同窓会のニュース

昔の友達や先生に会いたい!でも、諦めていませんか?同窓会幹事代行サービス「同窓会プロ」の提供開始 ~プロに任せて、らくらく同窓会~

@Press / 2012年12月13日12時30分

関西一円22店舗で無料式場案内を展開する株式会社ワールドウェディング堺(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役:山口 朋宏、以下 当社)は、同窓会幹事代行サービス「同窓会プロ」について、2012年12月1日からサービスの提供を開始しました。 「同窓会プロ」 http://dsk-pro.com 【提供の背景】 昔懐かしい旧友たちが一同に集まる同窓会は、本当に感動 [全文を読む]

【これはひどい】同窓会によくいる痛いヤツ10選! あなたかもしれない(笑)

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年10月08日06時00分

昔なつかしの友人たちと集まって、楽しいひと時を過ごすことができる同窓会。昨今ではFacebookやLINEなどの便利なSNSツールが普及したこともあり、以前よりも同窓会を開催しやすい環境となりました。 楽しいはずの同窓会が台無しに ところが楽しいはずの同窓会も、空気を読まない人がたった一人参加するだけで、場の雰囲気が最悪になることがありますよね。普通に参加 [全文を読む]

同窓会の参加率、50代は24.8%だが70代以上は62.2%に上昇

NEWSポストセブン / 2017年01月16日11時00分

高校の同級生が集まる、新年会を兼ねた年に1度の同窓会。交代で持ち回りをしている幹事が、今回は70才の清田幸子さん(仮名)に回って来た。予算1万円以内でどれだけみんなに楽しんでもらえるかが、幹事の腕の見せ所。昼間はホテルの宴会コースでおいしいものを食べてちょっとお酒を飲み、そのあとカラオケに流れるのが定番だ。清田さんはこの日のために『恋ダンス』も覚えたし、新 [全文を読む]

カップル誕生、翌日鳴り止まぬ通知…Facebookきっかけの”同窓会あるある”3つ

しらべぇ / 2014年10月08日09時00分

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及と比例して増える催し物といえば、同窓会です。 Facebookで同級生を発見し、「オッ!○○じゃん、久しぶり!いま同窓会を企画してるんだけど、もちろん参加するよね?」「いいね!手分けして連絡すれば結構人集まるっしょ!」のようなノリではじまり、久々に懐かしい顔ぶれがそろうー。誰しも一度は経験したことがあると思います [全文を読む]

金子哲雄氏 “絆”ブームで今年は同窓会が増えると予測する

NEWSポストセブン / 2012年01月28日07時00分

流通ジャーナリストの金子哲雄さんが、女性セブンで気になるページを紹介! 1月19・26日号の「同窓会のオキテ」特集は、同窓会当日のスタイリングやメイク術の伝授、5人の同級生が座談会で本音を語るなどの内容だったが、金子さんは以下のように解説する。 * * * 今年のセブンは、読者ターゲットをR40により絞り込んできてますね。ターゲットを明確にすることで情報に [全文を読む]

同窓会をきっかけとした恋と結婚のエピソード6選!忘れ物がキューピッドに!?

ココロニプロロ / 2017年01月09日15時20分

同窓会って甘酸っぱい思い出が一気に込み上げてきますよね。◆男性の7割は恋の始まりを期待している「同窓会に恋の始まりを期待しますか?」というアンケート(マッチアラーム調べ)によると、実に男性の40.1%が「期待する」、30.9%が「やや期待する」と回答したそうです。つまり70%以上の男性は「何かあるかも」と下心を持って参加しているってこと。日頃から「出会いが [全文を読む]

同窓会は心のアンチエイジング 女として再評価され不倫に発展

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

シニア世代の出会いの場として注目されているのが、同窓会だ。シニア世代の性愛事情に詳しい作家の亀山早苗さんは言う。 「最近、同窓会で焼けぼっくいに火がつくケースをよく聞きます。特に40代から同窓会は急増しますね」 亀山さんの知り合いには、中学、高校、大学と年に一度は必ず同窓会を催すというツワモノがいるという。 「その都度、すごく盛り上がるそうです。シニア世代 [全文を読む]

【恐怖】同窓会「格付けバトル」は実在する!? 男女で大きな差が出た原因は?

