原木のニュース

平成27年度 新生!ふくしまの恵み発信事業 第2回メディアツアーを実施 福島の「きのこ・きのこ原木」生産、復興へ向けた取組

@Press / 2015年12月11日13時00分

豊かな森林資源に恵まれた福島県は、きのこやきのこ原木(しいたけ等を栽培するほだ木の材料)の一大産地として知られてきました。しかし、先の大震災および原発事故により、これらの産業は甚大な被害を受け、今なお風評の影響も根強く残っています。そのような中で、生産者および関係者は、安全で質の高いもの作りに尽力し、きのこの生産量については、昨年から回復傾向に転じています [全文を読む]

【レシピ】家庭で簡単隠し味!うま味抜群「しいたけ」出汁

しらべぇ / 2016年01月02日17時00分

■2種類のしいたけから選ぶしいたけには、「原木しいたけ」と「菌床しいたけ」の2種類があります。原木しいたけは、原木に菌を植え付け、屋外の自然環境で栽培したしいたけです。菌床しいたけは、おがくずなど人工的に作った培地に菌を植え付け、屋内で促成栽培したしいたけです。価格は菌床しいたけの方が安いのですが、原木しいたけは、自然で手間をかけて栽培した分、旨味、香り、 [全文を読む]

しいたけを蒸して食べるのは損。インフル予防の効果を上げる方法とは

まぐまぐニュース! / 2015年11月10日03時00分

菌床しいたけと、原木しいたけです。菌床とは、栄養分をしみ込ませた培地で育てる方法です。工場で管理されるので、品質が一定なのが利点です。スーパーで見かけるしいたけは、菌床栽培のものが多いですね。 原木とは、自然の木を一定の長さに切ったホダ木にしいたけ菌を植え付けて育てます。しいたけは椎茸と書くとおり、本来は椎の木で育てていたものです。しかし、椎の木はホダ木と [全文を読む]

平成27年度 新生!ふくしまの恵み発信事業 第2回メディアセミナー 福島の「きのこ・きのこ原木」生産、復興へ向けた取組 ― 市場流通する県産きのこが安全・安心でおいしい理由 ― 平成27年10月21日、都内にて開催

@Press / 2015年11月04日17時30分

福島県では、「平成27年度 新生!ふくしまの恵み発信事業」の一環として、第2回メディアセミナー「福島の『きのこ・きのこ原木』生産、復興へ向けた取組 ― 市場流通する県産きのこが安全・安心でおいしい理由 ―」を、去る平成27年10月21日(水)にFUKURACIA東京ステーション(東京都千代田区)で開催しました。新聞・雑誌記者、フリージャーナリスト、テレビ局 [全文を読む]

シイタケ栽培事業に参入します ~鉄道高架下を含む低利用土地の活用施策として、試験栽培を開始~

@Press / 2015年12月09日16時45分

このシイタケ栽培は、ビニールハウス内での原木栽培(※1)で、栽培に当たっては、キノコ栽培にノウハウのある一般財団法人 日本きのこセンター(本社:鳥取県鳥取市富安、理事長:常田享詳)から種菌(※2)の供給、栽培指導、技術供与を受けて実施するものです。 今後は販路の開拓を進めるとともに、原木の調達に当たっては、六甲山等の周辺森林の間伐材等の利用も検討するなど [全文を読む]

シイタケ栽培事業に参入します ~鉄道高架下を含む低利用土地の活用施策として、試験栽培を開始~

PR TIMES / 2015年12月09日16時12分

このシイタケ栽培は、ビニールハウス内での原木栽培(※1)で、栽培に当たっては、キノコ栽培にノウハウのある一般財団法人 日本きのこセンター(本社:鳥取県鳥取市富安、理事長:常田享詳)から種菌(※2)の供給、栽培指導、技術供与を受けて実施するものです。 今後は販路の開拓を進めるとともに、原木の調達に当たっては、六甲山等の周辺森林の間伐材等の利用も検討するなど [全文を読む]

国産きのこ4種類×味噌クリームの揚げパン『きのこパン』 神奈川県伊勢原市ふるさと納税の返礼品に登録

@Press / 2016年12月19日10時30分

■『きのこパン(味噌クリーム風味揚げパン、4種のきのこ入り)』とは2016年に開催された【林野庁 外食産業等と連携した特用林産物の需要拡大対策事業】森のめぐみプロジェクト主催、特用林産物(原木きのこや山菜など)を活用した新メニュー・新商品コンテストの中食部門において「4種のきのこのイタリアン餃子パン」で大賞を受賞したものをさらに改良を加えた商品です。■きの [全文を読む]

森のめぐみプロジェクト 食べて美味しい からだも嬉しい 新メニュー・新商品コンテスト 大賞品おひろめ会 11月19日開催!

@Press / 2016年11月14日12時00分

森のめぐみプロジェクト(運営事務局:株式会社バイヤーズ・ガイド 東京都千代田区一番町22-3-5階、代表取締役社長:永瀬 正彦)は、特用林産物(原木しいたけなどの森のめぐみ)を活用した新メニュー・新商品のコンテストで大賞を受賞した商品のおひろめ販売会を11月19日(土)、Farmer's Market @ UNU内キッチンカーとテントにて行います。森のめぐ [全文を読む]

【サスティナブルな社会科見学】 江戸時代から愛される吉野杉のふるさとで原木市と製材所を訪ねる。循環する木の物語--vol.2

FASHION HEADLINE / 2016年05月17日17時31分

■競りが行われる原木市場へやってきたのは上吉野木材共同組合の原木市。吉野には2ヶ所に原木市があるという。大型クレーンががっしり大木をつかむ様に圧倒されながら、山守の中井章太さん(中神木材)から案内を受ける。原木市が行われるのは月に2回。県内外の製材所から100人以上が参加し、その様子は築地の競りさながらだそう。欲しい木があれば指数字で値段を伝え、振り子と呼 [全文を読む]

千鳥また改名!?県知事と「もんげーボーイズ」結成

Smartザテレビジョン / 2015年02月03日19時12分

原木隆太岡山県知事から委嘱状を受け取った。千鳥は「岡山弁で漫才をやっているのは僕らだけ。最初は伝わらず、めちゃくちゃすべっていたが、今後は“いち漫才にいち岡山弁”、今までの1.5倍から2倍くらい岡山の話題や方言を入れた漫才をやっていく」と宣言した。 ノブが「僕らは岡山でも田舎の方(の出身)。田舎の良さをアピールしていきたい」と語ると、伊原木知事は「(大悟 [全文を読む]

フォーカス