西部警察のニュース

やっぱりアクション?それとも痛快さ?!人間ドラマも魅力!“刑事モノドラマ” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月09日09時55分

あなたはどの作品が心に残っていますか? あり得ないド迫力!法律なんか関係ない悪は叩き潰すのみ!『太陽にほえろ!』『西部警察』1972年~1987年『太陽にほえろ!』&『太陽にほえろ!2』。同作で大人気となった石原軍団総出演、日本テレビ系列の『大都会』とほぼ同キャストのテレビ朝日系列『西部警察』。どちらも大ヒットとなり、日本に社会現象を起こしたといっても過言 [全文を読む]

ドラマロケ地 全国10カ所を4K映像で紹介『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』9月1日よりJ:COMオンデマンドで4K版を独占配信

PR TIMES / 2015年08月31日15時29分

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)は9月1日より、4K新番組『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』(全10話)の第1話となる北海道篇をVODサービス「J:COMオンデマンド」で、独占配信します。9月にこの番組を4K映像で視聴できるのはJ:COMだけです。 [画像: http://prtimes.j [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。 そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あ [全文を読む]

裕次郎のものまね芸人ゆうたろう、徳重と並び「ありえない構図」

Smartザテレビジョン / 2015年12月03日12時51分

イベントには目玉番組「西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼」に出演の俳優、徳重聡と、石原裕次郎のモノマネでおなじみの、ゆうたろうが登場した。 「西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼」とは、石原プロモーションと、エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」「ファミリー劇場」、200局に及ぶ全国のケーブルテレビ局のコラボレーションで実現した『4K未 [全文を読む]

進化する刑事ドラマ、昭和から平成へ8つの変化

オールアバウト / 2017年06月23日19時15分

西部警察』シリーズ(1979年~1984年)の最終回タイトルは「さよなら西部警察 大門死す! 男達よ永遠に…」、『太陽にほえろ!PART2』(1986年~1987年)は「さらば!七曲署」、『はぐれ刑事純情派』ファイナルとなった18シリーズ(2005年)の最終回は「安浦刑事よ永遠に」……壮大かつ切ない内容に胸をしめつけられたものでした。最近は最終回に向かっ [全文を読む]

西部警察を巡る「石原裕次郎・渡哲也」の激情バトル(3)夢半ばにして消えた「太陽」

アサ芸プラス / 2017年04月14日12時57分

急場をしのいだ「西部警察」は依然、コンスタントに20%台の視聴率をキープしている。テレビ朝日から「PARTII」を打診されたコマサに天啓が閃く。 裕次郎に無理はさせられない。ならば地方都市を舞台に大門軍団が活躍するという“ご当地めぐり”のアクションテレビ映画だ。 コマサが石原プロで幹部たちにまくしたてる。「スーパーマシンをガンガン走らせ、大門軍団が所轄を飛 [全文を読む]

西部警察を巡る「石原裕次郎・渡哲也」の激情バトル(2)裕次郎に賭けた、渡の決断

アサ芸プラス / 2017年04月13日12時57分

こうして昭和54年10月にスタートした「西部警察」は「PARTIII」まで5年間続き、看板番組としてテレビ朝日を牽引していく。 今回、明らかになった秘史の一つだが、渡は「大都会PARTIII」の終わりをもって石原プロを退社するつもりでいた。渡は入社した当初から「5年」と区切りをつけていた。 幸いにも石原プロは、何とか倒産危機を脱した。この時、渡は37歳。 [全文を読む]

マシンXのスカイラインジャパン、スタリオンなど石原プロの懐かしの劇中車を展示中

clicccar / 2016年01月09日16時55分

屋外スペースには1980年〜90年代に放映された石原プロモーション製作の刑事ドラマ、西部警察とゴリラ・警視庁捜査第8班に登場した劇中車を3台展示しています。 まずは西部警察で初の特殊車両として登場したマシンX。日産スカイライン(ジャパン)をベースとした車両で、マイクロコンピュータをはじめ、レーダースピード感知器、特殊発信ペイント弾発射銃など様々な特殊兵器 [全文を読む]

ブラインドちらっを再現可!『西部警察』の石原裕次郎が可動式フィギュアに!

&GP / 2017年01月04日19時00分

1979年の放送開始から5年間で、撃ってぶつけて爆破しまくった伝説の刑事ドラマ『西部警察』から、昭和の大スター・石原裕次郎が演じた小暮課長が可動式フィギュアで登場するぞ! ■札束にアタッシュケースなど、らしい小物も用意! リアルな上に可動するフィギュアシリーズ “figma” ブランドでトミーテックから発売されるのが「figma 木暮謙三」(8640円)だ [全文を読む]

「役者ではなくスタッフの会社」知られざる石原プロの実態

WEB女性自身 / 2016年08月13日06時00分

■黒いスーツは『西部警察』のイメージ! 「『西部警察』からみんな黒いスーツを着るようになって、そのあと入ってきた若い連中もなぜか渡哲也さんに合わせて黒いスーツなんだけど、決まりはないです。石原さんは黒の服は着なかったですし。でも、新年会に赤いタートルネックで行ったら僕だけ浮いてたよね(笑)」 ■石原プロは役者ではなくスタッフの会社! 「うちは基本的にプロ [全文を読む]

フォーカス