イッセー尾形のニュース

イッセー尾形、小さな主演女優を抱き、メロメロの表情

Movie Walker / 2015年08月10日19時42分

イッセー尾形 が『太陽』(05)以来、9年ぶりに主演を務めた『先生と迷い猫』(10月10日公開)の完成披露試写会が、8月10日にユナイテッドシネマ豊洲で開催。イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子、深川栄洋監督が舞台挨拶に登壇した。主演のイッセー尾形は「すごく上質で穏やかで品のある映画だと思っています」と映画をアピールした。 [全文を読む]

有名人「いっせい」ランキング!1位は圧倒的女性人気のあの人

しらべぇ / 2017年04月30日20時00分

■第3位:イッセー尾形(171票)日本における「1人芝居」の第一人者、イッセー尾形が3位。その演技力は日本のみならず世界でも評価され、アメリカやヨーロッパでもライブを開催している。また、2016年にはスコセッシ監督の映画『沈黙 ―サイレンス―』に出演し、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞の次点にノミネートされた。イッセー尾形は男性からの支持が高く、男性 [全文を読む]

窪塚洋介、和服姿で『沈黙』LAプレミアに参戦!スコセッシ監督とレッドカーペットを闊歩

Movie Walker / 2017年01月07日15時24分

レッドカーペットにはスコセッシ監督をはじめ、主演のアンドリュー・ガーフィールド、日本から窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、イッセー尾形らも駆けつけ、感無量の気持ちを語った。 スコセッシ監督が原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し長年に渡り温め続けてきたという本作。会場には、30メートルにわたるレッドカーペットが敷かれ、世界中の期待を一身に集めるキ [全文を読む]

日米キャストが勢揃い!『沈黙−サイレンス−』L.A.プレミア開催

ハリウッドニュース / 2017年01月06日20時15分

さらに日本人から、オーディションで勝ち取りハリウッドデビューを飾った窪塚洋介、ロドリゴに棄教を迫る通辞(通訳)役の浅野忠信、禁教下でも信仰を捨てない敬虔な信者モキチを演じる塚本晋也、LA批判家協会賞《助演男優賞》次点となったイッセー尾形らも駆けつけ、ハリウッドのレッドカーペットに豪華キャスト陣が揃った。スコセッシ監督を囲んで日米キャストが顔を揃えたイベント [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カズレーザー、“イッセー尾形”のように「一人芝居で観客を笑わせる芸人になりたかった」

TechinsightJapan / 2017年01月30日10時30分

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーはイッセー尾形のような、一人芝居で笑いが起こせる芸人を目指していたという。彼は大学卒業後お笑い養成所を経て6年間、ピン芸人で活動するものの全く鳴かず飛ばずだった。そのため当時のマネージャーからの強い勧めでピン芸人を諦め、コンビを組むに至っている。 1月28日に放送された『芸人たちとチャイルド11』では、子役たちを前 [全文を読む]

イッセー尾形が火10ドラマ「カルテット」初回ゲストに!

Smartザテレビジョン / 2016年12月27日06時00分

'17年1月17日(火)夜10時から始まるTBS系・火曜ドラマ「カルテット」の第1話のゲストとして、イッセー尾形の出演が決定した。 本作は「Mother」('10年日本テレビ系)、「最高の離婚」('13年フジテレビ系)、「Woman」('13年日本テレビ系)など、数々のヒット作を手掛けた坂元裕二の完全オリジナル作品。人間ドラマの名手・坂元と、松たか子、満島 [全文を読む]

“「中央線」で泣く” “天才もこんなに努力している”“「謙虚」なのが本当に大好き”“人間国宝”、矢野顕子主演映画に各界著名人から絶賛コメント続々到着!!!

