蔵前のニュース

浅草の隣・蔵前が“超絶おしゃれタウン”に激変! 毎月開催の人気イベント「月イチ蔵前」に行ってみた

ウートピ / 2014年08月15日18時00分

今、浅草のお隣、蔵前周辺が超おしゃれな街に、激変しているのをご存知だろうか。とくに、2012年に東京スカイツリーが開業以降、ここ数年で、20代、30代の若い人たちが古い建物などをリノベーションし、びっくりするほどハイセンスなアトリエ、ゲストハウス、カフェ、雑貨店などがぞくぞくと登場しているのだ。毎月第1土曜日には、蔵前の店主たちがそれぞれの店舗でワークショ [全文を読む]

浅草の職人とコラボした「身に着けられるアート展」開催!ハロウィーンには浅草で仮装行列も

PR TIMES / 2015年10月19日10時26分

台東区蔵前のシェアアトリエ「蔵前4273クリエイティブガレージ」で、「身に着けられる」をテーマにしたアート展「1+4 hands~wear where?」が10月19日~31日まで開催されます。【1+4 hands~wear where?とは~】「1+4 hands」は、4人のアーティストが5月にライブペイントした帆布を、蔵前の職人がバッグに加工して販売す [全文を読む]

ものづくりの町で遊ぶ「モノマチ」今年も開催! 190組の店舗・工房が参加

TABROOM NEWS / 2016年05月23日21時37分

「モノマチ」はものづくりの盛んな御徒町~蔵前~浅草橋にかけての地域にあるショップや工房190組が参加する多店舗同時開催イベント。今回で8回目を迎え、恒例企画として広く知られてきています。前回の第7回モノマチではのべ10万人が来場したそう。 期間中は参加店舗で配布されている「モノマチ歩きマップ」を片手に気になるお店めぐりが楽しめるほか、ワークショップなどの [全文を読む]

住みたい街でひそかな人気の蔵前が不動産漫画に登場

Walkerplus / 2016年04月09日11時00分

ここからみんなの“住みたい街”が見つかるかも?第9回は、今回で3回目の登場となる「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」の第2巻に登場した蔵前駅をピックアップ。物語は1話完結で、住みたい街ナンバーワンの吉祥寺に引っ越そうと物件を探しに来た人たちが、ある不動産屋に入るところから始まる。今回、不動産屋に訪ねてきたのはカメラマン志望の女性。彼女はニューヨークでプロを目 [全文を読む]

浅草観光のあとは隅田川散歩でふらりと・・一級品の“Sake”と日本が誇る“Teppanyaki”が楽しめるお店「食堂&呑み ボン花火」「焼くろ澤」 11月7日(土)台東区・駒形、隅田川沿いにOPEN

DreamNews / 2015年11月04日12時30分

台東区蔵前に2011年OPENした卓球サロンバーRIBAYONの姉妹店。月替わりのクラフトビールやこだわりの日本酒に女将の気まぐれおつまみメニューからがっつり系まで。鉄板メニューを中心に気軽にわいわい楽しめる食堂&呑み処「ボン花火」台東区・駒形、江戸の情緒がまだ残るこのエリアに築40年・4階建てのビル1棟をリノベーションし新たな「食」を楽しむスポットが誕生 [全文を読む]

クリエイティブでつながる!自分らしさも発見・発信できるカフェ

ANGIE / 2016年03月16日21時00分

人と人とつながりがもてるカフェ特集・第二弾はアーティストやクリエイターが集う、蔵前4273です。 最近、ものづくりの街として注目が集まる蔵前エリアに2年前に登場したこちらのカフェ。通常のカフェでありながらシェアアトリエも併設し、そこはクリエイターたちの作業場でもあり、作品発表の場でもあります。古い町工場を活かした空間は、まさにクリエイティブ感たっぷり。そこ [全文を読む]

