単純労働のニュース

外国人「単純労働者」が解禁されるとどうなる?

JIJICO / 2016年07月09日15時00分

単純労働者」とはどのような労働者のことを指すのでしょうか?自民党がまとめた労働政策に関する提言案は、原則として学者や技術者などの「高度人材」しか認めてこなかった現状を改め、単純労働者の受け入れを容認するよう求めています。自民党の提言における「単純労働者」は、専門的・技術的分野の労働者以外の労働者を指しており、いわゆる肉体労働者とは限らないことに注意すべき [全文を読む]

単純労働の外国人確保に道 問題点は?

JIJICO / 2016年10月11日09時00分

技能実習制度で単純労働を行う外国人労働者は既に入ってきている現状 政府は、「介護」「育児」「建設」など人手不足に悩む業種に単純労働を行う外国人労働者を受け入れるための法整備を目指すとの報道がありました。 現状はどうなのでしょうか?また問題は無いのでしょうか? 現在、技能実習制度(建設、農業、食品製造など許可された業種、介護は許可されていない)での外国人労働 [全文を読む]

アメリカンドリーム回復図るトランプ

Japan In-depth / 2016年11月11日19時00分

新しい移民が最下層を構成することによって、それまでの単純労働者がランクアップできた。親の世代よりも自分たち、自分たちよりも子供世代の生活が良くなるという「アメリカンドリーム」は、実は移民の流入によって実現されてきたのである。 ところが最近では移民が増えても、ミドルクラス以下の白人層の暮らしはよくなってない。実際ここ20年ぐらい、実質家計収入はほとんど増えず [全文を読む]

日本の移民政策はもう手遅れ、もはや「100年の衰退」に入っている

まぐまぐニュース! / 2016年10月31日04時30分

日本は外国人労働者にとって魅力的な国であり続けられるのか? Question 日本における外国人単純労働者の今後についてご教授下さい。 昨今、介護、建設業など様々な産業分野で外国人単純労働者の受け入れに関する議論が進んでいますが、その方々の日本在留のためのビザの大儀名分(国際貢献、日本で技術を磨き本国の発展に寄与)と実態(低賃金労働者の確保)がかけ離れて [全文を読む]

増える訪日旅行客に対応するため外国人労働者にもっと門戸を広げよ

JIJICO / 2016年04月23日12時00分

外国人労働者がホテルなどで単純労働できない現状現在、ホテル/旅館、免税店、飲食店など訪日旅行客(インバウンド)で活況を呈し、外国人を雇用して訪日旅行客に対応しているところが増えています。そこで問題になるのが、外国人は、ホテル・旅館等で適法に働けるのか、適法に働く在留資格が得られるのか、です。基本的に、働く在留資格の仕事内容は、専門職となっており、単純労働[全文を読む]

海外から批判も「外国人技能実習制度」の闇

JIJICO / 2015年01月26日09時00分

実習生を劣悪な労働環境に置いて低賃金で酷使する問題が多発現在、68職種ある各分野における「実習」の実態は、大半が技術の習得など期待できない「単純労働」と言っても過言ではありません。外国人が「単純労働」の目的で入国することは法律上禁じられていますが、我が国の勝手な都合から、人手不足の分野における「実習」名下での「外国人の単純労働」という「法の抜け穴」ができ上 [全文を読む]

ピケティ的な格差は日本でも拡大するか - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年12月10日21時39分

この結果、コンピュータの技術を開発するソフトウェア技術者などの賃金が上がる一方、単純労働者の賃金が下がったのだ。 もう一つの原因は、ピケティがあまりふれていないグローバル化である。世界全体をみると、格差は劇的に縮小している。1970年から2006年にかけて世界の貧困率は80%下がり、所得が1日1ドル以下の絶対的貧困者も60%減って1億5000万人になった。 [全文を読む]

パリ協定離脱に喝采するトランプの「真の支持基盤」は誰か

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月02日16時30分

<それは、地球温暖化は中国のでっち上げだ、と本気で信じる「情報に乏しい有権者」でもなく、赤いキャップを被ってトランプの応援にきた単純労働者や炭鉱労働者でもない>エクソンモービルやアップル、ユニリーバといった超大手企業を代表する人々が懇願し、説得し、なだめ、脅した。テスラのイーロン・マスクCEOはドナルド・トランプ大統領への助言機関を辞任すると宣言した。今週 [全文を読む]

なぜ"経産省若手提言"はネット炎上したか

プレジデントオンライン / 2017年05月24日15時15分

ライシュが強調するのは、サービス業が中心の社会では、高い付加価値を創造する一握りの高度専門職と、感情労働に従事する非熟練対人サービス業(および単純労働者)への二極化が進むということだ。それゆえ政府としては、社会の中流階級を維持することが税収を維持する上でも重要になるのであり、ナショナリズムに基づく教育と社会資本への投資が必要なのだ、というのがライシュの主張 [全文を読む]

日本企業はAppleを見習え:最高デザイン責任者が必要な理由

DIGIDAY[日本版] / 2017年04月04日09時50分

単純労働で勝っていけない。単純労働は人工知能(AI)や新興国にとられていく。知識労働しかない。デザインは付加価値を生んでいく重要な方法だが、いまだに誤解されている。デザイナーの年収は平均400万円でサラリーマンより少ない。優秀な人が入ってこない。ここをぼくらは変えていかないといけない」。 少ない日本のデザイン投資 「日本のデザイン業市場規模は経済産業省のデ [全文を読む]

フォーカス