蔡英文のニュース

中国、トランプ発言に猛反発。南シナ海に「怒り」の爆撃機

まぐまぐニュース! / 2016年12月16日04時30分

先日、台湾の蔡英文総統と電話会談を行い、さらに中国が主張する「一つの中国」についても懐疑的な態度を表明したトランプ次期大統領。これに対して習政権は当然ながら猛反発していますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、中国サイドはアメリカのみならず台湾にまで圧力をかけはじめているとのこと。黄さんはこの行いについて「姑息」 [全文を読む]

台湾人少女に謝罪を強要。中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選

まぐまぐニュース! / 2016年01月20日20時00分

先日行われた台湾総統選で初の女性総統となった蔡英文氏。立法院選でも彼女が率いる、中国からの独立志向の高い民進党が圧勝しました。民進党大躍進の要因は多々ありますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』著者の黄さんは、「周子瑜事件」をめぐり中国が犯した大失態の影響を紹介、併せてこれまで台湾を牛耳ってきた国民党の悪事を糾弾していま [全文を読む]

台湾、初の女性総統が誕生するか?――そして中国は?

ニューズウィーク日本版 / 2016年01月15日16時00分

民進党の蔡英文氏の支持率が依然として高い。果たして台湾に初の女性総統が誕生するのか? 民意調査と台湾の若者たちの声、そして中国大陸の動向を考察する。圧倒的支持率を誇る民進党の蔡英文 1月16日、台湾の総統選と立法院(国会)議員の選挙が行われる。これまで多くの民意調査で民進党の蔡英文氏の優勢が伝えられてきた。大きな原因の一つは、国民党・馬英九政権による中国大 [全文を読む]

米中断交さえ!? 台湾総統の米国経由外交

ニューズウィーク日本版 / 2017年01月10日16時00分

蔡英文総統の米国経由による中米訪問に対し、北京は米共和党議員に蔡総統と会わないよう警告。中国共産党系新聞環球時報は米中国交断絶さえちらつかせた。しかし蔡総統はトランプ陣営シンクタンクとも会っていた。「過境外交」――中国が「蔡英文と会うな」とクルーズ議員に警告 台湾の蔡英文総統は8日、台湾と国交のあるホンジュラスやニカラグアなど中米4カ国訪問の際、米テキサス [全文を読む]

本当に頼れる国は日本だ…台湾の元総統が語った「日台友好」の真意

まぐまぐニュース! / 2016年09月01日04時45分

蔡英文総統率いる現政権を絶賛している李氏ですが、今後さらに「日台」の絆を深めつつ行うべき改革とは何なのでしょうか? メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、わかりやすく解説しています。 【台湾】蔡英文政権「日米台同盟」への期待 ● 蔡総統、シンポジウムで李登輝氏と同席 「台湾の民主主義」振 [全文を読む]

中国人観光客・農作物輸出が激減、蔡英文政権に中国が“経済制裁”―台湾

Record China / 2016年06月06日05時30分

2016年6月3日、観察者網は記事「陳菊・高雄市市長が中国本土訪問を希望、蔡英文総統も“支持”」を掲載した。 蔡英文新総統が誕生した台湾だが、喫緊の課題は中国本土との経済関係再建だ。中国政府は「92コンセンサス」、いわゆる「一つの中国原則」を明言しない蔡英文総統にいらだちを示しており、中国人観光客の減少、台湾産農作物の輸入削減といった経済的手段で締め付けて [全文を読む]

香港で中国の言論弾圧が本格化。次のターゲット・台湾はどうなる?

まぐまぐニュース! / 2016年01月27日19時00分

メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では「中国が香港直接支配のための実力行使に出たのでは」と分析、さらに中国は台湾での言論統制をも企んでおり、蔡英文新総統の対応が試されていると指摘しています。 【中国】中国が主張する台湾への「1国2制度」は完全に破綻 ● 禁書「根絶」指示か 香港への当局者越境容認…英紙 中国本土で発禁となっ [全文を読む]

トランプ大統領に翻弄されるダライ・ラマ14世と台湾・蔡総統

NEWSポストセブン / 2017年05月27日07時00分

このようなトランプ大統領の場当たり主義に翻弄されたのは、ダライ・ラマばかりでなく、台湾の蔡英文総統も同じだ。トランプ氏は大統領当選後の昨年12月2日、外交関係がない台湾の蔡英文総統と電話会談を行った。これについて、中国外務省は翌3日、「米国の関係各方面に厳正な申し入れをした」と明らかにしている。 この異例の電話で、台湾側はトランプ政権が台湾寄りになると期 [全文を読む]

台湾・蔡英文総統の日本語ツイート、中国で再び物議―中国メディア

Record China / 2017年03月25日19時10分

2017年3月24日、環球網は記事「蔡英文総統が日本語でツイート、再び話題に」を掲載した。 21日、台湾の蔡英文総統はツイッター公式アカウントで日本語のメッセージを発信した。日本自民党青年局所属議員が台湾総統府を訪問したことを取り上げ、「彼らがいつも台日交流を積極的に図り、台湾訪問を国際交流の起点にすること、大変感銘しています」(原文ママ)と評価している。 [全文を読む]

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

革命的だった、トランプと蔡英文の電話会談 2016年12月2日、全世界に衝撃が走りました。なんと、トランプが台湾の蔡英文総統と電話会談をした。 <トランプ氏・蔡氏>米中関係の緊張必至…断交後初の協議 毎日新聞 12/3(土)22:28配信 【ワシントン会川晴之、台北・鈴木玲子、北京・石原聖】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、安全保 [全文を読む]

