筒香嘉智のニュース

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

セ・リーグ打者では筒香嘉智が本塁打王と打点王の二冠を獲得。パ・リーグではレアードが初の本塁打王に輝く活躍を見せた。 しかし、野球の数字は打率、本塁打、打点、安打数、出塁数、盗塁数といった目立つものだけではない。 タイトルではないスタッツで「裏王者」となった選手たちを紹介しよう。まずは野手編。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打&打点:筒香嘉智(DeNA) <駒田予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打:山田哲人(ヤクルト) 打点:筒香嘉智(DeNA) <西崎予想> 打率:山田哲人(ヤクルト) 本塁打:エルドレッド(広島) 打点:筒香嘉智(DeNA) <山崎予想> 打率:筒香嘉智(DeNA) 本塁打:バレンテ [全文を読む]

名門校ならでは…?プロの舞台で“先輩・後輩”対決

ベースボールキング / 2017年08月23日11時30分

▼ 横浜(神奈川)―――・成瀬善久(ヤクルト) vs.―――後藤武敏(DeNA) 率1.000(1-1)下水流昴(広島) 率1.000(1-1)筒香嘉智(DeNA) 率.364(11-4) ☆本塁打1倉本寿彦(DeNA) 率.142(7-1)荒波 翔(DeNA) 率.000(1-0)浅間大基(日本ハム) 率.000(2-0)近藤健介(日本ハム) 率.000 [全文を読む]

DeNA筒香嘉智「僕はコツコツやる練習が苦にならない」

NEWSポストセブン / 2017年09月08日07時00分

昨季、セ・リーグの二冠王(本塁打・打点)に輝いた横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智(25)。今年3月のWBCで侍JAPANの4番打者も務めた彼が、現役日本人最強打者であることに異論を挟む野球ファンはいないだろう。「調子のいい時も悪い時も、僕は常に“もっと良くなろう”と考えている。だから二冠王になった時も、そこまでメチャクチャ嬉しいという感覚はなかった [全文を読む]

8月度の月間MVPが決定!パはソフトバンク&西武から3カ月連続受賞

ベースボールキング / 2017年09月07日13時12分

【パ・投手】サファテ(ソフトバンク)☆2度目 【パ・打者】山川穂高(西武) ☆初受賞 【セ・投手】マイコラス(巨人) ☆2度目 【セ・打者】筒香嘉智(DeNA) ☆3受賞 ▼ パ・リーグ投手部門 ・サファテ(ソフトバンク) 成績:13試(12.1回) 1勝1敗11セーブ 奪三振20 防1.46 ☆13試合に登板し、リーグ最多の11セーブ。 ☆月間11セー [全文を読む]

【8月25日プロ野球全試合結果】DeNAが4連勝、ソフトバンクの連勝は8でストップ、広島が15安打の猛攻で快勝

サイクルスタイル / 2017年08月25日23時52分

DeNAが4連勝、筒香嘉智が4打点の活躍…ヤクルトは追い上げ及ばずDeNAは8月25日、神宮球場でヤクルトと対戦。主砲・筒香嘉智外野手が4打点の活躍を見せ、8-6で勝利した。DeNAは0-0で迎えた3回表、走者一、二塁の好機を作ると、筒香が適時二塁打を放って2点を先制。1点差に詰め寄られて迎えた7回表には、桑原将志外野手や柴田竜拓内野手の適時打など打線が爆 [全文を読む]

【大阪桐蔭出身選手特集】平田良介vs.ダルビッシュ有ほか。オレたち、甲子園で戦ってました!

デイリーニュースオンライン / 2017年08月22日16時05分

筒香嘉智・倉本寿彦・土屋健二(横浜)vs.浅村栄斗(大阪桐蔭高) 2008年夏の甲子園・準決勝で横浜高と大阪桐蔭高が激突した。横浜高は1番・三塁に倉本寿彦(DeNA)、4番・一塁に筒香嘉智(DeNA)、先発に土屋健二(元日本ハムほか)と、未来のプロ野球選手を3人擁するオーダーで試合に臨んだ。 一方、大阪桐蔭高の1番・遊撃は浅村栄斗(西武)。今シーズン、 [全文を読む]