しらべぇ / 2015年02月19日17時00分

Photo by Kohei Fujii https://www.flickr.com/photos/khf_fjs/6974503200 on Flickr 先日放送のフジテレビ系情報番組『ノンストップ!』で、女性の「同窓会における格付けバトル」が取り上げられ、「軽自動車で妻を迎えに行ったら『恥ずかしいクルマで来ないで!』と激怒された」というエピソードが [全文を読む]

妻の不倫 5年間騙され続けた42歳夫「怒りは一生収まらぬ」

NEWSポストセブン / 2012年08月08日16時00分

最近、フェイスブックの流行により、妻が別れた恋人と“繋がってしまう”というケースが相次いでいるらしいが、女性の恋愛や結婚事情に詳しい作家の島田佳奈氏によると、SNSと並び既婚女性たちの再会劇の“鉄板”なのが同窓会。メーカー勤務のX氏(42)も同い年の妻の“元サオ”を知ってしまった一人だ。 「妻が高校の同窓会があるといって、故郷・北海道へ出かけて行ったのは5 [全文を読む]

71才落合恵子 同級生とは「年も忘れ、性別超えた関係」

NEWSポストセブン / 2017年01月13日07時00分

シニア層の間で同窓会に対する需要が高まっているという。同窓会の幹事を代行する『笑屋』の取締役・八木誠さんは「東日本大震災の翌年あたりから、徐々に同窓会の熱が上がり始めた」と指摘。同窓会に関する問い合わせも、毎年130%の割合で増えており、65才以上の同窓会が恒例行事になることも多いとのこと。 毎年、旧友との時間を大切にしている人がいれば、同窓会に興味がない [全文を読む]

17万人反原発デモに同窓会のウキウキ感 女性作家が現場ルポ

NEWSポストセブン / 2012年07月18日07時00分

なんだかクラス会、同窓会にむかう時のウキウキ感すら伝わってくる元気ぶり。いろいろな市民や地域グループの旗に混ざって、「明大全共闘」「芝浦工大全共闘」「日大全共闘」などの旗も。1968~1970年代に盛り上がった全共闘運動、その古い友と再会し、懐かしき経験を共有する喜びに溢れている人々の環のように見えました。 世は空前の「同窓会ブーム」です。背景にFaceb [全文を読む]

同窓会なんか行かない!呼ばれたことがない人が怒りの声

しらべぇ / 2016年11月12日19時00分

(nikoniko_happy/iStock/Thinkstock)同じ学校で学んだ友人と再び会って旧交を温めるイベント、同窓会。疎遠になってしまったクラスメートや、かつて好きだった異性と再会する楽しみもあり、頻繁に行われている模様。なかには、同窓会での出会いをきっかけに恋愛に発展し結婚するケースや、不倫に至ることもあるらしい。それを密かに期待して参加する [全文を読む]

「同窓会代行業」の現場に潜入 予算は1人8000円から

NEWSポストセブン / 2015年03月31日11時00分

アラフォー世代になると増えてくるのが、同窓会。ただ、卒業して20年以上も経つと行方知れずの友人も多く、何の気なしに幹事を引き受けて途方に暮れる人も多いという。そんな幹事を助けてくれるサービスが今、大盛況だ。出欠確認から場所の手配、当日の司会、記念写真送付など、幹事に代わって同窓会を全面的にサポートする“同窓会代行業”の現場に潜入してみた。 今回潜入した同窓 [全文を読む]

同窓会は嘘まみれ!? 自慢話は基本的に疑おう!

