白頭山のニュース

日本にも影響が?北朝鮮の超巨大火山の動きが再び活発に=韓国ネット「被害を受けるのは日本の役目」「朝鮮半島統一のきっかけに?」

Record China / 2016年12月14日07時10分

2016年12月12日、韓国・SBSによると、約1000年前に発生した中朝国境の火山・白頭山噴火が有史以来最も強力な火山噴火だったとの研究結果が出た。韓国では最近、白頭山が再び噴火した場合、韓国にどのような影響を及ぼすかについての研究が活発に行われている。 国際共同研究チームが白頭山付近の岩石を調査した結果、白頭山が噴火した946年、約45メガトンの硫黄ガ [全文を読む]

箱根山より危機的状況? 噴火率99%の白頭山爆発と「日本最悪のシナリオ」

tocana / 2015年07月02日09時00分

その山は、中朝国境沿いにそびえる白頭山。火山学者によって噴火のリスクが指摘され、日本政府も成り行きを注視している状況です」(火山学者) 白頭山(ペクトゥサン)は、中国吉林省と北朝鮮両江道の国境地帯にある火山で、中国名を「長白山」という。標高2744メートルを誇り、北朝鮮では信仰の対象になっているほか、中国でも10大名山のひとつに数えられる。 その山がいま、 [全文を読む]

中国から韓国に贈られた貴重なトラ、放し飼いから9日で死ぬ=韓国ネット「外交面から見ても失礼」「これこそまさに韓国の行政」

Record China / 2017年02月09日00時00分

2017年2月7日、韓国・KBSによると、大田(テジョン)から白頭山脈の放し飼い施設に移された白頭山虎1頭が、移送から9日で死んだことが確認された。 アムールトラの種であるこの虎は、熱帯地方に生息していない唯一の虎で、ロシア沿海州を中心にロシアや中国、北朝鮮の国境地域に450頭ほどが生息している。韓国では「白頭山虎」中国では「東北虎」と呼ばれており、韓国内 [全文を読む]

ミサイルより危険! 北朝鮮産「ノースコリアン・ネッシー」の正体と生息地

ハピズム / 2013年04月20日17時00分

ミサイル発射問題で緊張度を増す朝鮮半島の38度線だが、中国側(吉林省)の国境には白頭山(ペクトゥサン。中国名・長白山)という、標高2744メートルの朝鮮半島最高峰がそびえている。 実はこの白頭山、金正恩のお父様である先代の総書記・金正日生誕の地として、北朝鮮では聖地扱いされているのだ(実際は別の場所らしいが)。だから2011年12月17日に金正日が死去した [全文を読む]

北朝鮮の特殊部隊、観光客を装い対韓テロを準備か=韓国ネット「もはやオオカミ少年」「北ではなく国家情報院がやるかも」

Record China / 2016年05月24日12時40分

ターゲットは、白頭山を訪れる韓国人観光客だ。中朝の境に位置する白頭山で中朝それぞれの主張する国境線が異なっていることを利用し、北朝鮮の特殊部隊が中国人観光客を装って「中国側」に侵入しているというのだ。そして韓国人観光客が増える7月、観光客の列にそれとなく入り込みテロを行う目論見だという。 北朝鮮の事情に明るい韓国の消息筋が明かしたというこの情報は、中国の情 [全文を読む]

金日成が心臓発作を起こした「いわくつきの場所」 ― 北朝鮮最恐の心霊スポット3

tocana / 2014年12月13日11時00分

3. 白頭山ゲリラ野営地とイエティ 抗日パルチザンの戦闘場となった白頭山の密林地帯は、今もゲリラ戦に使われた小屋や洞穴などが残っている。霊感の強い人曰く「人の霊魂だけでなく、超自然的な得体の知れないものがいる」という。白頭山のふもとに敷設された広大な広場で、周囲の原生林が風に揺られて一斉にザワザワと音を奏でる光景は確かに荘厳を通りこして奇妙な圧迫感がある [全文を読む]