日本人の概念を覆すチョコ『ダンデライオン』が蔵前に上陸

しらべぇ / 2016年02月10日08時00分

2016年2月11日に、『ダンデライオン・チョコレート』が東京・蔵前にオープンする。1階にチョコレート・ファクトリー、2階にワークショップスペースを併設したファクトリースタイルのカフェだ。作業工程を間近で見ながら、チョコレートやスイーツを味わうことができる。■ 「Bean to Bar」製法でカカオの風味を最大限活かす同店は、2010年にサンフランシスコで [全文を読む]

クリエイティビティを刺激する本格インドヨガスタジオ「藝 UeL Tokyo」モノづくりの町、台東区蔵前にオープン

PR TIMES / 2017年03月31日10時00分

台東区ものつくりクリエイター応援キャンペーンをスタート 初回に限り、台東区で働くクリエイターの方はワンコイン(500円)で受講可Web領域の動画制作事業を行う株式会社東京倉庫(台東区蔵前/代表取締役:瀧祐夏)は、新事業として、東京都台東区蔵前に、「クリエイティビティを刺激するヨガ」という全く新しいコンセプトのヨガスタジオ「藝 UeL Tokyo(ウエルトー [全文を読む]

『銀と金』地獄のポーカー決着!7億を巡る死闘を制したのは“あの男“の圧倒的閃き!!

Business Journal / 2017年03月06日15時00分

そんな森田を加えた銀二一味が次に狙うのは、日本最大のパチンコチェーン蔵前グループの総師である蔵前仁(柄本明)。一ツモごとに100万円を支払い、それを供託金として貯め、最終的に勝てば総取りすることができるという常軌を逸した“蔵前麻雀”が始まる。 ギャンブルの怪物・蔵前に勝利することはできるのか? 最凶の麻雀編も大注目だ。 (文=ギャンブルジャーナル) [全文を読む]

【都内】まるで海外!日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選

TABIZINE / 2016年06月16日12時00分

■あわせて読みたい まるで海外!日本の美しすぎる異国風ホテル5選 http://tabizine.jp/2013/12/22/3386/ Nui.(蔵前) (C) Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE 地下鉄蔵前駅から徒歩5分。隅田川の近くに建つ5階建ての建物が、ホステル&バーラウンジNui.(ヌイ)です。スタイリッシュで清潔な部屋は、まるで [全文を読む]

アメリカで話題沸騰!「DANDELION(ダンデライオン)CHOCOLATE」が日本へ--注目のBean to Bar

えん食べ / 2016年01月22日18時30分

2月11日、東京・蔵前にオープンする。海外初進出となる。 ダンデライオンは、2011年に創業した、Bean to Bar(ビーン トゥ バー)と呼ばれる業態のショップ。カカオ豆とケインシュガー(さとうきびから作った砂糖)のみを使い、カカオ豆の風味を純粋に味わえるチョコレートが特徴なのだとか。 蔵前にオープンする店舗は、“ファクトリースタイルのカフェ”として [全文を読む]

「Bean to Bar」を味わい、知る。ファクトリーストア「DANEDLION CHOCOLATE」が日本進出

FUTURUS / 2015年12月30日11時30分

ワインのように収穫年も記載される(写真提供:Dandelion Chocolate Japan) 『DANDELION CHOCOLATE』海外初進出の1号店は、東京の下町、蔵前だ。 店舗は、サンフランシスコの本店と同様、ファクトリースタイルのカフェになる予定だという。1階は、チョコレートの製造過程が目の前で見られるカウンタースタンドとファクトリー、2階は [全文を読む]

アメリカ発チョコレート、日本一号店をオープン

モデルプレス / 2015年11月12日07時22分

◆日本一号店は東京・蔵前に 今回、同社は2016年2月に海外進出初となる東京への出店を決定。古くから装飾品や雑貨などの産業が盛んでものづくり文化の根付く蔵前の地に、クラフト文化が盛んなサンフランシスコの空気を感じる空間を提供する。 日本一号店はファクトリースタイルのカフェとなっており、1階はチョコレートファクトリーとスタンド、2階はカフェとワークショップ [全文を読む]