PR TIMES / 2016年12月20日12時18分

映画をご覧になったあがた森魚さん、伊澤一葉さん、イッセー尾形さん、小田和正さん、清水ミチコさん、sebuhiroko / 世武裕子さん、テイトウワさん、YUKIさん、ユザーンさん、吉本ばななさん(五十音順) ほか著名人から絶賛のコメントが届きました! ‘76年7月25日、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした矢野顕子は、オリジナル・アルバ [全文を読む]

『沈黙』出演のイッセー尾形が映画賞で快挙達成!

Movie Walker / 2016年12月06日19時02分

本作で、激しいキリシタン弾圧を推し進める井上筑後守を演じた日本人俳優イッセー尾形が、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞で、助演男優賞の次点に選ばれた。この快挙を記念して、イッセー演じる井上奉行の姿をとらえた場面写真が解禁。 井上筑後守とは、残忍な弾圧政策を推し進める危険人物と噂されながら、物腰柔らかなそぶりで主人公の宣教師ロドリゴに棄教を迫り、追い詰める [全文を読む]

小関裕太、“成人の企み”に、ナオト・インティライミの影あり?

Woman Insight / 2016年01月13日20時00分

ひとり舞台のイメージが強いイッセー尾形さん。カンパニーでの舞台について聞かれると、「つい舞台の中央に立っちゃうんですよ(笑)」と笑うと、他のキャストからいっせいに、「いいんですよ、立ちましょうよ!」という声が。 イッセーさんがウクレレを弾きながら歌う劇中歌は、自作の曲だそうで、小関さんは「すごく耳に残ります」と言うと、イッセーさんから「歌ってごらん(笑) [全文を読む]

イッセー尾形 立ち食いそば目撃情報に「コロッケそばが好き」

NEWSポストセブン / 2015年10月18日07時00分

10月10日公開の映画『先生と迷い猫』に出演する俳優のイッセー尾形(63才)。9年ぶりの主演映画では猫と初共演。素に近い校長先生役を演じたというイッセーの素顔に迫る。 ――共演の猫とはいい関係が築けましたか? 「猫とのつきあいはまったく初めてです。最初、距離感がつかめなくて。でも、表情や動きを見ていたら惹かれていって、だんだん猫かわいがりに…というのはウソ [全文を読む]

イッセー尾形が9年ぶり映画主演 過去30年間はモグラのよう

NEWSポストセブン / 2015年10月16日07時00分

今回登場するのは、9年ぶりの映画主演でネコと共演したあの人です! * * * 主演映画『先生と迷い猫』の彼の役は、カタブツでヘンクツな中学校の元校長――ご本人もやっぱり、というこちらの悪い予想は早々に裏切られ、イッセー尾形さん(63才)はのっけから笑顔。「よろしくお願いします」と深々と頭を下げてインタビューは始まった(ホッ)。――9年ぶりの主演映画ですね。 [全文を読む]

「よく来てくれたニャー」イッセー尾形が共演猫と挨拶

Movie Walker / 2015年10月10日12時13分

10月10日(土)、『太陽』以来、9年ぶりの主演となるイッセー尾形の最新作『先生と迷い猫』の初日舞台挨拶が新宿バルト9にて開催。イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、岸本加世子、三毛猫のドロップ、深川栄洋監督が登壇した。 本作は、ノンフィクション「迷子のミーちゃん〜地域猫と商店街再生のものがたり」を原案にしたヒューマンドラマ。イッセー尾形演じる妻を亡くした元校 [全文を読む]

イッセー尾形「監督いわく“野良猫とイッセー尾形は似ている”、さすが見抜いてるなあって(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月06日11時00分

今回登場してくださったのは、イッセー尾形さん。10月10日(土)公開の主演映画『先生と迷い猫』の役作りは似顔絵を描くことから始めたという。人物の特徴やクセをパッとつかむのはイッセー尾形ならではの名人芸。内田百閒の『ノラや』をほうふつとさせる人物像はいかにして生まれたのか。【画像あり】イッセー尾形さんの最新情報はこちら 映画『先生と迷い猫』でイッセー尾形が演 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】イッセー尾形、染谷将太に崩され乱される「乱されることが心地良くなった」

