広畑のニュース

イー・ラーニング研究所 一般社団法人 兵庫県児童養護連絡協議会へ 学習機材としてタブレットを180台寄贈

PR TIMES / 2017年01月26日12時19分

2017年2月3日(金)広畑学園 地域交流棟1階シーホールにて贈呈式を開催 e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、フォルス学習システムの販売店「姫路フォルスWillingness」と共同し、兵庫県神戸市の一般社団法人 兵庫県児童養 [全文を読む]

株式会社フードナビ(代表:渡辺大河)、「産直海鮮居酒家 浜焼太郎」を2ヶ月で10店舗出店

PR TIMES / 2014年01月07日12時07分

全国で「産直海鮮居酒家 浜焼太郎」をFC展開中の株式会社フードナビ(本社:東京都豊島区南池袋、代表:渡辺大河)では、昨年11月に「浜焼太郎 勝田台店」(千葉県八千代市勝田台:11月6日開店)、「浜焼太郎 鷺宮店」(東京都中野区:11月9日開店)、「浜焼太郎 梅島店」(東京都足立区:11月15日開店)、「浜焼太郎 武蔵新城店」(神奈川県川崎市中原区:11月 [全文を読む]

「産直海鮮居酒家 浜焼太郎」をFC展開中の株式会社フードナビ(代表:渡辺大河)、8期連続黒字達成

PR TIMES / 2014年01月07日12時07分

この「浜焼太郎」のFC業態がなるべく投資を少なくしたいオーナー様の支持を得て、現在は出店ラッシュが続いており、昨年11月には「浜焼太郎 勝田台店」(千葉県八千代市勝田台:11月6日開店)、「浜焼太郎 鷺宮店」(東京都中野区:11月9日開店)、「浜焼太郎 梅島店」(東京都足立区:11月15日開店)、「浜焼太郎 武蔵新城店」(神奈川県川崎市中原区:11月25 [全文を読む]

【楽天】“魔の7回”を変えた浜崎あゆみ好きのルーキー・森原康平

文春オンライン / 2017年04月27日11時00分

そして現在、勝利の方程式でその7回を託されているのが森原康平投手という新日鉄住金広畑からドラフト5位入団した新人投手なのだが、皆さんはご存知だろうか? 入場曲は浜崎あゆみの名曲「Boys & Girls」 新人の開幕から10試合連続無失点のプロ野球タイ記録を樹立した、今最も注目を集めている投手である。僕が倉敷のオープン戦で森原投手の球を観て一番びっくりし [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!? 波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日16時05分

福山博之とともに、ハーマン(フィリーズから移籍)、森原康平(5位・新日鐵住金広畑)ら新加入選手が、先発から守護神・松井裕樹への間をつなぎきっちりとリレー。勝利の方程式を確立させた。 プロ初勝利を挙げた高梨雄平(9位・JX-ENEOS)も中継ぎとして登板しており、岸が帰ってきた今の投手陣が大崩れすることは考えにくい。 また、打撃陣も好調。なかでも全試合出場 [全文を読む]

好調セブンイレブンと苦戦のヨーカドー、どうして差がついたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月21日04時45分

苦戦するヨーカドー、好調なセブンイレブン セブン&アイ・ホールディングスが、傘下のスーパー「イトーヨーカドー」の秦野店(神奈川県秦野市)や広畑店(兵庫県姫路市)など4店を、採算悪化を理由に、3月中に閉鎖することが28日、分かった。構造改革による初年度の閉鎖店舗数は、計画通り計20店舗となった。(Sankei Biz 3月1日の記事より) とあるように、セ [全文を読む]

【プロ野球】WBCの年は楽天がAクラス!? 勝利の四重奏を奏でる「鷲の新人投手カルテット」で躍進だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日16時05分

ドラフト2位の池田隆英(創価大)、4位の菅原秀(大阪体育大)、5位の森原康平(新日鐵住金広畑)、9位の高梨雄平(JX-ENEOS)だ。 最速151キロを誇る池田は、2試合投げた対外戦で制球に苦しみ、3回を被安打8、7失点。プロの洗礼を浴びてファームで出直しになったが、残り3人衆の評価は急上昇。開幕1軍も視野に入ってきた! ※野球の見方が変わるスマホマガジン [全文を読む]

2万5000人に伝わる話し方、3つの「P」を満たしているか

プレジデントオンライン / 2017年01月19日09時15分

広畑製鉄所総務部長、経営企画部長などを経て、2014年より現職。高校・大学とラグビー部で活躍し、秋田高校時代には花園ベスト4。 ---------- (増田忠英=構成 市来朋久=撮影) [全文を読む]

【プロ野球】《二遊間の系譜》西野真弘、安達了一で時代を築け! 阪急、オリックスのキーストーンコンビ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日17時05分

