築山のニュース

次期大河ドラマで菜々緒に歴史ファンが期待する「外国人医師との不貞シーン」

アサ芸プラス / 2016年07月13日17時59分

今やすっかり悪女役が身についた菜々緒が、来年1月8日スタートの次期NHK大河「おんな城主 直虎」で徳川家康の妻・築山殿を演じることが12日発表された。このキャスティングに歴史ファンから歓迎の声があがっている。「天下人」家康の正室と聞けば、美人で格式高く壮麗なイメージを持つ人が多そうだが、実際の築山殿はむしろ悪女のイメージが強く、菜々緒にピッタリなんだとか。 [全文を読む]

『嫁vs姑 そんなバカな!!』(全1巻、東山えつこ=作)・『戦国 嫁vs姑バトル』(全3巻、川崎三枝子=作)が、Kindleストア・楽天Kobo電子書籍ストア・Yahoo!ブックストアで配信開始!!

DreamNews / 2017年04月17日16時00分

<書籍概要1>■嫁vs姑 そんなバカな!!作者:東山えつこ◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2oC2aIb◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2p8V9RZ◆Yahoo!ブックストアリンク:http://bit.ly/2p94BVR <内容紹介>自分の価値観を押し付けて姑ってそんなに偉いのっ!!もう嫌っ [全文を読む]

頭の回転をあげて効率アップ! デキる人になって人生も豊かになる脳トレとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日06時30分

これらの“悩み”について答えているのが、『脳が冴える15の習慣—記憶・集中力・思考力を高める(生活人新書)』(築山 節/日本放送協会出版)。2006年に出版されて以来、今も売れ続けている大ベストセラー本だ。著者の築山 節氏は、これまで数多くの診断治療と研究に携わってきた脳神経外科医である。 10年経ってもまったく古さを感じない。現代人の抱えるさまざまな悩 [全文を読む]

【菜々緒降臨】浜松市におんな城主直虎の瀬名殿キター!逢いに行ってきた結果。

秒刊SUNDAY / 2017年06月04日19時00分

大河ドラマ「おんな城主 直虎」効果も相まって、過去に類を見ない混雑ぶりの中、瀬名(築山殿)を演じる菜々緒さんが会場に訪れプレミアムトークを開催するという情報をGETしました。今週末、6月3日、4日に開催される「#家康公祭り& #家康楽市」。大河ドラマ「#おんな城主直虎」で家康公の正室 #築山殿 役の #菜々緒 さんのプレミアムトークは4日午後2時30分を予 [全文を読む]

夜の北京動物園、守るのは自動運転パトロールカー―中国紙

Record China / 2016年06月19日21時00分

小旋風がパトロール中、ルーフに取り付けられた赤外線カメラは築山、林、動物エリアの映像を撮影し、これをリアルタイムで管理人のパソコンに伝送する。このパソコンは車の「最強の脳」であり、カメラとレーダーがキャッチした情報がここに集まり、読み取り・分析・処理される。パソコンは運転手のようにパトロールカーに指示を出し、障害物回避、カーブ、加速、停車、Uターンなどを促 [全文を読む]

上海ディズニーリゾートの知られざる「秘密」に数字で迫る!―中国

Record China / 2016年06月17日21時23分

○32メートル: 「アドベンチャー・アイル」エリアに設けられた築山の面積は約2万4000平方メートル。中国国内・海外のアーティストおよび築山専門デザイナーの手で、彫刻と塗装が行われた。同エリアのメインとなる「サンダーマウンテン」には、落差約32メートルの人口滝が設けられ、ジェット・コースター「ビッグサンダーマウンテン」に乗って楽しめる見どころとなっている [全文を読む]

立命館大新入部員、昨季徳島2種登録のGK堀口、CB塩田、CB小松、FW築山ら

ゲキサカ / 2016年01月22日12時15分

また全国高校総体でテクニックと強さを示して大会優秀選手に選出されたFW築山隼(久御山高)、対人の強さとボール奪取武器のCB重松勇樹(中京大中京高)、四国屈指のゲームメーカー・MF木藤佑也(松山北高)といずれも実力者たちが新入部員リストに名を連ねている。 以下、立命館大入部予定選手 GK堀口皓平(徳島ヴォルティスユース) DF塩田晃大(玉野光南高) DF小松 [全文を読む]

