百済のニュース

“百済の美”がわかりやすく!新刊『百済の美を求めて』

スポーツソウルメディアジャパン / 2013年07月27日00時00分

[スポーツソウルジャパン|編集局] キネマ旬報ムックによる「ビジュアル版 楽しくわかる韓国の歴史」シリーズのVOL.1「朝鮮王朝27人の王たち」に続き、今回その第2弾となる 『ビジュアル版楽しくわかる韓国の歴史VOL.2 百済の美を求めて』が発行した。美しい百済スマイルと、その秘密。日本と韓国の研究者が、最新の研究成果を織り交ぜ、わかりやすく百済を解説!朝 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「簡潔に読む! 韓国の歴史」~百済の歴史(前編)

Wow!Korea / 2016年09月02日22時28分

古代の朝鮮半島において、激しく覇権を争った高句麗(コグリョ)、新羅(シルラ)、百済(ペクチェ)。この3つの国は歴史上で名高い三国時代を形成したが、韓国の時代劇でよく取り上げられているのは高句麗と新羅の2つである。■忘れられた国韓国時代劇で高句麗と新羅がよく取り上げられる理由は何か。高句麗は朝鮮半島の歴史の中で最大の領地を獲得した伝説の強国だったし、新羅は最 [全文を読む]

<Wコラム>日本のコリアをゆく~百済寺跡・鬼室神社編2

Wow!Korea / 2016年04月29日21時20分

百済(ペクチェ)の義慈(ウィジャ)王は、在位が長くなって堕落した。そんな王のもとで国力が衰えるのも仕方がなく、新羅(シルラ)・唐の連合軍が攻めてきたときに、百済はなすすべがなかった。とはいえ、滅びゆく百済を必死に守ろうとした人物として有名なのが階伯(ケベク)将軍である。■身を投げた3千人の宮女当時、階伯は都の扶余(プヨ)を守る最高司令官だった。彼はこの戦い [全文を読む]

“日本のビーナス”孤高の仏像・百済観音はどのように作られたのか?

週プレNEWS / 2013年04月09日06時00分

百済観音の前に立った刹那(せつな)、深淵をさまようような不思議な旋律がよみがえってくる」(亀井勝一郎『大和(やまと)古寺風物誌』)。「その指先に、ほのかな官能を感じてくる。そうして、肉づきといったものをほとんど感じさせない痩せた長身の胸のあたりからも、かすかな息づかいをきく思いがしてくる。透明な肉感の匂い―といったものだろうか」(伊藤桂一『私の古寺巡礼 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「簡潔に読む! 韓国の歴史」~新羅の歴史(前編)

Wow!Korea / 2016年09月05日19時39分

当時は、朝鮮半島北部に高句麗(コグリョ)、西南部に百済(ペクチェ)が誕生しており、新羅は三国の中では中央集権国家の制度作りが最も遅れていた。とはいえ、神話が混在した記録によると、新羅もそれなりに由緒正しき王制を持っていた。■中央集権的な国家に変貌もともと、新羅という国は、紀元前57年に朴赫居世(パク・ヒョッコセ)が王位に就いたときから始まるとされている。当 [全文を読む]

奈良は百済人が建国? 韓国語で国を意味するナラが語源説

NEWSポストセブン / 2016年02月13日07時00分

一方、朝鮮半島に「高句麗」「百済」「新羅」が鼎立した“三国時代”(4~7世紀)に「百済が日本を植民地支配していた」と訴える韓国人学者もいる。その一人が、古代史研究家で高麗大学名誉教授のチェ・ジェソク氏だ。 チェ氏は、「日本書紀」に描かれた「倭国による朝鮮支配」を、当時の日本の航海技術が未熟だったことを理由に真っ向から否定。逆に、日本の地名や山、峠、島、寺 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「簡潔に読む! 韓国の歴史」~百済の歴史(後編)