【8月13日プロ野球全試合結果】巨人・阿部慎之助が通算2000本安打達成、DeNA・筒香嘉智が2打席連発、楽天がオリックスとの接戦を制す

サイクルスタイル / 2017年08月13日23時25分

中日が快勝、吉見一起が7回2失点の好投…ゲレーロは今季第30号3ラン中日は8月13日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。先発の吉見一起投手が7回2失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-2で快勝した。中日は1-1で迎えた3回裏、主砲・ゲレーロ外野手が今季第30号となる3点本塁打を放ち4-1と勝ち越しに成功。その後1点を返されるも、6回裏には福田永将内野手が今 [全文を読む]

【プロ野球】三塁打王は京田陽太(中日)。では、二塁打王は? ノンタイトルスタッツランキング(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2017年08月09日16時05分

■塁打数 1位:鈴木誠也(広島)/216塁打 2位:ロペス(DeNA)/214塁打 3位:丸佳浩(広島)/210塁打 筒香嘉智(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)のブレーキもあり、昨季3位の鈴木誠也(広島)がトップに浮上。今季は上位3人の熾烈な争いになりそう。 ■得点 1位:丸佳浩(広島)/76得点 2位:田中広輔(広島)/75得点 3位:鈴木誠也(広島) [全文を読む]

【7月25日プロ野球全試合結果】ヤクルトがサヨナラ勝ち、DeNA・筒香嘉智が2試合連続決勝弾、ロッテが日本ハムに快勝

サイクルスタイル / 2017年07月25日23時14分

DeNA・筒香嘉智が2試合連続決勝弾…阪神は好投の岩貞祐太を援護できずDeNAは7月25日、甲子園球場で阪神と対戦。前の試合でサヨナラ弾を放っている主砲・筒香嘉智外野手が決勝弾を放ち、1-0で勝利した。DeNAは0-0で迎えた7回表、筒香が今季第15号となるソロ本塁打をライトスタンドにたたきこみ、試合の均衡を破る。得点はこの1点のみだったが、先発の今永昇太 [全文を読む]

【7月23日プロ野球全試合結果】DeNA・筒香嘉智が劇的サヨナラ弾、西武が同一カード3連勝、阪神・メッセンジャーが10勝目

サイクルスタイル / 2017年07月23日22時44分

■ロッテ、サントスの来日初本塁打が決勝弾に…石川歩が今季2勝目ロッテは7月23日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦。サントス外野手が決勝弾となる来日初本塁打を放ち、3-1で勝利した。ロッテは0-0で迎えた2回表、1死三塁の好機を作ると、中村奨吾内野手が犠飛を放ち1点を先制。直後に同点とされるも、3回表にはサントスが右翼席に弾丸ライナーで運ぶソロ本塁打を放 [全文を読む]

DeNA、筒香嘉智が劇的サヨナラ弾…巨人は終盤の粘り実らず

サイクルスタイル / 2017年07月23日21時49分

主砲・筒香嘉智外野手がサヨナラ弾を放ち、8-6と劇的な勝利を飾った。 DeNAは1-2と1点ビハインドで迎えた6回裏、無死一、三塁の好機を作ると、柴田竜拓内野手が適時打を放ち同点。続く走者二、三塁の場面では、ロペス内野手が犠飛を放って勝ち越しに成功。さらに目下首位打者の宮崎敏郎内野手にこの日3本目の安打となる適時打が飛び出し4-2。戸柱恭孝捕手には2点本塁 [全文を読む]

【7月17日プロ野球全試合結果】ロッテがサヨナラ勝ち、ヤクルトは47年ぶり11連敗、阪神・西岡剛がアキレス腱断裂から1年ぶり復帰

サイクルスタイル / 2017年07月17日22時28分

■DeNA、筒香嘉智が決勝弾…ヤクルトは47年ぶりの11連敗DeNAは7月17日、横浜スタジアムでヤクルトと対戦。主砲・筒香嘉智外野手の決勝弾により、2-1で勝利した。DeNAは0-0で迎えた3回裏、走者一、三塁の好機を作ると、筒香が適時内野安打を放ち1点を先制。6回裏には、筒香が今季第13号となるソロ本塁打を放ち2-0とリードを広げた。 [全文を読む]

【プロ野球】元4番に新4番。中田翔、筒香嘉智、中村剛也、鈴木誠也、ウィーラーの打順変更は吉? それとも凶?