両国名物!?JRの駅でも買える「国技館やきとり」がウマすぎる件

GOTRIP! / 2015年06月10日04時15分

そんな激動の時代に産まれた両国国技館は、関東大震災や第二次世界大戦、そして日本大学への譲渡、蔵前国技館などの変遷を繰り返し、あのプラザ合意のあった1985年に現在の両国国技館となりました。 ・相撲と鶏の関係 相撲において、「土俵に手をつく」イコール「負け」ということから、2本足で立っている鶏の料理が古くから親しまれてきました。そのため場所中では力士は、鶏 [全文を読む]

BS12ch TwellV 『早川光の最高に旨い寿司』、海胆 シャンパンと楽しむ夏の寿司

PR TIMES / 2014年08月01日18時05分

創業60年を迎える名店「幸鮓」(東京・蔵前)が登場。2014年8月3日(日)よる8時オンエア! 全国無料放送のBS12ch TwellVで毎週日曜よる8時から放送中の『早川光の最高に旨い寿司』では、今回、今年で創業60年を迎える名店「幸鮓」(東京・蔵前)にて、夏にピッタリの冷えたシャンパンと旬の素材を使った最高に旨い寿司をご紹介します。日本が誇る伝統食「寿 [全文を読む]

三浦展の「東京のつくられ方」散歩 第1回「日本橋に火力発電所があった頃(そしてフクシマへの途)」

週プレNEWS / 2013年08月22日06時00分

まず1895(明治28)年に台東区蔵前の隅田川沿いに、浅草火力発電所が建設された。浅草発電所の開業によって東京市内全域に一括して電力が供給できるようになった。そのため前述の茅場町などの最初の5つの発電所は順次廃止されていった。 次に、1905(明治38)年には荒川区南千住、さらに1926(大正15)年に足立区北千住に、火力発電所がつくられた。 北千住の発 [全文を読む]

原鉄道模型博物館 フォトウィーク入選作品決定・クリスマスイルミネーション

PR TIMES / 2012年11月09日13時08分

「原鉄道模型博物館」からのご案内◆フォトウィーク入選作品の発表及び展示会のご案内◆原信太郎館長が「蔵前特別賞」を受賞いたしました◆クリスマスイルミネーションを実施いたします『フォトウィーク入選作品の発表・展示会』原鉄道模型博物館は、2012年10月1日(月)~14日(日)に「いちばんテツモパークフォトウィーク」を開催いたしました。期間中は、普段写真撮影がで [全文を読む]

【飲食新店舗】三陽商会を脱サラ、富士屋本店ワインバー出身のオーナーが、NYスタイルのスタンディングバー「The Bridge Bar&Lounge」を蔵前にオープン!!

PR TIMES / 2017年03月27日12時17分

東京のブルックリン蔵前で、NYのアトリエをイメージしたオシャレなスタンディングバーがオープンします!!ブルックリンラガーもタップで提供!!リバーヘッズグループ株式会社(東京都台東区、代表取締役:伊藤 真久)は【2017年4月11日】に東京都台東区浅草橋3−30−7にNYスタイルのスタンディングバー「The Bridge Bar&Lounge」をオープンしま [全文を読む]

ペンとインクがある生活♡ 持っているだけで所作が美しくなる大人のたしなみ

ウートピ / 2017年02月12日11時00分

それならまずは、道具を揃えるところから? というわけで、今回は東京・蔵前(台東区)にある、こだわりの一品が手に入る文房具店「カキモリ」を訪れて、自分のためのペンとインクを探してみることにしました。 文房具好きにはたまらない空間が カキモリは、「書く」ことにトコトンこだわった文具店。所狭しと、上質な紙製品やペンなどが並んでいます。表紙や中紙を選んで、自分だけ [全文を読む]

本物フレーバーにキュン!注目Bean to Bar店4選

Walkerplus / 2017年01月30日11時17分

■ 「ダンデライオン・チョコレートファクトリー&カフェ蔵前」(蔵前駅) サンフランシスコを拠点とするBean to Barブランドの日本初の旗艦店。蔵前店はカフェを併設したファクトリーで、製造工程を見ながらカカオニブ入りのスコーンやブラウニーなどイートインメニューが楽しめる。 ストロベリージャムとクリーミーなヨーグルト、キャラメリゼされたベリーのフレーバ [全文を読む]

フォーカス