Wow!Korea / 2016年09月02日22時35分

こうして百済は、高句麗、新羅と覇を競う三国時代の一角を担うようになった。■豪華絢爛たる王朝文化当時の百済にとって悩みの種は、南下を狙う高句麗の存在だった。両国は漢江の流域で激しい戦闘を続け、お互いの王までも戦死するという悲劇を繰り返していた。そうした戦いの様子はペ・ヨンジュン主演の『太王四神記』でもひんぱんに描かれていた。漢江流域に都があると戦乱に巻き込ま [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓古代史が面白い」仏教伝来(前編)

Wow!Korea / 2016年06月23日17時11分

高句麗(コグリョ)、百済(ペクチェ)、新羅(シルラ)の三国が激しい領土争いをしていた。百済は、新羅の背後にある日本と良好な関係を築きたいと願っていた。それが、新羅を牽制する最良の方法だと信じていた。そこで、百済の第26代・聖王(ソンワン/日本では聖明王と呼ばれている)は、日本に仏教を伝えることにしたのである。■百済王の使者が来日仏教が日本に伝来した年は、5 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「簡潔に読む! 韓国の歴史」~善徳女王の生涯(後編)

Wow!Korea / 2016年09月12日22時28分

新羅の兵が指示された場所に行ってみると、確かに百済の500人ばかりの兵が潜んでいた。ただし、百済軍は新羅がまだ気付いていないと思って油断していた。そこで、新羅軍は不意をついて百済軍を襲い、これを全滅させた。善徳女王が気付かなければ、逆に百済軍に襲われて新羅は窮地に陥っていたかもしれない。機先を制した善徳女王の勘の鋭さは、新羅の勇猛な将軍でさえも恐れおののく [全文を読む]

JYJ ジェジュン、百済文化祭の広報大使に!

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月18日14時07分

JYJのジェジュンが韓国の公州(コンジュ)市・百済文化祭の広報大使に就任する。公州市と百済文化祭推進委員会は18日、第63回百済文化祭の広報大使にジェジュンを任命すると発表した。公州市のオ・シドク市長は「ジェジュンを広報大使に任命することで、ユネスコ世界遺産である公山城と松山里古墳群を世界に広く知らせると同時に、第63回百済文化祭が成功裏に開催されるように [全文を読む]

訪韓日本人が増えた理由 250万人目標は達成できるのか? 関心薄い平昌五輪

ZUU online / 2017年03月03日17時40分

日本市場の韓国再攻略では、修学旅行の誘致や百済文化の観光商品開発など、日本人観光客250万人を目指すという。■歴史教科書ツアーで日本人を誘致中央日報によると、韓国忠清南道は日本から修学旅行を誘致する旅行商品の開発に乗り出している。日本の歴史教科書に「百済史」が記述されている点に注目し、歴史ツアーで観光客を誘致するという戦略である。韓国の道は日本の県に相当す [全文を読む]

全国無料のBSテレビ局・Dlifeにイ・ソジン主演の歴史超大作「階伯〔ケベク〕」が登場!8月4日(木)スタート

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年08月03日14時11分

「善徳女王」では新羅側から見た物語を描いた彼が、本作では百済側からの視点で韓国激動の時代を描いております!さらに、「朱蒙〔チュモン〕」「チェオクの剣」の脚本家チョン・ヒョンスがタッグを組み、百済vs新羅の最後の戦いを描く歴史スペクタクル超大作が完成しました!そんな話題作にキャスティングされ、実在した百済の将軍ケベクを熱演したのは、「チェオクの剣」、「イ・サ [全文を読む]

「朱蒙〔チュモン〕」脚本家×「善徳女王」演出家が贈る、イ・ソジン主演の歴史超大作「階伯〔ケベク〕」がDlife韓流に登場!

PR TIMES / 2016年08月02日16時05分

「善徳女王」では新羅側から見た物語を描いた彼が、本作では百済側からの視点で韓国激動の時代を描いております!さらに、「朱蒙〔チュモン〕」「チェオクの剣」の脚本家チョン・ヒョンスがタッグを組み、百済vs 新羅の最後の戦いを描く歴史スペクタクル超大作が完成いたしました!そんな話題作にキャスティングされ、実在した百済の将軍ケベクを熱演したのは、「チェオクの剣」、「 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「簡潔に読む! 韓国の歴史」~新羅の歴史(後編)

