靖国神社のニュース

首相に靖国参拝を説得した「昭恵イズム」

プレジデントオンライン / 2017年04月04日09時15分

2013年12月、安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社に参拝した。現職首相による靖国参拝は、2006年8月の小泉純一郎元首相の参拝以来7年4カ月ぶりで、国際政治にも大きな波紋を広げた。なぜ安倍首相は靖国参拝を決心したのか。その背景にあったのは、昭恵夫人からの「鎮霊社」という助言だった――。(編集部) ■安倍首相が靖国参拝時に訪れていた「別の神社」 それは [全文を読む]

【速報】靖国神社のトイレが「爆発」!「テロか?」と心配する声も

秒刊SUNDAY / 2015年11月23日10時59分

NHKなどの報道によりますと靖国神社で爆発音がしたとの通報があったとのことです。現在消防の方で詳しい原因を調べているとのことだ。またトイレ等の天井が焦げているとの情報もある。23日は「新嘗祭」を行っており、多くの人が神社に集まっており現場は騒然としているようだ。靖国神社なんかあったみたいだ。警察に消防、報道まで集まってる。参拝できないやん… pic.twi [全文を読む]

【終戦の日】靖国神社で激突「売国奴」「天皇制やめろ」怒号渦巻く

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日07時30分

靖国神社の英霊の列には、私が生まれるはるか前にわずか19才で南方戦線で亡くなられた叔父も並んでいる。 安保法案のゴタゴタやネトウヨ・ブサヨのネットの対立が靖国神社にも持ち込まれるのか? ニュース映像では流れない靖国神社を知るため、足を運んだ。 九段下から靖国神社までの長くゆるい坂は、靖国神社を参拝する人たちで埋め尽くされ、屋台の一軒もない(今年は御魂祭りも [全文を読む]

靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

NEWSポストセブン / 2016年06月20日11時00分

靖国神社が揺らいでいる。来る2019年に迎える創立150周年に向けて徳川康久宮司が語ったインタビュー記事の発言が、波紋を呼んでいるのだ。 記事は共同通信社から配信され、加盟する一部の地方紙(静岡新聞6月9日付、中国新聞6月10日付)に掲載されたのみだった。ところが、地方でしか読まれないはずの記事が各界の識者の注目を集め、にわかに論争へと発展している。 徳川 [全文を読む]

靖国神社の本質に気鋭の政治学者・白井聡が切り込む! 問題はA級戦犯合祀や中韓の反応ではない、靖国に歴史的大義がないことだ!

リテラ / 2015年10月17日21時00分

今日から、靖国神社の秋の例大祭だが、予想通り、安倍首相は参拝を見送った上で、真榊を奉納した。メディアや識者の反応もいつもどおりで、右派からは「参拝できないのは中韓の内政干渉のせい」という反発の声があがり、リベラル派からはA級戦犯合祀問題や中韓への配慮がないというやや腰が引け気味の批判が聞こえてくる。 だが、そんな状況を〈心底ウンザリする〉と切り捨てるのは、 [全文を読む]

櫻井よしこ氏 鳩山・菅氏は国家と国民の意識欠落で宰相失格

NEWSポストセブン / 2012年08月15日16時00分

2006年の小泉純一郎首相以来、首相の靖国神社参拝は、途絶えている。いまこそ野田首相は終戦記念日に靖国神社に参拝すべきと提言するジャーナリストの櫻井よしこ氏が、その真意を語る。 * * * 戦後の歴代首相はほとんどかかさず靖国神社を参拝してきました。しかし1985年8月15日の参拝の後、中曽根康弘首相が中国の圧力によって以降の参拝を中止してから、10年以上 [全文を読む]

靖国神社150周年 西郷隆盛や幕府軍の合祀計画が急浮上

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

来る2019年に創立150周年を迎える靖国神社が、歴史的な大転換点を迎えるかもしれない。靖国に祀られるのは「国のために殉じた人々」だけである。つまり神社がつくられた当時の「国=明治政府」に刃向かった幕府軍・会津軍や、西南戦争で敗れた西郷隆盛らは「賊軍」となるため、祀られる“資格”がない。 だが、彼らの合祀を求める会を国会議員らが立ち上げ、靖国神社に申し入れ [全文を読む]

