誘拐犯のニュース

『仮面病棟』を超える大ヒット間違いなし! 知念実希人最新作は、本格警察誘拐ミステリー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月05日11時00分

誘拐犯との交渉や警察内部での争い、誘拐事件の被害者の親たちの様子など、事件の緊迫感があまりにも巧みに描かれている。 主人公は、警視庁捜査一課特殊班の元刑事・上原真悟。4年前、高輪台で起きた女子中学生誘拐事件での自らの身代金引き渡しの失敗によって被害者を死なせてしまった真悟は、事件以降、警察を辞め、家族とも別れ、抜け殻のような日々を送っていた。ところが、4年 [全文を読む]

「こち亀」SPアニメに“ジャンプアニメ”声優が集結

Smartザテレビジョン / 2016年08月08日13時00分

今作は、アルバイトですしを出前中の両津勘吉が、誘拐犯に襲われる少女を救出したところから始まる。その少女は、来日中のアッタカイーノ王国の王女・サブリナだった。 両津は、日本文化に興味があるサブリナに東京の下町を案内。しかし、誘拐未遂事件はやがて下町全体を巻き込み、追いつ追われつの国際的大騒動へとエスカレートする…というストーリー展開。 さらに、今作の見どこ [全文を読む]

“最強母”ハル・ベリー、鬼の形相で誘拐犯に迫る!『チェイサー』予告

CinemaCafe.net / 2017年09月13日07時00分

このたび到着した予告編では、目の前で息子フランキーを誘拐されてしまったカーラと誘拐犯による、息を飲む壮絶なカーチェイスが展開される。さまざまな車を巻き込むド派手なカークラッシュや、警察の白バイにまで襲い掛かる誘拐犯など、観る者のド肝を抜くカーアクションが繰り広げられていく。 当初は、恐怖と不安に満ちた表情で犯人を追っていたカーラ。だが、彼女が警察の助けも [全文を読む]

“最強の母”ハル・ベリーVS凶悪誘拐犯!「チェイサー」9月23日から日本公開

映画.com / 2017年08月21日14時00分

[映画.com ニュース] オスカー女優のハル・ベリーが製作総指揮と主演を務めたアクションスリラー「Kidnap」が、「チェイサー」の邦題で9月23日から日本公開されることが決定した。リメイク版「プッシャー」を手がけたルイス・プリエト監督がメガホンをとった。 映画は、アメリカで多発する「18歳未満の児童誘拐事件」をテーマに、最愛の息子を誘拐された母親が凶悪 [全文を読む]

わが国と違って「なぜ日本は児童の誘拐がこんなに少ないの?」=中国報道

サーチナ / 2017年07月20日09時12分

記事は、日本で児童誘拐が少ない理由の1つとして、まず「子どもたちが幼稚園児のころから、誘拐犯罪に備えた教育を行っている」とし、教師や保護者が子どもたちに「知らない人に近づかない、誘われても逃げる」ことを基本原則として教えると紹介した。また小学校のテストで「もし知らないおじさんが飴をくれると言って来たら何と答えるか」という問題もあるとし、日本は社会全体で子 [全文を読む]

「迷子の女児を助けた親切な男性」が保護者からフルボッコに! 誘拐犯だと勘違いされる出来事が発生

ロケットニュース24 / 2017年07月06日16時30分

まさに、そんな迷子の女児を助けた親切な男性が、誘拐犯だと勘違いされて保護者にフルボッコにされてしまう、耳を疑うような出来事が起きていたというのだ! ・ソフトボールの試合中に女の子が迷子に! 米フロリダ州のレイクランド警察署が公式Facebookページに、地元のスポーツセンターで起きた出来事について投稿。なんでも、センターで開催されたソフトボールの試合中に [全文を読む]

「ウォンテッド~彼らの願い~」DVDリリース決定 & 日本版予告編公開!

