中部大学のニュース

【セミナーレポート】 地球規模の電力ネットワーク構築も可能になる「超伝導直流送電」 再生可能エネルギーの広域活用で持続可能社会の実現を目指す!

PR TIMES / 2015年10月29日15時28分

2015 年 10 月 27 日(火)、一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、学校法人中部大学理事長・総長(太陽経済の会 理事)の飯吉厚夫氏と同大学超伝導・持続可能エネルギー研究センターセンター長の山口作太郎教授、及び同センターの井上徳之教授の 3 名をお招きし、セミナーを開催いたしました。 「超伝導送電技術」は我が国 [全文を読む]

雪国まいたけ×中部大学 マイタケの新機能 “ヘルペス治療効果”に注目! ~ 11月18日~20日 アグリビジネス創出フェア共同出展 ~

DreamNews / 2015年11月12日13時00分

株式会社 雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市/代表取締役社長 上野紘一 以下、「弊社」)は、11月18日より東京ビッグサイト(所在地:東京都江東区)にて開催される「アグリビジネス創出フェア2015」に中部大学と共同出展いたします。株式会社 雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市/代表取締役社長 上野紘一 以下、「弊社」)は、11月18日より東京ビッグサイト(所 [全文を読む]

物理セキュリティシステムの技術開発企業「セキュア」、距離画像センサーカメラ※1による高精度人数計測機能を搭載した画像解析型映像監視システム「セキュアアナリティクス」を発表

@Press / 2014年03月03日10時30分

この開発は、画像解析技術や距離画像センサーカメラの開発で国内有数の実績を持つ学校法人中部大学工学部の藤吉 弘亘教授と同教授が主催する中部大学藤吉研究室との合同研究で得られた成果を活用し、商用利用可能な映像監視システムの画期的な新機能として製品化するものです。※3月4日(火)より東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2014」のセキュアの [全文を読む]

新ヘルスケア産業参入支援セミナー「中部地区の産業構造と食品・健康産業の未来」を開催します

PR TIMES / 2017年01月16日12時25分

本セミナーでは、中部大学応用生物学部食品栄養科学科の横山信治特任教授から、東海地区の産業構造とその課題、食品・健康産業の未来への展望についてお話しいただきます。 また、中小企業者と農林漁業者が連携し、相互の経営資源を活用して新商品や新サービスを生み出す「農商工連携」の支援制度の概要と活用のポイントについても解説します。 本セミナーをヘルスケア関連産業への参 [全文を読む]

NHKは地球温暖化でもヤラセ報道…NASAが南極の氷は増えていると報告

まぐまぐニュース! / 2015年11月11日20時00分

中部大学の武田邦彦教授は、自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で、公共放送局NHKが、温暖化によって南極の氷が溶けて南の小国・ツバルが沈もうとしているという「ヤラセ報道」などを繰り返していた、と暴露しています。 「温暖化で海水面上昇、沈むツバル」のシナリオは大嘘だった 戦後になり、「東京オリンピック」が大きなイベントで、「オリン [全文を読む]

【いよいよ来週 10 月 27 日(火)にセミナーを開催】 世界に先駆けた日本オリジナル技術開発で再生可能エネルギーの不安要素を解決! 「超伝導直流送電」による再生可能エネルギーの広域活用

PR TIMES / 2015年10月20日11時49分

一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、2015 年 10 月 27 日(火)、学校法人中部大学理事長・総長(太陽経済の会 理事)の飯吉厚夫氏と同大学超伝導・持続可能エネルギー研究センターセンター長の山口作太郎教授、及び同センターの井上徳之教授の 3 名をお招きし、セミナーを開催することをお知らせいたします。 今月 6 [全文を読む]

ニコニコ生放送「これでキマリ!世界のマリファナ事情~解禁の流れはどこへ向かう?~」(2015年9月20日放送)全文書き起こし(1)

ニコニコニュース / 2015年10月18日12時30分

------------------------------※出演者=話者表記モーリー・ロバートソン (ミュージシャン/ジャーナリスト)=モーリー武田邦彦 (中部大学総合工学研究所特任教授)=武田長吉秀夫 (作家)=長吉------------------------------モーリー:ニコニコ生放送をご覧の皆様、こんばんは。モーリー・ロバートソンです。 [全文を読む]

なぜ「原発が首都圏から遠い理由」を聞くのはNGなのか?

まぐまぐニュース! / 2015年10月15日20時00分

かつて内閣府原子力安全委員会に身を置いたこともある中部大学教授の武田邦彦先生は『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の中で、日本には「地震が来ても原発は安全」という建前が通ってしまっていると暴露しています。 「原発は危険だが安全」!? 日本社会で今だに蔓延る本音と建て前 フランスの原発は延々とつづく田園風景の中にごく普通に見られます。私が最初に [全文を読む]

【安保法】この国に、せめて民主主義ぐらいは残っているのか?

