重松清のニュース

“人気作家小説×ホログラフィック演出“で新感覚朗読劇公開 キャストには東地宏樹、増田俊樹、日高のり子、井上喜久子を はじめとした豪華人気声優陣を起用!

デイリーニュースオンライン / 2016年03月16日18時00分

本公演は、ドラマ・映画化もされた、直木賞作家・重松清の短編小説集「その日のまえに」「ヒア・カムズ・ザ・サン」をVR朗読劇化し、最新のサイネージ技術を駆使したライブホログラフィック演出をストーリーに効果的に挿入することによって、従来の朗読劇とは一線を画した新しい形の朗読劇が実現します。また、キャストには東地宏樹さん、増田俊樹さん、日高のり子さん、井上喜久子 [全文を読む]

波瑠「何度も何度も思い出して、自分の中に蘇らせる。そうして人は大切な人の死を乗り越えていく」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月07日09時00分

原作の文庫に所収された重松清の解説を読み、広がっていった想いとは? 【波瑠さんの最新情報あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 「とても難しかったです」 映画『流れ星が消えないうちに』について波瑠さんは開口一番、そう語った。 「あれからもうそろそろ一年経ちますね。撮影期間中は、空気がとても澄んでいました」 撮影は昨年の冬だったという。 「とってもなだらかにス [全文を読む]

サザン×重松清、TBSドラマでメガヒットメーカー同士がコラボ!

okmusic UP's / 2014年12月09日12時30分

すでに発行部数が100万部を突破している直木賞作家、重松清のベストセラー小説の映像化であり、西島秀俊と香川照之が父子役を演じるということで、すでに大きな話題を集めているドラマである。 また、この作品はプロデューサー・伊與田英徳、監督・福澤克雄のタッグ。昨年『半沢直樹』、今年に入って『LEADERS』『ルーズヴェルト・ゲーム』と、立て続けに話題作を制作したチ [全文を読む]

いま最も注目されている映画監督・是枝裕和を総特集! 福山雅治・役所広司主演の話題作『三度目の殺人』が9月9日に公開。『そして父になる』が9月16日フジ21時~土曜プレミアムで放送決定。

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

寄稿は女優の樹木希林、作家の重松清、映画作家の想田和弘、アートディレクターの葛西薫などが寄稿。知られざる是枝の一面が浮かぶ名文が並ぶ。国内にとどまらず、海外からは、女優のジュリエット・ビノシュ、俳優のカン・ドンウォン、映画監督のポン・ジュノ、マイク・ミルズ、ミシェル・ゴンドリー、アンソニー・チェン、映画評論家のトニー・レインズなどが寄稿。是枝ならではの国際 [全文を読む]

映画化で原作本はどこまで売れる?2017年上半期公開作から探る

dmenu映画 / 2017年08月06日07時00分

重松清『ファミレス』(角川文庫) その一方、映画化されても、あまり動かない作品もあった。阿部寛、天海祐希主演で映画化された『恋妻家宮本』(1月28日公開)は、直木賞作家、重松清の小説が原作。しかし、原作は「ファミレス」とあまりにもタイトルが異なり、小説があることに思い至らせなかったのではないか、との分析だった。 テッド・チャン/浅倉久志・他 訳『あなたの [全文を読む]

映画初オーディションで大抜擢 14歳南沙良の魅力

dwango.jp news / 2017年05月01日10時57分

ローティーン向けファッション誌「nicola(ニコラ)」の専属モデルとして活躍中の南沙良(みなみ・さら)が、直木賞作家・重松清の傑作小説が原作で、三島有紀子監督作の映画『幼な子われらに生まれ』(8月26日全国公開)にて女優デビューを果たすことが明らかになった。南沙良は、2014年に芸能界入り。第18回「nicola(ニコラ)」モデルオーディションのグランプ [全文を読む]

映画「恋妻家宮本」の原作小説、人気作家・重松清が描く家族の物語『ファミレス』が本日よりブックパスで期間限定読み放題!!

