監査法人のニュース

合併に関するお知らせ

@Press / 2014年03月11日12時30分

私ども仰星監査法人と明和監査法人は、平成26年7月1日に合併することで合意し、平成26年3月10日に合併契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。 <合併後の法人名称・住所> 名称:仰星監査法人 住所:東京都千代田区九段南3丁目3番6号 麹町ビル2階 <両法人の沿革・規模> ・仰星監査法人 平成2年9月設立の北斗監査法人が、平成5年7月 [全文を読む]

激務の公認会計士が、いかにしてTOEIC200点アップを実現したのか?

まぐまぐニュース! / 2015年07月29日19時30分

公認会計士試験に向けて日夜試験勉強に没頭していた監査法人の若手は、入社時にそれほど高い英語力は持っていません。僕の場合、入社時期の英語力がTOEIC500点前後だったと思います。大学生の頃からまったく勉強していませんでした。 試験合格後に一通り遊んで法人に入社してから1年目は一生懸命、英語の勉強に取り組んでいました。 教材は定評のある「DUO3.0」。D [全文を読む]

農協専門「みのり監査法人」は何を目指すのか 数年で準大手監査法人に匹敵する可能性も

東洋経済オンライン / 2017年08月21日08時00分

6月末、ひっそりと旗揚げした、みのり監査法人の動向が、会計士の間で注目を集めている。 総勢22人という小規模な監査法人だが、数年後には国内有数の規模になる可能性を秘めているからだ。 ■JA改革が生んだ"みのり監査法人" 背景にあるのは全国農業協同組合中央会(JA全中)改革だ。 現在、JAバンクなど信用事業を営む、貯金残高200億円以上の全国約600の農協と [全文を読む]

窮地の東芝、監査法人の変更は本当に可能か 上場維持に向けた弥縫策はもはや限界

東洋経済オンライン / 2017年04月28日08時00分

東芝が監査法人の変更を検討している。「このままではデッドロック(行き詰まり)だ」。ある東芝幹部はそう危機感を募らせる。東芝が上場維持に向け、文字どおり正念場を迎えている。当面のハードルは監査法人との関係だ。東芝は不正会計問題を受けて、2016年に監査法人を新日本監査法人からPwCあらた監査法人に変更した。しかし、2016年末に発覚した米国原子力事業での巨額 [全文を読む]

東芝決算発表強行の裏で「意見不表明」監査法人も崖っぷち

NEWSポストセブン / 2017年04月18日16時00分

2016年4~12月期の決算発表の延期を繰り返していた東芝は、監査法人の「適正」意見を付けないかたちで4月11日に決算を発表した。 「まさに前代未聞です。監査法人の承認なしで決算を提出しても、それは単なる“レポート”で、公の資料としての体をなさない。市場のルールを大きく逸脱している」(金融ジャーナリスト・森岡英樹氏) 2015年度まで、東芝の監査は新日本監 [全文を読む]

東芝社長、強気の記者会見 決算手続き「最善尽くす」

ZUU online / 2017年05月16日17時30分

決算発表については、監査法人と折り合いが付かず。16年4-12月期の決算が暫定値の発表にとどまったのに次ぎ、2度目の不祥事である。東芝は同日、暫定値としてウエスチングハウス(WH)の破綻に伴い、最終的な純損益は9500億円の赤字、債務超過は5400億円になると発表した。債務超過は東芝メモリの売却で解消する見通しだという。■監査法人の了承なく2度目の暫定値公 [全文を読む]

東芝の決算延期、報じられない「監査法人への疑問」…「東芝=悪」先入観の危うさ

Business Journal / 2017年05月04日06時00分

経営危機に陥っている東芝が、会計基準と監査法人を変更することを検討していると報道されている。事業年度終了後に会計基準と監査法人の両方を変更するというのは前代未聞だ。各方面からは批判的な声が相次いでいる。 しかし一方で、「東芝悪し」という一方的な報道のあり方も考えるべきところがある。そもそも、前提となる事実が正確に報道されていない。●会計基準と監査法人変更の [全文を読む]

独自集計!「監査法人の売上高」ランキング 東芝問題で注目が集まるプロ集団の業界地図

東洋経済オンライン / 2017年04月29日07時00分

巨額の粉飾が発覚するたびに注目を集める監査法人。上場会社の監査を行う監査法人には、日本公認会計士協会品質管理委員会の上場会社監査事務所部会への登録が義務付けられている。今回、その登録事務所の売り上げランキングを作成した。登録事務所は、上場会社の監査を実施するに相応しい監査事務所かどうかについて、協会の定期的な品質管理レビューを受け、問題があれば結果が公表さ [全文を読む]

東芝決算を絶対に承認できない、あらた監査法人の「過去の汚点」…監査法人交代は必至か

Business Journal / 2017年04月15日06時00分

東芝は4月11日、監査法人の適正意見を得られないまま2016年4-12月期決算を発表した。その最終損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)となり、2256億円の債務超過に陥っている姿が露わになった。 メガバンク担当者からは、「東芝への支援を続ける姿勢に変わりはない。しかし、再生の道筋が見えなければ、融資にも限界がある。もしも、資本参加など [全文を読む]

東芝と運命共同体、PwCあらた監査法人の「黒歴史」…安々と決算発表を許せない事情

Business Journal / 2017年02月16日06時00分

東芝は発表を延期した理由について、現在問題となっている米原発子会社ウェスチングハウス(WH)によるCB&Iストーン&ウェブスター(S&W)買収に伴う取得価格配分手続きの過程において内部統制の不備を示唆する内部通報があり、監査委員会がその内容について事実関係の調査を行った結果、さらなる調査が必要となったため、監査法人のレビューができなくなったと説明している [全文を読む]

前代未聞、監査法人が金融庁を提訴したワケ 「処分勧告」は内部文書?金融庁が驚きの説明

東洋経済オンライン / 2017年07月13日07時00分

中堅の監査法人アリアのWebサイトには現在、このような文言が公表されている。「金融庁の公認会計士・監査審査会が、平成29年6月8日に公表した勧告は、大多数の事実誤認に基づく、虚構の不当な文章であり、当監査法人は、司法の場でその事実を明らかにすべく訴訟を行っております」■史上初、監査法人が金融庁を提訴6月8日に公認会計士・監査審査会(以下、CPAAOB)が、 [全文を読む]

不正発覚の「東芝夏祭り」で、業界の勢力図はどう変わるの?

