支離滅裂のニュース

【支離滅裂】北朝鮮が弱者の恫喝論評ー労働新聞

Global News Asia / 2017年05月04日21時13分

【翻訳/編集 : 中野 鷹】 [全文を読む]

トランプのシリア先制攻撃を全面支持した安倍首相の支離滅裂! 裏でアサド政権に資金協力しながら

リテラ / 2017年04月09日13時00分

この男の「米国のポチ」ぶりは重々承知していたつもりだったが、まさかここまで思考停止しているとは......。7日、米トランプ政権がシリア・アサド政権支配下の軍事施設に対し59発の巡航ミサイル攻撃を行ったと発表した約4時間後、安倍首相はなんと「日本政府は支持します」「高く評価します」といち早くその軍事行動を支持してしまったのである。 改めて指摘しておくが、今 [全文を読む]

相模原障害者殺人事件は前触れにすぎない? 植松容疑者の「思想」はなぜ、共感を呼んだのか

日刊サイゾー / 2017年01月26日19時00分

その一方で、日本軍の設立、5億円の支援を要求するなど、支離滅裂な内容がしたためられたこの手紙で、彼は「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です」「障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます」と主張する。「全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しまし [全文を読む]

民進党・蓮舫代表、批判ばかりで党内制御不能&支離滅裂…カジノ法案徹底抗戦→あっさり容認

Business Journal / 2016年12月30日20時00分

カジノ法案と呼ばれる「カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁する法案」(IR推進法案)が、12月15日に衆議院本会議で可決・成立、26日に施行された。政府は年明けに内閣官房にギャンブル依存症等対策室(仮称)を設置。1年以内をめどに、IR実施法を策定し国会に提出する予定だ。 カジノ法案について野党第一党の民進党は、今回の一連の国会審議でも反対の立場を示して [全文を読む]

不正アクセス逮捕の日経社員は、ASKA容疑者の言う「ギフハブ」のメンバーだった!?

日刊サイゾー / 2016年12月02日09時00分

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで28日に逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が、支離滅裂な言動を繰り返している。 精度100%といわれる尿の本鑑定で「クロ」と出ているにもかかわらず、「前回逮捕されて以降、薬なんか見ていない」と供述。29日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、逮捕直前の電話インタビューの模様を放送したが、不可解な [全文を読む]

「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

ニューズウィーク日本版 / 2016年08月08日12時05分

<先ほど成立した酒税法等の改正により、罰則が設けられ、酒の安売りが規制されるようになる。だが、それで本当に街の酒屋を守れるのか? 酒をめぐる商売は既得権益が生じやすいが、自由化の歴史に逆行する今回の法改正は無意味だ> 冷えたビールが美味しい季節になった。台所でちょっとしたツマミをつくり、缶ビールや発泡酒で、気軽に家飲みを楽しむ方も多いだろう。 去る5月27 [全文を読む]

朝日新聞参院選報道の支離滅裂

Japan In-depth / 2016年07月13日11時00分

支離滅裂ともいえるズレやゆがみもうかがわれる。 選挙結果を正面から報じるニュース報道の部分では「改憲勢力3分の2」(7月11日夕刊)とか「改憲の動き現実味」(7月11日朝刊)という客観的な見出しの記事を載せている。事実の基本を曲げるわけにはいかないだろう。 ところがその一方で、「投票者たちは実は憲法改正を認めてはいない」という主観的な趣旨のゆがんだ見解を紙 [全文を読む]

バイきんぐ小峠も困惑した、三船美佳の支離滅裂「パッパラパー」会見がヤバイ!

アサ芸プラス / 2016年04月09日17時59分

「三船は会見の冒頭、『お詫びの“お言葉”をお伝えしたく、この場を設けさせていただきました』と発言しましたが、 自分に対して“お言葉”と使うなんて失笑ものです」(芸能ジャーナリスト) しかも、4月7日に出席した映画のイベントでは、支離滅裂な発言のオンパレードで、一緒に登壇していたお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二から「病院行ってください!」とまで言われる一幕 [全文を読む]

なぜマスコミは経済音痴なのか?円高&原油安=悪のデタラメ、支離滅裂な解説だらけ

Business Journal / 2016年03月18日06時00分

「原油安、円高、米国経済の不振により日本経済が不調だ」「アベノミクスの効果がなくなり、日本の株式市場が下落している」といった論が、マスコミによく出てくる。これだけいい加減な理屈がまとまって同時期に出てくるのも珍しい。事実に反していたり、過去の説明と矛盾したり、同じ日の同一のメディアが複数の矛盾する説明をしていたりする。いくつか、典型的な例をあげてみよう。● [全文を読む]

産経のNEWS23批判、支離滅裂の噴飯モノ!安倍首相の独演垂れ流す身内フジに資格ゼロ

Business Journal / 2015年12月18日06時00分

12月14日付産経ニュース記事「NEWS23岸井成格氏の発言が放送法違反なのは明白ではないか テレビ局の『傲慢』を許すな」という記事には驚かされた。産経新聞東京本社政治部編集委員が書いた記事だ。 事の発端は、9月16日放送の『NEWS23』(TBS系)で、番組アンカーの岸井成格氏が安保法案について、「メディアとしても廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」 [全文を読む]

