帯番組のニュース

高橋真麻、田中みな実も 帯番組でフリー女子アナ起用の狙い

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

帯番組のメインMCとして最近、フリーの女性アナウンサー、キャスターが起用されることが多くなってきた。夏目三久、安藤優子、雨宮塔子、さらにこの秋からは高橋真麻、田中みな実も参戦し、活況を呈している。男性フリーアナでも女性タレントでもなく、彼女たちが帯番組のメインに起用される理由とは? 出演している帯番組をおさらいすると、夏目三久は朝のワイドショー『あさチャン [全文を読む]

~ ニホンモニター 2016タレント番組出演本数ランキング ~

@Press / 2016年12月13日15時30分

軒並み帯番組で司会を務めるタレントが上位を占める中、帯番組を持たない澤部さんの活躍が目立った1年となった。 女性部門ではハリセンボン・近藤春菜さんが上半期に引き続き1位を獲得。また、3位までの顔ぶれも上半期と同じく、2位に小島瑠璃子さん、3位にオアシズ・大久保佳代子さんがランクイン。4位のHKT48・指原莉乃さんとは50番組程差があり、上位3名の壁は厚そう [全文を読む]

視聴率1%連発…フジテレビ、あの「お荷物」番組を打ちきれない「深刻な」事情

Business Journal / 2015年08月16日17時00分

帯番組にもかかわらず曜日毎にMCが替わるかたちが不振を招いたと批判され、番組開始から1年経った今年4月からは、“視聴率男”の呼び声が高い坂上忍が帯で司会を務めるようになった。 しかし、視聴率は2〜3%台で落ち着いており、一向に上がらない。5月12日には1.9%、同29日には1.6%、6月26日には1.9%と、いまだに1%台を出すこともある。そんな惨状もニュ [全文を読む]

民放ドラマ フジ、日テレ、テレ朝の熾烈な3強争いの勝者は

NEWSポストセブン / 2015年02月11日07時00分

たとえば、TBSの不調は、『あさチャン!』や『いっぷく!』という帯番組が低視聴率なのも影響している。いまや朝の情報番組は、ドラマ宣伝の役割も兼ね備えていますからね。特に初回の視聴率は宣伝量の影響が少なくない。宣伝量とは、“宣伝で出演した番組の視聴率の合計”とも言い換えられるでしょう」『美しき罠~残花繚乱~』の主演である田中麗奈と若村麻由美は、初回放送日の1 [全文を読む]

マスコミ関係者必読の一冊「視聴率ゼロ!-弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦-」刊行記念トークイベントをTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催決定!

PR TIMES / 2016年10月28日09時21分

エンタテインメントを通じて様々な生活提案を企画する株式会社TSUTAYAは、2005年に誰にも知られずひっそりと東京ローカル局のTOKYO MXでスタートし、今では大手キー局のニュース番組と肩を並べるほどに、夕方の時間帯の人気番組となった「5時に夢中!」の名物プロデューサー大川貴史氏の書籍『視聴率ゼロ!-弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な [全文を読む]

岡田圭右がクイズ番組MCで大先輩に上から目線!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月01日06時00分

BSフジでは、脳を刺激するクイズバラエティー「クイズ!脳ベルSHOW」(夜10:00-10:55)が10月3日(月)から、毎週月~木曜の帯番組となる。また、10月1日(土)には「クイズ!脳ベルSHOW 秋だ!ベルトだ!豊作脳トレ合戦3時間SP!!」(夜7:00-9:55)が放送される。 帯番組化に際して、初回の収録後にMCを務める岡田圭右の囲み取材が行われ [全文を読む]

『ごきげんよう』終了で大減収必至の小堺一機 今後は事務所の先輩・関根勤頼み?

