アントニオ猪木のニュース

「ベビー!プチ!キッズ!ダァー!」アントニオ猪木さんに扮した元気いっぱいの子供たちに注目!ダノンキッズシリーズ新TVCMに「アントニオ猪木ッズ」が登場!

@Press / 2013年10月07日13時00分

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:ジョージ ザリフィ)は、生後6ヶ月から6才までの子供の健やかな成長を3つのステップでサポートする「ダノンキッズシリーズ」の新TVCM「アントニオ猪木ッズ」篇を、2013年10月9日(水)から全国で放映を開始します。 「ダノンキッズシリーズ」は、子供の健やかな成長を願うお母さんと子供が、一緒に次の成長段 [全文を読む]

「帰国できないなう!」niconicoとひろゆきが見た衝撃映像!最新の北朝鮮映像を30時間一挙放送

ITライフハック / 2014年09月05日10時00分

株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、本日9月5日(金)と6日(土)の2日間、「ひろゆきの北朝鮮に行ってみた/アントニオ猪木同行取材一挙放送」を放送する。■訪朝から帰国までの30時間を一挙放送19年ぶりに北朝鮮の平壌市内にて開催されたプロレス興行「インターナショナル・プロ [全文を読む]

真のレジェンドレスラーは?アントニオ猪木がまさかの○位

しらべぇ / 2016年06月03日05時30分

(画像はアントニオ猪木オフィシャルブログのスクリーンショット)プロレスファンの間で必ず議論になることといえば、「誰が一番強いのか」ということ。候補にあがってくるのは、プロレスの父・力道山や、ジャイアント馬場、アントニオ猪木あたりだろうか。最近のレスラーは強さよりもタレント性が重視される傾向があり、「強さ」を語られることはあまりない。それだけにゴールデンタイ [全文を読む]

ブル中野氏が明かす、1995年、北朝鮮「平和の祭典」の舞台裏

週プレNEWS / 2012年11月23日13時00分

11月22日に発売された第30号は、アントニオ猪木の「闘魂外交」の結晶、北朝鮮「平和の祭典」大会を特集する。2日間で38万人の大観衆を動員した歴史的大会の舞台裏で何があったのか。大会2日目、北斗晶とのシングル戦で男子に劣らぬ激闘を繰り広げた“女帝”ブル中野氏に、平壌の思い出を回想してもらった。 ■女子プロレスに19万人が大興奮! 1995年4月28、29日 [全文を読む]

馬場vs猪木が支持を得た理由 日本の葛藤を描いていたから

NEWSポストセブン / 2012年04月05日07時00分

それぞれその帝国を築いたジャイアント馬場とアントニオ猪木は40年前の1972年、袂を分かった。以来30年にもわたって「宿命のライバル」となった二人には、知られざるドラマがあった。『1976年のアントニオ猪木』(文藝春秋)などの著者である、ノンフィクションライターの柳澤健氏が迫る。 * * * 一流レスラーに囲まれ、NWAという権威に常に守られる馬場を凌駕す [全文を読む]

北朝鮮から帰国アントニオ猪木氏が会見(全文2完)政治家、外交は体力も必要

THE PAGE / 2017年09月13日16時40分

北朝鮮訪問から帰国したアントニオ猪木参院議員が、13日午後1時半めどに東京の外国特派員協会で記者会見した。 ※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。以下、(全文1)の続きです。記者2:(英語)どういう方向に向いているのかについてお願いします。アントニオ猪木:やっぱり政権与党という、自民党の決定というのが一番大きいわけですね。その中で、今は [全文を読む]

北朝鮮から帰国アントニオ猪木氏が会見(全文1)日本は拳を半分下げる外交を

THE PAGE / 2017年09月13日15時37分

北朝鮮訪問から帰国したアントニオ猪木参院議員が、13日午後1時半めどに東京の外国特派員協会で記者会見した。 ※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。北朝鮮訪問について司会:(英語)アントニオ猪木:元気ですか。元気があればなんでもできる。本当に今、大事なのは健康に勝るものなしということで、私もだいぶ年を重ねてきましたんで、腰も痛いし、首も痛 [全文を読む]

