歓待のニュース

訪中の韓国野党議員を中国政府が歓待、「離間の計」にかかったと批判も―韓国

Record China / 2017年01月08日01時30分

THAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)配備を受け、中国政府は駐中国米国大使と高官の面談を拒否するなど強硬姿勢を取っているが、今回の野党議員訪中には中国の王毅(ワン・イー)外相が会談に応じるなど手厚く歓待した。 しかし、その内容はというと、THAAD配備に反対を伝えるという中国側の主張一辺倒のものだ。5日には国際問題研究院で開催されたTHAAD懇談会に [全文を読む]

<Wコラム>日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編2)

Wow!Korea / 2016年07月11日17時28分

■家康から受けた歓待朝鮮通信使の正使だった呂祐吉(リョ・ウギル)は、なんとしても家康に朝鮮王朝の国書を直接渡したかったのだが、幕府側から、江戸城にいる2代将軍・秀忠に差し出してほしいと要請された。家康からも同じ意向がもたらされたので、呂祐吉たちは帰路に駿府で家康に会うことにした。そして、無事に江戸城で国書伝達を終えた呂祐吉たちは、帰路に清見寺に宿泊した。家 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(7)新潟の選挙民を東京で歓待

アサ芸プラス / 2016年07月06日05時55分

作家:大下英治 [全文を読む]

世界が注目する気鋭監督・深田晃司最新作 浅野忠信主演映画『淵に立つ』(英題:HARMONIUM)第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品決定 浅野主演映画、2年連続同部門に選出!

PR TIMES / 2016年04月15日16時59分

監督は、世界の映画祭で数々の受賞歴を誇る『歓待』、二階堂ふみ主演『ほとりの朔子』(ナント三大大陸映画祭クランプリ)、平田オリザの戯曲映画化『さようなら』(東京国際映画祭コンペ出品)など、36歳にして次々と話題作を世に出し続ける深田晃司。世界的に評価の高い黒沢清、河瀬直美、是枝裕和、三池崇史監督に次ぐ、新しい世代の監督として世界中から注目を集めている。 本 [全文を読む]

インド、日本の新幹線を採用――中国の反応と今後の日中バランス

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月15日16時30分

5月19日付の本コラム<龍と象の「一帯一路」――中印蜜月、「紅い皇帝」のもう一つの狙い>にも書いたように、「紅い皇帝」習近平が自ら西安に赴き、訪中したインドのモディ首相を歓待したのは、昨年9月に習近平国家主席がインドを訪問したとき、モディ首相が自分の故郷であるグジャラートで習近平国家主席を歓待したお返しだ。 このとき習近平国家主席は、「社会主義的価値観」 [全文を読む]

中国の李源潮・国家副主席 訪朝で大歓待を受けた理由は名前

NEWSポストセブン / 2013年08月07日07時00分

朝鮮戦争休戦60周年記念行事に出席のため、中国代表団を率いて7月下旬に北朝鮮を訪問した李源潮・中国国家副主席が中朝関係のキーパーソンとして注目を浴びている。閲兵式などの記念行事では終始、金正恩第一書記の隣にいて親しげに談笑するなど密接な関係をアピール。金氏も李氏を“兄貴分”として立てる配慮を示すなど、悪化していた中朝関係の改善を強調する思惑が透けてみえるよ [全文を読む]

大型アップデート“天覇争乱”に新作ゲームも発表! 『ブラウザ三国志』5年目突入記念公開君主会議レポート

ガジェット通信 / 2013年05月13日21時00分

●艶やかな女官たちが歓待! 君主たちの求めに応じて、女官の二人も会議の席に。「かわいいけれど、かっこよくてそのまま戦えそう」というコスチュームは、長い脚をより際立たせていました。 また、シースルーのチャイナ服をまとった女性陣も長身&セクシーで君主たちを魅了します。 歓待の席では、君主たちに特別記念カードも配布。ひとり5枚引くことができた中にはシリアルコー [全文を読む]

