押尾学のニュース

押尾学の恋人Nanami 心配した家族が仕事場で待ちぶせ

NEWSポストセブン / 2012年02月23日16時00分

保護責任者遺棄致死罪など懲役2年6月の判決を受けた押尾学被告(33才)について、最高裁は2月14日、上告を棄却した。近く実刑が確定し、押尾被告は収監されることとなる。 そんななかスポーツニッポン紙が、「獄中婚の可能性もある」と報じた。その相手は、女性セブン2010年1月1日号で恋人と報じたNanami(25才)だ。 ふたりの交際が始まったのは2009年春か [全文を読む]

「交際女性が次々と不幸に......」元俳優・押尾学の乱痴気人生を彩った女性たちの末路

日刊サイゾー / 2012年03月02日08時00分

合成麻薬・MDMAを一緒に飲んだ女性の救命を怠ったとして、保護責任者遺棄と麻薬取締法違反(譲渡、譲り受け、所持)の罪が適用され懲役2年6月の判決が下され、最高裁でも上告が棄却された元俳優・押尾学被告。弁護団が異議を申し立てたものの「認められる可能性は限りなく低く、近く収監されることになるだろう」(全国紙社会部記者)というが、モテ男ぶりは相変わらずで、現在も [全文を読む]

「ハンバーガーを食べた」…押尾学が“面白みゼロのブログ”を始めた切実事情

アサ芸プラス / 2016年11月04日17時59分

11月1日に公式ブログを開設した元俳優で歌手の押尾学。2009年、薬物事件で逮捕された後、2014年の暮れに出所。今年6月には「月に300万円儲かる」と謳う“見るからに怪しい”情報商材の広告塔に就任し、過去の華々しい芸能活動とは程遠い日々を送っている。 そんな彼が突如開設したブログに対し、各界でも様々な見方が出ているようだ。 押尾がニッコリ微笑む画像がトッ [全文を読む]

押尾学が赤っ恥?Jリーガーに”交友関係を全否定”された舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年02月24日15時30分

押尾学(37)は加害者なのか、被害者なのか──バンド「LIV」で音楽活動を再開した押尾学だが、早くも苦難の道に立たされている。ツイッターやインスタグラムでファンとの交流も楽しんでいる押尾だが、世間的には、2009年に麻薬取締法違反で逮捕されたイメージがまだ強く残っている。 2月18日、後輩と飲みに行った押尾は、同じお店にいたプロサッカー選手たちを見つけ、一 [全文を読む]

押尾学のLINE返信がマメすぎる!? お相手キャバ嬢も「暇なのかな」と心配で……

日刊サイゾー / 2015年02月17日09時00分

「昼でも夜でも、すぐに返事が返ってくる」 キャバクラ好きで知られる俳優・歌手の押尾学の夜遊びは、あの事件後も相変わらずのようだ。 麻薬取締法違反と保護責任者遺棄で受けた3年6月の実刑から昨年末に仮釈放されていた押尾だが、「週刊新潮」(新潮社)では18歳の未成年キャバクラ嬢とデート、女性の自宅に出入りした様子を報じられている。同誌によると、押尾は出所後に行っ [全文を読む]

【公開対談】北朝鮮からFC2まで、DMMにまつわる疑惑の真相とは

デイリーニュースオンライン / 2014年11月21日18時00分

妄想広げるのがうちの仕事みたいなもん や そもそもDMMがウェブで話題になるきっかけって、押尾学さんの件だったと思うんですね。ご存じない方もいらっしゃると思うのでご説明しますと、俳優の押尾学さんが飲食店の女性にいろんなものを飲ませてですね、オーバードーズで死なせてしまうという事件があったんですね。そこの場所がピーチジョンのミカジョンハウスだったんです。彼 [全文を読む]

