修道女のニュース

修道女 パソコン使える人少なく清貧追求し今でも黒電話使う

NEWSポストセブン / 2012年11月13日16時00分

ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さん(85才)が、修道女(シスター)として学んだことをまとめた『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)がベストセラーになっているが、修道女たちは実際にどのような生活をしているのだろうか。 修道女への道は一朝一夕ではない。一般的には、まず1年間以上の教会通いから始まり、その後、洗礼を受ける。一般信徒として数年間活動した後、教 [全文を読む]

シスターになろうと思った理由 「神に呼ばれた」「招かれた」

NEWSポストセブン / 2012年11月08日16時00分

ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、修道女として学んだことをまとめた『置かれた場所で咲きなさい』が70万部を超えるベストセラーとなっている。謎に包まれているイメージのある修道女だが、いったいどんな生活を送るのだろうか。 日本のキリスト教信者は人口の1~2%と少ない。その信者たちの中でも、非常に信仰に厚い女性たちが目指すのが修道女。キリスト教徒は洗礼 [全文を読む]

【意外な組み合わせ】修道女と警官が路上で見せたサッカーの腕前がヤバい! 絶妙な連携プレーが超お見事!!

ロケットニュース24 / 2017年06月06日17時45分

まさに、そんな意外な組み合わせと言える『修道女と警察官』が、「路上で見せつけたサッカーの腕前がヤバい!」とネットで話題を呼んでいるので紹介したい。もはや二人の絶妙な連携プレーは、超お見事としか言いようがない!! ・修道女と警官が路上で見せたサッカーの腕前がヤバい! アイルランドの警察が公式 Facebook ページに、地元の警察官と修道女が路上でサッカー [全文を読む]

純白と静寂、二面性漂うセルジュ・ルタンスの新作香水「ラルリジューズ」

FASHION HEADLINE / 2015年05月08日22時00分

新オードパルファム「ラルリジューズ/修道女(LA RELIGIEUSE)」(50mL 1万3,000円)が登場。 「ラルリジューズ/修道女」を手掛けたのは、フランス人アーティスト、セルジュ・ルタンス(Serge Lutens)。ルタンスは60年代より様々なジャンルで活躍する比類なきクリエイター。幼少より美に対する研究心が強く、21歳の時、撮りためたポートフ [全文を読む]

トム・クルーズ、アン・ハサウェイ、マイケル・ムーア...聖職への道を目指していたセレブ

AOLニュース / 2012年10月23日16時00分

1963年、「次のグレース・ケリー」といわれていた女優ドロレス・ハート(写真)が24歳で婚約者との婚約を破棄し、修道女になったのは有名な話だ。 しかし、ハリウッドの中で聖職への道を望んでいたのは、エルヴィス・プレスリーが映画の中で初めてキスをした相手として有名なドロレスだけではないようだ。エヴァ・メンデスやアン・ハサウェイといった女優や、マイケル・ムーアや [全文を読む]

悲惨な衝撃からも希望は生まれる/映画『夜明けの祈り』インタビュー

cafeglobe / 2017年07月04日18時45分

1945年、ポーランドに駐留していたソ連兵がカトリック系修道院に押し入って修道女たちをレイプし、7人の修道女が妊娠するという痛ましい実話を、女性ならではの視点で描いています。 絶望の淵に立たされたとき、まずは現実を直視する 此花:作中の修道女のようにショッキングな事件に遭っていなくても、「出口がみえない」という悩みは誰もが経験したことがあると思います。 フ [全文を読む]

林家ぺー・パー子夫妻がヤバすぎ? カリスマギャルの池田美優も泣いて叫んだ…

週プレNEWS / 2016年07月06日18時00分

だが、その池田もイベント中、実は意外なほどヤバい姿を見せていた? 「映画で使った衣装を初披露する」という趣向で“悪魔の修道女”によるドッキリ企画が実施され、修道女が布を被せられマネキンのように運ばれると、後ずさりしながら「なんか怖い、なんか怖い」「ヤバイ気がする」とビビりまくる池田。 司会から近くに寄るように促されても「ヤダヤダヤダ」と怖がって拒否。そし [全文を読む]

「夜明けの祈り」主演ルー・ドゥ・ラージュの起用理由は「秘めた頑固さ、決意」

映画.com / 2017年06月25日13時00分

「ココ・アヴァン・シャネル」「ボヴァリー夫人とパン屋」のフォンテーヌ監督の最新作で、戦争末期のポーランドに赴いた女医マチルドが、ソ連兵の暴行で身ごもった修道女たちの姿を目の当たりにし、幾多の困難に直面しながらも彼女たちの希望となっていくさまを描く。 フォンテーヌ監督は、本作について「信じられないかもしれませんが、実際の出来事であり、これまで忘れ去られ、も [全文を読む]

レズビアン修道女の実話を「氷の微笑」ポール・バーホーベン監督が映画化

映画.com / 2017年05月02日12時00分

米ハリウッド・レポーターによれば、物語は17世紀イタリアに実在した修道女ベネデッタ・カルリーニの波瀾万丈な生涯を描くもの。歴史学者ジュディス・C・ブラウン氏のノンフィクション小説「ルネサンス修道女物語―聖と性のミクロストリア」を原作に、バーホーベン監督の長年のコラボレーターとして知られるジェラルド・ソエトマンが脚色を手がける。 題材となるカルリーニは、数 [全文を読む]

映画化希望! ネパールの「カンフー修道女」たちがカッコいい

AOLニュース / 2016年09月04日15時00分

ネパールのとある修道院の修道女たちは、数年前から本格的なカンフー修行を行っているという。 https://www.youtube.com/watch?v=kfCj8YlYC_Y<関連動画はこちら> この修道院「Druk Amitabha Mountain」(Amitabha=阿弥陀)で、道着を着た女性たちが修行する様子は、まるでかつてのカンフー映画のよう。 [全文を読む]

