深大寺のニュース

キラキラじゃなくても楽しめる!女子大生が巡る都内ディープスポット

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月11日10時00分

今回は前編として、調布市深大寺に行ってみました! そしてそのレポートを公開します!■食べ歩き・妖怪・猫の三拍子が揃ったほっこりスポット・調布市深大寺2015年12月某日。京王線調布駅のホームに降り立つと、いきものがかりの『ありがとう』のオルゴール風メロディが聞こえてきました。それもそのはず。ここ、調布は2010年に放送された朝ドラ『ゲゲゲの女房』の舞台とな [全文を読む]

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.5 (2/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年05月18日09時00分

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.5 (1/4) http://insurance.rakuten.co.jp/inlife/fun/cityscape-20170511/ 10:30 │ 深大寺入口/新緑の輝く古刹 /JINDAIJI-IRIGUCHI 御塔坂から鶴川街道を通って、バス停「深大寺入口」へ。 調布駅を離れるにつれ緑が多くなっ [全文を読む]

遅くまでやってる!老舗で食べる2016年【年越しそば】都内の名店5選

TABIZINE / 2016年12月27日10時00分

調布の深大寺周辺、特に深大寺通り沿いにはそば屋がたくさんありますよね。深大寺そばの本拠地ですが、その中でも人気のお店が『湧水』になります。 調布市観光協会によると、深大寺そばとは米の生産に向かなかったお寺周辺の土地を、そば作りに生かしたところから歴史が始まるのだとか。その後、さまざまな時代の流れを経て全国区の知名度を獲得して今に至ると言います。 『湧水』の [全文を読む]

“東京のオアシス”調布・深大寺で涼を求めてプチ旅行

Walkerplus / 2015年07月31日18時23分

京王電鉄は、9月27日(日)まで「“涼”を求めて 調布・深大寺スタンプラリー」を実施している。 3つのスタンプを集めながら、東京のオアシスである調布・深大寺エリア の魅力が楽しめるラリー。京王線・井の頭線の各駅で配布するリーフレットに、各指定場所のスタンプをそれぞれ集めて応募すると、抽選で素敵な賞品が当たるキャンペーンだ。京王線つつじヶ丘駅がスタンプ設置場 [全文を読む]

【川奈まり子の実話系怪談コラム】中古の自転車【第十七夜】

しらべぇ / 2015年06月10日19時00分

深大寺のあたりだったそうだ。 「普通の一戸建てが多い住宅街で、まだ窓に明かりが点いてる家が多くて、何にもおかしなところがない風景でした。ただ、僕がそこに居るってことを除けば」 山田さんは、すっかり怖くなってしまった。そして不意に尿意をもよおした。昔から恐怖を感じるとトイレが近くなる性質だったのだ。 そこで、トイレを借りるため、コンビニエンスストアを探すこ [全文を読む]

創業文久年間、江戸時代末期より伝統の味を守り続ける深大寺そばの老舗

ぐるなび / 2014年05月29日11時10分

5月27日の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)で、「その街の達人がオススメ!深大寺の名店」と題して、深大寺そばで有名な調布市の深大寺周辺が取り上げられ、俳優の阿藤快さんがそば店「元祖 嶋田家」(東京都調布市)を訪れた。 江戸時代末期に創業された同店は、深大寺そばのなかでも老舗中の老舗。青森県産のそば粉を使った二八そばが自慢で、そばをさら [全文を読む]

ゲゲゲの妖怪たちに会いに行こう!紅葉も見頃の深大寺『鬼太郎茶屋』でほっこり

えん食べ / 2013年11月07日11時30分

それは、今年でオープン10周年を迎えた調布市深大寺にある『鬼太郎茶屋』。ここでは『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる妖怪をモチーフにしたメニューが食べられるんだとか。寒い季節にお化けって無謀な気もするけど、ぜひ鬼太郎や妖怪たちに会ってみたい!ということで、さっそく調布まで行ってみることにしました。■情緒あふれる風景が広がる、深大寺の遊歩道『鬼太郎茶屋』へ行くには、 [全文を読む]

深大寺周辺で公衆無線LANサービス「Jindaiji Free Wi-Fi」が開始

インターネットコム / 2015年10月01日16時00分

東京都の調布市観光協会が、NTT東日本やNTTBPと連携して、10月1日から、深大寺周辺で公衆無線LANサービス「Jindaiji Free Wi-Fi」を開始した。 深大寺周辺は、外国人観光客がバスツアーで訪れる都内有数の観光スポット。2020年に向けて訪問する外国人の増加が見込まれることから、外国人観光客の情報取得や発信を助けるため、Jindaiji [全文を読む]

5種類の天ぷら「湧水天もり」

ぐるなび / 2017年05月22日16時10分

5月19日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時55分~)では、東京・調布市深大寺周辺を聞き込み散歩した中で、雛形あきこさんが「湧水」(東京都調布市)を訪れた。 深大寺蕎麦がいただけるこちらのお店で、並んでも食べたいと行列を作るお客さんの目当ては、手打ちの九割蕎麦だ。 湧き水を使ったこだわりのお蕎麦がいただける同店、メニューの中で一番の人気は [全文を読む]

国産のそば粉を使った「天ざるそば」

ぐるなび / 2017年05月22日16時10分

5月21日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、新緑の深大寺をのんびり散歩した中で、中山秀征さん、中川翔子さん、橋爪功さん、鈴木福さんが「雀のお宿」(東京都調布市)を訪れた。 橋爪さんがよく訪れていたというこちらのお店は、東京では珍しい原生の竹林に囲まれている店内で深大寺そばが味える蕎麦店だ。 番組では、お店の名物メニューとして「 [全文を読む]

『クリスマスバス』を運行します!!~京王バスにサンタがやってくる!~

PR TIMES / 2016年12月08日14時22分

[画像2: http://prtimes.jp/i/22679/2/resize/d22679-2-472028-2.jpg ] 【詳細】 ○運行日 2016年12月17日(土)、18日(日)、12月23日(金祝)、24日(土)、25日(日) ○運行路線(○・・・17日(土)、18日(日)運行路線) 宿45 新宿駅西口~笹塚中学~中野駅 渋63 渋谷駅~ [全文を読む]

12月31日~1月1日にかけて終夜運転を京王線・井の頭線で実施します!

