重松清のニュース

“人気作家小説×ホログラフィック演出“で新感覚朗読劇公開 キャストには東地宏樹、増田俊樹、日高のり子、井上喜久子を はじめとした豪華人気声優陣を起用!

デイリーニュースオンライン / 2016年03月16日18時00分

本公演は、ドラマ・映画化もされた、直木賞作家・重松清の短編小説集「その日のまえに」「ヒア・カムズ・ザ・サン」をVR朗読劇化し、最新のサイネージ技術を駆使したライブホログラフィック演出をストーリーに効果的に挿入することによって、従来の朗読劇とは一線を画した新しい形の朗読劇が実現します。また、キャストには東地宏樹さん、増田俊樹さん、日高のり子さん、井上喜久子 [全文を読む]

波瑠「何度も何度も思い出して、自分の中に蘇らせる。そうして人は大切な人の死を乗り越えていく」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月07日09時00分

原作の文庫に所収された重松清の解説を読み、広がっていった想いとは? 【波瑠さんの最新情報あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 「とても難しかったです」 映画『流れ星が消えないうちに』について波瑠さんは開口一番、そう語った。 「あれからもうそろそろ一年経ちますね。撮影期間中は、空気がとても澄んでいました」 撮影は昨年の冬だったという。 「とってもなだらかにス [全文を読む]

サザン×重松清、TBSドラマでメガヒットメーカー同士がコラボ!

okmusic UP's / 2014年12月09日12時30分

すでに発行部数が100万部を突破している直木賞作家、重松清のベストセラー小説の映像化であり、西島秀俊と香川照之が父子役を演じるということで、すでに大きな話題を集めているドラマである。 また、この作品はプロデューサー・伊與田英徳、監督・福澤克雄のタッグ。昨年『半沢直樹』、今年に入って『LEADERS』『ルーズヴェルト・ゲーム』と、立て続けに話題作を制作したチ [全文を読む]

島崎遥香、正直すぎる回答で笑わす

モデルプレス / 2017年06月14日13時18分

重松清の傑作短編小説をドラマ化 同作は、重松清氏の同名傑作短編小説集をドラマ化。新しい飼い主を見つけるため、ブランケットと共に2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長・椎名秀亮(西島)と、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬)が、猫を通じて人々の人生に小さな光をともしていく、というストーリー。 藤村が経営 [全文を読む]

西島秀俊の素顔に「なんてギャップだ」 共演者からのイメージにタジタジ「拳銃とか…」「ずっと筋トレしてそう」

モデルプレス / 2017年06月14日12時40分

重松清の傑作短編小説をドラマ化 同作は、重松清氏の同名傑作短編小説集をドラマ化。新しい飼い主を見つけるため、ブランケットと共に2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長・椎名秀亮(西島)と、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬)が、猫を通じて人々の人生に小さな光をともしていく、というストーリー。 島崎は藤村 [全文を読む]

映画初オーディションで大抜擢 14歳南沙良の魅力

dwango.jp news / 2017年05月01日10時57分

ローティーン向けファッション誌「nicola(ニコラ)」の専属モデルとして活躍中の南沙良(みなみ・さら)が、直木賞作家・重松清の傑作小説が原作で、三島有紀子監督作の映画『幼な子われらに生まれ』(8月26日全国公開)にて女優デビューを果たすことが明らかになった。南沙良は、2014年に芸能界入り。第18回「nicola(ニコラ)」モデルオーディションのグランプ [全文を読む]

もの申す脚本家が「恋妻家宮本」に込めた思い 「家政婦のミタ」遊川和彦が映画監督デビュー

東洋経済オンライン / 2017年02月05日08時00分

子どもも巣立ち、2人きりとなった宮本夫妻の夫が、妻の隠していた離婚届を見つけてしまったことから起こる騒動を描き出した本作は、人気作家・重松清の『ファミレス』を原作に、遊川流の大胆な脚色を加えながら、おかしくもいとしい夫婦の物語を紡ぎ出している。宮本夫妻を阿部寛、天海祐希が演じるほか、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子とい [全文を読む]

映画「恋妻家宮本」の原作小説、人気作家・重松清が描く家族の物語『ファミレス』が本日よりブックパスで期間限定読み放題!!

PR TIMES / 2017年01月20日13時42分

[画像1: https://prtimes.jp/i/6388/208/resize/d6388-208-589382-3.jpg ] 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、ブックリスタがプラットフォーム提供する電子書籍ストア「ブックパス」(運営:KDDI 株式会社)にて、人気作家・重松清氏が描く家族の物語『ファミレス』(KADO [全文を読む]

長濱ねる「欅坂46センター・平手友梨奈にオススメする一冊? あ、主人公が平手っぽいあの小説で!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月06日18時00分

それが重松清さんの『エイジ』。それまで読んだことはなかったんですけど、教科書で重松清さんの作品について勉強した時に、参考図書の欄に『エイジ』のあらすじが載ってたんです。それで出発前に急いで買って、カバンに詰め込みました。アメリカで日本語が恋しくなった時には必ず開いて、何回も繰り返し読んだことを覚えてます」幼少期から読書好きな子どもだった、と語る長濱さん。だ [全文を読む]

<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ

メディアゴン / 2016年05月19日07時30分

重松清氏による『きよしこ』、『青い鳥』(いづれも新潮社)などです。重松清氏も吃音者ということで、吃音者のリアルが克明に表現されています。『青い鳥』は阿部寛の主演により映画化もされています。次に吃音を扱った映像作品を紹介します。有名な作品としては、映画『英国王のスピーチ』があります。コリン・ファースが演じるイギリス王ジョージ6世、ジェフリー・ラッシュが演じる [全文を読む]

フォーカス