珠江のニュース

【ホテル日航奈良】味も量も満足の初登場企画『満腹中華!オーダーバイキング』

PR TIMES / 2014年06月23日16時10分

ホテル日航奈良(奈良県奈良市三条本町8-1 総支配人 津秦 幸生)では、2014年7月1日(火)~8月31日(日)の間、3F 中国料理 珠江にて、32種類のメニューをお好きなだけお召し上がりいただける『満腹中華!オーダーバイキング』を開催いたします。 中国料理 珠江は、旬の素材を活かすあっさりした味付けの広東料理をベースに、料理長オリジナル調味料やソース、 [全文を読む]

「中国はパクリ大国」は時代遅れのデマ、深センが製造業イノベーションで世界の中心に―英メディア

Record China / 2017年04月20日23時10分

中国の大部分のイノベーションは珠江デルタの企業によって生み出されているが、深センは人口の移動に制限がなく、労働契約を結ぶことが難しくない上、他の地域の出身者に対する差別も少ないため、人材を原動力とした経済成長を実現できているという。 記事によると、最近、数百人の学者と弁護士が深セン市内のホテルに集まり、「イノベーション、寛容、及び秩序」というテーマのもと [全文を読む]

中国、工場倒産ラッシュが始まった!

Business Journal / 2015年10月24日06時00分

海外輸出向け製造業を基幹産業として栄えてきた広東省の珠江デルタは、中国で最も人口が密集している珠江河口の広州、香港、マカオを結ぶ三角地帯を中心とする地域だが、国慶節期間中から工場閉鎖が相次いでいるのだ。 広東省の有力紙である南方都市報によると、10月5日午前、東莞市にある台湾系の電子部品メーカー金宝電子の工場で、突然の操業停止が工員に言い渡された。この日 [全文を読む]

中国大陸における新たな拠点の開設について

@Press / 2012年06月25日11時15分

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、中国大陸における事業強化を図るため、2012年7月1日に、中国東北部最大の都市である遼寧省瀋陽市、西部地域において成長著しい四川省成都市、珠江デルタ(*1)における経済・金融の中心である広東省深セン市の3都市において、NTT Communications China Ltd.(本社:上海、略称:NTT [全文を読む]

地球温暖化で中国珠江デルタに危機、経済的損失も膨大―米紙

Record China / 2017年04月11日09時50分

中国南部の広東省にある「珠江デルタ」は有数の工業地帯であり、総人口4200万人という世界最大の都市圏だ。大規模水害が起きやすい地形で、過去に何度も洪水が起き、現地企業にも多大な被害が発生しているが、温暖化の影響で水面上昇が危険な状態に近づきつつある。 ニューヨーク・タイムズによると、世界銀行の報告では、全世界のあらゆる都市の中で、最も気候変動が原因の経済 [全文を読む]

大気汚染防止目標、来年が最終期限も、北京はまだ深刻―中国

Record China / 2016年09月11日16時10分

中国清潔空気連盟事務局高級プロジェクトマネージャーの王麗莎氏は7日、「大気十条の2017年の排出削減目標によると、北京・天津・河北、長江デルタ、珠江デルタという3大重点エリアがほぼ目標達成しており、PM2.5の濃度はそれぞれ25%、20%、15%低下した。しかし具体的な都市のうち、北京市と上海市はまだ目標達成しておらず、うち北京市は目標との間に最も大きな差 [全文を読む]

中国裁判所、中国企業「face book」商標に無効判決=フェイスブックの中国進出へ中国政府の態度軟化との分析も―仏メディア

Record China / 2016年05月10日14時10分

2016年5月9日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のフェイスブックが、中国で「face book」という商標を用いている広東省中山市の食品業者「珠江飲料廠」を相手取り起こした商標権侵害訴訟で勝訴したことが分かった。 仏RFI(中国語電子版)は、英紙フィナンシャル・タイムズの報道を引用し、フェイスブックへの国内からの接続を遮断してきた中 [全文を読む]