TechinsightJapan / 2015年08月10日18時51分

実に9年ぶりの主演となるイッセー尾形をはじめ、染谷将太、北乃きい、もたいまさこ、岸本加世子、ピエール瀧ら個性派俳優陣が勢揃いし豪華な顔ぶれとなった。また主人公の三毛猫ドロップも登場し、カメラ目線に堂々とした態度で連続ドラマ「あまちゃん」での女優力も見せつけ観客を魅了した。 「毎日毎日楽しくて(撮影を)終わらせたくなかった。個性豊かな人たちと共演できて幸せだ [全文を読む]

天才ネコ映画デビュー! “萌えショット”30連発!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日10時00分

ネコ好きのみならず、誰もがこの愛くるしさに癒されること間違いなし! 作品は、映画「太陽」('06年)以来、9年ぶりの主演となるイッセー尾形演じる森衣恭一が、亡き妻がかわいがっていた三毛猫・ミイを通して、町の人たちと交流することで、亡き妻への愛を再認識するストーリー。染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子など実力派俳優が共演者に顔をそろえ、 [全文を読む]

ベストセラー作家4名が特別書きおろし!藤原紀香、川口春奈、勝村政信、AKIRA、山本耕史主演のSPドラマが年末放送

Smartザテレビジョン / 2014年12月01日17時30分

■中山七里氏原作の「残されたセンリツ」は川口春奈、イッセー尾形らが出演。映画「デスノート」('06年)の金子修介監督が演出。天才女流ピアニストの毒殺事件を捜査するひとりの刑事(イッセー尾形)が、意外な愛憎劇を明らかにしていくというストーリー。川口春奈(主演)コメント:サスペンスは初めてなのでとても楽しみです。今まで明るい役や元気なキャラクターが多かった分、 [全文を読む]

連ドラ『SMOKING GUN』が香取慎吾史上最低視聴率5.6%……大コケ続きによる“香取離れ”が原因か!?

日刊サイゾー / 2014年05月23日20時30分

そこへ、同研究所の調査員である田坂繁(イッセー尾形)の元妻である涼子(あめくみちこ)と、息子の優(山本裕典)が訪れる。優は、勤務先で社員旅行の積立金を盗んだ犯人だと疑われており、縁(香取)に鑑定を依頼する……というストーリーが展開された。 ネット上では、「今回の話も、とても興味深かった」「回を追うごとに、急速に面白くなってる」「また謎が増え、奥深いドラマに [全文を読む]

色白美人な名優(!?)、三毛猫にみんなメロメロ!

Movie Walker / 2017年02月22日20時03分

実は、本作の深川栄洋監督の前作『先生と迷い猫』(15)で映画デビューを飾っており、イッセー尾形が演じた主人公に寄り添う“準主役”のミイ役が猫好きの間でも話題に。 『サクラダリセット』でも、『先生と迷い猫』での演技を絶賛した深川監督が、前作に続いての起用を決断。少ないシーンながらも、猫ファンの目をクギづけにする存在感を放っている。 野村周平や黒島結菜、平祐奈 [全文を読む]

小松菜奈がスコセッシ監督を爆笑させた!?『沈黙』大ヒット御礼舞台挨拶で撮影秘話飛び出す

Movie Walker / 2017年02月01日12時51分

日本公開から10日で観客動員数30万人を超えた本作の大ヒット御礼舞台挨拶に出演者の窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也が登場し、胸中や撮影秘話などを語った。 公開後の反響について窪塚は「一言では言えないけれど、観る前とは違う自分になったという人が多い」と語り、本編をすでに3度観たという塚本は「観終わった後すぐに反応するのが難しい映画だろうなと思っていたが、とて [全文を読む]

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』神をどう見るのか?【ネタバレ注意】

メディアゴン / 2017年02月01日07時40分

宣教師に棄教を迫る井上筑後守役イッセー尾形、モキチ役の日本では映画監督でもある塚本晋也が大好演である。 [全文を読む]

フォーカス