習近平妻の84歳伯父 台湾在住で習氏のイメージアップ担う

NEWSポストセブン / 2013年04月07日07時00分

この伯父はかつて上海を訪問した際、習主席とも会い歓待されており、習主席としては、伯父を中台統一の宣伝塔として政治的に利用したいとの思惑も見え隠れしている。 米国に拠点を置き、中国情報では定評があるニュースウェブサイト「博訊(ボシュン)」によると、この伯父は李新凱という名前で、彭麗媛さんと同じく中国東北部の山東省の出身で、彭麗媛さんの母が李さんの妹という関係 [全文を読む]

ムートン・カデが第35回アメリカズカップのオフィシャルワインとしてデビュー

Digital PR Platform / 2017年06月09日09時57分

最も売れているボルドーのワインブランドが、世界最高峰のヨット・レースとタッグを組み、リミテッドエディションのスペシャルキュヴェを発売しました2017年6月バミューダよりファミリー企業であるバロン・フィリップ・ド・ロスシルド社の監査役会会長、フィリップ・セレイス・ド・ロスシルドは、第35回アメリカズカップ開催中、ムートン・カデ ワインセラーにおいて、アメリカ [全文を読む]

米国人男性「中国人ほど勤勉な国民を見たことがない」―中国メディア

Record China / 2017年06月08日18時10分

「どこに行っても、中国の人々は僕を歓待してくれる。中国人はとても開放的かつ友好的で、進んで他人を助けてくれる。道で誰かを捕まえて質問をしても、相手がどんな人でもすぐに僕を助けてくれる」と彼は話す。授業のない時、マシューさんはよく友人とシャオチー(軽食)を食べに行く。何時に出かけようと、安全面での心配は無用だという。彼は、「いかなるときでも、僕は身の安全につ [全文を読む]

油断していたら日本はあかん。本田圭佑がカンボジアで感じた「伸び代」

まぐまぐニュース! / 2017年06月06日17時45分

高級鉄板焼き料理の歓待を受けたあとは、地元メディア向けの撮影会も。さらに市内の中学校では演奏隊が出迎え、もみくちゃにされながらグラウンドを見学した後は教室でスピーチを行いました。 「我々は日本に約60のサッカースクールを持っている。ぜひカンボジアにも、サッカースクールをつくりたい」 帰りにも子ども達に再びもみくちゃにされ、急いで車へ乗り込んで「公式行事」を [全文を読む]

俳優・古舘寛治が豪華ゲストたちと語る「古舘寛治とgiftedたち」を本日より公開

PR TIMES / 2017年06月02日11時00分

http://samplenet.org/bridge/taidan/[画像1: https://prtimes.jp/i/26156/1/resize/d26156-1-140062-2.jpg ]■対談ゲスト 〈6月14日までに、全8回公開予定〉・夏帆:俳優・キムラ緑子:俳優・深田晃司:映画監督(『歓待』『ほとりの朔子』『淵に立つ』など)・土井裕泰:T [全文を読む]

【日本ハム】「4割打者・近藤健介」について考えているうちに台湾に飛んでいた

文春オンライン / 2017年05月26日11時00分

僕らハムファンは水道橋の居酒屋で大いに歓待したものだ。その後、台湾球界は八百長騒動に揺れ、時報、味全、三商等が解散に追い込まれる。CPBLは低迷期に入る。そして、ようやくその低迷を突破する勢いを見せているのがLamigoの人気爆発だ。 王柏融のバッティングはWBC壮行試合でも見て、今はネットに映像も上がってるからイメージがあった。台湾球界らしいハードヒッタ [全文を読む]