和田アキ子、浅田真央へ祝福もせず支離滅裂発言に「もはやイチャモン屋!」

アサ芸プラス / 2015年11月10日17時59分

しかもその内容は支離滅裂。ここ最近の和田の発言は、もはやご意見番でなくただの“イチャモン屋”ですね」 有名アスリートに対してはいつも好意的な和田ではあるが、どうやら浅田の復活には興味がなかったようだ。(李井杏子) [全文を読む]

また出た! 支離滅裂ハーフモデル・滝沢カレンはバラエティーで通用するか?

messy / 2015年09月09日15時00分

もう支離滅裂だ。 百戦錬磨のMC・明石家さんま(60)もさすがに疲労を覚えるほどで、「あなたみたいなのでも芸能界ってテレビ出れるの? 今までの俺の努力はなんやったんや」「日本から出て行けもう!」と激しくツッコんでいた。ハーフモデルが跋扈するバラエティー番組 ハーフモデルといっても、日本生まれ日本育ちのカレン。出身地は東京である。23歳まで東京で生活していて [全文を読む]

遺伝子組換え食品、非表示で流通の恐れ 秘密裏で米国から圧力、支離滅裂な政府の説明

Business Journal / 2015年06月23日06時00分

最終局面といわれるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉で、食の安全・安心をめぐる重要なテーマの一つ、遺伝子組換え食品表示問題はどうなっているのか。米国が遺伝子組換え食品の表示は貿易の障害になるから廃止せよと、日本に圧力をかけているのではないかといわれる中、国民は不安をかき立てられている。この問題の背景には何があるのか――。 ●隔靴掻痒の思い募るTPP交 [全文を読む]

母ちゃんてなんでこんなに面白いの!『爆笑! 母ちゃんからのおバカメール300連発』(鉄人社)を2月27日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2015年03月12日18時00分

爆笑! 母ちゃんからのおバカメール300連発 母ちゃんからのメールってなんだか不思議! 誤字脱字なんてカンケーない! 支離滅裂だって平気なの。 だって、お母ちゃんだもの。 想像もできない誤字脱字や「どうしてこうなるの?」 といった珍メールの数々。小誌では、そんな母親からのおバカメールを中心に 家族や友人・恋人の癒し系文章を一冊にまとめてみました。 最後ま [全文を読む]

「3年間は結婚しません」と言い切った田中みな実! ぶりっ子に続き“支離滅裂キャラ“披露!?

メンズサイゾー / 2015年02月19日00時00分

17日深夜放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、今年の箱根駅伝を初制覇して話題となった青山学院大学を卒業した美女3人が登場。元TBSアナウンサーの田中みな実(28)、タレントのホラン千秋(26)、フリーキャスターの新井恵理那(25)という青学トリオだ。番組MCを務める徳井義実(39)は、かねてより新井の大ファンであることを公言しており、共演者の [全文を読む]

「無知」「支離滅裂」佐藤優と池上彰が安倍首相の安全保障政策を徹底批判!

リテラ / 2014年12月02日21時00分

とくに、佐藤は以前は安倍首相を評価していたはずが、今回の対談では、その政策を"支離滅裂"と斬って捨てている。 〈佐藤 兵庫県の県会議員が号泣し、それがネットに流れて話題になりましたが、世界から日本は、あの議員に近い感じで見られているのではないでしょうか。 というのも、朝鮮半島有事に備えて集団的自衛権を閣議決定する一方で、すぐに北朝鮮の制裁を一部解除してし [全文を読む]

まだ小室に執着? 華原朋美の破局トークが支離滅裂!

messy / 2014年03月14日17時00分

(ルイコスタ松岡) [全文を読む]

誕生日でわかる【あなたのダメポイント】7日生まれの人は引きこもり癖!

i無料占い / 2017年06月10日17時00分

そんなあなたは、言動が支離滅裂になりやすく、「周囲を振り回す無責任な人」の烙印を押されてしまいがち。信用を失いたくないなら、もっと責任ある行動を心がけましょう。 [全文を読む]

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(1)「監督はやりたくなかった」

アサ芸プラス / 2017年06月10日09時56分

「村田ヘッドは興奮すると会話が支離滅裂になってしまうんです。結果、記者も聞き取るのに苦労していますし。そればかりか、リード面で叱責を受けることの多い肝心の小林誠司(27)までもが理解できていないようで、首をかしげる姿が見受けられます」(前出・巨人番記者) さらには尾花コーチも、昨年からトラブルメーカーになり続けているというのだ。「他の投手コーチの意見に耳を [全文を読む]

大事なことは変わらない。「求愛」展から学ぶ、コミュニケーションの本質

cafeglobe / 2017年05月30日11時15分

僕のやりたいことを理解し、支離滅裂な僕の味方でいてくれたんです」 本展から学ぶ、コミュニケーションの本質 J「たしかに、作品を通してお二人の信頼関係が伝わってきます。そうだ、話をコミュニケーションに戻しますね(笑)。コミュニケーションにはいろんな形がありますよね、SNSもメールも、絵も」 S「そうでした、コミュニケーション(笑)」 J「どれがいいとか悪いと [全文を読む]

フォーカス