まぐまぐニュース! / 2015年09月04日01時20分

大手監査法人の勢力図にも微妙に影響が出るのではと、著者のJoJoの奇妙な公認会計士さんは指摘しています。 東芝問題の帰結について 8月1週目には第三者委員会がとりまとめた報告書を引き合いに、不適切会計の手口を共有してみました。 よく報じられている工事進行基準を用いた損失先送りのほかにも、FOB価格や未実現利益を使った手口にも焦点を当てて、日頃の実務に活かし [全文を読む]

企業への研修講師派遣サービスの提供開始

PR TIMES / 2014年04月10日14時17分

オーダーメイドの階層別研修によるスキルアップ 仰星監査法人(東京都千代田区、理事長:山崎清孝)は、企業に対するサービスラインを充実していくために、経営支援の一環として、中小・中堅企業を中心とした企業の経営者や経理担当者、監査役などの階層別にスキルアップのための研修講師派遣サービスの提供を開始します。 経営の意思決定に有用な財務情報を提供し、適切に利用するた [全文を読む]

≪公認会計士対象≫監査法人から卒業した後のキャリアを考える個別転職相談会

News2u.net / 2017年07月21日11時00分

株式会社MS-Japan(以下:MS-Japan)は、名古屋支社にて、「≪公認会計士対象≫監査法人から卒業した後のキャリアを考える個別転職相談会」を開催致します。■詳細はこちら↓http://www.jmsc.co.jp/seminar/2017/0621_9299.html?adpl_msmm01&adpcnt=1GP_2sc8■その他の現在開催中のセミ [全文を読む]

「上場すべきでない会社」が上場したままでいいのか

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

ベイカレントの場合、主幹事証券は野村証券、担当の監査法人はトーマツである。どちらも業界大手だ。証券会社も監査法人も、本来は資本市場と投資家を守るのが一義的な役割のはずだ。公開させる企業は手数料をくれる顧客には違いないが、公開企業は資本市場を使うことで資金調達という大きな利益を得る。証券会社も監査法人も投資家が信用する資本市場を維持してこそ商売が成り立つのだ [全文を読む]

≪公認会計士対象≫監査+αの経験を活かしたい企業・コンサルで活躍中の方向け個別転職相談会

News2u.net / 2017年08月31日08時00分

■詳細はこちら↓http://www.jmsc.co.jp/seminar/2017/0821_9266.html?adpl_msmm01&adpcnt=1GP_2spX■その他の現在開催中のセミナーはこちら↓http://www.jmsc.co.jp/seminar/?adpl_msmm01&adpcnt=1GP_2ofp<こんな方におすすめ>・2回目、 [全文を読む]

「東芝などの大きな会社には忖度をしていないか」 東証に突きつけられた難題

J-CASTニュース / 2017年08月26日14時00分

すったもんだの協議の末、PwCあらた監査法人から決算への「お墨付き」は何とか得られたものの、「限定付き適正」というグレーゾーンの評価で、決算をめぐる「疑惑」が完全に解消したわけではない。今後の焦点は東京証券取引所による上場維持審査に移るが、東証は難しい判断を迫られる。「決算が正常化し、課題の一つが解決できた」。東芝の綱川智社長は8月10日の記者会見で、監査 [全文を読む]

東芝、ギリギリの攻防 「上場廃止」めぐる「情報戦」

J-CASTニュース / 2017年08月08日16時00分

東芝と監査を担当する監査法人PwCあらたとの間では、「不適正意見」と「限定付き適正意見」のいずれにするかで、ぎりぎりの調整が続いている。万一、「不適正」に転べば上場廃止は免れないだけに、東芝は巻き返しを図るが、事態は予断を許さない。 「PwCあらたがついに不適正を出すと金融庁に報告したらしい」。8月上旬、銀行関係者の間にこんな噂が飛び交った。だが、その直後 [全文を読む]

東芝、きょう東証2部に指定替え 上場廃止の可能性は?

ZUU online / 2017年08月01日06時20分

これに監査法人が、監査意見の中でも最も厳しい「不適格意見」をつけるようなことがあれば、東証の上場廃止の審査にも影響を与えるだろう。岐路を迎えている東芝の問題をおさらいする。■2105年の内部通報で発覚、決算発表を2度延期する異例の措置も東芝が直面しているのは債務超過にとどまらず、不正会計、いわゆる粉飾の疑いがもたれたことだ。そもそもの発端は2015年、内部 [全文を読む]

≪公認会計士対象≫監査法人から卒業した後のキャリアを考える、無料個別転職相談会

News2u.net / 2017年07月14日12時00分

株式会社MS-Japan(以下:MS-Japan)は、大阪支社にて、「≪公認会計士対象≫監査法人から卒業した後のキャリアを考える、無料個別転職相談会」を開催致します。■詳細はこちら↓http://www.jmsc.co.jp/seminar/2017/0626_9330.html?adpl_msmm01&adpcnt=1GP_2sbD■その他の現在開催中の [全文を読む]

フォーカス