『貴族探偵』、嵐・相葉が「端役」生瀬に食われ透明人間状態…月9史上最低視聴率が目前

Business Journal / 2017年05月16日20時00分

鷹亮の外孫にあたる豊郷皐月(加藤あい)に歓待され、今日は鷹亮の直系の孫・桜川弥生(北香那)の花婿選びの儀式の日だと聞かされる。花婿候補達がキジ狩りをし、最初にキジを射止めた者が第一候補になるのだが、最終的には弥生が花婿を選ぶというもの。 時代錯誤な儀式に違和感を持ちつつ、貴族探偵(相葉雅紀)のことを聞き出すことが目的の愛香は、鷹亮の部屋に呼ばれて気合充分。 [全文を読む]

ベトナム独立運動を無償で支えた日本人医師・浅羽佐喜太郎の義挙

まぐまぐニュース! / 2017年04月30日12時00分

ベトナムの人々がこれほどまでに両陛下を歓待したのも、そういう日越の歴史的な繋がりも一役買っているだろう。本号ではファン・ボイ・チャウと彼を助けた日本人たちの足跡を辿ってみたい。 「フランスの占領から祖国を救いたい」 「全生涯をかけて革命運動にこの身を捧げる」 見なれない一隻の船が「浅羽病院」のある海岸に着いた。(中略)船には、大きな魚樽(だる)が乗ってい [全文を読む]

つなぎの女王と金満社長の「行くカネ来るカネ」

文春オンライン / 2017年04月29日17時00分

誰にも相手にされることなく居場所もない男が、ひとたびフィリピンクラブの敷居をまたぐと、女性たちの歓待で男としての自尊心を回復し、こう錯覚してしまうのだ。で、調子に乗ってフィリピンに渡り、無一文になってしまう。 女王も、違法なカネ集めで日本に居づらくなったからか、まだ輝ける世界を求めて、フィリピン、タイへと渡り、現地でもカネを集めては、地元のホストに家を買い [全文を読む]

4月25日発売 「週刊サンケイ」臨時増刊3号分 電子書籍化のお知らせ

DreamNews / 2017年04月25日09時00分

イランの古都やペルセポリス遺跡を視察されるお写真や、エチオピアの当時のハイレ・セラシエ1世が両陛下を歓待なさる数々のお写真が掲載されています。インドでの大歓迎ぶりもお伝えしています。『週刊サンケイ別冊 臨時増刊昭和37年3月5日号 皇太子ご夫妻 東南アジア親善旅行記念グラフ』パキスタンとインドネシアご訪問をご紹介。カラチやラホールへ足を運ばれてイランの国民 [全文を読む]

美少女剣撃アクションRPG『天華百剣 -斬-』4月20日よりiOS/Android向けに配信開始!

PR TIMES / 2017年04月21日09時19分

本当は自由に旅をしたいという憧れから、客人を歓待して話を聞くのが好き。怒ると、黒い竜を体からオーラとして滲み出させる。 4月20日(木)よりゲーム内では、ゲーム開始日から7日目までログイン時の付与アイテムがより強力になる「開始応援ログインボーナス」や、スタートダッシュに役立つ期間限定仕様の「開始記念ステップアップガチャ」など、ゲームを開始したユーザーが『天 [全文を読む]

ダライ・ラマの中印国境訪問で両国間に火花

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月06日17時20分

アルナーチャル・プラデーシュ州のペマ・カンドゥ首相はダライ・ラマを歓待し、「インドと国境を接する隣国は中国ではなくチベットだから、ダライ・ラマの来印についてとやかく言う資格は中国にはない」と中国の懸念を切り捨てた。From Foreign Policy Magazineエミリー・タムキン [全文を読む]

トランプがフロリダで会う習近平は安倍と違ってゴルフ嫌い

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月03日18時35分

【参考記事】ゴルフ場に墓石を使うトランプは中国と似ているマール・ア・ラーゴはこれまで、トランプが身がまえなくて済む指導者を招いて歓待する場所だった。安倍が滞在したときは、両首脳とも「食べたり、リラックスしたり」した、とホワイトハウスは言う。3月17日にホワイトハウスでトランプと会談したドイツのメルケル首相との間に火花が散っていたのとは対照的だ。ゴルフはトラ [全文を読む]

フォーカス