アドリア海のニュース

日本人が知らないヨーロッパの穴場「イストラ半島」を訪れるべき7つの理由

TABIZINE / 2016年04月06日18時00分

アドリア海の真珠」と称される美しいクロアチア。日本でもその認知度がだいぶ高くなってきましたが、「イストラ半島」という場所をご存知でしょうか? イストラ半島はクロアチアの西部、アドリア海の最北部位置する日本人がまだ知らない穴場スポット。古くからイタリアの影響を強く受けてきたイストラ半島の海沿いの町には、ヴェネチアを彷彿とさせるロマンチックな雰囲気が漂います [全文を読む]

2千年前にタイムスリップ?アドリア海に浮かぶ「フヴァール島」/現地特派員レポート

TABIZINE / 2017年01月07日18時00分

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】 アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」 日本の人気アニメ映画のモデルにもなったクロアチアは、青く輝くアドリア海に面し1,000以上もの島を抱えています。アドリア海に面する港町スプリットから、フェリーで1~2時間のところに「フヴァール島」があります。アドリア海といえば「海」というイメージですが、実は陸地にも実は [全文を読む]

【現地ルポ】ドブロブニクを訪れたら体験したい9のこと

TABIZINE / 2015年06月09日16時00分

アドリア海の真珠」「地上の楽園」など、様々な言葉で賞賛されるこの街は、確かに絵に描いたような美しさです。 青く輝くアドリア海と堅固な城壁に周囲をぐるっと囲まれた旧市街。城壁の中にはオレンジ色の屋根瓦の民家や商店、様々な時代に建てられた教会や修道院、宮殿など、たくさんの歴史的建造物がひしめき合っています。その美しい様子はまるで宝石箱のよう。 今回は地上の楽 [全文を読む]

「アドリア海沿岸で白く輝く世界遺産」クロアチア・シべニクの聖ヤコブ大聖堂を訪ねて

GOTRIP! / 2017年05月20日11時30分

アドリア海沿岸に美しい中世の街々が連なる、クロアチアのダルマチア地方。「アドリア海の真珠」と呼ばれる世界遺産の街・ドゥブロヴニクが有名ですが、ダルマチア地方の世界遺産はドゥブロヴニクだけではありません。 クロアチアのアドリア海岸のほぼ真ん中に位置する小さな街がシべニク。世界遺産に登録されている聖ヤコブ大聖堂は、名実ともにシべニクのシンボルです。 旧市街の中 [全文を読む]

【スキマトリップ】5日で行ける! クロアチア欲張り周遊プラン

Spark GINGER / 2017年06月09日19時04分

これで次の恋に進みましょう! 晩ご飯を食べたら夜20:00の便で、北のザグレブから中部のリゾート地・スプリットへ移動します! ●スケジュールPM10:30/東京発→AM8:30/ザグレブ着→PM8:00/ザグレブ発→PM9:00/スプリット着そしてスプリット泊 【2日目】緑の洞窟&ラベンダーの島・フヴァルスプリットはアドリア海に面したヨーロッパのリゾート地 [全文を読む]

ヨーロッパ屈指のリゾートアイランド、絵画のように美しいフヴァル島に魅せられて

GOTRIP! / 2017年05月27日09時30分

碧きアドリア海に浮かぶ、クロアチアのフヴァル島。 日本ではさほど知名度が高くありませんが、夏には多くのセレブリティも訪れるというヨーロッパ屈指のリゾートアイランドで、ラベンダーの島としても知られています。 クロアチア本土からフヴァル島へのアクセスは、スプリットからフェリーまたはカタマラン(スピードボート)を利用するのが一般的。フェリーを利用した場合は、フヴ [全文を読む]

H.I.S.グループのクルーズプラネットが豪華クルーズを特別価格で提供する「クルーズフェスタ2017」開催

@Press / 2017年05月01日18時00分

【商品ラインナップ(一部商品を抜粋)】 ☆印は添乗員同行 ★印は添乗員同行&催行決定 出発日 :2017年12月11日 客船名 :サファイア・プリンセス☆ 方面 :アジア ツアー名:シンガポール・マレー半島クルーズ6日間(成田発着) 旅行代金:9.8万円~14.8万円 出発日 :2017年10月28日 客船名 :ノルウェージャン スター★ 方面 :アドリ [全文を読む]

