塩崎恭久のニュース

内閣改造で塩崎厚労相が更迭されたら…安倍首相が利権との戦いから逃げたということ!

週プレNEWS / 2017年07月01日06時00分

次の内閣改造で、安倍首相は盟友の塩崎恭久厚労大臣を“切る”のではないかと目されているという。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、その理由に迫る! * * * この夏にも行なわれると予想されている内閣改造で、橋下徹前大阪市長、小泉進次郎衆院議員といった人気者の入閣が噂されている。耳目を集めるサプライズ [全文を読む]

塩崎厚労相と世耕官房副長官、低レベルすぎる誹謗中傷合戦で潰し合い 塩崎氏更迭必至か

Business Journal / 2015年02月25日06時00分

激しく対立しているのは、塩崎恭久厚生労働相と世耕弘成官房副長官。130兆円に上る国民の年金資産を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の改革方針をめぐって、抜き差しならない関係になっているという。もともと2人は盟友だが、今ではお互い目も合わせない冷えた関係になっているらしい。 発端は世耕氏がGPIFの運用を仕切る新設の最高投資責任者(CI [全文を読む]

安倍首相は自民党の錬金術学んだ「政治資金疑惑のデパート」

NEWSポストセブン / 2014年10月28日07時00分

塩崎恭久・厚生労働大臣にも地元での口利き疑惑が発覚している。 大臣の権力を国民の利益ではなく、自分の利益のために使う。そうした私利私欲の政治が安倍政権の根っこにはある。 第1次安倍政権は「政治とカネ」の疑惑で4人の大臣が辞任に追い込まれた。 佐田玄一郎・行革相は架空の事務所に「光熱費」「事務所費」など約7800万円を使ったと虚偽の報告をしていたことが発覚し [全文を読む]

肝炎治療の認知訴求・啓発イベントに豪華サポーターの面々が勢揃い「知って、肝炎プロジェクト Save The Life 2017」開催

PR TIMES / 2017年07月27日13時45分

本イベントの1部では、塩崎恭久厚生労働大臣の挨拶から開会しました。塩崎大臣は、「毎年、集中的に広報を行う地域を定めておりますが、今回は私の地元愛媛県とのことで、今後他の都道府県の模範となるような肝炎対策を推進していただくことを期待しております。 」とプロジェクトに対しての期待を述べました。それを受け、杉良太郎特別参与は「今回は肝がんの死亡率が高い県である“ [全文を読む]

相模原殺傷1年 遺族ら参列し追悼式

WEB女性自身 / 2017年07月25日13時00分

塩崎恭久厚生労働相が政府を代表して出席し、「誰もが自分の夢を持ち、自分の能力を発揮でき、居場所があって頑張ることができる日本を目指す」という安倍晋三首相のあいさつを代読した。 代表献花の間は、脳性まひや網膜変性症などの障害があるバイオリニストの式町水晶さんが「津久井やまゆり園の歌」など、追悼曲を演奏した。 〈津久井やまゆり園事件追悼式〉。こう墨書された白 [全文を読む]

残業代ゼロ法案が現実味 働き過ぎの貧困層が増える恐れも

NEWSポストセブン / 2017年07月18日07時00分

当初、経団連は年収400万円以上を対象にしたいと主張したくらいですし、塩崎恭久・厚労大臣も“小さく産んで大きく育てる”と明言しています。それらは『省令』に定めれば、いくらでも変更できるのです。 WE発祥の米国では、労働時間規制除外の労働者が増えすぎ、働けど働けど給料が増えない“エグゼンプション貧困”が大きな社会問題となったため、オバマ政権は見直しを余儀なく [全文を読む]

稲田朋美氏を籠池氏に“応援”させるという落選運動

NEWSポストセブン / 2017年07月10日07時00分

「見通しを誤る」という特技を持つのが塩崎恭久・厚労相。第1次安倍政権では官房長官として課題を抱え込み、政策が進まず「官邸崩壊」の原因をつくったといわれる。今国会でも真骨頂を発揮した。 塩崎氏は飲食店での喫煙を原則全面禁止する受動喫煙防止法案を「今国会で成立させる」と意気込んでいたが、自民党たばこ議連や商工業者と対立、会期末近くに自民党がまとめた妥協案を拒 [全文を読む]

受動喫煙問題でさらに大きな火種! スモーカーが愕然とする、新たな“喫煙後30分ルール”とは?