20歳の頃のブーツが似合う! 38歳・矢田亜希子の清楚な美貌がスゴい

しらべぇ / 2017年09月26日17時30分

押尾学以降浮いた話は聞かない?矢田の人生は波乱万丈だ。かつて結婚していた元俳優の押尾学(39)は、保護責任者遺棄致死および麻薬取締法違反の罪に問われ実刑判決を受けた。そんな押尾と2009年に離婚してからは浮いた話も報じられず、シングルマザーとして子育てをしている。■美しいと波乱万丈になる人も?しらべぇ編集部では、容姿端麗だと自称する男女263名に「美人・ [全文を読む]

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の“時空の歪み”と、押尾学との「消したい過去」

日刊サイゾー / 2017年07月29日07時00分

「元俳優でミュージシャンの押尾学との結婚ですね。人気絶頂期の、2006年11月に結婚し、翌年に長男が誕生します。それまで生命保険会社のCMに出演するなど、好感度抜群の女優でしたが、押尾との結婚後に仕事が激減しました」(芸能事務所関係者) 両者はドラマ『夢で逢いましょう』(TBS系)の共演をきっかけに交際を開始。押尾が矢田を口説き落とし、矢田もベタ惚れ状態 [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

押尾学(麻薬取締法違反で2009年逮捕) 数々のドラマに出演し、バンド「LIV(リヴ)」のボーカル兼リーダーとしても活躍していた押尾学。プライベートでも矢田亜希子と結婚し1児を設けるなど、順風満帆に見えた彼が麻薬取締法違反で逮捕されたのは2009年のことでした。 愛人だったホステスと共に合成麻薬MDMAを服用していたところ、彼女の容態が急変し、保身のため [全文を読む]

森喜朗 VS 押尾学の「最終決戦」が近づいている! 暴露本出版で“ドス黒い闇”に言及、東京五輪にも影響必至か!?

tocana / 2017年04月28日09時00分

それが、元俳優の押尾学だという。 押尾は、2009年にホステスの女性に合成麻薬を渡した疑いで逮捕された。その後、一緒にいた女性の容態が急変。そのまま放置して死なせたとして、保護責任者遺棄罪や麻薬取締法違反などで懲役2年6カ月の実刑判決となったのが世間の耳目を集めた。「実は、当時からささやかれていたのは、『あれは押尾だけに罪をなすりつけたのではないか』とする [全文を読む]

ASKAも酒井法子も…なぜカップルで逮捕されるのか? 代償が大きすぎる薬物使用の酷さ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月27日06時30分

最近ではASKAや清原和博、その他にも押尾学や小向美奈子など、芸能人の薬物がらみの事件は後を絶たない。またインターネットの普及により、昔に比べ薬物の入手が容易になってしまった。薬物の危険性は、私たちが思っているよりもずっと身近にあるのだ。『薬物とセックス』(溝口敦/新潮社)では、薬物とセックスの関連性を指摘し、覚醒剤をはじめとする薬物の恐ろしさを説いている [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押尾学、スリランカの経済大臣と会食 深まる“悠々自適”の謎

TechinsightJapan / 2016年12月23日21時00分

元俳優の押尾学がスリランカの経済担当国務大臣と会食したことをInstagramで明かした。2014年に仮釈放となり芸能活動に復帰する様子も見られないが、「悠々自適」な暮らしぶりが度々話題となっている。今回の相手が他国の大臣というからその謎は深まるばかりだ。 押尾学はドラマ『ダブルスコア』(2002年)や『クニミツの政(まつり)』(2003年)などで俳優とし [全文を読む]

ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日10時30分

2009年に薬物事件で逮捕された押尾学(38)が、新たに開設したブログのイメチェン具合が話題となっている。ブログは11月1日に開設され、約3週間で更新回数は50を超える熱の入れようだ。押尾のさわやかな笑顔がプロフィールに躍るなど、まさしくイメチェンが前面に押し出されている。いよいよ本格的な芸能界復帰を目論む押尾の思惑が感じられるが、その奥にはさらなるビジネ [全文を読む]

押尾学がブログを開始、「伝説のビッグマウス語録」が再び誕生するのか!?