アントニオ猪木氏、ロケット打ち上げ応援で 『1,2,3,ダー!!』堀江貴文氏創業のロケット「MOMO」打上げ会場にて友情出演ゲスト登壇

DreamNews / 2017年07月21日09時00分

アントニオ猪木氏は、堀江貴文氏創業のインターステラテクノロジズ社のロケット「MOMO」打上げ会場にてゲスト登壇を致します。射場は北海道大樹町で、時間帯は7月29日の10:20~17:00を予定。民間開発の日本のロケットとしては初めて、高度100kmの突破を目指す。アントニオ猪木氏は、インターステラテクノロジズ社、堀江氏らとともにロケット打ち上げの瞬間に立ち [全文を読む]

女房がいれば何でもできる?アントニオ猪木に骨肉の”金銭トラブル”

デイリーニュースオンライン / 2017年07月08日12時00分

かつて自分の秘書を務めていた彼を訴えたのは、<燃える闘魂>アントニオ猪木参院議員(74)だった。 疑惑には野田代表も真っ向から反論しているため、成り行きを見守る他ないのだが、猪木氏はそれどころでは無いはず。かつての腹心の部下たちや<息子>から、自らも訴訟を起こされているからだ――。 アントニオ猪木氏サイドを告発したのは、サイモン・ケリー猪木氏(43)。名前 [全文を読む]

1000人アンケートの1位はジャイアント馬場! 「あなたがスゴイと思うプロレスラーは誰?」

ガジェット通信 / 2017年03月15日08時05分

そして、選挙の結果はアントニオ猪木が圧倒的なポイントで1位となった。 参考記事:1位はやはりアントニオ猪木! テレビ朝日『プロレス総選挙』 http://getnews.jp/archives/1656465[リンク] 1位のアントニオ猪木、2位のジャイアント馬場、3位の初代タイガーマスク等には納得した方が多かったようだが、ネット上では若手のプロレスラーと [全文を読む]

猪木VS橋本 伝説の名シーンをコミカライズ 人気格闘漫画家 板垣恵介さんによる TVCM連動描き下ろしポスターを11月26日より都内各駅に掲出! 12月3日からは更に数量限定オリジナル壁紙も配信

PR TIMES / 2012年11月26日10時21分

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン※1(SCEJ)は、現在OA中のTVCM“PlayStation(R)Vita「ツイてるパック篇」”と“PlayStation(R)3「大作ソフトがゾクゾク篇」”に登場しているアントニオ猪木さん、橋本真也さんを、今回新たに人気格闘漫画家 板垣恵介さんによる描き下ろしオリジナル グラフィックにて再現。本グラフィッ [全文を読む]

アントニオ猪木氏に[人類解放ビンタ]してもらおう!『リンカーン / 秘密の書』キャンペーン

AOLニュース / 2012年10月20日20時30分

そして今回はなんと、公開に先がけてに就任したアントニオ猪木に[解放(ビンタ)]して欲しい一般参加者を大募集する!(C)2012 Twentieth Century Fox 公式HP特設サイトで実施していた「私たちを解放してくれる理想のリーダーは誰だ?現代のリンカーン総選挙」というアンケート企画でアントニオ猪木氏が1位に選出された。その結果を受け配給会社が猪 [全文を読む]

アメリカ時代のジャイアント馬場 1試合で700万円稼いだことも

NEWSポストセブン / 2012年04月03日16時00分

「BI砲」として人気を博したジャイアント馬場とアントニオ猪木は40年前の1972年、袂を分かった。以来30年にもわたって「宿命のライバル」となった二人には、知られざるドラマがあった。『1976年のアントニオ猪木』(文藝春秋)などの著者、ノンフィクション・ライターの柳澤健氏が迫る。 * * * ジャイアント馬場は、常にアントニオ猪木のずっと先を走り続けた。 [全文を読む]

具志堅、長州、天龍が“カミカミ問答” 長州は「小力です」と挨拶

ORICON NEWS / 2017年09月16日19時44分

“ザ・モード”な服装の天龍は「元気ですか!?」とアントニオ猪木風に会場に呼びかけるも、以降は「○△■×」と何を言っているのか一切分からなかった。 そんな3人が“クリッパー”と呼ばれるモデルたちのファッションを“解説”するという無謀な企画に挑戦。モデルが頭に巻いているターバンを長州は「頭のタオルがいい。湯上がりのおしゃれ」と表現し、モデルも苦笑い。具志堅は「 [全文を読む]