東宝ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』森公美子さん、蘭寿とむさん等ヘアメイクプラン・ウィッグ製作を担当

PR TIMES / 2016年05月20日18時35分

重要証人であるデロリスは、警察の指示でカトリック修道院に匿って貰うが、規律厳しい修道女たちからは天真爛漫なデロリスは煙たがられてしまう。そんなある日、修道院の聖歌隊の歌があまりに下手なのを耳にしたデロリスは、修道院長の勧めもあって、クラブ歌手として鍛えた歌声と持ち前の明るいキャラクターを活かして聖歌隊の特訓に励むことになる。やがて、デロリスに触発された修道 [全文を読む]

『どぶがわ』『繕い裁つ人』の著者が修道女を描く 自由って素晴らしいなどと、気楽に決めつけない「かせ」の物語

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月28日12時20分

そこに暮らす修道女の心理を切り出すというのが、一番ぴったりくるかと思います。 中心となる人物は、シスターのマルエナさん、そして彼女と同室でジュニアのアミラさん。もとは良い暮らしをしていたらしいマルエナさんは、とても優秀でまじめな人として描かれるも、他の修道女とは少し違っていて祭祀の時に町で遭遇したコーリャのことが気になっている様子。 同じくシスターのヴィー [全文を読む]

マザーテレサの怖い素顔が明らかに! 「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?

ハピズム / 2013年03月13日21時00分

マザー・テレサといえば、貧困や病気にあえぐ弱い人たちの救済活動に生涯を捧げた、カトリック教会の修道女。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者でもある彼女は、"無償の愛"の代名詞のように伝えられており、今なお、世界中の人々から崇め、慕われている。しかし、カナダの宗教学専門誌「Religieuses」最新号で大学の研究者が発表した論文によると、マザー・テレサの美 [全文を読む]

『死霊館 エンフィールド事件』、「へそ曲がり男」でスピンオフ制作へ

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月16日15時00分

『死霊館 エンフィールド事件』に登場したキャラクターでは、へそ曲がり男の前に、悪霊の修道女をテーマにしたスピンオフ『The Nun(原題)』が制作される。同作ではデミアン・ビチル演じる神父が修道女の謎めいた死の真相に迫るさまを描くとのことだ。こちらは2018年7月13日(現地時間)に全米公開予定。 [全文を読む]

【予告編】実在の女医マチルダの崇高な行い…アンヌ・フォンテーヌ監督『夜明けの祈り』

CinemaCafe.net / 2017年06月02日14時30分

修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく――。 フランスのセザール賞で主要4部門ノミネートを果たした本作。1945年、世界大戦がようや [全文を読む]

首なし修道女、ブルー・レディ、生首を抱える王妃…! 世界で語り継がれる恐すぎる女の亡霊5選

tocana / 2017年05月20日17時00分

■首なし修道女 カナダ・ニューブランズウィック州には、古くから語り継がれる女の亡霊が存在する。18世紀半ばにフランスと英国の間で争いが始まり、当時フランスの植民地であったフレンチ・フォート湾に砦が建設された。砦の中には多くのアカディア人(フランス人入植者)が身を潜めており、その中には後に“首なし修道女”と呼ばれるシスター・マリーの姿も。彼女は病気を患ったア [全文を読む]

【海外発!Breaking News】聴覚障害のある子供らを聖職者の餌食にした日本人修道女「私は無実」(アルゼンチン)

TechinsightJapan / 2017年05月12日05時30分

ローマンカトリックの修道女として生徒を正しき道へと導き、万全なケアを行うべきはずのコサカ・クミコはあろうことか性的虐待に加担し、その行為を容認していた。またコサカ・クミコ自身も生徒たちに手をあげるという虐待行為を働いたり、生徒らにポルノムービーを見るように強要していたという。 生徒たちは5人の聖職者に「ゲームをしよう」と言われ、学院内の浴室や寮、地下室や [全文を読む]

ベラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガ「死霊館」スピンオフに出演

映画.com / 2017年05月04日20時30分

[映画.com ニュース] 米ニューライン・シネマが製作する「死霊館 エンフィールド事件」のスピンオフ映画「The Nun(原題)」に、タイッサ・ファーミガ(「記憶探偵と鍵のかかった少女」「ブリングリング」)が修道女役で出演することが決定した。 タイッサの姉ベラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンが主演する大ヒットホラー映画「死霊館」シリーズは、実在の心霊 [全文を読む]

「無口でがんこ」な人が認知症になりやすいのは本当か

プレジデントオンライン / 2017年03月16日15時15分

米ケンタッキー大学のデヴィッド・スノードン教授は1986年に開始した「修道女研究」で、脳の病変と認知機能の関係を明らかにした。 これは約700名のカトリック修道女に協力を求め、生前に認知機能などの検査を行い、死後に脳を解剖調査するものだ。この結果、脳の病変が軽くても重度の認知症という人もいれば、脳に著しい病変があっても知的能力は正常という人もいることがわ [全文を読む]

吉田羊がドイツで泥風呂体験! 修道女に本音も告白

Smartザテレビジョン / 2016年08月18日18時15分

NHK BSプレミアムで9月1日(木)に「女優吉田羊が行く ドイツ シュヴァーベン 温泉街道」が放送される。吉田がドイツ南部にある、別名“温泉街道”といわれるシュヴァーベン街道を旅し、“カラダ”と“ココロ”を整える伝統のドイツのウェルネスを体感する様子に密着する。 街道入り口に当たるバド・ウェリスホーフェン市では、冷水を使った健康法を体験。19世紀に聖セバ [全文を読む]

フォーカス