アサ芸プラス / 2016年11月03日17時58分

タレントの押尾学が11月1日から公式ブログを開始した。「Hello!! お久しぶりです。押尾学です。」の言葉でスタートすると、ランチの模様や夜間に行っているランの様子などを次々と投稿している。「押尾は2009年の薬物事件で2年6月の実刑判決を受け、昨年9月に出所しました。それ以降、自身がボーカルを務めるバンド「LIV」の活動やインスタグラムは続けていました [全文を読む]

押尾学の“Vネック好青年男子”写真に失笑の嵐! チャラさ封印で前科者イメージ払拭か

日刊サイゾー / 2016年11月03日00時00分

元俳優で歌手の押尾学が1日、公式ブログを開設。近影と思しき写真に、失笑が起きている。 最初の投稿では、「Hello!!お久しぶりです。押尾学です。今日からブログをスタートする事になりました」と報告し、「Instagramとは違う、日常生活に起こった事や自分の思いも書いたり…するかも?よかったら是非見て下さい♪」と挨拶。その後も、昼食に食べたハンバーガーや、 [全文を読む]

清原和博が「薬物治療どころじゃない」重篤糖尿病の裏で、あの野村貴仁が格闘技デビューで押尾学と対決?

アサ芸プラス / 2016年08月13日17時57分

「元俳優の押尾学氏(38)に対戦交渉を始めています。ブラジリアン柔術で体を鍛えているようなので、試合としてもおもしろいものになると思います。(両者は薬物使用で有罪となっているが)何より格闘技を通じ、お互いの社会復帰に貢献できればと考えております」 この「対戦相手」に野村氏は意気込み十分で、「立ち技で倒しますよ。押尾のセンスはわからんけど、パワーは『速さの2 [全文を読む]

押尾学、日本での芸能活動が絶望的で中国・韓国での俳優復帰を画策中!?

アサジョ / 2016年07月26日17時59分

2009年に銀座ホステスと法律違反の薬物を服用して、女性を死に至らしめ逮捕された押尾学。2012年12月に仮釈放となり出所したのだが、事件の悪影響で芸能活動から足はすっかり遠のいていた。そんな彼が、7月22日に大阪市内でトークライブを開催。24日は、東京・渋谷でもトークイベントを行った。今年の1月にはバンド活動も再開した押尾は、そこで俳優業への復帰に意欲を [全文を読む]

押尾学が“見るからに怪しいビジネスの広告塔”に就任していた!

アサ芸プラス / 2016年06月13日17時59分

2009年8月、法律違反の薬物MDMAを服用し、一緒に服用していた女性が死亡していたことから逮捕・服役していた俳優の押尾学。昨年末には元参議院議員である村上正邦氏のもとで“お茶くみ”をしていると一部で報じられたが、なんと現在“インターネットを使ったビジネス”の宣伝に登場しているという。「彼は6月から、いわゆる情報商材の広告塔を始めたんですよ」と語るのはネッ [全文を読む]

押尾学の”爆弾発言”に戦々恐々?生活苦から暴露の可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年03月12日17時50分

元俳優の押尾学が、「週刊新潮」3月10日号で「今もテレビに出ている奴がいる」などと爆弾発言をして波紋を呼んでいる。 ■押尾学が生活苦…貯金を切り崩す日々 2009年8月に、六本木ヒルズで合成麻薬MDMAの使用によるホステス死亡事件に関与したとして、麻薬取締法違反や保護責任者遺棄致死罪などで逮捕された。そして実刑判決を受け、2012年3月に収監された。服役期 [全文を読む]

芸能界に「押尾エンガチョ」が流行中! 考案者は“元カノ”矢口真里?

日刊サイゾー / 2016年03月09日13時00分

2月下旬、ある情報番組で都心の商店街をリポート中だった女性タレントが、ロケ先で「ここにはよく押尾学が来る」という話を聞いた瞬間、「あ~残念、“押尾エンガチョ”だから、二度と来られないよ」とつぶやいたという。 「その時はカメラが回っていなかったので、それはどういう意味かと聞くと『押尾学に近づかないって意味』だって。『押尾とはヘタに知り合うと一緒に写真を撮ら [全文を読む]

フォーカス