THE FACT JAPAN / 2017年07月05日14時27分

その日の夜、ある男がヒョヌを連れ去り、誘拐現場に落ちていたヒョヌの携帯に誘拐犯からの脅迫メッセージが届く。誘拐犯の要望はただひとつ。ヘイン主演の生放送リアリティ番組「ウォンテッド」を制作し生放送すること。犯人から出される番組中のミッションを成功できなければヒョヌは死ぬ…。番組制作へと急ぐヘイン!果たしてヘインは無事に息子ヒョヌを救い出すことができるのか?予 [全文を読む]

【ビデオ】誘拐されてクルマのトランクに閉じ込められた女性が自力で脱出!

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年07月05日09時00分

この誘拐犯の男は、ガソリンスタンドに併設されたコンビニのATMで、誘拐した女性から奪ったデビットカードを使ってお金を引き出そうとするが失敗。クルマに戻りその場から去ろうとしたその時、被害者の女性はトランクを開け、走り始めたクルマから飛び降りたのだ。女性がコンビニの中に逃げ込むと、店のオーナーは建物の鍵を閉めて警察に通報した。 警察はその後、乗り捨てられたア [全文を読む]

クリエーター勢ぞろいのオムニバス「下北沢ダイハード」豪華キャスト発表!

ザテレビジョン / 2017年06月23日06時00分

しかもその人物(吉沢亮)は誘拐犯で、どうやら身代金を運んでいるつもりらしい。全裸議員が入ったスーツケースは一体どこへ行く!?●国会議員・渡部修役/神保悟志コメント(台本を読んでみて)正直、面白いなと思いました。でも「これ誰やんの?」と思いました(笑)。全裸で一生懸命頑張ってますんで、ぜひご覧になってください!…んふふふふ(笑)。こんな言い方もおかしいかもし [全文を読む]

ゲティ三世の誘拐事件を映画化、リドリー・スコットが監督、ナタリー・ポートマン主演

ガジェット通信 / 2017年03月15日20時30分

彼は石油王で億万長者のジャン・ポール・ゲティの反抗的な10代の孫で、ジャン・ポール・ゲティは誘拐犯から要求された1700万ドルもの身代金の支払いを渋った。 ナタリー・ポートマンが、ジョン・ポール・ゲティ三世の母ゲイル・ハリスを演じる予定だ。アンジェリーナ・ジョリーが当初この役をオファーされていたが、スケジュールの問題で引き受けることができなかった。 誘拐犯 [全文を読む]

これ、もしかしたら世界中から誘拐犯が消えるかも!

FUTURUS / 2017年02月27日10時05分

【参考・画像】 ※ Ping – The World’s Smallest Global GPS Locator – Indiegogo ※ Wecora – Ping > Ping Media Room – Wecora.com [全文を読む]

【海外発!Breaking News】誕生直後、誘拐された女性 18年後に実の両親と再会するもいまだ“誘拐犯の母”を恋しがる(米)

TechinsightJapan / 2017年01月19日21時00分

出産したばかりの我が子を他人に誘拐されてしまった親の苦悩は、想像を絶するに違いない。このほど1998年に誘拐された赤ちゃんが18年ぶりに発見され、生みの両親と再会することができたという奇跡的なニュースが英米各紙で伝えられている。事件が起こったのは、約20年前の1998年7月10日のことであった。米フロリダ州にある大学医療センターで当時16歳のシャナラ・モブ [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.8(2)大会社の社長を誘拐犯人は闇の中に消えたまま

アサ芸プラス / 2017年01月01日09時52分

一方、入浴中の社長が拉致されるという荒っぽい誘拐劇で幕を開けたグリコ事件。記者は河川敷に車を停め、車内でデート中のアベックがいきなり襲われた事件を採りあげている。22歳と18歳のカップルはモデルガンや包丁、ライフル銃を持った3人組に脅され、あげく「グリコ犯人」と疑われて警察に逮捕されてしまったのだ。 84年6月24日号はこう報じている。〈大阪府警詰め記者が [全文を読む]

