審理のニュース

税法解釈が難解なケースに登場する「税法の番人 審理担当者」の実態とそれをダシに使う税務調査官

相談LINE / 2015年01月19日20時00分

税務職員のほとんどは、税法を理解していないにもかかわらず、税法の専門家であるように振る舞って税務調査をしていますが、このような税務調査が行われても大きな問題にならないのは、各税務署には「審理担当者」という税法の番人がいるからです。彼らは、税務職員であるにもかかわらず、非常に優れた税法知識をもっています。 審理担当者は、難しい税法の質問に対応したり、税務調査 [全文を読む]

判決直前から「40年」逃亡したのに刑は変わらず…新たな罰則はないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年05月17日10時53分

今年1月に警察が身柄を確保したが、地裁は改めて審理せず、当時言い渡す予定だった判決がそのまま代読されたという。このニュースに対してネット上では、「逃亡したことについての罰則はないの?」といった疑問の声があがった。また、40年前の事件ということで「時効とかは関係ないのか」というコメントもあったが、法律上、どのように考えられるのか。藤本尚道弁護士に聞いた。●公 [全文を読む]

<BPOって何?>なぜSMAP謝罪生放送は却下され「ニュースな晩餐会」には勧告が出されたのか

メディアゴン / 2016年02月16日07時30分

この委員会は、 「『放送倫理上問題がある』と指摘された番組は審議、『内容の一部に虚偽がある』と指摘された番組は『審理』」(BPOホームページより)であるという。「審議」と「審理」で表現が微妙に異なるが、「審議」とは「意見」を出すこと、「審理」は放送局に「勧告」や「見解」を通知し、再発防止を求めることを意味している。SMAP謝罪生放送の場合、これを「虚偽」と [全文を読む]

小保方氏の弁護士「NHKの人権感覚の鈍麻に驚く」 BPO審理入りのNスペを猛批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月20日18時16分

理化学研究所の小保方晴子元研究員とSTAP細胞をめぐる問題を取り上げた「NHKスペシャル」の番組について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は8月18日、審理することを決めた。「人権侵害・プライバシー侵害だ」という小保方氏の申し立てを受けての対応だ。小保方氏の代理人弁護士は「人権感覚の鈍麻には驚く限りだ」と、NHKの姿勢を厳しく批判している。 [全文を読む]

朴大統領弾劾めぐり「国が二分」と韓国紙、「ろうそく集会」「太極旗集会」の対立先鋭化、憲法裁の判断後も混乱?

Record China / 2017年03月04日13時30分

2017年3月4日、韓国の朴槿恵大統領の弾劾の是非を審理している憲法裁判所の判断が10日にも下される。これを目前に控え、大統領を追い込んできた「ろうそく集会」と弾劾反対を叫ぶ「太極旗集会」の対立も先鋭化。憲法裁の判断後も混乱は続きそうで、韓国紙は「国が完全に二分」と憂慮している。 憲法裁の審理は2月27日で終了。聯合ニュースによると、翌28日から裁判官の意 [全文を読む]

警察、殺人事件の捜査忘れて7年間放置、被告人の「免訴」要求は認められる?

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月12日09時41分

●「遅延」では、唯一の免訴判決「高田事件」とは?ーー免訴とはどういうものですか?たとえば、時効が成立していた場合、有罪か無罪かで審理を続けても意味がないですよね。免訴判決とは、そうした場合などに「裁判手続を打ち切る」判決のことです。「時効完成」など法律で要件が定められていますが、「裁判等が遅延した」ことは、免訴事由には入っていません。ーーでは、今回の被告人 [全文を読む]

裁判員法違反で初の逮捕者が投げかける裁判員裁判の問題点

JIJICO / 2016年07月25日09時00分

この事件が発生した裁判員裁判では、その後裁判員らが審理を辞退したため、判決期日が取り消されました。 また、裁判所は、裁判員が怖がり参加が困難な状況だとして、この裁判を裁判員裁判の対象から除外し、裁判官だけで審理することも決めました。 そもそも、暴力団関係の事件などでは、裁判員への危害を避けるため裁判員裁判から除外することが可能ですが、この事件では検察側が [全文を読む]

「ヒルズボロの悲劇」の審理が27年を経て評決「警察に原因」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日09時20分

▽1989年4月15日に96人の死者を出した「ヒルズボロの悲劇」に関する審理が26日に行われ、犠牲者が不当に亡くなったという判定が陪審員によって下された。リバプール公式サイトやイギリスの複数メディアが伝えている。▽「ヒルズボロの悲劇」は、1989年4月15日にシェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われたFAカップ準決勝のリバプールvsノッティガム・フォ [全文を読む]

裁判員に遺体写真を見せるか否か?一定の負担はやむなし

JIJICO / 2015年08月29日18時00分

裁判員に遺体の写真などを見せるかどうか 市民が裁判官とともに刑事裁判の審理に参加する裁判員裁判が導入され、早くも6年余りが経過しました。この間、審理の長期化による裁判員の負担や、死刑が求刑される事件の審理のあり方など、いくつかの問題点が指摘されています。 そのような中で、昨今「遺体の写真等、衝撃的な証拠を裁判員に見せるか否か」をめぐり、各地の裁判所で運用の [全文を読む]

市民の常識が反映されていない?問題が山積みの裁判員制度

週プレNEWS / 2012年06月06日17時00分

裁判員裁判では、裁判員の負担をなるべく減らすため、「3、4日で審理が終わるスケジュールを組む」「頻繁に休憩を入れて、裁判官がレクチャーする」「刑罰には幅があるため、裁判員が悩まないよう量刑表(過去の類似事件の裁判で職業裁判官がどのような量刑を下したかを記載したもの)という“アンチョコ”も用意する」などの配慮がある。 だが、こうした裁判員ばかりに気を使う措置 [全文を読む]

フォーカス