習近平のニュース

中国のサイバー攻撃に最も悩んでいるのが習近平というパラドックス

まぐまぐニュース! / 2015年10月22日19時20分

習近平・オバマ首脳会談の翌日に米企業にサイバー攻撃を仕掛けた中国。評論家の黄文雄さんのメルマガによれば、この信じがたい行為に一番頭を悩ませているのは習氏本人だというのですが…、いったいどういうことなのでしょうか。 中国のサイバー攻撃に最も悩まされているのは習近平だ ● 米企業7社に中国のサイバー攻撃、首脳会談後=クラウドストライク 先週は中国で逮捕された日 [全文を読む]

安倍首相が「一帯一路」に協力表明。日本は中国に屈したのか?

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日04時45分

【日中】安倍首相が習近平の生殺与奪の権を握っている理由 ● 首相「一帯一路に協力」初の表明…関係改善狙う 安倍首相は6月5日に国際交流会議「アジアの未来」の夕食会で講演し、中国の経済圏構想「一帯一路」について、「(同構想が)国際社会の共通の考え方を十分に取り入れることで、環太平洋の自由で公正な経済圏に良質な形で融合し、地域と世界の平和と繁栄に貢献していく [全文を読む]

中国政府がまた著名人アカウントを閉鎖。異様な言論統制が続くワケ

まぐまぐニュース! / 2016年03月02日20時00分

メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』ではこうした動きを「政権が末期になっていることの現れ」と分析し、すべては習近平氏の無策ぶりに原因があると手厳しく批判しています。 【中国】習近平から地方幹部まで醜聞隠しのための言論統制が横行 ●「習発言」批判でツイッター閉鎖=3,700万フォロワーの企業家-中国 これまでも、習近平のなりふ [全文を読む]

習近平のことが好きだ。トランプが口にした衝撃告白の「真意」

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日04時30分

当初は敵対関係にあるとみられていたトランプ大統領と習近平国家主席が利害の一致を見、急速に関係を強化し始めたと分析する記事「トランプと習近平の一致した思惑。報道されない米中首脳会談の裏」を先日紹介しました。では、これまでたびたび両者の関係について言及してきた無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんはどう見ているのでしょうか。メルマガの最新 [全文を読む]

もうそろそろ根拠のない「中国崩壊論」から卒業するべき! 『中国がいつまでたっても崩壊しない 7つの理由』 「崩壊か覇権か?」を超えた冷静かつ的確な紅い帝国の実態分析!!

DreamNews / 2017年05月31日10時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2017年5月24日に『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由 世界が見誤った習近平の冷徹な野望』を発売しました。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2017年5月24日に『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由 世界が見誤った習近平の冷徹な野望』を発売しました [全文を読む]

屈辱の容認。なぜ中国は北朝鮮をあっさり捨てたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月14日05時00分

去る4月6日から7日に行われた、米トランプ大統領と中国・習近平国家主席との米中首脳会談。しかしその期間中、米国はシリアへの軍事攻撃を起こし、さらに北朝鮮への攻撃についても示唆。その軍事行動について、中国は事実上「容認」の態度を示しました。この北朝鮮に対する態度の変容は何を意味するのでしょうか? 4月13日に創刊された有料メルマガ『石平の中国深層ニュース』の [全文を読む]

中国反体制本がヒット 習近平はヒトラーと同じ末路にと予言

NEWSポストセブン / 2014年05月18日07時00分

4月30日に起きた新疆ウイグル自治区での爆破テロ事件で、ついに反政府活動の刃が、中国・習近平国家主席自身に向けられている。 そんな中、中国政府がもっとも恐れる一冊の本が刊行された。2012年に米国に亡命した反体制作家、余傑氏が書いた『中国教父 習近平』である。香港の出版社から3月に出版されて以来、香港では大きな話題となっている。 表紙にはでかでかと『中国教 [全文を読む]

香港の書店関係者5人失踪 「発禁本」の中身とは

NEWSポストセブン / 2016年01月27日16時00分

中国共産党や習近平政権を批判して中国本土での発売を禁じられた、いわゆる“発禁書”を取り扱う香港の書店関係者5人が相次いで失踪している。ではいったい香港の書店では、どんな“発禁本”が売られているのか。 昨年2月に発売され話題を呼んだのが、『中国第一弟ソク(女偏に息) 張瀾瀾』だ。張瀾瀾は、習近平の弟の習遠平の妻である。この本では、彼女が美貌と肉体で習遠平を陥 [全文を読む]

習近平氏 初の地方勤務で硬骨漢の上司に振り回された過去も

NEWSポストセブン / 2013年11月16日07時00分

中国の習近平・国家主席が29歳から32歳までの3年間、初めて地方の末端幹部を務めた河北省正定県(日本の市に相当)で、省トップの直属の上司とそりが合わず、人間関係で悩んでいたことが分かった。香港誌「名声」が伝えた。結局、習氏は中国共産党中央や党政治局員を務めていた父、習仲勲氏の意向で、県幹部を3年間で辞め、福建省廈門(アモイ)市副市長に転勤となる。 当時の河 [全文を読む]

上海で行われた除幕式で李克強氏行方不明事件発生 内幕解説

NEWSポストセブン / 2013年11月18日16時00分

習近平主席と李克強首相という中国ナンバー1、ナンバー2の間にギクシャクが生じている。ジャーナリストの相馬勝氏が、9月に発生したある“事件”について、その内幕を解説する。 * * * 政権内の権力闘争再燃を思わせるちょっとした“事件”が起きた。「リコノミクス」といわれる李克強の経済政策のなかにあって最重要の改革モデルである上海自由経済試験区の除幕式に、なぜか [全文を読む]

フォーカス