【世界の絶景】まるで魔女の宅急便の世界!アドリア海の真珠、クロアチア・ドブロブニク

GOTRIP! / 2016年10月20日06時00分

地図でいうとイタリアの北、アドリア海を抜けた東ヨーロッパに位置しています。 今回ご紹介するクロアチア共和国のドブロブニクは、1979年に世界遺産にも登録され「アドリア海の真珠」とも言われているほど海や自然が美しい街。 アドリア海の青と街のオレンジ色の屋根が、あのジブリ映画「魔女と宅急便」の舞台ではないか?とも言われています。 小高い丘からドブロブニクの旧 [全文を読む]

旅人マリーシャの世界一周紀行:第88回 「もしかしてドゥブロヴニクは『魔女の宅急便』のモデル地なの?」

週プレNEWS / 2016年02月11日15時00分

そしてここ…「アドリア海の真珠」と呼ばれるクロアチアのドゥブロヴニク! アドリア海とその周辺は『紅の豚』の舞台ですが、青い海とオレンジ色の屋根が印象的なこの景色は「『魔女の宅急便』の街にそっくり!」と囁(ささや)かれて…いや、叫ばれています。 ジブリの公式発表では『魔女の宅急便』のモデル地はスウェーデンだけど、宮崎駿監督は作品に各地の風景を取り入れている [全文を読む]

一度は訪れたい、「真珠」と称えられる世界の美しき絶景7選

TABIZINE / 2016年02月04日16時00分

アドリア海の真珠、ドブロブニク(クロアチア) 紺碧のアドリア海に面した小さな国、クロアチア。そこに「アドリア海の真珠」「地上の楽園」など、様々な言葉で賞賛されるドブロブニクという町が存在します。 青く輝くアドリア海と堅固な城壁に周囲をぐるっと囲まれたドブロブニク旧市街。中世の面影が濃く残るこの街では、賑やかなメインストリートを離れ、ひっそりとした石畳の路 [全文を読む]

今、クロアチアを訪れるべき7つの理由

TABIZINE / 2015年09月05日16時00分

クロアチアの観光シーズンといえば、アドリア海がいっそうキラキラと輝きを増す夏。ですが、秋や冬の「オフシーズン」と呼ばれる季節にも、夏にはない魅力があります。 宿泊費が安い!特に10月が狙い目 まず、オフシーズンをおすすめしたい一番の理由が宿代が安くなるという点。特にドブロブニクやスプリットなどアドリア海沿岸部では、ホテルの宿泊費がハイシーズンの半額近く、な [全文を読む]

クルーズ旅行コース掲載数NO1サイト「ベストワンクルーズ」、10周年記念企画第12弾「ラグジュアリー客船クリスタルクルーズで行くアドリア海・地中海・カリブ海 クルーズツアー」を発表

DreamNews / 2015年08月19日10時30分

クルーズ旅行コース掲載数NO1サイト「ベストワンクルーズ」は、10周年記念企画第12弾として「ラグジュアリー客船クリスタルクルーズで行くアドリア海・地中海・カリブ海 クルーズツアー」を発表しました。世界中のクルーズファンを魅了し続ける洗練されたラグジュアリーシップ(クリスタルセレニティ・シンフォニー)で訪れるコースは、いずれも人気のアドリア海・地中海・カリ [全文を読む]

世界中のセレブがお忍びで訪れるラベンダーの島って?