週プレNEWS / 2017年07月08日06時00分

6月中旬の記者会見で塩崎恭久厚生労働大臣は「努力してきたが、自民党と合意に至らなかった」として、今国会(6月18日終了)での成立を断念したことを表明したが、その後、「受動喫煙の被害は科学的に証明されている。その対応も科学的に行わなくてはいけない」と強調して会見を締めた。 だが、この法案見送りが判明して以降、巷(ちまた)では喫煙者の行動を縛る“30分ルール [全文を読む]

北九州市主催の「介護ロボット等を活用した先進的介護に関するシンポジウム」に当社介護事業本部長福田升二がパネリストとして登壇

PR TIMES / 2017年07月07日15時00分

【イベント概要】日時:2017年7月16日(日)13:30~16:30(12:30開場)会場:西日本総合展示場 新館A展示場(北九州市小倉北区浅野3-8-1)内容:《第1部》あいさつ・基調講演13:30~15:20 《第2部》パネルディスカッション15:30~16:30※同一会場内で介護ロボットなどの展示、実演等も実施、「カイポケ」も出展参加費:無料主催: [全文を読む]

東京「小池の乱」から始まる安倍政権崩壊のカウントダウン

まぐまぐニュース! / 2017年07月07日04時45分

文春の記事によると、2014年10月17日、内閣改造で文科大臣続投が決まった下村氏を祝うという名目のもと、加計孝太郎理事長が宴席を設け、愛媛県選出の衆議院議員、塩崎恭久氏、今治市を地盤とする参議院議員、山本順三氏を加えた四人が一堂に会している。「着実に獣医学部新設に向けたレールは敷かれていた」(同誌)という見方に間違いなさそうだ。 こうしてみると、加計学 [全文を読む]

「小池百合子でしょうがないか」心理がもたらす「本命不在」という永遠の課題

文春オンライン / 2017年07月06日07時00分

憲法記念の日に安倍晋三首相がなぜか憲法改正待ったなしみたいなことを言ったのも、支持率が高いのをフリーハンドと勘違いしたという弛みが原因でしょうし、クソみたいな失言繰り返してさっさと更迭されるべき稲田朋美防衛相がまだ地位にしがみついてるし、たかが受動喫煙問題で党内調整もできない塩崎恭久さんを厚労大臣に据えっぱなしだし、官房長官で長いことやってる菅義偉さんも [全文を読む]

塩崎厚労相「屋内禁煙の伝統を日本が破るのか」五輪見据え受動喫煙対策訴え

THE PAGE / 2017年07月05日11時10分

塩崎恭久厚生労働相は、THE PAGEのインタビューに対し、「北京五輪以降、ずっと屋内禁煙でやってきた伝統を日本が初めて破っていいのか」と疑問を呈し、「お店自体を原則喫煙禁止ということでいかないと、我々としては合意できない」などと述べた。 都議選で受動喫煙対策が議論に上がったことついては「議論が国政に影響することは一定程度あるんだろうと思う」と話し、注目が [全文を読む]

塩崎恭久・厚労相に聞く(全文3完)あらゆる人を受動喫煙から守りたい

THE PAGE / 2017年07月05日11時03分

提出に至らなかったことについて「塩崎恭久厚生労働相が意見を曲げなかったため」などの報道が相次いだ。THE PAGEは塩崎厚労相にインタビューし、受動喫煙対策について譲れない思いを聞いた。ラグビーワールドカップに間に合うか ──今回、通常国会に法案が提出できなかったが、五輪の1年前にはラグビーワールドカップも開催される。ワールドカップに間に合うのか 実は、オ [全文を読む]

