大正天皇のニュース

NHK朝ドラ実在モデル 幻のエッセイを収録 文藝春秋 電子オリジナルコンテンツ『告白手記でよみがえる「白蓮事件の真実」』を緊急発売!

@Press / 2014年08月06日13時00分

そのモデルとされるのが大正天皇の従妹に当る歌人で「大正三美人」の一人として知られる柳原白蓮(本名・燁子)です。 福岡の炭鉱王・伊藤伝右衛門の妻だった白蓮は、滞在先の東京で、社会活動家の宮崎龍介と駆け落ち――これがいわゆる「白蓮事件」です。白蓮の一途に恋に生きた様が90年以上たった今改めて注目されています。 彼女が「白蓮事件」の約5年後の昭和2年『文藝春秋』 [全文を読む]

第42回「のせでん悠遊セミナー」を開催します 大正天皇の后 貞明皇后の生母 野間幾子物語 ~野間氏と能勢氏のかかわり~

PR TIMES / 2017年04月26日17時16分

今回は、大正天皇の后 貞明皇后の生母「野間幾子物語」~野間氏と能勢氏のかかわり~と題し、能勢町在住の歴史作家 家村 耕氏を講師にお招きし、清和天皇の曾孫といわれる源満仲を始祖とする清和源氏、その華麗なる一族の流れを汲む「野間氏」の姫と能勢氏や五摂家とのかかわりについてご講演いただきます。 【実施内容】 (1)テーマ 大正天皇の后 貞明皇后の生母 野間幾子 [全文を読む]

第42回「のせでん悠遊セミナー」を開催します 大正天皇の后 貞明皇后の生母 野間幾子物語 ~野間氏と能勢氏のかかわり~

@Press / 2017年04月26日16時45分

今回は、大正天皇の后 貞明皇后の生母「野間幾子物語」~野間氏と能勢氏のかかわり~と題し、能勢町在住の歴史作家 家村 耕氏を講師にお招きし、清和天皇の曾孫といわれる源満仲を始祖とする清和源氏、その華麗なる一族の流れを汲む「野間氏」の姫と能勢氏や五摂家とのかかわりについてご講演いただきます。 【実施内容】 (1)テーマ 大正天皇の后 貞明皇后の生母 野間幾子 [全文を読む]

天皇皇后両陛下 生前退位後はほとんど報道されない可能性

NEWSポストセブン / 2017年04月20日16時00分

その場には新天皇皇后がいらっしゃいますから、“象徴の二重構造”を作りかねないのと、新天皇皇后にプレッシャーを与えたくないというご配慮もあるでしょう」 陛下は、大正天皇の病気療養のため昭和天皇が摂政についた時のことを引き合いに出され、皇室内部が「大正天皇を支える勢力」と「摂政を支える勢力」に二分されてしまった過去を嘆かれたことがあったという。加えて即位直後の [全文を読む]

貞明皇后 激動の人生をたどる小説「朝けの空に」好評連載中

PR TIMES / 2017年04月12日15時45分

産経新聞社(本社・東京都千代田区大手町、社長・熊坂隆光)発行の産経新聞朝刊で大正天皇の妃、貞明皇后(1884~1951年)の生涯を描いた連載小説「朝けの空に」が3月3日から好評連載中です。 貞明皇后は旧摂関家の九条家の四女、節子として生まれ、明治33(1900)年、皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)と結婚し、昭和天皇をはじめ4人の皇子をもうけました。 [画像 [全文を読む]

婚約破棄、スピード離婚…絶対さけたい! 結婚にまつわるトラブル

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月25日17時30分

嘉仁親王(後の大正天皇)の妃を選ぶにあたっての周囲の奔走を描いた作品である。嘉仁親王の養育役である佐佐木高行を中心に多くの人が妃選びに関わり、10数人の候補者の中から、1893年に伏見宮禎子が婚約者として内定した。しかし、その6年後、禎子に結核の疑いがあることが判明し、婚約は解消されることになると、代わりの妃候補が必要となる。後の「天皇」の跡継ぎを産む妃探 [全文を読む]

実録・1万2000ページで読み解く「昭和天皇」激動の87年生涯-知られざる“喜怒哀楽”篇-(2)