日刊サイゾー / 2016年03月14日11時00分

小堺が司会を務めるフジのお昼の帯番組『ライオンのごきげんよう(以下、ごきげんよう)』が3月で終了する。 『ごきげんよう』は1991年1月に放送開始した長寿番組で、前身の『ライオンのいただきます』『ライオンのいただきますII』を含めると、実に31年半にわたって、小堺は『笑っていいとも!』のタモリとともに、“フジの昼の顔”に君臨してきた。 しかし、『笑っていい [全文を読む]

テレビ朝日 夕方ニュース戦争に竹内由恵アナを投入で勝機は

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

2008年の入社1年目で『ミュージックステーション』の司会に抜擢されるなど、テレ朝の顔として活躍してきた竹内アナが、帯番組を任されることになった。テレビ局関係者が話す。 「テレ朝は、これまで1人のアナウンサーを“推す”形をあまり取っていなかった。たとえば、フジテレビは伝統的に『めざましテレビ』や『プロ野球ニュース』『すぽると!』という帯番組に女子アナを起用 [全文を読む]

国分太一の“ドーピング1位”に非難殺到!? 「タレント番組出演本数ランキング」徹底分析!

日刊サイゾー / 2014年12月20日11時00分

「国分は、『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)と『いっぷく!』(TBS系)という2本の帯番組を持っているのが効いていますね。しかし、『おさんぽジャパン』は5分間番組ですからね。これをほかの番組と同様に1本としてカウントしてしまうのも、どうかとは思いますが……。ネット掲示板などでは、『5分間番組でドーピング』などと言い得て妙な表現がされていますが [全文を読む]

小島瑠璃子、2014年番組出演本数373本! 女王・大久保佳代子を喰らう日

メンズサイゾー / 2014年12月17日10時00分

「国分さん、設楽さんのほか、4位の加藤浩次さん(45)や9位の羽鳥慎一さん(43)など、上位には平日の月曜日から金曜日まで放送されている帯番組のMCを務めているメンツが揃っています。今の情報番組やバラエティは、男性タレントをメインに据えたものばかりですから、出演本数ランキングとなれば、男性が上位となるのも当然でしょう。とはいえ、そうした帯番組を持たない有吉 [全文を読む]

明石家さんまに“年収5億4,000万”報道……タモリは? たけしは? BIG3の懐具合を探る

日刊サイゾー / 2014年05月06日09時00分

ただ、帯番組に出演しているわけではないし、CMに多く出ているわけではない。それを考えれば、やはりズバ抜けて高額所得といえるでしょう」(芸能ライター) 芸能人の収入は、テレビ番組や映画出演のギャラとCM契約料が多くを占めている。中でも、朝や昼の情報番組などの帯番組に出演すれば、毎日の出演だけに収入が大幅にアップする。 「『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系) [全文を読む]

ついに芸能界のドンにも言及! 松居一代が、テレビどころか芸能界からも“抹殺”されそう!?

日刊サイゾー / 2017年07月21日00時00分

船越は月曜から木曜までNHKの帯番組『ごごナマ』に生出演するも、離婚騒動には一切触れず。対する松居は、YouTubeやブログで、船越に対する“猛攻撃”を仕掛けている。 それだけにとどまらず、ブログでは読者に対して、NHKに船越の降板を求める抗議電話をするよう呼び掛けるなど、まったく攻撃の手を緩める気配がない。 「松居が船越の不倫相手について暴露した動画は [全文を読む]

【上半期TV出演本数】バナナマン設楽統、3年ぶり1位返り咲き 朝帯司会が上位独占

ORICON NEWS / 2017年07月07日13時00分

2位は2年連続上半期1位で3年連続年間1位だったTOKIOの国分太一【355本】、3位はハリセンボンの近藤春菜【269本】が続き、朝の帯番組司会者が上位を独占している。 【一覧表】テレビ番組出演本数ランキングTOP20 出演番組も 設楽(フジテレビ系『ノンストップ!』)、国分(TBS系『白熱ライブ ビビット』)、近藤(日本テレビ系『スッキリ!!』)のTOP [全文を読む]