PR TIMES / 2016年12月02日14時14分

なお、京王バス東株式会社(本社:東京都府中市、代表:窪田 洋)では、調布駅北口・つつじヶ丘駅北口と深大寺を結ぶ初詣臨時バスを、22:30頃~3:00頃の間に 概ね15~30分間隔で運行します(最終便は深大寺発3:00頃を予定)。 詳細は下記のとおりです。[画像1: http://prtimes.jp/i/22856/5/resize/d22856-5-9 [全文を読む]

二十世紀梨のピューレが入った「二十世紀梨ソフト」

ぐるなび / 2016年09月20日16時10分

9月17日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、東京都・調布市深大寺で秋グルメを求め旅するコーナーで、石塚英彦さんが「鬼太郎茶屋」(東京都調布市)を訪れた。 京王線調布駅から京王バス深大寺行きで20分ほど、終点下車すぐにある同店は、妖怪マンガをテーマにした、約500種類のグッズも販売している茶屋だ。 番組ADと一緒に、二十世紀 [全文を読む]

鹿児島県志布志市から東京都調布市 深大寺へ 「志布志の夏そば」を原付で届けるPRイベントを実施

@Press / 2016年07月12日11時00分

斬新でハートウォーミングな企画を行う株式会社スタジオフィルス(所在地:鹿児島県志布志市、代表取締役:高橋健太郎)と「日本一早い夏そば」の提供を目指して活動している鹿児島県志布志市は、志布志市から原付バイクで「夏そば」を出前し、1,123km離れた東京都調布市の深大寺(じんだいじ)に奉納するPRイベントを、2016年7月12日(火)~7月16日(土)に実施し [全文を読む]

マンション広告ポエムに過剰コンプライアンスの波押し寄せる

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

《あえて、深大寺。》(深大寺レジデンス) ●結局、どこなんだ? ブランド地名を欲張り過ぎて、一体どこにあるのか分からない物件も。 《そこは、成城でもなく、仙川でもない。そして、成城でもあり、仙川でもある。》(セイガステージ仙川) 《広尾を纏う西麻布の住処》(ザ・パークハウス西麻布レジデンス) 「素通り問題」も生じた。 《渋谷・代官山・中目黒、そして学芸大 [全文を読む]

妖怪ブームとまちおこし、水木しげるが「現世」に残したもの

FUTURUS / 2015年12月03日23時00分

source:http://photosku.com/ 同市では、ゲゲゲの鬼太郎が車体に描かれた『鬼太郎バス』が走り、同市深大寺の門前には『鬼太郎茶屋・深大寺店』が営業している。 巨星・水木しげる氏が残したキャラクターや物語は、時代を超えて愛される普遍性を獲得したと言える。 心より、氏のご冥福をお祈りしたい。 【参考・画像】 ※ 漫画家の水木しげるさん死 [全文を読む]

ブームの予感!ガレット、パンケーキの次にくる「ブリニ」ってなんだ?

Woman Insight / 2015年07月24日20時00分

みなさん、訪れたことはありますか? お蕎麦で有名な深大寺はもちろん一度は訪れたい観光スポットやグルメなど、アクセスの良さもあってじわじわ人気が出てきているのです。 そんな調布の街づくりともっともっと活性化しよう! ということから三井不動産レジデンシャルが、くらしの“今”をとらえたプロジェクト『Park HOMES Style』を発足。 「すみなれた街でくら [全文を読む]

俳優太川陽介さんの思い出のお蕎麦

ぐるなび / 2015年07月21日15時10分

7月17日放送の「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系、午後14時55分~)では、東京・深大寺周辺をぶらぶらお散歩。俳優太川陽介さんがオススメする「きよし」(東京都調布市)を安住紳一郎アナウンサーと訪れた。 太川陽介さんが20年も通い詰めている、深大寺の目の前にあるお蕎麦屋さん。 早速注文したのは「冷とろそば」。この道55年のご主人が毎日うつ10割そ [全文を読む]

合掌造りの古民家でゆったりと味わう! こだわりの「特選炭火焼きハンバーグステーキ」

ぐるなび / 2015年05月26日16時10分

5月22日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では、「涼やか新緑を満喫!調布・深大寺さんぽ」と題して、タレントの河相我聞さんが「深大寺 白金亭」(東京都調布市)を訪れた。 築300年を超える白川郷の合掌造りを再利用した同店は、ゆったりとした空間で趣向を凝らした料理を堪能できる洋風懐石のレストランだ。メインである「特選炭火焼きハンバー [全文を読む]

~開基して「千年」を超える名刹 深大寺を巡る~ 歴史てくてく散歩&ランチ 2014年11月19日(水) 吉祥寺第一ホテルにて

PR TIMES / 2014年09月16日16時16分

2014年住みたい街No.1(※1)に輝いた、吉祥寺の中心に位置する吉祥寺第一ホテル(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 総支配人 松尾尚之)では、2階寿司処「一寿し」にて、ランチをお召し上がりいただいた後ベテランガイドと共に、ホテルより路線バスに乗車いただき、縁結びや蕎麦でも有名な調布の深大寺を散策する企画を開催いたします。 吉祥寺第一ホテル http [全文を読む]

フォーカス