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時56分

大正天皇の病状悪化により摂政に就かれるのだ。26年12月25日、大正天皇崩御により、元号は昭和に変わり、激動の時代へと突入していくのである。これまでも“昭和天皇は平和愛好者だった”とされることが多かったが、日米開戦の前後には開戦ありきで事が進む事態に怒りの感情を表されることも多くなっている。開戦を3カ月後に控えた41年9月5日の御前会議では、軍部に対して厳 [全文を読む]

「戦争に批判的だった」昭和天皇 『実録』公開で、海外メディアは大戦前後の記述に注目

NewSphere / 2014年09月10日17時57分

25年という編纂期間をNYTは長すぎたと批判したのに対し、APは明治天皇の記録は没後半世紀以上経過した1968年に完成し、大正天皇の記録も2002年にようやく開示されたことを挙げ、今回は「比較的早かった」と評価。また、朝日新聞の情報公開請求によって公開された大正天皇の記録は一部が伏せ字になっていたが、今回は全文が一般公開されたとも記す。これまでの文語体から [全文を読む]

【花子とアン】朝ドラが“朝ドロ”になる!? 花子の腹心の友・蓮子のモデル「白蓮」の正体

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月26日07時20分

この柳原前光伯爵は大正天皇の生母である柳原愛子(やなぎわらなるこ)の兄なので、燁子は大正天皇の従妹になる。 燁子は生後7日目で柳原家に引き取られ、前光の正妻・初子の次女として入籍する。これは妻と妾(りょうとは別人)が同じ屋根の下に住んでいた柳原家での女の争いが背景にあったそうだ。娘と引き離されたりょうはその後病弱となり21歳で亡くなっているが、燁子は産みの [全文を読む]

堺雅人 師匠が語る『半沢直樹』の原点「デビューはカメ虫」

WEB女性自身 / 2013年08月29日00時00分

「徳川家定役の彼は、僕に『大正天皇の歌集を読みたい』と言ってきました。なぜかと聞くと『家定を演じるのに、同じく病弱だったと伝えられる大正天皇の歌がヒントになるのではと思って』と答えるんです。そんな発想をする役者は他にいませんよ。自分なりに考えて、役作りをする。台本以上にどう味付けするかを常に考えているんですね」 [全文を読む]

昭和天皇の弟・高松宮宣仁親王が友達を作らなかった理由とは

NEWSポストセブン / 2013年05月23日07時00分

明治天皇、大正天皇には成人した兄弟がおらず、直系男子の継承は実は“綱渡り”だった。大正天皇の后・貞明皇后が4人の男子をもうけて将来の皇位継承が安定するとともに、「近代天皇家の兄弟」の物語が始まることになる。 皇太子裕仁親王(昭和天皇)、1歳下の秩父宮雍仁(やすひと)親王、4歳下の高松宮宣仁(のぶひと)親王は、年齢が近く幼年期を共に過ごし、気心の知れた3兄 [全文を読む]

持参金は?住居は?仕事は?「一般人・小室眞子さん」の今後

NEWSポストセブン / 2017年05月25日07時00分

大正天皇の孫の三笠宮容子内親王が裏千家の家元に嫁いだ時の一時金は、限度額の1割減だった】 この一時金の額を決める以外に国が関与することはほぼないという。結婚後の住まいについても同様だ。現在、小室氏は横浜市内に母親、祖父と同居中。結婚後は新居を構えると見られる。 「お住まいの場所はおふたりで自由に決めることができますが、警備は付くでしょう。1963年に島津貴 [全文を読む]

それでも銀行におカネを預けておきますか? 預金が「紙くず」同然になる日の現実味

東洋経済オンライン / 2017年05月15日08時00分

大正天皇即位の記念定期預金として第四と合併した新潟貯蓄銀行が集めたものだ。一世紀にもわたり6%の複利で運用した結果、満期に元手は339倍にも膨れ上がった。ところが、当時の初任給は50円程度で、約20万円となっている現在の4000分の1程度だ。当時初任給全額をはたいて預けても、元本の50円は50円のままだ。この証書の骨董的価値を別とすれば、満期で返ってきたお [全文を読む]