死刑執行人か! 警告パフォーマンスか? フィリピン・ドゥテルテ大統領「誘拐犯をヘリから突き落とした」発言

Global News Asia / 2016年12月30日22時32分

2016年12月30日、フィリピンメディアは、ドゥテルテ大統領は「誘拐犯をヘリコプターから突き落としたことがある」と発言したことを伝えた。 これは、28日の南カマリネス州での汚職取り締まりに関する演説の中で飛び出した発言。「もし汚職があれば私はヘリに乗って飛んでくる。そしてマニラへの帰路で汚職犯を突き落とすだろう」と話し、汚職犯に対しても死の処分を下すと警 [全文を読む]

「誘拐犯をヘリから突き落としたことがある」、フィリピンのドゥテルテ大統領がまたも問題発言―中国メディア

Record China / 2016年12月30日13時10分

2016年12月29日、環球網によると、フィリピンのドゥテルテ大統領は「誘拐犯をヘリコプターから突き落としたことがある」と発言した。 ドゥテルテ大統領は今月初頭、ダバオ市長時代に犯罪者3人を射殺したことがあると発言して話題となった。司法手続きを守らず、麻薬犯の殺害を許可するとの方針は国際社会から批判されているが、大統領は意に介する様子はない。 28日には南 [全文を読む]

「どう見ても不自然!」中国・マヌケすぎる“誘拐犯”の正体とは――

日刊サイゾー / 2016年09月04日13時00分

年間5,000件超もの誘拐事件が多発している中国で、なんともマヌケな“誘拐犯”が現れ、話題となっている。 「重慶晩報」によると、8月21日、重慶市に住む中年女性・丁さんのもとに、2枚の写真が送られてきた。1枚は、床に仰向けとなったひとりの男性。右手の人差し指は切断されており、周囲には滴った鮮血と中華包丁も確認できる。そして、もう1枚の写真には、両腕と首を縛 [全文を読む]


誘拐犯に間違われ、市中引き回しに! 個人間のトラブルが集団リンチに発展する、中国「冤罪私刑」

日刊サイゾー / 2016年05月31日15時00分

「頭條日報」(5月25日付)によると、浙江省寧波市内で携帯の訪問販売を行っていた男性が突然、地元住民から「誘拐犯」だと名指しされた。男性は集まった人々によって市中を引き回しにされ、木に吊るされてしまったのだ。 記事によると、被害を受けた53歳の男性は、訪問販売で立ち寄った住宅で悲劇に見舞われた。その住宅に住む女性に対して営業を行っていたところ、女性が突然意 [全文を読む]

「機転を利かせ誘拐犯を撃退した小学生」はうそだった、寄り道を怒られたくなかったためにうそつく―中国

Record China / 2016年03月11日11時10分

7日の放課後、小学5年生の男の子は見知らぬ男に連れ去られ、通行人の男性に対し「お父さん!」と叫んだことで誘拐犯が動揺し男の子を降ろし逃走したと伝えられていた。 澎湃新聞網によると、男の子の母親から通報を受けた警察は調査を開始したが、男の子が友だちの家に遊びに行き、帰りが遅くなったことを親に怒られたくなかったために誘拐犯に遭遇したとうそをついたことが分かっ [全文を読む]

中国の小学生、誘拐犯と知恵比べ=機転を利かせた一言で難を逃れる―中国

Record China / 2016年03月10日18時50分

男の子は通行人に助けを求めたが、誘拐犯が「この親不孝者!言うことを聞きなさい!」と親のふりをしたため助けに入る人はいなかった。男の子は効果がないと分かり黙り込んだが、そばを男性が通った際に「お父さん!」と大声で叫び、これに慌てた誘拐犯はすぐに男の子を降ろし逃走した。 誘拐犯の行方は分かっておらず、警察は現場周辺の監視カメラなどから手がかりを探している。同事 [全文を読む]

フォーカス