ルーツは甲賀流? 各界の大物アスリートも癒やした“忍者マッサージ”とは…

週プレNEWS / 2017年06月23日15時00分

アントニオ猪木さんをはじめ数多くのプロレスラーや当時活躍していた中日ドラゴンズの投手、山本昌さんや今中慎二さんらの治療に当たっていました」 そう話す芳原氏も元々、実業団のレスリングの選手だったが、会社の方針で廃部となったのを機に治療家を志し、指圧師やハリ師を養成する名古屋市内の専門学校に入学。その外部講師として指導に来ていたのが右近氏だったという。 「私は [全文を読む]

金曜夜8時が楽しみで仕方なかったプロレス黄金時代を過ごした人たちには胸アツな一冊。

ガジェット通信 / 2017年04月14日12時00分

人形も顔が命だが、プロレスレコードも顔が命! 『燃える闘魂 アントニオ猪木アントニオ猪木(CBSソニー/’76年) プロレスファンだけでなく、日本国民、いや世界で最も知名度があるプロレスラー、アントニオ猪木。筆者曰く、猪木のいちばんの魅力である顔が楽しめるのがレコードだとのこと。確かに猪木のレコードのジャケットから滲み出る凄みを見れば、猪木なら何をやっ [全文を読む]

民進党は茶番?最近やたらとリンクする「政治」と「プロレス」の関係性

デイリーニュースオンライン / 2016年12月03日17時00分

そしてキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の逝去に対し、最も具体的なコメントを出したのは、何度も面会しているアントニオ猪木参院議員(73・注3)だった。 ここのところ……激動する激動する国内外の政治の影に、プロレスが付きまとっていたのだ。 ■肝心のプロレス界は? そもそも大衆の願望や憎悪を刺激して興奮させるのがプロレスだけに、世相を反映しやすい、 [全文を読む]

横浜ランドマークタワー 食のエンタテインメントゾーン「みらい横丁」が3周年『みらい横丁3周年スペシャル3DAYS』開催!

@Press / 2016年06月27日15時30分

その他、B’zのものまねで活躍中の「中村素也」さんや、アントニオ猪木さんのものまねでお馴染みの「アントキの猪木」さんなどが“1日店長”として各店舗※に登場し、3周年を盛り上げます。 あわせて、7月14日(木)~8月31日(水)の夏休み期間中、期間限定の“感謝メニュー”を「みらい横丁」各店舗※でご提供いたします。 ※一部店舗は除く 【『みらい横丁3周年スペ [全文を読む]

モハメド・アリ 日本にと轟いた「ザ・グレーテスト」秘話!(1)不可能を可能にした世紀の一戦

アサ芸プラス / 2016年06月20日05時56分

モハメド・アリVSアントニオ猪木の「格闘技世界一決定戦」から40年──。試合が行われた6月26日は「世界格闘技の日」となったが、今月3日、その日を待たずしてモハメド・アリが息を引き取った。享年74歳。世紀の一戦を仕切った当時の新日本プロレス専務・新間寿氏、副社長・坂口征二氏が、「ザ・グレーテスト」の在りし日をしのび、秘話を語り尽くした。「今だから言えるが、 [全文を読む]

あのアリ戦から40年! 猪木は今、何を思うのか… 「もう一回やってしっかり勝負つけたいね、ということにしようか」

週プレNEWS / 2016年05月29日06時01分

“総合格闘技の元祖”とされるアントニオ猪木vsモハメド・アリから今年で40年。当時の真剣勝負の真実に、ノンフィクション作家・田崎健太が迫るインタビュー。 前編記事(「うぬぼれ、強かったからね。俺こそ世界一だと思っていた」)で実現までの困難な交渉過程を明かした猪木が、後編では試合内容を振り返った。 *** 1976年6月26日、猪木対アリの試合が日本武道館で [全文を読む]

フォーカス