「巨大なパンツ」等中国で奇妙な建築物増加 習近平氏も苦言

NEWSポストセブン / 2015年01月11日07時00分

直径47メートル、幅28.8メートル、建築総面積10万5000平方メートルと、その黄金に輝く巨大な銅銭が珠江の川面に映える効果を狙っているとされる。 4つ目は北京の中国共産党機関紙「人民日報」本社ビルで、その形は植物のツクシのようで、本体は金色で、その上に黒い帽子をかぶせたように見える。その奇抜な形に、市民は陰で「男性のシンボルみたいだ」とうわさしていると [全文を読む]

中国の発展を牽引する珠江デルタ地区。香港・マカオ・広東省が緊密に連携。5月開催『think GLOBAL, think HONG KONG』内の「広東省・香港経済融合への展望」分科会への参加者募集中

PR TIMES / 2012年05月10日11時22分

中国珠江河口の香港・マカオ・広東省を結ぶ三角地帯を中心とする地域、珠江デルタ地区は、中国の最も重要な経済センターとしての機能を果たしつつある。中国政府は2009年1月に「珠江デルタ地区発展計画(2008~2020年)」を発表、香港・マカオ・広東省の3地域がこれまで以上に緊密に連携することにより、珠江デルタ地区を「世界的な競争力を備えたアジア太平洋地域で最も [全文を読む]

習近平氏の最高指導者就任でビジネスマン 福建省に注目か

NEWSポストセブン / 2012年01月18日07時00分

中国の3大経済地帯といえば、上海を擁する長江経済地帯と香港や深センなどの経済特区を中心とした珠江経済地帯、さらに北京を中心とする渤海湾経済地帯で、長江、珠江の両経済地帯は改革・開放路線が導入後、すぐに開発されたことで知られる。その一方で、北京はといえば、首都であることから政治都市ということで、経済開発が遅れていた。その北京を中心として、隣接する天津市、河北 [全文を読む]

広州で話題の「ぽっちゃりモデル」、1日30万円以上稼ぐモデルも―中国

Record China / 2017年06月03日01時10分

珠江デルタ地域では女性服のEコマースや海外ブランドの服の販売が盛んなため、中国全国で最も業界経験豊富とされているぽっちゃりモデルたちが広州でその市場を形成している。そのうち、身長170センチ、体重85キロの「上級」のぽっちゃりモデルの時給は2000元(約3万2000円)を上回り、月収は7- 10万元(約113万-162万円)に達する。それに対して一般的なモ [全文を読む]

中国、2016年のPM2.5平均濃度は基準値3割オーバー、当局責任者「全体的な改善は見られたが…」―中国メディア

Record China / 2017年04月25日14時40分

同部長は昨年見られた大気の質の特徴として「全体的な改善」「一部地域や一定期間における汚染の深刻さ」を挙げており、「優良」と判断された日数の割合が前年に比べ2.1ポイント増えたこと、北京・天津・河北エリア、長江デルタ、珠江デルタのPM2.5平均濃度がいずれも前年より下がったことなどを説明する一方、河南、北京、河北、山東で「優良」の日数が6割に満たなかった点 [全文を読む]

中国から見るトランプ時代 「我々も歴史には学んでいる」

Forbes JAPAN / 2017年04月07日18時45分

珠江沿いに整備された公園の空気は、北京に比べると格段に澄んでいる。辺りには19世紀の大砲が数門、役目を終えて海に向けて鎮座する。 私が初めてこの地を訪れた1978年と同じ佇まいだが、周囲の景観は一変した。アヘン戦争やアロー号事件、日中戦争、文化大革命、改革開放を見つめてきた砲身は、いま何を思っているのか。 感慨にふける私を、貿易試験区の幹部が現実に呼び戻し [全文を読む]