バッシングもカネも効かぬ「トランプ流」に歯ぎしりの中国

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日17時30分

台湾総統への電話会談に習近平がイライラ」でお伝えした、トランプ氏と台湾・蔡英文総統との電話会談に対する中国政府の反応。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、前回結論付けた「中国が抗議してもトランプは変わらない」という点について、世界情勢に造詣の深い北野幸伯さんがさらに深く掘り下げて解説しています。 トランプ、中国をさらに挑発 前号で、トランプ [全文を読む]

中国軍元幹部 一つの中国明言しない台湾に武力侵攻示唆

NEWSポストセブン / 2016年11月06日07時00分

中国人民解放軍の元南京軍区副司令官、王洪光中将は台湾問題に関して、今年5月に台湾の最高指導者に就任した蔡英文・台湾総統が「一つの中国」の原則を明言していないことは、中国の「反分裂国家法」にある「中国と台湾の平和的統一が不可能」を意味し、中国軍の武力統一の条件に一致すると指摘した。王氏が中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題紙「環球時報」のインタビューで [全文を読む]

原発ゼロにかじを切った台湾。資源の少ない「島国」の決断は吉か凶か

まぐまぐニュース! / 2016年10月27日05時00分

先日、台湾の蔡英文総統は2025年までに原発ゼロとする政策を閣議決定しました。しかしながらある試算によれば、原発を全廃した場合、台湾のGDPは4,400億円も減少するとのデメリットも取り沙汰されており、事は簡単に進みそうにはありません。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、未だ絶大な発言権を持つ李登輝元総統の発言を引用し [全文を読む]

台湾が国連加盟申請に失敗、中国紙が指摘「蔡英文路線は袋小路」―米華字メディア

Record China / 2016年10月02日21時30分

2016年9月30日、米華字メディア・多維網は記事「台湾が国連加盟申請に失敗、“蔡英文は袋小路に突き進んでいる”と中国本土メディア」を掲載した。 民間団体「台湾聯合国協進会」は、国連の潘基文事務総長に書簡を送り、「台湾」名義での国連加盟を申請した。ところが開封すらされずに返送されてきたという。2007年に陳水扁元総統が国連加盟を申請する書簡を送った時と同じ [全文を読む]

台湾のオレオレ詐欺団が蔡英文政権を追い詰める構図に

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

* * * 台湾に蔡英文政権が誕生してから中国と台湾の関係は悪化の一途をたどってきたが、ここにきて両岸にとって新たな火種となる問題が持ち上がった。 昨年11月にケニアでオレオレ詐欺を働いたとして当局に身柄を拘束されていた台湾人の犯罪者グループが、有罪判決を受けた後に本国に送還されることとなったのだが、ここでケニア政府が犯罪者5人を出身地の台湾ではなく中国 [全文を読む]

未婚の台湾女性総統を人格批判する習近平主席の”女性問題”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日12時06分

2016年5月20日、台湾では民主進歩党の蔡英文氏が史上初の女性総統に就任しました。以前より「台湾独立派」を公言し反中意識が高いとされる蔡総統の就任は、当然中国国内で大きな反響を呼んでいます。 ■未婚である蔡英文を攻撃する中共政府 20日の就任式の演説の際、蔡総統は「台湾は再び、民主的で自由な生活方式を強い信念で守ることを世界に告げた」と独立性を強調し、「 [全文を読む]

<インタビュー・台湾政権交代(4/6)>共産党政権が蔡政権に強い警戒感=訪台中国人観光客の減少、大陸からの牽制?―蔡増家・国立政治大教授

Record China / 2016年05月19日03時30分

台湾では5月20日、馬英九・国民党政権から蔡英文民進党政権に交代する。これを前に、政官財言論界の有力者6人にインタビューした。蔡増家・国立政治大学国際関係研究中心亜太研究所教授兼所長は、中国共産党政権が蔡英文政権の誕生に強い警戒感を示していると指摘。すでに顕在化した具体的事例として、台湾への中国人観光客の減少、中国が台湾と断交した西アフリカ・ガンビアと国交 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マーク・パンサーが“台湾総統選の若者パワー”に注目「選挙に行こう!」

TechinsightJapan / 2016年01月17日15時09分

今回の総統選挙では、民進党の蔡英文氏が選ばれ台湾で初めて女性の総統が誕生することとなった。 マーク・パンサーが1月16日の夜、『マーク・パンサー(marcpanther)ツイッター』で「台湾のニュースが今日の目覚ましだったなぁ~」とその総統選に触れている。馬英九総統(国民党)の任期満了に伴い行われた台湾総統選が投開票され、野党・民進党の蔡英文氏が与党・国民 [全文を読む]

中台が合同で稚魚放流、中国が対台湾政策を修正し始めた可能性

Record China / 2017年06月11日00時20分

中国は台湾で2016年5月に発足した民進党・蔡英文政権が「一つの中国」の原則を認めていないとして、さまざまな「台湾締め付け」を続けてきたが、6月になってから「連帯感」を示唆する動きも見えてきた。 アモイ側は330万匹、金門側は6万匹を放流した。アモイ市海洋漁業局の責任者は、大アモイ湾について、双方の「共同の海域」と説明。「この海を共同でしっかりと維持保護し [全文を読む]

台湾問題、平和統一でなく「武力統一」を早める――中国政府系メディア

ニューズウィーク日本版 / 2017年01月25日16時00分

台湾の「武力統一」の時期を早めた――米台の挑戦 中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹版「環球時報」の電子版「環球網」は、1月23日、台湾メディアの名を借りて、「トランプ・蔡英文の一つの中国政策に対する挑戦は(中台)武力統一の時期を早めるか」と報道した(リンク先はそれを転載した中華網)。 それによれば、1月20日にトランプ大統領が就任演説をすると、台湾の蔡英文 [全文を読む]

フォーカス