デイリーニュースオンライン / 2017年07月13日16時05分

■3番・筒香は妙手か悪手か ■筒香嘉智(DeNA) 4番:67試合/打率.280/10本塁打(本塁打率23.6) 3番:8試合/打率.207/2本塁打(本塁打率14.5) 昨季は4番でフル出場し、44本塁打で本塁打王を獲得。WBCでも4番に座り、「日本の4番」として君臨した筒香嘉智。しかし、開幕から不調が続き、6月30日の巨人戦(宇都宮)以降は3番での出 [全文を読む]

【プロ野球】お祭りか、真剣勝負か。今こそ振り返りたい「オールスターの一番長い日」

デイリーニュースオンライン / 2017年07月10日16時05分

注目は、4年ぶりの出場となる西武のエース菊池雄星対セ・リーグの4番候補、DeNAの筒香嘉智の同級生対決ではないだろうか。 高校3年の春、公式戦ではなく練習試合で対戦したこの両雄。直前のセンバツで準優勝を果たした花巻東高・菊池雄星から特大ホームランを放ち、スカウトからの評価を一気に高めたのが横浜高の筒香嘉智だった。プロで成長した2人がどんな名勝負を演じてくれ [全文を読む]

「世代」で見るオールスター 昨年最多の“89年世代”はどうだった?

ベースボールキング / 2017年07月04日11時55分

“89年世代”の1つ下にあたる“90年世代”からは、則本昂大(楽天)、浅村栄斗(西武)などが出場し、91年世代からは筒香嘉智(DeNA)、菊池雄星(西武)などが選出された。 大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)など“松坂世代”、“88年世代”とともに球界の顔とも呼べる選手が多い、“94世代”からは世代頭の大谷をはじめ、鈴木誠也(広島)、田村龍弘(ロッ [全文を読む]

DeNAの新クリーンナップ 巨人3連戦の成績は?

ベースボールキング / 2017年07月02日19時15分

DeNAのクリーンナップといえば3番・ロペス、4番・筒香嘉智、5番・宮崎敏郎の打順で臨むことが多かったが、6月30日の巨人戦からDeNAのクリーンナップを3番・筒香、4番・ロペス、5番・宮崎の並びに変更となった。この3連戦、新クリーンナップはどんな活躍を見せたのだろうか。 クリーンナップを変更して初めての試合となった6月30日の巨人戦では、ロペスが巨人のエ [全文を読む]

本来の筒香が戻ってきた!ラミレス監督「3割30本100打点を達成できる」

ベースボールキング / 2017年06月29日11時00分

DeNAのラミレス監督は28日の広島戦後、筒香嘉智について話した。プロ7年目の昨季、本塁打(44本)と打点(110打点)の二冠王に輝き、今年3月に行われた『第4回 ワールド・ベースボール・クラシック』では日本代表の4番打者を務めた。 球界を代表するスラッガーに成長した筒香だが、今季は92打席目で今季第1号を記録するなど、3・4月は打率.275、1本塁打、 [全文を読む]

【6月28日プロ野球全試合結果】楽天の貯金が今季最多22、筒香嘉智が3試合連発、阪神は泥沼の6連敗

サイクルスタイル / 2017年06月28日22時58分

■DeNAが広島との乱打戦を制す…筒香嘉智が上昇気流の3試合連発DeNAは6月28日、横浜スタジアムで広島と対戦。両チーム合わせて26安打が飛び交った乱打戦を制し、11-8で勝利した。DeNAは0-4と4点ビハインドで迎えた3回裏、倉本寿彦内野手の適時二塁打で1点を返すと、走者一、三塁の好機で梶谷隆幸外野手が適時二塁打を放ち、続く筒香嘉智外野手にも適時打が [全文を読む]

DeNA、広島との乱打戦を制す…筒香嘉智が上昇気流の3試合連発

サイクルスタイル / 2017年06月28日21時55分

DeNAは0-4と4点ビハインドで迎えた3回裏、倉本寿彦内野手の適時二塁打で1点を返すと、走者一、三塁の好機で梶谷隆幸外野手が適時二塁打を放ち、続く筒香嘉智外野手にも適時打が飛び出し4-4の同点とした。 続く4回裏には3点、5回裏には2点を追加したDeNAはその後も攻撃の手を緩めない。6回裏には、筒香が3試合連発となる今季第10号のソロ本塁打を放つなど、 [全文を読む]

フォーカス