弓岡は兵庫県出身、東洋大姫路高から新日鐵広畑を経て、1980年のドラフト3位で阪急に入団。まさに地元の選手である。背番号は5。 弓岡は大橋とのショートのポジション争いに勝ち、新人ながら開幕スタメンとなり、このシーズンは全試合に出場した。1983年からは主に2番打者として活躍、3年連続でリーグ最多犠打を達成。1985年に記録した1試合4犠打はNPBタイ記録で [全文を読む]

【プロ野球】藤平尚真(横浜高)の一本釣りに成功した楽天。球団史上最多14人を指名したドラフト結果を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日16時05分

■最速150キロ超えの投手が多い 1位の藤平に加え、2位の池田隆英(創価大)、4位の菅原秀(大阪体育大)、5位の森原康平(新日鐵住金広畑)ら、指名した投手の顔ぶれを眺めると、ある共通項に気づく。ストレートの最速が150キロを超える面々が多いのだ。 現在、1軍の主戦で、球威あるスピードボールを武器に打者を圧倒できる投手は、日本人では則本昂大ぐらいに限られて [全文を読む]

【2016ドラフト】田中正義はソフトバンク、佐々木千隼はロッテが5球団の抽選の末、交渉権獲得。楽天は藤平尚真の交渉権獲得。

インフォシーク / 2016年10月20日15時00分

【10巡目指名】 オリックス 選択終了 東北楽天 西口直人(投手・甲賀医療専門学校) 横浜DeNA 選択終了 日本ハム 選択終了 【9巡目指名】 日本ハム 今井順之助(内野手・中京) 横浜DeNA 佐野恵太(内野手・明大) 東北楽天 高梨雄平(投手・JX-ENEOS) オリックス 根本薫(投手・霞ケ浦) 【8巡目指名】 オリックス 澤田圭佑(投手・立大) [全文を読む]

【プロ野球】《“外野手のドラ1”を振り返る》抜群の成功率!? 「外野手」として指名された歴代ドラ1たち

デイリーニュースオンライン / 2016年10月12日17時05分

★は現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“外野手ドラ1”の通算成績 【1965年】 長池徳二(法政大→阪急) 1449試合:打率.285/338本塁打/969打点/98盗塁 【1966年・第2次】 伊熊博一(中京商高→中日) 43試合:打率.119/0本塁打/0打点/0盗塁 【1967年】 高田繁(明治大→巨人) [全文を読む]

【導入事例】「社員旅行、ご家族もどうぞ・・・の時代はもう終わり。福利厚生で酸素カプセルを会社に1台!」の時代が到来!

DreamNews / 2015年06月17日16時30分

【松田土木工業株式会社ホームページ】 http://www.matsuda-doboku.com/ 【松田土木工業株式会社について】 社名 松田土木工業株式会社 設立 昭和48年2月5日 創立 昭和35年2月1日(松田土建) 資本金 35,000千円 代表者 代表取締役 内海 勉 本社 [所在地] 〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2丁目46番 [全文を読む]

2014年度グッドデザイン賞受賞!居住者が街を育てる戸建て住宅地『リビオ姫路大津 ブルームガーデンのぞみ野』

PR TIMES / 2014年10月01日15時37分

「のぞみ野」は、当社が取り組む新日鐵住金・広畑製鉄所の社有地開発「大津・勝原地区開発」の最新プロジェクトとして、2006年から計画に着手、2011年5月に分譲が開始されました。 兵庫県で初となる景観協定の導入や美しい街を維持するための管理組合の設置など、住民同士のコミュニティによって街の運営を行い、街の価値を維持・向上させる「街を成長させるマネジメントシス [全文を読む]

【レコールバンタン】夏に向けたランチメニューとデザートを学生が開発、8月20日(水)から9月20日(土)の期間中、CAFÉ太陽ノ塔で提供!

DreamNews / 2014年07月23日11時00分

7月21日(月・祝)にCAFÉ太陽ノ塔 代表取締役 広畑典子さんと各店舗代表者3名の計4名によって行われた審査の結果、赤井さん・不井さん・尾山さん・内海さんのグループが開発したランチメニュー「アボカドタルタルのチキン南蛮風」と、デザート「レモンクリームの爽やかロールケーキ」が、最優秀作品として選ばれました。 「アボカドタルタルのチキン南蛮風」は、甘酢あん [全文を読む]

川崎重工で社長解任の“クーデター” 市場は好感も、役員にのしかかる代償とは?

Business Journal / 2013年06月17日18時00分

14日付の朝日新聞のまとめによれば、同日の臨時取締役会で長谷川社長、高尾光俊副社長、広畑昌彦常務を解任する緊急動議が提出され、残る取締役10人全員が賛成。後任社長には、村山滋常務が昇格した。 解任の理由は4月22日、日本経済新聞が報じた三井造船との経営統合交渉だった。川崎重工はこの件について「当社が発表したものではなく、そのような事実はない」と説明してき [全文を読む]

フォーカス