まぐまぐニュース! / 2015年09月24日20時00分

この法案を巡っては様々な批判が噴出しましたが、中部大学教授の武田邦彦先生は『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の中で、国民が選挙で選んだ政権が「公約」を守ってはいけないのならば、それは民主主義とは言えない、と指摘しています。 自由をなくした日本。民主主義の生き残りを探る 私たちの日本は、平和で自由な国と思っていたのですが、最近、急に不自由にな [全文を読む]

定年制と年金は廃止すべき。「超高齢化社会」を迎える日本の課題

まぐまぐニュース! / 2015年09月13日19時50分

中部大学教授の武田邦彦先生は『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』でこの問題について大胆な提言を行っています。 「高齢化社会」に伴った、政府がやるべき4つの政策 もともと長寿で元気な人が多い日本を作るためにやるべき政策は、 1)定年制の廃止(男女や年齢で差別しない)2)年金の廃止と生活保護の適用3)地方行政と町作りの変更、それに、それらの政策の [全文を読む]

実は「医師のサボり」で増加していた熱中症。武田邦彦教授が指摘

まぐまぐニュース! / 2015年09月02日03時00分

命を落とすこともある恐ろしい症状ですが、中部大学教授の武田邦彦先生は、「気候は熱中症になりにくい方向になっている」と言います。では、なぜこれだけの方が「熱中症」として運び込まれる事態になっているのでしょうか。『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』では独自の考察が展開されています。 年々増え続ける原因は「医師のサボリ」 熱中症が増加している。「熱 [全文を読む]

いつもの食事にプラスして「プニ肉対策」になる食べ物3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2015年03月07日19時00分

オクラのほか、なめこや山芋、納豆にもムチンが含まれていますから、ネバネバ食品は毎日1品は食べたいものですね! (2)ブルーベリー 中部大学の研究によると、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」には、血液中の糖を細胞に届ける働きを高めて、血糖値を安定させる効果があるそう。また、同じ食事であっても「アントシアニン」と一緒に食べることで、体脂肪の蓄積、脂肪細胞 [全文を読む]

今が旬! 赤とグリーンのブドウは目的別に食べ分けて

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月07日12時15分

中部大学津田研究所の研究によれば、アントシアニンには、糖を細胞にスムーズに運び、血糖値を安定させるサポートになっているのではないか、とのこと。血液中の糖がスムーズに消費されないと、余った糖がタンパク質と結合し茶褐色の弾力のない細胞を作り、顏のたるみのやシワを引き起こす原因にも。 また、同研究によると、同じ食事であってもアントシアニンと一緒に摂ることで、食べ [全文を読む]

目に良いだけじゃない!カラダを内側から美しくする『ブルーベリー』

LBR - Life & Beauty Report / 2014年08月28日21時00分

Glut4は、通常は細胞の中に存在していますが、中部大学津田研究室の研究によれば、アントシアニンによってその発現が高まり、糖を細胞にスムーズに運び、血糖値を安定させるサポートになっているのではないか、とのこと。 血液中の糖が、スムーズに細胞に取り込まれエネルギーとして使われないと、あまった糖はコラーゲンなどのタンパク質と結びつき、固く弾力のない糖化した細胞 [全文を読む]

判決から1カ月、高樹沙耶がメディアバッシング、医療大麻解禁への思いを告白「今の日本は異なる価値観を断罪する」

リテラ / 2017年06月08日11時31分

リテラさんとか幾つかのメディアや中部大学の武田邦彦教授などに評価を頂けただけで、私ができることはやり切ったかなとも思っています。 ●世界では医療大麻解禁は潮流だが、日本では未だ不条理な政策が! ----高樹さんの事件を前後して、大麻に関してはいくつかの"事件"が起こっています。首相の妻である昭恵夫人が医療用大麻の解禁を訴えたり、彼女が支援していた大麻栽培・ [全文を読む]

なぜ日本より、ヨーロッパの生活は「豊か」に見えるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月11日04時30分

メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授・武田邦彦先生は、成熟した社会をつくるために欠かせない人々の「豊かさ」は、収入だけではなく、住環境にも大きく左右されるとの持論を展開。先進国であるにもかかわらず、日本人からヨーロッパのような余裕が感じられないのはなぜなのか、その理由について独自の見解を述べています。 ヨーロッパと [全文を読む]

不眠で病気発症するより睡眠薬で眠った方がいいと専門家

NEWSポストセブン / 2017年05月10日16時00分

睡眠学の権威で中部大学生命健康科学研究所特任教授を務める宮崎総一郎・医師は「最近の睡眠薬は改良が重ねられており、かつてより安全に服用できる」と説明する。 「『バルビツール酸系』と呼ばれる昔の睡眠薬は『脳全体を麻痺させて眠らせる』という薬だったので、効果が強力な反面、服用量を間違えれば命を落とす危険もありました。 しかし、今は『覚醒中枢の働きを抑えて眠気を起 [全文を読む]

Amazon Robotics、ロボカップ2017名古屋世界大会にて「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」を開催

PR TIMES / 2017年05月10日15時29分

MC^2 – 三菱電機、中部大学、中京大学NAIST-Panasonic – 奈良先端科学技術大学院大学、パナソニックTeam T2 – 鳥取大学、東芝Team K – 東京大学MIT-Princeton – マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学Team Duke – デューク大学PLAID – カーネギーメロン大学GMU-Negev – ジョージメ [全文を読む]

日本人の美徳「節約」が、景気低迷の原因になっているパラドックス

まぐまぐニュース! / 2017年05月08日04時30分

大好評の中部大学教授・武田邦彦先生による「自分の決意で給料を2倍にする方法」シリーズ。今回のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』では、「給料を上げるには我々が消費することが大前提」であるにもかかわらず、日本がその方向に進めない2つの理由を記しています。 大前提として、我々が消費しなければ給料は上がらない 日本人が「ドンドン使って、楽し [全文を読む]

給料2倍は不可能ではない。武田教授が解説する「景気は気から」法則

まぐまぐニュース! / 2017年05月02日05時00分

国が隠し持つ内部留保の衝撃的な金額」で、日本政府は「国民が苦労して稼いできたお金」を隠し持っており、これらをきちんと国民に返せば一人あたり3000万円以上にもなるという衝撃的な真実を暴いた中部大学教授の武田邦彦先生。今回のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』では、過去に池田勇人内閣が高度成長期の波に乗って日本人の給料を瞬く間に2倍にし [全文を読む]

フォーカス