恋学 / 2015年01月17日01時00分

先日旧友と通話中、「そういやこないだの同窓会でさ……」とナチュラルに切り出され、「は? そんなのいつやってた!?」と質問したところ「え? あ、ヤベ!」と返された松本ミゾレです。 同窓会というのは元クラスメイトとの再会の場。かつての少年少女たちが立派な社会人として集まる集会ですから、なんとなく幾つになってもわくわくしますよね。呼ばれてないけど。 さて、そんな [全文を読む]

次回から呼ばれなくなるかも!? 「同窓会で嫌われる女性」のNG言動4つ

WooRis / 2015年01月01日11時30分

年末年始といえば同窓会のシーズン。学生時代の友人は、ママ友などとは違って心許せる相手ですし、懐かしい人たちとの再会が待ち遠しいですよね。しかし、いくら気心の知れた相手といっても、最低限の礼儀は必要。うっかりマナー違反を犯すと当時の楽しかった思い出もぶち壊しで、最悪の場合、「次回からあいつは呼ぶな」なんてことにもなりかねません。そこで、同窓会の幹事代行・プロ [全文を読む]

鈴木啓太氏の引退試合に三都主アレサンドロや相馬崇人、都築龍太などOBの参加が決定!

超ワールドサッカー / 2017年05月26日19時00分

そう考えてきた中で行き着いた一つのキーワードが、“同窓会”でした」 「過去に行われてきた引退試合を思い返してみると、ピッチで選手たちが楽しくボールを蹴りながら行っている“同窓会”の様子を、ファン・サポーターのみなさんも懐かしみながら笑顔で見守っている。そんな素敵な光景が思い浮かんできたのですが、それと同時に、「“同窓会”は選手たちに限ったものではない!」と [全文を読む]

シニアの同窓会に関する調査

@Press / 2016年02月17日10時15分

シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,465人を対象に、「同窓会」に関する調査を実施いたしました。<調査結果ダイジェスト>■【この1年間の同窓会参加状況】、70代以上で62.2%50代24.8%、60代42.5%、 [全文を読む]

12星座【同窓会の恋】ランキング 懐かしの再会で恋に落ちるのは蟹座×蠍座!

i無料占い / 2014年07月10日12時00分

『あすなろ白書』や『東京ラブストーリー』(共に小学館)など、恋愛漫画の巨匠・柴門ふみの最新作『同窓生~人は、三度、恋をする~』(小学館)が、井浦新主演でドラマ化! 物語は、25年の歳月を経て、同窓会で再会した男女の恋模様。 まもなく夏休みシーズン。帰省時に同窓会への出席を予定している人もいるでしょう。久々に再開するかつての恋人と、大人同士として恋が再燃する [全文を読む]

女性の同窓会 変身大会ではないので格好を無理する必要なし

NEWSポストセブン / 2012年01月10日07時00分

最近「同窓会」がR40女性の間でブームだというが、「同窓会って何を着ていいのか…すごく迷います」という声も聞こえてくるもの。そこで、スタイリスト・押田比呂美さんがアンサー! * * * 普段着なれないスーツなんかで行くと、頑張ってる感じが痛々しいし、服が浮いてしまって、逆に老けて見えます。女の目はシビアよ、『それ、いつもは着てないでしょ?』って、すぐ見抜か [全文を読む]

乱入!パパラッチ!みんなのヤバい成人式エピソード

Woman Insight / 2017年01月09日12時00分

・成人式後の同窓会で、昔好きだった同級生に再会。なんと、その後付き合うことになりました♡ ・友人がディズニーランドで告白するというので、式典だけ出てもうひとりの友人と成人式の髪型のままでパパラッチしに行きました(※ちなみに出席したのは茨城県結城市)。学級委員長だったのにクラス会の幹事を丸投げしたので怒られました……。 ・昔好きだった人に再会できる……とド [全文を読む]

フォーカス