別所哲也 昼夜働きづめ生活で建てた都心ど真ん中3.5億円豪邸

WEB女性自身 / 2017年06月21日06時00分

いつ寝ているのか不思議なほどです」(テレビ局関係者) たしかに朝晩ダブルで帯番組のレギュラーを務める芸能人はなかなかいない。別所がそんなにも 昼夜働きづめ で頑張るのは8年前に結婚した夫人と小学生の娘のためだと、周囲の人たちは口を揃える。 「別所さんはいつも夢を語る方。家を建てる際にも、自由気ままに希望を言う別所さんのことを立てつつ、奥さまがしっかり手綱を [全文を読む]

最初のゲストはピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王!中京テレビの「太田上田」が4月から枠拡大して火曜日深夜に登場!

@Press / 2017年04月03日11時30分

■「太田上田」とは 中京テレビで平日深夜3分の帯番組だった「太田上田」が4月から25分に番組枠を拡大し火曜深夜に引っ越します。爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也の二人が、東海3県の皆さんの質問や悩みをきっかけに好き勝手くっちゃべり、その内容をお届けするトークショー番組です。 公式サイト: http://www.ctv.co.jp/otaueda [全文を読む]

ブレイク前だった“マツコ起用”の舞台裏から前都知事の“超絶ケチ話”まで…『5時に夢中!』名物Pが明かす!

週プレNEWS / 2017年01月17日10時00分

この番組の名物プロデューサー、大川貴史氏による初めての著書『視聴率ゼロ!―弱小テレビ局の帯番組「5時に夢中!」の過激で自由な挑戦―』が発売された。大川氏は番組に登場することはないが、出演者たちから連日イジられていて、視聴者にもおなじみの存在なのだ。 * * * ―どんな経緯で『5時に夢中!』に辿(たど)り着いたのですか? 大川 僕は、28歳の時(2000 [全文を読む]

りゅうちぇる&高畑充希が躍進 2016タレント番組出演本数ランキング発表

モデルプレス / 2016年12月13日11時52分

軒並み帯番組で司会を務めるタレントが上位を占める中、帯番組を持たない澤部の活躍が目立った1年となった。 女性部門ではハリセンボンの近藤春菜が上半期に引き続き1位を獲得。また、3位までの顔ぶれも上半期と同じく、2位に小島瑠璃子、3位にオアシズ・大久保佳代子がランクイン。続く4位にはHKT48・指原莉乃と、活躍ぶりを見せた。 ◆ブレイクタレントではりゅうちぇる [全文を読む]

水トアナ「フリー転身」で、田中みな実とガチンコバトル?

日刊大衆 / 2016年12月04日10時00分

どちらもカトパンのように朝の帯番組を担当したことがなく、報道のイメージもない。昼の情報番組やバラエティでのしあがってきましたから、水トがフリーになった場合、ライバルはカトパンではなく田中です」 確かに、関わっている番組もソックリだ。たとえば、有吉弘行の冠番組『有吉ゼミ』(日テレ系)でMCを務めるのは水ト。TBSの『有吉ジャポン』では田中がMC担当。「正直、 [全文を読む]

「真麻のドドンパッ!」歌うMC高橋真麻を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日06時00分

テレビに出る人間として、自分の冠番組で、しかも名前が付いた帯番組を持てるというのはとてもありがたいことなので、楽しんでいただける番組を作りたいです。――曜日ごとのコーナーや、毎日のトークコーナーなど、内容が盛りだくさんですが、楽しみにしているコーナーはありますか?人の食卓がどうなのか、とても興味があるので、月曜日のヨネスケ師匠の「隣の晩ごはん」ですね。「普 [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

15分の帯番組の『スタ千』がゴールデンにあると、どうしても大胆な編成が難しくなる。フジにとっては同番組を終わらせ、旭化成には新たな枠を用意したいのが本音だった。だが、一社提供番組は単純に視聴率で判断できるものではなく、開局以来のフジと旭化成の関係もあり、非常にデリケートな問題だった。これを、村上七郎専務と日枝久編成局長は1年がかりで旭化成を説得する。ついに [全文を読む]

フォーカス