韓国スター 中国飲料水メーカー広告出演で売国的と大問題に

NEWSポストセブン / 2014年08月16日16時00分

CMでも引っ張りだこで、その一つで中朝国境にある名山・白頭山(ペクトゥサン)のミネラル・ウォーターの広告に登場したところ、これが韓国で「売国的!」といって大問題となった。理由は中国の飲料水メーカーがこの製品を「長白山天然鉱泉」として売り出したからだ。 白頭山は中国では長白山といっている。中国のメーカーとしては当然、「長白山」としたのだが、それがケシカラン [全文を読む]

ミネラルウォーターの表記問題、チョン・ジヒョン側も予定通り「契約続行」

Wow!Korea / 2014年06月27日13時08分

これを前に、キム・スヒョンとチョン・ジヒョンは、中国・恒大グループ側が白頭山(ペクトゥサン)ミネラルウォーターを自身らが作った白頭山(中国名:長白山)のミネラルウォーター「恒大氷泉」の広告モデルに抜てきされ、撮影を終えた。しかし、去る20日、一部ネットユーザーはミネラルウォーターのボトル表記が白頭山の中国名「長白山」であったことを問題視し、これが中国の歴史 [全文を読む]

キム・スヒョン、ミネラルウォーター広告に韓中問題も「予定通り進める」

Wow!Korea / 2014年06月25日14時38分

これを前に、キム・スヒョンとチョン・ジヒョンは、中国・恒大グループ側が白頭山(ペクトゥサン)ミネラルウォーターを自身らが作った白頭山(中国名:長白山)のミネラルウォーター「恒大氷泉」の広告モデルに抜てきされ、撮影を終えた。しかし、去る20日、一部ネットユーザーはミネラルウォーターのボトル表記が白頭山の中国名「長白山」であったことを問題視し、これが中国の歴史 [全文を読む]

アメリカの「金正恩 斬首作戦」が絶対に不可能な理由

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

たとえばビンラディンは平坦な砂漠に建つ施設に潜んでいたが、金正恩は首都・平壌の国防省の建物、もしくは中国との国境近くの白頭山中の地下深くにある指揮所に潜むとみられている。 平壌の国防省は小高い山の上にあるが、海に近いためヘリなどで侵入はしやすいものの、民家を装ったビンラディンの隠れ家と違って、周囲には高射砲と対空ミサイルが配備してある。 白頭山の指揮所は、 [全文を読む]

北朝鮮のミサイル開発が急成長、「いよいよ」なレベルに達している

まぐまぐニュース! / 2017年03月16日04時45分

多段式ミサイル 北朝鮮は1998年、同国初の多段式ミサイル「テポドン1」(=白頭山1)の実験を行いました。以後改良がつづけられ、「テポドン2」(=白頭山2)の発射実験が行われている。 テポドン2の発射が成功し、その射程が推定される最大の距離まで達したとすれば、オーストラリアや米国の一部をはじめとする国々が射程に入ることになる。(同上) なんと、北朝鮮が、 [全文を読む]

3.11で日本沈没と騒いだ韓国 M5.8地震で日本に学べの大合唱

NEWSポストセブン / 2016年11月29日07時00分

朝鮮半島には活火山は一つもないが、麓で温泉が出ているはるか北方の中朝国境の休火山、白頭山の“大噴火説”まで韓国人は気になりだしている。近年、中国サイドから「微動がみられる」というニュースがあるからだ。白頭山は10世紀に大噴火した記録がある。その噴火で麓にあった「渤海国」が滅び、火山灰は日本の東北地方にも堆積の痕跡を残している。 [全文を読む]

金正恩第1書記が党大会で誇示した発電所、わずか10日で水漏れ=韓国ネット「責任者は脱北を!」「手抜き工事に不正腐敗、韓国も北朝鮮も同じ」

Record China / 2016年05月11日18時00分

2016年5月11日、韓国・YTNによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が労働党大会で、党大会に向けた大増産運動「70日戦闘」の成果として誇示した「白頭山英雄青年3号発電所」が、完成からわずか10日で水漏れし、緊急放流を行っていることが分かった。 北朝鮮北部の両江道にある白頭山3号発電所の衛星写真を見ると、ダムの至る所に亀裂が発生して水漏れが [全文を読む]

