中里のニュース

中里周子×寺澤真理「ファッション×デジタルを考えたら、宇宙に行き着いた」--1/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年01月03日17時00分

新春、ファッションデザイナー中里周子が考える3016年の百貨店の姿を提案したポップアップショップ「ようこそ、ISETAN 宇宙支店へーわたしたちの未来の百貨店ー」が、伊勢丹新宿店本館2階=TOKYO解放区にオープンしている。中里は、14年欧州最大のファッションコンペティション「ITS(International Talent Support)」のジュエリー [全文を読む]

【仕事は好きな人とだけする!?】お客様を切っても「全国47都道府県に 1600社以上」の取引先をもつ超優良企業の秘密!

PR TIMES / 2013年10月18日11時31分

角川書店 ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA 角川書店(東京都千代田区)は、2013年10月17日に新刊『「嫌な取引先は切って良い」楽しさを追求する社長の非常識な働き方』(中里良一:著)を刊行しました。 著者・中里社長が経営する中里スプリングには、「嫌な取引先を切る制度」があります。それだけでも驚きですが、なんと同社は「儲かるか儲からないかではな [全文を読む]

ブルガリ、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと共に宮城県石巻市に児童クラブ新棟を設置

PR TIMES / 2013年09月12日18時02分

そしてこの度、ブルガリ ジャパン株式会社はセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの支援の一環として石巻市立中里小学校内に中里地区放課後児童クラブ 新棟を建設、 9月11日(水)に開所式を開催いたしました。 石巻市では、東日本大震災により28箇所の放課後児童クラブのうち、12箇所が被災、そのうち2箇所が使用不可能となり現在も他の児童クラブを共同で使用しています。 [全文を読む]

中里周子×寺澤真理「ファッションだから持ち得る、人への愛。これが大事」--2/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年01月03日17時30分

約3年前、ここのがっこうの卒業制作発表で出会ったファッションデザイナー・中里周子と伊勢丹新宿店TOKYO解放区担当バイヤー・寺澤真理。ファッションを愛する2人が語る「ファッションの未来」、そして「真面目と不真面目」とは?■宇宙には夢がある。だから、みんなの「見たい!」をカタチにしたー今回は宇宙に伊勢丹の支店を出すというコンセプトですが、宇宙ってそれだけで未 [全文を読む]

してもされても行きつく先は地獄…最新「不倫の慰謝料事情」

WEB女性自身 / 2015年10月05日06時00分

芽 は身近なところにあるということです」 こう語るのは、『判例による不貞慰謝料請求の実務』(弁護士会館ブックセンター出版部LABO)の著者である、中里和伸弁護士。著書の中では、夫が妻に支払う慰謝料ではなく、不倫された妻が不倫相手の女性に請求する慰謝料についての判例が網羅されている。その数、593件!そこで中里弁護士に、意外な結果となった慰謝料争いを解説し [全文を読む]

「ブラボー!!」とゴール祝福のカズ 「入らないと思ったんだけど、入っちゃったね」

ゲキサカ / 2015年04月30日03時13分

そしてMF中里崇宏が直接FKから先制点を挙げると、両腕を挙げてガッツポーズ。満面の笑みで拍手をしながら「ブラボー!! ザト!!」と大きな声で叫び、指笛を吹いていた。 試合後、ミックスゾーンでの取材に応じたカズは、「みんな頑張っていたよ。勝って良かったよ」と、勝ち点3獲得を喜んだ。FKの場面では、中里のほかに、MF佐藤謙介、MF寺田紳一もボールの前に立ってい [全文を読む]

なぜ男は妻よりも美しくない女性と浮気をするのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月04日11時30分

その原因はさまざまだが、年間300件の離婚相談を受ける弁護士・中里妃沙子氏の著書『なぜ男は妻よりも美しくない女性と浮気をするのか?』(中里妃沙子著/宝島社)によれば、世代ごとに一定の傾向があるのだとか。 「セックスレスが原因、妻が切り出す20代草食系夫離婚」「30代で急増する、夫が切り出すたちの悪いモンスター妻離婚」「夫も妻も、人生のリセット離婚が加速する [全文を読む]

【土屋雅史氏のJ2展望】横浜Cvs千葉は流経大柏高OBの再会に注目…6戦ぶり勝利の京都と松本の一戦は「0」で

サッカーキング / 2017年04月21日17時00分

インターハイ、全日本ユース、高校選手権と3大会連続で得点王に輝いた大前元紀に大きな注目が集まっていたとはいえ、結果的にメンバーの中から9人がJリーガーになったタレント集団の中で、不動のレギュラーとして活躍していたのが横浜FCの中里崇宏と千葉の比嘉祐介です。 左サイドバックとして激しい上下動を繰り返した比嘉と、ボランチとしてチームの心臓部を託された中里は揃っ [全文を読む]

学校法人聖学院が清水正之を次期理事長に選任

Digital PR Platform / 2017年04月05日20時05分

学校法人聖学院(東京都北区中里3-12-2)は、4月3日(月)開催の臨時理事会において、阿久戸光晴理事長の任期満了に伴い、清水正之理事(現聖学院大学長)を、寄附行為の定めに基づき、同日付で次期学校法人聖学院理事長に選任した。なお、任期は、2017年4月3日~2020年3月31日となる。引き続き大学長は兼務する。 【略 歴】 清水 正之(しみず・まさゆき) [全文を読む]

横山が意地のゴールも若手3人デビューのなでしこジャパンは黒星スタート…《アルガルベカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年03月02日01時47分

また、中盤には阪口夢穂、佐々木繭のダブルボランチに、2列目は右から中島依美、増矢理花、中里優、1トップに田中美南が入った。 ▽[4-2-3-1]の布陣でこの試合に臨んだなでしこだが、立ち上がりは相手の素早いパスワークを前にボールの奪いどころを定められず、劣勢を強いられる。それでも、熊谷やGK山根を中心に焦れずに対応し続け、決定機は許さない。 ▽時間の経過と [全文を読む]

フォーカス