<お盆、死者の魂はどこに?>終戦記念日・信教の自由と靖国の英霊

メディアゴン / 2016年08月15日07時30分

8月15日、終戦記念日がくると国会議員のみなさんが集団となって靖国神社に参拝するニュースが流れます。それを視るたびに、はたして国に命を捧げた英霊たち、とりわけ太平洋戦争で散った人々の魂がすべて靖国神社に存在するのだろうか、という思いに至ります。太平洋戦争での戦死者は概ね230万人。うち戦闘死が40%、戦病死が60%と言われています。餓死を含む戦病死が戦闘死 [全文を読む]

靖国爆破事件“韓国人犯人”説が韓国で話題に……放尿、放火未遂、落書きも!? 靖国神社をめぐる、韓国人の前科とは

日刊サイゾー / 2015年12月03日15時00分

「もし韓国人が靖国神社に放火したら、どうなりますか? 日本政府に、外国人を拘束する権限はあるのでしょうか? 外国人だから許されるのか、知りたいです」 この質問は今年9月、日本の「Yahoo!知恵袋」に当たる、韓国の「NAVER知識iN」に書き込まれたもの。なんとも間抜けな質問だが、韓国人の“靖国神社観”が見事に表れているともいえる。 去る11月23日、靖国 [全文を読む]

安倍首相の「靖国参拝」 弁護士たちは「いいね!」と思っていない!?

弁護士ドットコムニュース / 2014年01月08日16時54分

安倍晋三首相は昨年12月26日、東京・九段の靖国神社に参拝した。ちょうど1年前に首相に就任して以来、初めての「靖国参拝」だった。報道によると、安倍首相は「内閣総理大臣安倍晋三」と記帳し、私費で献花料を納めたという。これまで歴代首相の「靖国参拝」をめぐっては、国内外で賛否両論があったが、今回も激しい議論が起きている。はたして、安倍首相の靖国参拝は妥当といえる [全文を読む]

靖国神社“爆発騒ぎ“はただの愉快犯の犯行の可能性大! 真相を伏せて危機を煽る公安と右派の狙いとは...

リテラ / 2015年11月26日18時00分

事件とは11月23日に起こった靖国神社爆発事件だ。この日の午前10時頃、千代田区九段北にある靖国神社内の公衆男子トイレで爆破音と共に煙があがった。パリ同時多発テロから10日というタイミングに加え、第一報ではトイレの天井に穴が開くほどの爆破があったと報じられたため、当初は警察関係者もみんなテロだといきりたったという。 また狙われた場所が戦前の国家主義の象徴 [全文を読む]

【呑兵衛必見】オススメ!東京の夜桜見物ルート

GOTRIP! / 2015年04月01日05時50分

靖国神社という巨大居酒屋 まずは靖国神社を目指しましょう。大きな鳥居の前には様々な屋台が並んでいます。焼き鳥やたこ焼きなどの縁日でよく見るメニューから、ドネルケバブやシャーピンそして小籠包まで、和食のみならず様々な料理を楽しむ事が可能です。 屋台飯だけでなく、ちょっとゲームを楽しみたい!という方には射的や的当てなどのゲームもあります。こういった縁日の風 [全文を読む]

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「ファシストやナチスの意味を教えてやるぜ!」

アサ芸プラス / 2014年06月03日09時56分

〈「慰安婦像少女像嘲笑」アメリカ人が、今度は靖国神社参拝〉 俺に対して猛烈な数の批判が届いているぜ。 「お前は売国奴だ!」 今回は、無知な連中に「靖国神社」の説明をしてやろうと思うんだ。 靖国神社は大きな神社なんだが、本殿に向かって、左側に小さなお社が2つあるんだ。そのうちの1つは何を祀っていると思う? アメリカや海外の軍人たちの魂なんだぜ!だから俺は、 [全文を読む]

靖国問題に対する中国ネットユーザーの反応に“ある傾向”