[朴斗鎮]【金正恩「人民第一主義」演説の裏側】~国民に配った奨励金は米1キロ分~

Japan In-depth / 2015年10月13日23時00分

しかしこのままではまずいと思ったのか、象徴的成果を作るために、急きょ「白頭山英雄青年発電所」の完成をせきたてた。この発電所は、岩盤が「貯水」に適さないために2002年から放置されていた代物(しろもの)だ。また、正常に稼働したとしても容量はたかだか6万kWにすぎない。その電力も大部分は軍需関係にふり向けられ人民生活に恩恵は及ばない。施設も老朽化し、冬の渇水 [全文を読む]

「夜警日誌」初回から視聴率2ケタ!同時間帯1位で順調なスタート

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年08月05日10時31分

白頭山の野生少女(コ・ソンヒ)ドハの姉でありマゴ族の巫女でもあるヨナ(ユ・ダイン)の物語が描かれた。(*歴史に存在しない仮想の国王なため、カタカナで表記)「その昔、人と幽霊が絡み合って生きていた混沌の時代」というナレーションで始まった初回では、平和な漢陽(ハーニャン:ソウルの古称)に流星が落ちることとなり、宮内の結界が崩れ、ある奇物が宮廷に侵入してくる物語 [全文を読む]

キム・スヒョン&チョン・ジヒョン同伴出演する中国ミネラルウォーターCMが議論になる!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年06月21日09時00分

しかし「恒大冰泉」の採水地は、白頭山ではなく、長白山と表記されていることが問題となった。長白山は、中国が東北工程の一環として世界に知らせている白頭山の別名。中国政府は「長白山は、女真族(金1115年~1234年)の発祥地」とし、高句麗(紀元前37年~668年)、渤海(698年~926年)を古代中国の東北地方に属された国だと、歴史を歪曲している。そのため、採 [全文を読む]

「本物の男」ヘンリー、 上司に「パイナップルみたいな顔してますね」と直球!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年02月22日12時40分

白頭山(ペクトゥサン)新兵教育大隊での訓練を終えた「本物の男」の新兵たちが、既存のメンバーらが入所している白頭山特攻連隊に配属されたのだ。初めて部下を受けることになった末っ子のヒョンシク(ZE:A)が楽しみにしているなか、新入りの兵士たちを迎えるすべての準備を終えた既存のメンバーたち。彼らは初めから軍紀を正すために“怖~い上司”に扮した。そしてヘンリー、K [全文を読む]

北朝鮮のスマホの値段と機能が凄いと話題に!!! 約55万円で、現地では米1トン相当

もぐもぐニュース / 2017年06月08日13時21分

さて独自OSで動いている北朝鮮スマホだが、一体どのようなアプリが使えるのか? 現在確認されているのは「白頭山叢書」「朝鮮大百科事典」「朝鮮辞典」「多言語辞書」「医学常識」などのかたい内容の電子書籍がメインで、カードゲームも若干インストールされているという。 とはいえ、このスマートフォンは一般的なインターネットを利用することはできず、北朝鮮内の独自のネット [全文を読む]

斬首作戦は困難 金正恩の居場所を見つけることができない

NEWSポストセブン / 2017年05月20日16時00分

米韓の“斬首作戦”への対抗だとされ、〈朝鮮中央テレビは特殊作戦軍が広場を通る際「最高司令官(金正恩氏)の命令さえあれば、白頭山の稲妻のごとく敵の心臓部に真っ先に匕首を突き刺すという強い意志がみなぎっている」と伝え〉たという。 米韓と金正恩のチキンレースは、極限に達しようとしている。 ※SAPIO2017年6月号 [全文を読む]

緊迫する北朝鮮情勢を「結婚できない男女のパターン」からひもとく

日刊サイゾー / 2017年05月08日19時00分

もしかすると、白頭山が爆撃の衝撃で噴火するかもしれませんね。そうなったら、アメリカに責任取ってもらいましょう。 そんなわけで、今回は長きにわたって続いてきたアメリカと北朝鮮の情報戦と脅し合いが史上最高に先鋭化している中、「そもそも北朝鮮をどう理解すればいいか?」と戸惑っている方々に、あえてメンタル的な視点からの手引をご紹介したいと思います。参考になれば幸 [全文を読む]

フォーカス