中国が河北省に新特区「雄安新区」を設立、海外メディアも報じる

Bridge International Media / 2017年04月04日11時50分

このほか、英紙フィナンシャル・タイムズは「中国南方の珠江デルタ、長江デルタは経済成長のトップを走っているが、北方にこのような注目される存在はなかった」と説明し、雄安新区は北京から剥離された産業の受け入れ先ではなく、京津冀(北京・天津・河北省)地域あるいはさらに広い範囲に発展活力をもたらすことにその意義があるとの認識を示した。(by Asada) [全文を読む]

3連休がやって来る!海外旅行は桜シーズンの日本が大人気―中国

Record China / 2017年03月29日17時50分

うち、車で行く人には長江デルタや珠江デルタ一帯が人気となっている。一方、鉄道を見てみると、連休初日の4月2日に上海や杭州、武漢などの花見の名所やその周辺地域へ向かう便のチケットがほぼ完売となっている。特に、南京南駅、武漢駅が人気トップ10に入り、過去最高を記録している。 海外旅行を見ると、桜のメッカである日本が依然として最も人気。日本では3-5月に各地が桜 [全文を読む]

Android向け占いアプリ『東洋占い師の頂点【麥玲玲】的中占い 』を配信開始!

DreamNews / 2017年03月13日09時00分

この数年間、中国国内で招待された講演は数えきれない程多く、福建、江西、湖南、広東、広西、海南、四川、貴州、及び雲南の、総称「汎珠江デルタ」の九大省をまたにかけ活躍の場を広げる。また、自身が有する専門知識で、国内のみに問わず、世界有数の海外大企業や不動産、金融機関など様々な企業・サービスと連携・協力し人気を博している。中国最大のSNS『Weibo』の登録者数 [全文を読む]

iPhone向け占いアプリ『東洋占い師の頂点【麥玲玲】的中占い 』を配信開始!

DreamNews / 2017年03月13日09時00分

この数年間、中国国内で招待された講演は数えきれない程多く、福建、江西、湖南、広東、広西、海南、四川、貴州、及び雲南の、総称「汎珠江デルタ」の九大省をまたにかけ活躍の場を広げる。また、自身が有する専門知識で、国内のみに問わず、世界有数の海外大企業や不動産、金融機関など様々な企業・サービスと連携・協力し人気を博している。中国最大のSNS『Weibo』の登録者数 [全文を読む]

「きれいな空気はいつ?」環境保護部が回答―中国

Record China / 2017年01月09日22時10分

北京・天津・河北地域の平均は71μg/m3、長江デルタ地域は46μg/m3、珠江デルタ地域は32μg/m3で、どのデータも例年に比べて明らかに低下した。全国の地級以上の都市338カ所でも空気の質の改善が持続的に進められた。陳部長は、「先進国の同期の動きに比べ、中国の環境の質改善ペースは遅くない。これは中国の大気汚染対策の方向性の正しさを物語るものだ」と述べ [全文を読む]

中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪「いつ改善できるか明確に示すのは困難」―英メディア

Record China / 2017年01月08日17時20分

「いつになったらきれいな空気になるのか」との質問に対し、陳部長は「タイムテーブルを示すのは難しい」とした上で、「珠江デルタ地域の15年の空気質は概ね基準に達したが、広東省はこの問題の解決に向けた検討を2000年前後から開始している。およそ十数年の時間をかけて現在のような成果を達成した」と答えた。(翻訳・編集/柳川) [全文を読む]

経済崩壊で習近平の任期延長も?2017年の揺れる中国を大予測

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日12時05分

例を挙げると2016年末、国内屈指の人口密集地域「珠江三角洲」の工業地帯を政府から派遣された調査員が抜き打ち調査したところ、多くの工場が罰金を恐れて運営を停止しました。その流れから現在、「環境保護の嵐」と呼ばれるほど同地区の環境基準は厳格化しており、炊飯器や石鹸の使用すら環境汚染行為とみなされ5000元(約85000円)の罰金が採用されます。このような傾 [全文を読む]

フォーカス