関根潤三氏 「親父のズボラ」で戦争に行かずに済んだ背景

NEWSポストセブン / 2017年04月28日07時00分

大正15年12月25日は大正天皇が崩御された日で、翌日から元号が「昭和」になったんだけど、役所は喪に服して業務をやっていなかった。おまけに親父がズボラだったから、そのまましばらく出生届を出し忘れていた。 ようやく出したのが翌年3月15日。さらにマヌケなことに、届けを出したその日を誕生日にしちゃった。 大正から昭和になり、しかも昭和元年が1週間しかなかった [全文を読む]

[社長の悩み]大きく変わるランドセル市場。老舗メーカーはどう変わるべき?~セイバン泉貴章社長

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

【泉】初めてランドセルが使われたのが明治20年に伊藤博文が後の大正天皇に革製のランドセルを献上したことですが、一般に広まったのは戦後からですね。 セイバンでは私の父が社長を務めていた2003年には更なる飛躍のきっかけを掴みます。それが「天使のはね」という、肩ベルトの付け根に羽の形状の樹脂を埋め込み、肩ベルトを立てることで、ランドセルを持ち上げ背中にくっつ [全文を読む]

昭和の日に考えたい、激動の時代を支えた昭和天皇の「直き心」

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日21時00分

大正10(1921)年、大正天皇のご病気により20歳にして摂政宮となられた時、すでに日本国民は「精神のバブル」期に入っていた。京都大学教授・中西輝政氏はこう述べる。 大正時代を以降を振り返ってみると、日本がおかしな方向に進み出すのは「精神の膨張主義」に傾いたときであった。それは、対外政策上の膨張主義よりも深刻なものである。成功や繁栄のなかから生まれる、日本 [全文を読む]

残雪のアルプスと桜 見ごろはこれから

tenki.jp / 2017年04月13日20時09分

光城山は普段はハイキングで親しまれている山で、その登山道には大正天皇即位を記念して植えられた約1500本のソメイヨシノが、裾野から山頂に向かっての桜の回廊になっています。徒歩だけでなく、山頂まで車でアクセスできるため、どなたでも楽しめる桜の名所となっています。さらに、麓から順番に咲いていく様子を少し離れた所から見ると、まるで薄ピンク色の桜が山の斜面を龍の [全文を読む]

【プロ野球】《センバツトリビアPart 2》アメリカに行きたいか!? センバツ史に名を刻んだ伝説のチームたち

デイリーニュースオンライン / 2017年03月27日17時05分

大正天皇崩御の喪に服し、大会日程を3日間に短縮し、出場校を8校に絞って行われたこの大会。優勝したのは、のちに野球殿堂入りを果たす左腕・小川正太郎を擁する和歌山中(現・桐蔭)だった。 そしてこの大会には、なんと今の高校野球では考えられない「副賞」が用意されていた。その副賞がアメリカ旅行。エース・小川は「優勝に加えてアメリカに行けるという喜びで、チームのみんな [全文を読む]

函館観光の定番! 元町エリアの洋館&教会を巡る2時間コース

Walkerplus / 2017年03月21日07時00分

国の重要文化財の指定を受け、大正天皇が皇太子時代に滞在されたことも。館内のハイカラ衣裳館でドレスを借りて記念撮影する人も多く、また2階のバルコニーから函館港を一望できるのも魅力。■住所:函館市元町11-13 ■電話:0138・22・1001 ■時間:9:00~19:00(11~3月は~17:00)、ハイカラ衣裳館は~17:00(3・11・12月は~16:3 [全文を読む]

ジュエリーの今与 京都 将軍塚青龍殿にて展示会を2017年4月4日[火]限定開催

@Press / 2017年03月07日13時00分

平安道場は、大正3年竣工の大正天皇御大典記念に建造された武道場で、老朽化により解体処分が決定。しかし、この建物は現在では求めることのできない大木の檜材を用い、京都府民の貴重な浄財によって建立されており、また木造建築技術が頂点に達した頃に建てられた木造文化財であることから、保存し、後世に伝えるべきとのことで移築再建し大護摩堂に活用することに至りました。庭園は [全文を読む]

フォーカス