PR TIMES / 2017年01月20日13時42分

[画像1: https://prtimes.jp/i/6388/208/resize/d6388-208-589382-3.jpg ] 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、ブックリスタがプラットフォーム提供する電子書籍ストア「ブックパス」(運営:KDDI 株式会社)にて、人気作家・重松清氏が描く家族の物語『ファミレス』(KADO [全文を読む]

長濱ねる「欅坂46センター・平手友梨奈にオススメする一冊? あ、主人公が平手っぽいあの小説で!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月06日18時00分

それが重松清さんの『エイジ』。それまで読んだことはなかったんですけど、教科書で重松清さんの作品について勉強した時に、参考図書の欄に『エイジ』のあらすじが載ってたんです。それで出発前に急いで買って、カバンに詰め込みました。アメリカで日本語が恋しくなった時には必ず開いて、何回も繰り返し読んだことを覚えてます」幼少期から読書好きな子どもだった、と語る長濱さん。だ [全文を読む]

<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ

メディアゴン / 2016年05月19日07時30分

重松清氏による『きよしこ』、『青い鳥』(いづれも新潮社)などです。重松清氏も吃音者ということで、吃音者のリアルが克明に表現されています。『青い鳥』は阿部寛の主演により映画化もされています。次に吃音を扱った映像作品を紹介します。有名な作品としては、映画『英国王のスピーチ』があります。コリン・ファースが演じるイギリス王ジョージ6世、ジェフリー・ラッシュが演じる [全文を読む]

“人気作家小説×ホログラフィック演出“で新感覚朗読劇公開キャストには東地宏樹、増田俊樹、日高のり子、井上喜久子をはじめとした豪華人気声優陣を起用!

PR TIMES / 2016年03月16日15時41分

本公演は、ドラマ・映画化もされた、直木賞作家・重松清の短編小説集「その日のまえに」「ヒア・カムズ・ザ・サン」をVR朗読劇化し、最新のサイネージ技術を駆使したライブホログラフィック演出をストーリーに効果的に挿入することによって、従来の朗読劇とは一線を画した新しい形の朗読劇が実現します。また、キャストには東地宏樹さん、増田俊樹さん、日高のり子さん、井上喜久子さ [全文を読む]

5月8日から完全電子化『別冊文藝春秋』電子版1号をKindleストア、楽天kobo、iBooksで先行予約開始

@Press / 2015年04月24日12時00分

電子版1号には、ベストセラー作家、道尾秀介さんと人気俳優の綾野剛さんが電子書籍の可能性、小説、映画の表現方法などについて熱く語った巻頭対談、重松清さん、岩城けいさんといった手錬のストリーテラーの短編、誉田哲也さんの「武士道シリーズ」や貴志祐介さんのSFホラーの新作などの新連載、その他にも中篇や連作短編などを数多く掲載。小説好きにならずとも、思わず読みたく [全文を読む]

中井貴一&波瑠コメント到着! 映画『アゲイン 28年目の甲子園』のBD&DVD発売決定

Entame Plex / 2015年04月11日17時01分

直木賞作家・重松清原作、中井貴一・主演で映画化した『アゲイン 28年目の甲子園』のBD&DVD発売決定を受けて、中井貴一と波瑠のコメントが到着した。 元甲子園球児が再び甲子園を目指す実在の大会“マスターズ甲子園”を舞台に、46歳の元高校球児・坂町晴彦役を演じた中井は、「この映画は、ただ野球だけを描いた、いわゆる“野球映画”ではありません。友達や家族との関係 [全文を読む]

次回朝ドラヒロイン・波瑠から『アゲイン 28年目の甲子園』胸アツコメント到着

AOLニュース / 2015年04月10日22時00分

直木賞作家・重松清の原作を元に、遠い過去の青春時代の"悔い"を乗り越えようとする大人たちの姿を綴っていく。「頑張ればいつか夢は叶う!」という無責任でうわっつらの理想を"エモーショナルな感じ"で追うのではなく、夢に決着をつけられなかった男たちがどうにか自分自身で納得しようとする葛藤に共感確実! 近年稀に見る、良邦画の登場だ。 亡き父の思いを辿る娘の美枝役を好 [全文を読む]

