房総半島のニュース

房総半島イワシ大量漂着の原因は“磁気異常”だった?

週プレNEWS / 2012年07月14日15時00分

実は、大原港がある房総半島北端の「犬吠埼」から南端の「野島崎」まで約170kmの太平洋沿岸部ではここ数年、広範囲に渡り磁気異常が発生している。この現象にいち早く気付いたのは、10年以上前から房総半島で魚類の生態調査に取り組んできた海洋学者の辻維周氏だ。 「私が知る限り、この房総半島の磁気異常は2008年に犬吠埼で観測され始めました。短くて数秒間、長ければ [全文を読む]

関東で相次ぐ震度4の揺れ。首都直下地震との関連を研究家が緊急分析

まぐまぐニュース! / 2016年07月22日04時30分

いっぽうで、今回の地震の震源にもなった房総半島沖に、気になる異常が存在すると指摘しているのが、先日フジテレビの『ホンマでっか!? TV』に出演し話題となった、地震予知研究の第一人者・長尾年恭教授がCSOを務めるDuMAだ。 同団体が7月18日に配信したメルマガ『DuMAの「地下天気図」』によると、房総半島沖は相対的に地震活動が低下(静穏化)するという異常 [全文を読む]

道案内はガイド任せで安心!自転車女子におすすめのサイクリングイベント

ANGIE / 2016年05月22日17時00分

◆申し込みはスポーツエントリーから 国分寺お鷹のみちコース https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/65346 歴史ある酒造所めぐりコース https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/65359 千葉県・房総半島の自然を満喫!BOSOサイクリング 40~60kmの房総半島サイクリングイベ [全文を読む]

オトナ女子の疲れた心をデトックス!連休におすすめの国内旅行先4選

モデルプレス / 2016年05月03日12時37分

房総半島 都心から約1時間半で行ける千葉県房総半島は、海あり山ありの自然豊かな風景が魅力の地。絶景を目指す鋸山ハイキング、新鮮な海鮮料理の浜焼き、いちご狩り、道の駅とみうら枇杷倶楽部など見どころいっぱいで週末の小旅行にもぴったり。 せっかく房総半島まで来たら、日帰りではなく海のそばの温泉宿で1泊していくのがおすすめ。砂浜まで徒歩30秒というオーシャンビュ [全文を読む]

震度5弱の地震が的中!週刊MEGA地震予測が再び南関東に警告

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日19時50分

千葉県の銚子と房総半島南部の館山の間でXの値の格差が約9cmも開いております。 歪みが貯まっていると思われます。八丈島付近を境に南と北とでは水平方向も縦方向も違う動きをしていますので境目の八丈島、三宅島付近の伊豆諸島は注意が必要です。 箱根および三宅島の火山活動も視野に入れて9月くらいまでは要警戒です。(7月22日発行号、原文ママ) また、9月16日発行の [全文を読む]

頻発する「スロー地震」は大地震の前兆か? 政府機関やNHKも異例の扱い! 千葉県沖が危ない!?

tocana / 2014年01月28日09時30分

国土地理院は10日、「今月2日頃から10日にかけ、房総半島沖で、地下のプレート境界がゆっくり滑る『スロー地震(スリップ)』とみられる現象を観測した」と発表した。 同様の現象は、3.11の後の2011年10月以来だという。房総半島は北米プレートの上に乗っている形になっているが、その下に沈み込んでいるのがフィリピン海プレート。そして、今回、両者の境界でのゆっく [全文を読む]

【緊急警告】千葉・三重の「メガマウス」は大地震の前兆!! 7月下旬までにM6以上は確定的か!? 7つの前例で判明!

tocana / 2017年05月27日11時00分

・ 1989年1月23日:静岡県浜松市の海岸 → 1989年3月6日:千葉県東方沖(M6.2)・ 1989年6月12日:静岡県焼津市沖の定置網 → 1989年6月17日:鳥島近海(M6.6)・ 1997年4月30日:三重県尾鷲市沖 → 1997年5月13日:鹿児島県北西部地震(M6.4)・ 2004年4月19日:千葉県市原市の埠頭 → 2004年5月30日 [全文を読む]

護衛艦「いずも」長期派遣の狙い “日本の海軍力拡大の象徴”と注目する海外の見方は?

NewSphere / 2017年05月18日17時00分

「いずも」は、横須賀を出港した後、房総半島沖で米補給艦と合流し、3日間にわたって四国沖まで護衛した。主要海外メディアは、これを「自衛隊の役割を拡大する安全保障関連法に基づく初任務」(BBC)などと報じた。一部では、朝鮮半島有事に備えて近海に展開する米空母「カール・ビンソン」と合流するのでは、という憶測もあったが、実際には南シナ海を抜け、シンガポールに向か [全文を読む]

房総の112店舗が同時に行う大型スタンプラリー開催 8つの市町村を跨ぎ合計740名以上に商品当選!

@Press / 2017年03月15日11時30分

房総コラボ2017実行委員会(所在地:千葉県君津市、代表:亀山温泉ホテル若旦那 鴇田 英将)は、「房総コラボキャンペーン」として房総半島にある飲食店や美容サロンなど全112店舗(個人含む)が共同で、商品券や各店舗からの商品が抽選で当たるスタンプラリーを2017年4月1日(土)~5月14日(日)の期間で開催いたします。 房総コラボキャンペーン https:/ [全文を読む]

MEGA地震予測 2017年の最警戒ゾーンは「首都圏・東海」

NEWSポストセブン / 2017年01月12日16時00分

「水平方向の動きでは、伊豆半島南部、三浦半島、房総半島南端で周辺と異なる動きがあります。特に房総半島南端の野島崎は江戸時代に起きた元禄地震の震源とされている場所で注視しています。 関東大震災は神奈川、元禄地震は千葉県が震源ですが、いずれも東京の被害が最も甚大でした。直下型でなくても、地盤の緩い首都圏が一番揺れるため、警戒が必要です」(村井氏) このように [全文を読む]

フォーカス