塩崎恭久・厚労相に聞く(全文2)受動喫煙対策で日本の評価決まりかねない

THE PAGE / 2017年07月05日11時02分

提出に至らなかったことについて「塩崎恭久厚生労働相が意見を曲げなかったため」などの報道が相次いだ。THE PAGEは塩崎厚労相にインタビューし、受動喫煙対策について譲れない思いを聞いた。自民党の議論 どう見るか ──自民党の議員から、「がん患者は働かなくていい」という発言があり問題になった。自民党内の議論というのが、海外では禁煙が飲食店の客離れにはつながっ [全文を読む]

塩崎恭久・厚労相に聞く(全文1)受動喫煙対策 自民党に譲らなかった理由

THE PAGE / 2017年07月05日11時00分

提出に至らなかったことについて「塩崎恭久厚生労働相が意見を曲げなかったため」などの報道が相次いだ。THE PAGEは塩崎厚労相にインタビューし、受動喫煙対策について譲れない思いを聞いた。(インタビューは6月28日に実施)動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=WP-Tezc_CeQなぜ譲らなかったのか ──今回、受動喫煙 [全文を読む]

都民ファースト圧勝「受動喫煙対策に大きな弾み」日本禁煙学会が評価…理事も都議に

弁護士ドットコムニュース / 2017年07月04日14時37分

都議選の惨敗を受け、早ければ月内にも実施される見込みの内閣改造については、「塩崎大臣は、頑として(基準を緩和した自民党案に)反対してくれた」として、塩崎恭久厚労相の留任を求めている。 発言はいずれも、厚生労働省の記者クラブでのもの。この日、作田理事長ら禁煙学会のメンバーは、塩崎厚労相に対し、厚労省による受動喫煙防止法案の原案を支持する、9万4595筆の署 [全文を読む]

「2025年問題」の次は、団塊ジュニアが65歳以上となる「2035年問題」が到来!=超高齢社会どう乗り切るか―塩崎厚労相

Record China / 2017年07月04日05時10分

塩崎恭久厚生労働相が日本記者クラブでこのほど会見し、「日本では2025年には、団塊の世代すべてが75歳以上となり、全人口の5人に1人を占めるようになる。65歳以上まで含めると3人に1人に近づく」と警告。この『2025年問題』の解決のためには、行政、国際機関、研究開発などに当たる医師をもっと増やすべきだとの考えを示した。また団塊ジュニアが65歳以上となる「2 [全文を読む]

浅草には「煙あびる」文化も たばこ規制におかみさんがNO

NEWSポストセブン / 2017年06月25日07時00分

塩崎恭久大臣以下、厚生労働省がたばこの規制強化を急いできたのには訳がある。 2019年のラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックと立て続けに開催される国際的なスポーツイベントを機に健康増進を掲げ、「WHO(世界保健機関)やIOC(国際オリンピック委員会)から“世界最低レベル”との烙印を押されている受動喫煙対策を進めて汚名 [全文を読む]

たばこ業界が巨額献金の自民党、受動喫煙防止法案に猛反発…小池都知事の禁煙条例が波紋

Business Journal / 2017年06月22日06時00分

塩崎恭久厚労大臣と自民党幹部は複数回の折衝を重ねたが、妥協点は見いだせていない。法案は自民党の部会を通過しないと提出できないため、現状維持の期間が続くことは、たばこ業界側が望む展開だ。 たばこ対策は、国の医療政策も左右する。現在、日本のがん対策の方向性を示す「第3期がん対策推進基本計画」の策定が進むが、厚労省の諮問機関であるがん対策推進協議会は、構成員の全 [全文を読む]

改憲安倍を悩ます「前次官の乱」

文春オンライン / 2017年06月15日17時00分

基本的には、厚生労働省の案に近い」 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙対策に関して厚労相・塩崎恭久と自民党反対派の攻防が続く最中、そのギャップに目を付けた発言だった。さらに小池は25日、公約に掲げた受動喫煙防止対策の詳細を発表。「子どもをたばこの煙から守る」と宣言し、家庭内や公園、子供が同乗する車中まで喫煙を制限し、罰則も検討するという。小 [全文を読む]

フォーカス