[総体]値千金の同点弾で勝利に貢献した久御山FW築山隼(4枚)

ゲキサカ / 2015年08月04日06時50分

(写真協力『高校サッカー年鑑』) ▼関連リンク 【特設ページ】高校総体2015 [全文を読む]

蕪島で毎年恒例、ウミネコの糞避けのため傘の貸し出し実施 社務所に申し出ると「会運証明書」の発行!

@Press / 2017年06月05日10時00分

蕪島を起終点とする「みちのく潮風トレイル」を歩くハイカーや蕪島の風景を眺めながら休憩する市民が気持ちよく利用できるよう芝生に覆われた緩やかな起伏の築山を配置し、園路やウッドデッキを整備しています。 [全文を読む]

歴史的建造物を「映画撮るから」と大胆改造、勝手に壁を作って内側に庭―江蘇省南京市

Record China / 2017年05月30日17時50分

記事によると、関係者らは周囲に壁を築き、内側には築山や池などを造成。もともとあった門が撤去されるなど本来の姿が大幅に変えられており、付近の住民は「約1カ月前に映画撮影用と称する工事関係者が現場を訪れていた」と話している。 1911年に工事が始まった同駅は津浦鉄道で最も早く建設された駅の一つとされており、英国式の駅舎は1986年に撤去された。今回の問題につい [全文を読む]

認知症関連書籍 新刊案内 5/28

認知症ねっと / 2017年05月28日17時00分

定年認知症にならない脳が冴える新17の習慣 認知症外来の名医である著者、築山 節 氏が、定年認知症にならない脳専用の健康法を教えます。忙しかった毎日が変わる、定年をきっかけに認知症に陥ることを定年認知症といいます。多くの方が経験する事だけに身につまされるものがあります。本書には、定年認知症対策を軸に認知症を予防する様々な脳の習慣が詰まっています。 「定年認 [全文を読む]

ポスト菜々緒、真野に吉岡里帆が“悪女ブレイク”?

日刊大衆 / 2017年05月04日19時05分

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、徳川家康の正室・瀬名(築山殿)を、持ち前の“悪女っぷり”全開で演じている菜々緒(28)。 今やすっかり「悪女」イメージを視聴者に印象づけた彼女は、さまざまな映画やドラマで多種多様な悪女キャラを演じている。ファッションモデルとしてデビューした菜々緒は、2014年にドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系) [全文を読む]

[関西]立命館大登録メンバー

ゲキサカ / 2017年04月12日10時23分

立命館大登録メンバー ▼GK 1 白坂楓馬(3年=桐光学園高) 31 田村翼(3年=金沢U-18) ▼DF 2 小松拓幹(2年=阪南大学高) 3 吉井悟(3年=東山高) 4 芝丈寛(4年=瀬戸内高) 13 若園敦貴(4年=名古屋高) 15 出水洸輝(4年=金光大阪高) 18 高原昂兵(3年=滝川二高) 20 重松勇樹(2年=中京大中京高) 22 塩田晃大( [全文を読む]

日本の伝統精神は独断専行を認めていない 松下幸之助が語った日本人の本質

東洋経済オンライン / 2017年03月24日13時00分

向こうの築山の右のところにも、もうひとつ在る。あれは新しそうやな。うん?江戸時代のもんか?あれはぜんぜん傷んではおらんわね。最初はああいうもんもお墓であったんやろうけど、だんだんと庭の景色に取り入れられて、こうして飾り物になっておるんやろうけど、そういう考え方の変化が面白いわね。きみ、あの島に渡ったことあるか。わし、あるよ。随分とせまいもんやから、池の水が [全文を読む]

