト開催予告

DreamNews / 2016年01月29日12時00分

一般財団法人 日本政策学校では、第8期生を迎え、2016年1月16日・17日に福島県南相馬市へ合宿兼視察を実施いたしました。また、今回の視察をふまえ、受講生が政策を立案・発表する、「政策立案コンテスト」を本年5月に開催予定です。一般財団法人 日本政策学校では、第8期生を迎え、2016年1月16日・17日に福島県南相馬市へ合宿兼視察を実施して参りました。 以 [全文を読む]

元総理・菅直人がフクイチを再訪、今明かす原発事故直後「時間が逆戻りできるとしても私は再び飛んでいく」

週プレNEWS / 2015年10月18日06時00分

一向に除染の効果が表れない南相馬市。今も市内には高線量スポットが数多く残されているが、昨年12月に特定避難勧奨地帯の指定が解除(市内153世帯)、一部の住民が“強制帰還”させられることとなった。 先日、そんな内部被ばくのリスクが残る南相馬市を視察した“原発事故発生時の総理大臣”菅直人氏に本誌取材班も同行。前編に引き続き、“見捨てられゆく福島”の現状をリポー [全文を読む]

フォーカス