TABIZINE / 2015年04月06日16時00分

青く輝くアドリア海に、千を超える島を抱えるクロアチア。その中でも世界に名高い、美しき「フヴァル島」についてお伝えします。 歴史と伝統、自然がつまった 「ラベンダーの島」 (C)Flickr/Patrice_Muc8 クロアチア本土よりフェリーで約2時間。「ラベンダーの島」という愛称を持つこの島は、その名の通り香り、初夏になるとラベンダーの花に包まれます。岩 [全文を読む]

【週末+有給3日で行く!世界の絶景】 「ツウ」な場所を旅したい! アドリア海に佇む絶景

Daily Beauty Navi / 2014年08月19日09時00分

クロアチア 「ドブロブニク」 アドリア海の真珠 真っ青な海と空を抱く街 東ヨーロッパのバルカン半島西部に位置するクロアチア。その南部にアドリア海に面した街、ドブロブニクがあります。中心地に広がるのは、約2kmにも渡る堅牢な城壁に囲まれた旧市街。オレンジ色の屋根が美しく並んでいます。15〜16世紀に隆盛を極めた石造りの建造物と、街中に敷かれた光沢を放つ大理石 [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 井上和子写真展「クロアチア 紺碧のアドリア海に煌めく」 期間:2013年2月28日(木)~3月6日(水)

PR TIMES / 2013年02月25日10時43分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、井上和子写真展「クロアチア 紺碧のアドリア海に煌めく -Croatia, Splendour of the Deep Blue Adriat [全文を読む]

歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

TABIZINE / 2016年05月19日18時00分

紺碧のアドリア海と、旧市街にひしめくオレンジ屋根の歴史的建造物が織りなす風景は「アドリア海の真珠」の名にふさわしい絶景です。 ■関連人気記事 魔女の宅急便の世界へ!美しすぎる街、アドリア海の真珠「ドゥブロヴニク」 ドブロブニクを訪れたら体験したい9のこと【現地ルポ】 エディンバラの旧市街と新市街(スコットランド) イギリスの構成国のひとつであり、ヨーロッ [全文を読む]

破壊的神秘!母なる地球の息吹を奏でる「海のオルガン」

tocana / 2015年11月29日09時00分

クロアチア西部、ダルマチア地方の港町ザダルはアドリア海といくつもの島々に面した観光地としても人気のスポットだ。ディズニーのアニメ映画「101匹わんちゃん大行進」で一躍大人気になったダルメシアンという犬種の名前は、このダルマチア地方が由来でもある。ザダルにある運河には、70メートルに渡って波や潮風によって神秘的なハーモニーを奏でる「海のオルガン」が7つ段々に [全文を読む]

中世の街並を残す、美しすぎる世界遺産「ドゥブロヴニク」

IGNITE / 2015年08月07日21時26分

アドリア海の真珠」と呼ばれる美しい街をご存じだろうか。 ドゥブロヴニクと呼ばれるその旧市街地は、オレンジ色の屋根が並ぶこじんまりとした街。1979年に世界遺産に登録されており、世界中から多くの観光客が訪れる地である。 アドリア海に突き出た岬の上に建つ中世の街並みは、高さ平均約25メートルの城壁に囲まれ、独特の雰囲気を放っている。 数々の中世の街を訪れたが [全文を読む]

在住者がお伝えする、クロアチアを訪れるべき8つの理由

TABIZINE / 2015年07月09日16時00分

驚くほど透明な海 クロアチア最大の魅力といえば、やはり蒼く輝く美しいアドリア海! その水の透明度は驚く程高く、海岸から海中を泳ぐ魚の様子がハッキリと見てとれる程。キラキラと輝くアドリア海を眺めているだけで、日頃の悩みやストレスが吹っ飛んでゆくことでしょう。 豊かな自然と歴史、ロマンチックな街並み 小さいながら、豊かな自然と歴史的遺産がたくさん抱えるクロア [全文を読む]

【クロアチア】太陽光と建築家がつくりだす話題のインスタレーション

TABIZINE / 2015年03月14日16時00分

約300層状にもなった光の世界と、目の前に広がるアドリア海のコラボレーションがとっても魅力的です。 クロアチア出身の建築家が手がけたプロジェクト (C)Flickr/EyeofJ このインスタレーションのデザインを手がけたのは、世界的に知られているクロアチア出身の建築家、Nikola Bašić氏。Bašić氏は、「Sea Organ」というプロジェクトを [全文を読む]

フォーカス