【おんな城主直虎】家康の正室・瀬名姫が視聴者を震え上がらせる

しらべぇ / 2017年02月26日10時00分

■謎だらけの「悪女」瀬名姫家康の正室である築山殿の本名は分かっていない。だが瀬名氏の娘であるため、当時から「瀬名姫」と呼ばれていた可能性は高い。大河ドラマ『おんな城主直虎』でも、呼び名は「瀬名」である。そんな瀬名姫の性格は、本名と同様よく分かっていない。そもそも、彼女に関する一次史料がないのだ。だが江戸時代に編纂された史料には、堂々と「瀬名姫は嫉妬深い性悪 [全文を読む]

大阪学院大新入部員、大津守護神・前田や聖和学園SB尾野&MF藤井、大阪学院大高主力組ら

ゲキサカ / 2017年02月23日16時20分

以下、大阪学院大の入部予定選手 ▽GK 網島佑樹(滋賀学園高) 川崎光貴(宮崎日大高) 古賀裕大(柳ヶ浦高) 樹神怜音(中京大中京高) 住山雄一郎(大阪学院大高) 高丸裕太(大阪学院大高) 前田勇矢(大津高) ▽DF 岡林光希(興國高) 尾野匡祐(聖和学園高) 上田中浩斗(大阪学院大高) 菊地顯眞(大阪学院大高) 倉田拡也(大阪学院大高) 鈴木輝之助(東 [全文を読む]

日本の芸術家・岡本太郎の母「岡本かの子」が愛した地、神奈川県現川崎市高津区「岡本かの子文学碑」は伝統のある芸術作品

GOTRIP! / 2017年02月11日11時30分

築山風台座は建築家、丹下健三が設計し、1962年(昭和37年)秋に完成しました。 文学碑は、隣接する二子神社の境内にあるモニュメント。 多摩川のほとりに位置し、この地に建てられたのは、多摩川を愛したかの子のために、多摩川を眺むこの地が選ばれたのだとか。 岡本太郎の作品「太陽の塔」を連想させる文学碑は、同市にある岡本太郎美術館のシンボル「母の塔」と向かい合う [全文を読む]

『直虎』で大河ドラマ初出演の菜々緒 男勝りな役柄に共感

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

徳川家康(阿部サダヲ・46才)の正室で、直虎の親友となる瀬名(築山殿)を演じるのは、大河ドラマ初出演となるモデルで女優の菜々緒(28才)。自らの役柄についてこう語る。 「演じさせていただくにあたって、瀬名についていろいろと調べてみました。歴史上諸説ある人物なので、悪女なのかそうではないのかはっきりとはわからないのですが、野心家ではあるものの、母との約束を果 [全文を読む]

会津藩士の兜も特別公開!幕末の武人たちが拠った城構えの名刹「金戒光明寺」【京の冬の旅 特別公開その1】

サライ.jp / 2017年01月17日11時30分

白川砂を全面に敷き詰め、杉苔による築山を配している。[/caption] 金戒光明寺は、承安5年(1175)に浄土宗の開祖・法然上人が営んだ庵に始まる。御影堂の東に建つ大方丈の庭は「紫雲の庭」という。平成18年(2006)の作庭だが、古典的技法を駆使した回遊式庭園。白川砂と杉苔のコントラストが印象的だ。各所に組まれた大小の石は法然上人の生涯を表現していると [全文を読む]

柴咲コウ 主演大河「おんな城主・直虎」のウラ現場を一挙公開!(2)サービスカットもあるかも?

アサ芸プラス / 2017年01月15日17時57分

すごく似合っている』と慌ててフォローしていましたね」(前出・ドラマスタッフ) 共演者の中でも、徳川家康の正室・瀬名(築山殿)を演じる菜々緒(28)の色気が撮影現場でムンムンだったという。「凛とした姿勢で颯爽と歩く場面で、着物の裾からチラチラと美脚が見えるんです。さらに休憩になると、ディレクターズチェアに深く腰かけて足を組むので、太腿あたりまでチラ見えして目 [全文を読む]

フォーカス