西島秀俊を主演に重松清「流星ワゴン」を映像化

Smartザテレビジョン / 2014年11月26日11時54分

原作は、直木賞作家・重松清の人気小説「流星ワゴン」。同作は累計発行部数が100万部に達するベストセラー小説だ。真面目でしっかりした性格で、何よりも妻と息子を大切にし、日々を正直に生きるが、妻子の心の闇を見過ごしてしまったことで家庭が破綻してしまう主人公の会社員・永田一雄役を演じるのは、先ごろ結婚を発表した西島秀俊。そんな一雄とは対照的に、破天荒で血気盛ん [全文を読む]

柳葉、剛力ドラマ公式ツイッターが自虐的で話題に

dwango.jp news / 2014年07月17日23時19分

」、「重松清さん原作なので、最後ぜったい感動するな。」など意外と良かったという反応が多いようだ。作家・重松清さんの同名小説が原作で、存続の危機にある翌檜(あすなろ)大学応援団を立て直すため、50歳の中年男が団長に就任するという内容。作品に自信があるからこその、このつぶやきなのか。注目が集まる第2話は、7月22日(火)放送。 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】日曜劇場「とんび」ついに見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年03月11日09時24分

直木賞作家・重松清のベストセラーが原作、内野聖陽×佐藤健らが描く究極の家族愛 TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、本日3月10日(日)よる10:00より、TBS系列テレビ局で放送中の日曜劇場「とんび」のオンデマンド配信を開始しました(第1話~第8話は3月10日(日)よる10:00より配信、第9話以降は放送後の(火)よる10:00より配 [全文を読む]

『幼な子われらに生まれ』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

文春オンライン / 2017年09月17日17時00分

原作は重松清の同名小説です。96年刊(幻冬舎文庫)。 INFORMATION 『幼な子われらに生まれ』 全国にて公開中 http://osanago-movie.com/ (桜庭 一樹) [全文を読む]

モントリオールで審査員特別賞!三島有紀子監督、トロフィーと初対面

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月12日21時07分

直木賞作家・重松清の小説を原作に、『ヴァイブレータ』などの荒井晴彦が脚本を担当。「浅野さん演じる信が、いろいろな異質な人と出会い、それによって彼という人間の本質がむきだしにされていく。そこが面白いと思いましたし、大切に描いた部分です」と三島監督は語る。 第41回モントリオール世界映画祭で、現地観客の反応はどうだったかと聞かれると、三島監督は「映画祭の映写技 [全文を読む]

「幼な子われらに生まれ」三島監督、モントリオール審査員特別賞に喜び爆発!次回作の構想も明かす

映画.com / 2017年09月12日17時00分

原作は直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説。中年サラリーマンの信(浅野忠信)と妻の奈苗(田中麗奈)はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘と共に暮らしていたが、奈苗の妊娠を機に、長女が「本当のパパ」に会いたいと言い始める。 今回の受賞について、三島監督は「想像もしていなかった。青天のへきれき」と振り返る。それでも「ステップファミリーと [全文を読む]

三島有紀子監督、モントリオール審査員特別賞は「青天のへきれき」

ORICON NEWS / 2017年09月11日21時23分

【全身ショット】審査員特別賞のトロフィーを手に喜んだ三島有紀子監督 重松清氏の同名小説を映画化した同作は、バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマン・信(浅野忠信)と妻の奈苗(田中麗奈)を主人公に、不器用な大人たちが成長していく姿を描くヒューマンドラマ。カナダで開催された『第41回モントリオール世界映画祭』(8月24日~9月4日)のコンペティション部門で、 [全文を読む]

フォーカス