Wow!Korea / 2016年09月06日23時37分

■676年に朝鮮半島を統一7世紀前半、軍事的に高句麗や百済より優勢となった新羅。そうなると新羅は、高句麗と百済の両方から激しく攻撃を受けるようになった。やはり、一国で2つの国と戦いを繰り広げるのは辛い。そこで新羅は、中国大陸の巨大王朝との連携を図ろうとした。これは中国大陸を支配していた唐にとっても渡りに舟だった。当時、唐は何度も高句麗を攻めていたが、その度 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓古代史が面白い」仏教伝来(後編)

Wow!Korea / 2016年06月27日19時21分

ここで注目すべきは、その11年前の577年に百済の都だった扶余(プヨ)で王興寺(ワンフンサ)が建てられていることだ。飛鳥寺で使われた瓦と、王興寺から出土した瓦を比べてみると、蓮の花をかたどった形がよく似ている。このことからも、飛鳥寺が王興寺の影響を受けていることは間違いない。■善光寺の本尊『元興寺縁起』によると、593年にまだ工事途中だった飛鳥寺で、塔の心 [全文を読む]

ジェジュン(JYJ)、“故郷”公州市・百済文化祭の広報大使に

Wow!Korea / 2017年04月18日11時32分

韓国・公州(コンジュ)市(市長:オ・シドク)と百済文化祭推進委員会(委員長:チェ・ジョンホ)は来る19日午後3時、公州市庁大会議室にて、世界遺産搭載2周年を記念しジェジュン(JYJ)の公州市・百済文化祭広報大使任命式をおこなうことを明らかにした。オ・シドク市長は「キム・ジェジュンを広報大使として任命し、ユネスコ世界遺産である公山城と宋山里古墳群を世界に広め [全文を読む]

アマテラスは津波追悼神:むかし名古屋は海だった/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年12月31日06時00分

618年にできた唐は、新羅と組んで半島に勢力を伸ばし、660年には半島西部の百済を、68年には半島北部の高句麗を滅亡させた。にもかかわらず、天智天皇は、百済再興を支援して、663年に「白村江の戦い」で大敗。唐・新羅連合軍は、次には日本に攻め込んでくるかもしれない、ということで、67年には、飛鳥から近江大津に宮を遷し逃げる。ここに百済はもちろん半島各国から多 [全文を読む]

≪ドラマNOW≫「月の恋人」ソヒョン(少女時代)、ナム・ジュヒョクに正体を告白

Wow!Korea / 2016年10月31日22時55分

ペクア(ナム・ジュヒョク)は暴動を起こした後百済の遺民を鎮圧に出ようとした。しかしその時にウヒが城郭の上に上がり、後百済の遺民たちの前で自決した。ウヒは「知らない振りして生きていけると思った。本来の姿すら否定しようとしたが私を母と思っている民を否定することはできない」と思ったのだった。そして「百済・甄萱と高麗・王建の罪を私の命で償う。私が生まれた理由がどう [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓古代史が面白い」渡来人の足跡(後編)

Wow!Korea / 2016年07月19日23時59分

・684年、朝廷は百済人23人を武蔵に移した。・687年、高句麗人56人を常陸に、新羅人14人を下野に、新羅人22人を武蔵に移した。・689年、下野へ新羅人を移住させた。・690年、新羅人12人が武蔵に、さらに新羅人の若干が下野に移った。このように、日本に来ても渡来人は故国ごとに分類されて「百済人」、「高句麗人」、「新羅人」と呼ばれていたが、彼らは次々に武 [全文を読む]

風間俊介がバレンタインで「手作りを疑う」理由

Smartザテレビジョン / 2016年02月12日04時17分

また、劇場版では新キャラクター・百済木(くだらぎ)軍団が登場し、イベントにはリーダー・百済木役のケンドーコバヤシ、その手下の不良を演じるジャングルポケットも参加。 百済木軍団の登場シーンのアフレコも披露されたが、一言しか出番のないおたけのせりふをケンコバが2度も奪い取り、出演者は爆笑。 津田は「ケンコバさんのせりふが一番良かった」とコメントし、風間は「ス [全文を読む]

フォーカス