Record China / 2016年10月18日12時50分

2016年10月17日、日本の安倍晋三首相が靖国神社の秋の例大祭に合わせて「真榊(まさかき)」を奉納したことに、中国外交部は反発するコメントを発表したが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には意外な反応も寄せられている。 安倍首相は17日から始まった秋の例大祭に合わせて、「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で真榊を奉納した。例大祭期間中の靖国神社参拝は行わない [全文を読む]

「日本人を恨んだりしていないよ」=家族を奪われた老人の話に、私はびっくりした―中国人学生

Record China / 2016年10月01日07時50分

小泉氏が首相を務めた時期は、靖国神社参拝をきっかけに「日中関係が戦後最悪に冷え込んだ」ともいわれた。そんな時代に、西安外国語大学の学生だった金美子さんがつづった思いは、関係が冷え込む現在にも通じるところがある。以下は、金さんの作文より。世界にはいろんな人がいる。その人々の容貌はもちろんのこと、性格や習慣も民族によって違う。だから人と人の間に理解が必要なのだ [全文を読む]

「靖国神社のA級戦犯分祀」日本遺族会が公式提起へ=韓国ネット「日本を先進国として認めている理由」「靖国神社の意味が変わるわけではない」

Record China / 2016年07月04日12時40分

2016年7月3日、韓国・ニューシスによると、第2次世界大戦の戦没者遺族でつくる「太平洋戦争遺族連合会(日本遺族会)」が、公式的に「靖国神社に合祀されたA級戦犯の分祀」の要求を提起すると明らかにした。 日本遺族会の古賀誠会長はこのほど、日本メディアのインタビューで、「(神社に)祀られている英霊も今の状況には満足してないだろう」とし、9月に開かれる九州地域の [全文を読む]

内政問題だったはずの「靖国問題」を中韓に焚きつけたのは誰か?

まぐまぐニュース! / 2015年12月08日20時00分

最初に問題化したのは、昭和50年に三木武夫首相が靖国神社へ参拝した時のこと。それまでも歴代の首相は靖国神社への参拝をしていたが、三木首相が戦後初めて終戦記念日にあたる8月15日に靖国神社へ参拝した。 これを受けてマスコミが騒ぎ出したのだが、ただ、この時問題視されたのは、諸外国との関係性ではなく、あくまで「政教分離」の問題だった。このため、三木首相もその立 [全文を読む]

【日本人クイズ】 日本の国花は「サクラ」?それとも「キク」?じつは!

しらべぇ / 2015年04月18日17時00分

■桜と菊にゆかりの深い神社といえば「靖国神社」 桜と菊どちらとも、ゆかりの深い場所としては靖国神社が挙げられます。 靖国神社の紋は皇室と同じ「十六八重表菊」の紋。もともと靖国神社は、戊辰戦争で亡くなった人々を弔うためにできた東京招魂社が始まりでした。 桜の開花宣言は各地の標本木の桜が5~6輪咲くと出されます。東京の標本木は、この靖国神社。戦時中は、散る桜 [全文を読む]

少なからぬ中国人が靖国神社へ花見目的で訪問 神社の対応は

NEWSポストセブン / 2015年03月19日11時00分

東京・千代田区の靖国神社も桜の名所としても知られ、3月下旬から屋台が並び多くの花見客で賑わう。だが、「A級戦犯が合祀された神社」として中国で批判されているだけに、さすがに花見目的の中国人観光客は少ない。 上海の旅行代理店スタッフも、「団体ツアーの旅程はすべて地元当局に申請して許可を取らなければならないから、靖国神社を行き先に入れることはまずない」とする。 [全文を読む]

“「国家防衛のため」はごまかし” 靖国参拝、中韓怒りの理由を米メディア解説

NewSphere / 2014年08月18日17時45分

終戦記念日の15日、安倍首相は靖国神社への参拝を見送り、自民党の萩生田光一衆院議員が代理として玉串料を奉納した。閣僚では古屋圭司国家公安委員長、新藤義孝総務相らが参拝した。 ワシントン・ポスト紙によると、荻生田議員は自民党総裁としての安倍氏から「国のために尊い犠牲となられたご英霊に尊崇の念を持って謹んで哀悼の誠をささげてほしい、揺るぎない恒久平和をしっかり [全文を読む]

フォーカス